中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

既に全ての授業を終えた、育櫻日本語学校。

とはいえ、全部の縁が切れたわけではもちろんない。

人と人とのつながり――簡単には切れない。切らせはしない。


最後の記念に、講師陣で一日遊びの企画が出た。

もっとも、今回の企画に関しては、俺はほぼノータッチ。例の日本語の先生と、来期交流会会長達にまかせっきりだった。


昼間は、バーベキュー。

西湖のほとりの木陰の中で。

晴天、そよ風、文句なし。

羊肉の串焼き。手羽。イカ、ピーマン、たまねぎ、とうもろこし、バナナ、もち、などなど・・・。

うん。

いいね。ビールとよく合う。


そのあとは、なぜか百人一首などをはさみつつ、カラオケへ。

何度もいったカラオケだが、案外これで最後になるかもしれない。


一日の遊びが終了し、道具などを置きに一度みんなで日本語学校へ戻った。

さんざん世話になったこの学校・・・思いもよらない最終幕は、この教室で始まった。


一人、空き教室にぽつんと取り残された俺の下へ、一人ずつやってきては手紙を読み上げていく。

なんだろ、このシチュエーションは。

友人たちの想いが、一つまた一つと、心へ刻まれてゆく――。


まだ、最終幕は続く。


次は別の教室にその場のみんなが集まり、なんだか席に着く。

そして、先生が言うには――「最後ですから、記念に、授業形式でやってもらいましょう」。

・・・え・・・?どうしろと・・・?

別の人のフォローによれば、つまり感謝の気持ちをあらわしてみろ、と。

なるほどね、そうきたか。

つまりこのシチュエーションは――泣け、と。

そういうことですか?


・・・うーん期待に添えなくて申し訳ない。

人前では、そう簡単に泣かないのだよ、この俺は。

男の子は泣いちゃいけない、と、そう育てられてきた――というわけじゃないんだけどね、別に。


それでも。

感動したことに、間違いはない。

彼らはそんな俺に、さらに追い討ちをかける。

――数々の思い出の写真を加工して貼り付けてある、オリジナルアルバム。

――そして、「あの歌 」の、合唱。

・・・そこまで、してくれるか。こんな俺に。

どうして、こうまで――この世の中は、楽しいんだ?

俺は――こんなにもたくさんの幸せをもらって、いいんだろうか?


震える心。そして湧き上がる歓喜。そう、このときの俺を支配したのは、よろこび。

天を仰ぎ、両手を広げ、叫びだしたくなるような、このよろこび。

楽しい。楽しい。

――これが、俺の人生・・・!おもしろい、おもしろいぜ!


さあ、叫べ。こころゆくまで・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

もともとの留学予定は、一年。

それは、お金が一年分しかなかったから、である。

学費に生活費・・・いくら中国とはいえ、決して安い額ではないのだ。


それを延長できたのは。

学費に関しては、奨学金をとれたから。

生活費に関しては・・・いいアルバイトがみつかったから。


日本語学校でのバイトについては、今までもいろいろと話をしてきた。

去年の四月からはじめたから、もうけっこうな時間になる。


日本語教師という仕事が俺に向いているかどうか――。

実は、よく考えた。

準備は大変だけど、なかなかに面白い仕事である。

ただ、実は俺が面白がっているだけじゃ意味が無い。学校に雇われている以上、責任を持って生徒の日本語力を伸ばさなければいけない。

果たして、その責任を充分にまっとうできたのだろうか?


もうひとつ、俺が楽しいと言っているのは、授業以外の比重も大きいかもしれない。つまりは、さんざん企画してきたイベント類だ。

ほとんどのイベントは、日中交流会の企画であると同時に育桜日本語学校の企画でもあった。逆に言えば、どちらかが欠けても実現できなかった、という言い方もできる。

すると――俺が、自分の趣味のために育桜を利用した、という考え方も成り立つ。


この春、幸いなことに、日本での就職先が決定したので、俺は帰国することにした。

もし、それがなかったとしたら――どうだっただろうか。

このまま学校に残って、お手伝いをしたい、と言う気持ちがあったのも事実だが、もはやそれは彼方の道。


金曜日をもって、俺の仕事は、終わった。

心残りと申し訳なさはあるのだが――そして、やっぱり、さびしい・・・。

だけど、卒業した生徒からの感謝のメールなどを読むたびに、なんともいえない充実感や安堵感がわいてくる。

きっとそんなに間違っちゃいない――と、俺はまた自分に言い聞かせられる。


育桜日本語学校、そしてやさしく楽しい先生たちへ――すばらしい時間をくれたことを、心から感謝します。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

プロ、という言葉を聞くと、高等技術を持った専門家のイメージが浮かぶだろう。

スポーツ選手などその最たるものだ。プロスポーツ選手というのは、つまりは超一流技術を持った人間なのだ。

が、プロフェッショナルという言葉は、もともと「職業的な」ということだ。つまり、職業としてお金をもらっていれば、それは「プロの」仕事だ、といえる。

もちろんアルバイトはその範疇には入らない。

つまり、正社員とアルバイトの間には、実は極めて大きな差が存在する。

――ということを、俺は社会人時代になんとなく悟った。

毎日怒られながら身につけていった鉄鋼知識――全く実用性はないが――は、たった二年半という時間でさえ、一般人をはるかに凌駕するものとなったのだった。

それがつまり、プロということ、か。


さて。

昨日、日本語学校で、教師陣の研修会があった。つまりは教え方や日本語知識に関する勉強会だ。

まあ、仮にもお金をもらって教えている以上、こういうのは必要かもしれない。


もうすでにこの仕事を始めて一年以上たっているから、普通の一般人よりは日本語に関する知識はあるつもりだが、それでもまだまだ。

言葉というのは、実に奥が深いものなのだ。普段簡単に使っているものでさえ。


そんなわけで、ここ数ヶ月、月に一度くらいのペースでこの研修会が行われている。

参加者は日本人講師陣だから、仕切るのは当然いつもの先生。

おもしろいことばっかやってる人だけど、本職はこっちだから、やるときはやるのだ。


今回は、予定では2~3時間ということだったけど、昼の12時から始まって、休憩を挟んで、終わったのは6時近く。うん実に6時間。

もちろん、非常に勉強になったのだが。

この長引き方は、何を意味するか――・・・。

それはつまり、「プロ」と「バイト」の間にどれほどの差が存在するのか、という証でもある。

時間をいくら使っても埋めきれないほどの差が、たしかにあるのだ。

これも話したい、あれも教えなきゃ・・・でも時間が・・・という中で、ある意味相当にしんどい作業である。

さらにいえば、誰が代わってあげることもできないことでもある。


全くもって、楽な仕事など、ありはしない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前も少し触れた、日本語学校でのクリスマスパーティーが、昨夜開催された。
俺はとりあえず主催者側で、司会だったんだけど、そのくせショートコントなんかやったもんだからなかなかに忙しく。
でもまあなんとか無事に終了し、とりあえずほっと一息ついたところなのでした。

参加者は全部で45人くらい。けっこうな数が集まった。
それをちょっと広めの教室に集めて、いざパーティー。

実際の雰囲気としては、どちらかというと子供会とかのクリスマスパーティーに近いかもしれない。
日中双方の学生にわかるようなゲームとか演目を用意しないといけないから、あまり難しいものはできないのだ。
それはそれで、童心に帰ることができて、俺的にはけっこうおもしろいのだが。
とりあえずはがんばって準備した俺らの演目は、二本ともそれなりにウケてくれて、一安心。

無事の成功を祝して、昨夜はその後祝杯をあげた。
のはいいのだが、なんだかんだで何時の間にか朝・・・。
こんな理由で皆勤賞を途切れさせてなるものか、と、なんとかがんばって授業には出たものの、1限の口語の授業はあっさりと爆睡。
ま、日ごろの行いのせいか(これでも授業中はマジメなのさっ)、怒られもせず、むしろ心配されたりした。
と、なんだかんだで授業を乗り切り、なんとか帰宅し、昼から熟睡モード。

夕方6時ころ、チャイムの音で目を覚まされる。
水道のメーターの確認の人だ。
ただそのとき、外は暗いし寝惚けてたので、すっかり朝の6時だと思い込んでしまった。とりあえず扉を開けに行って、そのときに日本語でぶつぶつと「ったく、朝っぱらから、何時だと思ってやがる!」などとつぶやき、その後同居人がいないのを見てようやく今が夕方だと気付く。間抜けな話だ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
つまりは、クリスマスパーティー。
またもや、日本語学校の企画である。

もっとも、これは毎年開催されているものだし、特に独創的なものでもない。
この時期、あちこちで催されていることだろう。

ちなみに、このパーティーは来週の火曜日。さすがに24日とかにすると、参加者が少ないだろうということで、火曜日になったのだ。
パーティーといっても、学校がやるものだから、日中学生を交えてゲームをやったりとか、そういうものだ。それと、学生達には班ごとに歌とか、そういう演目をやらせている。

とまあ、そんな説明を聞いているうちに、せっかくだから何かやりたくなってきた。それで、「日本人講師陣でなにかやりませんか」ともちかけたら、一人の先生がすごく乗ってきた。
で、何をやりましょうか、歌だとちょっとつまらない、いっそ漫才でも、いやでも中国人わからないだろう、などと話した末、結局『ショートコント』ということになった。
その内容について、その先生と二人でああでもないこうでもないと、けっこうな時間を費やして、とりあえず二本、シナリオが完成。一本5分くらい。それが、先週のこと。
そのあと、他の講師に出演依頼。さらっと承諾してくれた人もいれば最後まで抵抗した人もいたけど、とりあえずはキャストも決定。
ということで、昨日が初稽古。

所詮は短時間だからたいした量もないけど、それでも脚本は脚本。
ながめて、セリフあわせなんかしてたら、やっぱり高校のときのことを思い出してしまった。
演劇というものに始めて挑戦した時だった。
「夏休みは受験の天王山」なんて言葉はそっちのけ、練習ばっかしていた三年生の夏休み。
いやー楽しかった。

・・・状況はあの時とはちょっと違うけど、今回もがんばろ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
我が日本語学校では(なんか就職したみたいな言い方だけど)、月に一回くらいは学生のためのイベントをやりたいと、言うことになっている。
とはいえ、何せ小さな学校で、専任の日本人の先生は一人だけ(最近一人加わったけど)で、その人がイベントも担当するから相当忙しく、そんなもんでイベントの時は俺も何度か企画段階からお手伝いをしたりしているのだ。日中交流会の主催もしてるから好都合ではある。
そして、今月のイベントは、「運動会」(!)。そんなたいそうなものでもなくて、ある体育館を借りて、半日いろんな運動をしようというわけだ。それが、昨日の日曜日のことだった。

参加人数は、日本人と中国人合わせて35人くらい。
種目は、バスケ、バドミントン、卓球(球技は一人一種目選択)、三人四脚(二人三脚だと簡単すぎるので)、騎馬戦(中国人はビギナーなので、腕に風船をくくりつけてそれを取り合う形にした)、綱引き(定番でしょ)、リレー(運動会の花形ということで)。
そして、全体を赤組と黄色組(白ハチマキが入手できなかったので)にわけて、ポイント制の対抗戦。

こういうのは、負けず嫌いの中国人はものすごく盛り上がる。こういうお祭りムードは俺の好きなので、一緒にヒート。
バスケは衰えを実感しつつもそれなりに見せ場を作り。
三人四脚レースなんかでは、予選をトップで通過し、決勝レースでも我が組は見事金メダル獲得。いや別にメダルはないんだけど。
綱引きは綱引きで、一戦目がものすごく均衡し、全身がバラバラになりそうになったり。
リレーなど、追い抜いたはいいけどバトンタッチをミスったり。
とまあいろいろあったけど、結局我が黄色組が勝利を飾り、みんなでハイタッチ。

くたくたになった帰りは、日本人達で食事。たぶん中国に来てから初めて日本酒を飲んだかも。すごく久々の味。

なんだかんだで、とっても充実した日曜日になったのでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夏休みといえば、夏期講習。
懐かしい響きだ。大学受験以来か、そんな言葉を聞くのは。
もっとも、大学受験のころの夏休みは、文化祭の演劇の稽古ばっかりやっていたのだが・・・。

日本語学校でもやはり毎年、夏期班を開講している。
日本語への興味は年々高まっているようで、今年も多くの人が申し込みをしてきたようだ。
で、そのうちの一つの班を、俺が担当していたのだ。
約一ヵ月半の講習が、今日、ようやく終了した。

夏休み班だから、大部分の学生は若い。大学生や専門学校生が多いようだが、やはり普段の班と比べると雰囲気が違う。
明るい子もいるが、全体的に、あまりマジメじゃない。
なんとなく、中国の学生はマジメ、というイメージが、実はあった。
確かに以前はそういう傾向が強かったのだが・・・やはり、時代というものは、変わるのだ。
長く教師をやっている人は、みんな言う。学生が変わってきた、と。
さらにいうなら、都会の出身の人ほどそういう傾向があるらしい。
なんだか、日本なんかの悪いところを追いかけているようだ。

さて、俺のクラス。
はじまったころは、人数は21人。これは一つの班としては相当多いほうだ。
無論、だんだん人数は減っていくわけで、最後の方は平均して出席人数は10人前後、昨日の最後のテスト参加人数は12人だった。
残るかどうかは、大体勉強の動機に左右される。
ちゃんとした理由がある人ほど残る・・・実は当たり前のことだが。
消えていきそうな人は、授業中の態度ですぐにわかる。
だんだん集中力がなくなり、携帯をいじりだし、女の子とかは鏡を取り出して前髪をいじったり、寝たり・・・。
ま、いろいろだ。

ともあれ、終了。
これでだいぶ暇になる。が、気がつけば夏休みもあとわずか・・・。
計画的にすごさなきゃ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日から、「打工(アルバイト)」が始まった。
日本語教師である。

当然だが、未経験の職種である。塾講の経験さえない。
さてうまくいくものやら、前日から緊張しきりだった。

場所は、大学の近くにある日本語専門学校。
最近は中国でも日本語教育が盛んになってきていて、生徒もたくさん集まるようだ。
この学校の中でも当然初級クラス、中級クラスとあるのだが、まずは俺は新しく開設されたクラスを担当することに。

基本的にこの学校では、一つのクラスを中国人と日本人の二人の教師が担当し、文法等を中国人が、会話等を日本人が担当する。なので、とりあえずは専門的な文法知識は必要ない、ということなのだが・・・。

ただそれとは別に、第一回目の授業では、50音を教えるのだが、日本人教師が担当することになっている。つまり、俺だ。

そんなわけで、昨日は6時間をかけてみっちり、50音を仕込んできたのでした。

生徒は12人。年齢はバラバラで、会社員くらいの人もいれば学生くらいの人もいる。驚いたことに、12歳の女の子までいた。さすがにこの12歳というのは、学校としても非常に珍しいことらしく、他のベテラン先生も驚いていた。

一回目ということは、生徒は誰も何も日本語を知らないわけで、中国語で教えることになる。これがまた、普段あまり使わない単語等も使わなくてはならず、なかなかに疲れるのだ。

それでもなんとか、無事に(?)終了。

大変は大変だが、実はなかなかにおもしろいかも、というのが正直な感想か。
できるだけ楽しいクラスにしたい、と希望が今後実るかどうか、とにかく授業後半には学生から冗談がでたり、雑談も交えたり、うまくいきそうな気配も見えてきた。

ちなみに、気になる時給のほうは、45元(約580円)。
悪くはない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。