中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

初めて中国に足を踏み入れたのは、大学2年の夏休み。

その時に湖南大学で出会った友人がいて、なんだかんだで付き合いが続き、今彼は札幌にいる。

で、彼の発案で、久しぶりに一泊温泉旅行に出かけた。

俺と彼と、それぞれの相方と、それぞれの子供。

レイとムウは、行かないという。

まあ中学生高校生ともなれば、親との旅行に魅力を感じないのも無理はない。

コウはまもなく2歳だが、友人のところの娘さんはコウより半年ほど年長である。


札幌を出発し、まず登別へ。

地獄谷のそのさらに奥、バスでは通れない細い道をたどって、大湯沼という場所に行き。

ここから流れ出る川で、足湯が楽しめる場所がある。


初物に対しては非常に慎重なコウだから、当然ここでも警戒態勢。

なかなか足をつけようとしない。



中華の足跡・改 足を曲げて拒む図。


で、少しずつ足にぴちゃぴちゃとお湯をかけたりしてると、ようやく安心してきたようで。

恐る恐る足を突っ込み、気持ちいいことがわかると、今度はゲンキンなもので、ばちゃばちゃ水をはねさせて遊び始めた。



中華の足跡・改


登別を出立し、洞爺へ。


昭和新山に立ち寄り、敷地内にある熊牧場へ。

何しろコウは、熊さんを見るのが好きなのだ。


が、大きな熊は怖い。

入口にある等身大のはく製にはびびるびびる。

親にしっかりとしがみついて、熊を見ようともせず、怖い怖いと泣く。


牧場内の熊に対しては、ある程度の距離があるからか、問題なし。

喜んで眺めている。

ここでは熊の年齢ごとに檻が分けられているのだが、やはり小熊の檻が一番のお気に入り。

くましゃんくましゃん、とおおはしゃぎ。



中華の足跡・改 なかなか帰ろうとしない。

のんびり旅行なので、この日はこれでホテルにチェックイン。


後は温泉入ってメシをたらふく食って、酒を飲んでふらふら寝るという極楽コース。


コウも、友人の子のウララちゃんも、浴衣を着せてもらって大喜び。

すっかり仲良くなった二人は、和室を駆け回っていた。



中華の足跡・改

続きはまた後日。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

laodarさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。