中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

旅行、二日目。

朝から温泉に入り、バイキングでたらふく栄養補給。

たいして予定も詰め込んでいない旅だから、のんびりしたものである。


ホテルを出て、洞爺湖の遊覧船に乗船。

走る船と並走して、観光客慣れした鳥の群れ(カモメ?)が追ってくる。

エサ狙いらしい。

何人かの観光客がデッキからかっぱえびせんを空中に放ると、見事に滑空して空中でキャッチ。

たいしたものだ。


船は、いったん湖の中にある小島につく。

ここで何十分か滞在して、再び乗船して戻る。

島にはエゾシカが生息しているとの事だが、この日は見ることができず。

林の中をちょっと散歩し、ブランコで遊び、湖岸をまた散歩。


その次は、休憩地点も兼ねたちょっとした牧場に。

大した規模のものでもないが、数頭の仔馬と、かなりの数の兎と、一匹のヤギと。

まあエサやりを少し楽しめる程度だが。

本来は羊蹄山がきれいに見える場所なのだが、この日は雲がかなり厚くなってきていたため、ふもとの半分ほどしか見えず。


そこから少し車で走り、洞爺湖サイロ展望台でまた一休み。

高台にあり、洞爺湖が一望できる。

コウとしては、湖の眺めよりも、土産物屋のぬいぐるみコーナーのほうが重要らしい。

小さなクマのぬいぐるみが非常に気に入ったようだったので、つい買い与えることに…。

どんどん家にぬいぐるみが増えてきた。


その後は、京極にある噴き出し公園に。

羊蹄山からの湧水がこんこんと流れ出ている名所で、特に地元の人は、普通に水を汲みに来ている。

それも、大きめのポリタンクや、3Lくらいは入りそうな大きなペットボトルを何本も段ボールに詰めて、である。

この公園には何度か来たことがあるが、いつ来ても水汲みの人は絶えない。

本気で生活用水として利用しているようだ。

「この先は台車の利用は禁止」とかいう看板もあり、それはつまり台車を使って大量に水を汲みに来る人もいるということか。


ここでのコウは・・・水よりも、階段。

実は、最近階段や段差にたいへんな興味と挑戦心を抱いている。

手をつなぎながらではあるが、おいしょ、おいしょ、と声を出しながら、上って上って、降りて降りて。

それを延々繰り返す。

そこも自然公園なので、あちこちに階段があり、喜んで駆け回っていた。


あとは中山峠を通って帰宅。

車を走らせると、コウはすぐにぐっすり。

疲れたんだろうなぁ。


AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

初めて中国に足を踏み入れたのは、大学2年の夏休み。

その時に湖南大学で出会った友人がいて、なんだかんだで付き合いが続き、今彼は札幌にいる。

で、彼の発案で、久しぶりに一泊温泉旅行に出かけた。

俺と彼と、それぞれの相方と、それぞれの子供。

レイとムウは、行かないという。

まあ中学生高校生ともなれば、親との旅行に魅力を感じないのも無理はない。

コウはまもなく2歳だが、友人のところの娘さんはコウより半年ほど年長である。


札幌を出発し、まず登別へ。

地獄谷のそのさらに奥、バスでは通れない細い道をたどって、大湯沼という場所に行き。

ここから流れ出る川で、足湯が楽しめる場所がある。


初物に対しては非常に慎重なコウだから、当然ここでも警戒態勢。

なかなか足をつけようとしない。



中華の足跡・改 足を曲げて拒む図。


で、少しずつ足にぴちゃぴちゃとお湯をかけたりしてると、ようやく安心してきたようで。

恐る恐る足を突っ込み、気持ちいいことがわかると、今度はゲンキンなもので、ばちゃばちゃ水をはねさせて遊び始めた。



中華の足跡・改


登別を出立し、洞爺へ。


昭和新山に立ち寄り、敷地内にある熊牧場へ。

何しろコウは、熊さんを見るのが好きなのだ。


が、大きな熊は怖い。

入口にある等身大のはく製にはびびるびびる。

親にしっかりとしがみついて、熊を見ようともせず、怖い怖いと泣く。


牧場内の熊に対しては、ある程度の距離があるからか、問題なし。

喜んで眺めている。

ここでは熊の年齢ごとに檻が分けられているのだが、やはり小熊の檻が一番のお気に入り。

くましゃんくましゃん、とおおはしゃぎ。



中華の足跡・改 なかなか帰ろうとしない。

のんびり旅行なので、この日はこれでホテルにチェックイン。


後は温泉入ってメシをたらふく食って、酒を飲んでふらふら寝るという極楽コース。


コウも、友人の子のウララちゃんも、浴衣を着せてもらって大喜び。

すっかり仲良くなった二人は、和室を駆け回っていた。



中華の足跡・改

続きはまた後日。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

またすっかり更新をさぼってしまった。

が、何事もなかったかのように野球の話。


一時期の失速を見て、今シーズンは終了を覚悟したライオンズ。

が、片岡・中村という主力が復帰し、涌井がクローザーとしてハマッたのを契機に上昇気流に乗り。

ここにきて今季初の七連勝、その全てが二点差以内という接戦に競り勝ち。

ギリギリでAクラス入り、つまりCSの出場権を勝ち取ったわけだった。


そんな中、今日は札幌ドームでの西武戦。

今期最下位に沈んだ日ハムにとっては、最終戦。

その辺をあまり意識せずに、のんびり観戦に行くと、ほぼすべての席が完売状態という罠。

もちろん外野ビジター席もなく。

仕方なく、わずかに残った内野指定席に入ることにした。


コウも、同行。

確かこれで、ドームは4回目になるはず。

始めの頃よりは慣れてきた感もある。


相変わらず、そこらのおばあちゃん受けが異様にいいコウであり、札幌ドームはおばあちゃん率も高いもんだから、あちこちで声をかけられたりする。

泣き出すほど人見知りではないのは助かるが、初対面の人間には、まずじーっと観察から入るようになってるから、0歳の時ほど愛想よくふるまうこともなくなった。


試合の方は、なかなかにスリリングな展開。

序盤に先制され2点を失うも、中盤に片岡・浅村の連続タイムリーで追いつく。

すぐに勝ち越しを許すも、7回に満塁から秋山の逆転タイムリーで試合をひっくり返す。

その後は継投に入り、何度か得点圏に走者を背負うピンチを迎えながらもどうにか後続を断ち切り、逃げ切った。


今のままの勢いが続けばCS突破も見えてくるが、そううまくいかないのもまたプロ野球。

とりあえず、楽しみが延びた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。