中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

コウが生まれてすぐ、相方のお母さんには1か月ほど来てもらって、いろいろと助けて頂いた。

ウチの母親も一日だけやってきて、コウを見ていった。

が、それから約一年と半年。

コウもすくすくと成長し、歩き回り駆け回り、うきゃうきゃ笑っては意味不明な単語を口にする。

そういう姿は、見ていない。

双方の父親に至っては、いまだ実物のコウを見ておらず、写真や動画だけである。

さすがにそろそろ、見てもらわないと…。


そんなわけで、土日だけの強行軍ながら、帰省を敢行することにした。


土曜日の早朝、出発。

千歳発8時の便で、羽田へ。


コウにとっては初の飛行機でどうなる事かと思ったが。

終始不安そうな表情を浮かべてあたりをきょときょと見回してはいたものの、大泣きすることもなくどうにかクリア。

羽田からはレンタカーで、まず俺の実家・柏へ。


昼くらいに実家到着。

じいちゃんばあちゃんと対面したコウ。

俺か相方が抱いている分には、泣かない。

泣かずに、じーっと観察。

コウなりに、状況判断をしているようだ。

ご飯を食べて、時間が経つにつれてだんだんとリラックスしてきたようで、力も抜けてきた。

動きたそうだったので、降ろすといつも通りに部屋を歩き回り始めた。

もうウチの両親の事も怖くなくなったようだ。

抱かれてもおとなしい。

愛嬌を適度にふりまいて、じじばばの二人はすっかり骨抜きにされてしまった。


その後、松戸の母方の祖母のもとへ。

97歳という高齢ながら元気で、言葉もはっきりしている。

こちらへもコウの披露を。


初対面の人への対応になれたのかどうか、コウの態度は先ほどとほぼ同じだったものの、慣れるのも早かったようだ。

おばあちゃんにもおとなしく抱かれていた。

いやよかったよかった。


夕方、家を出て、船橋の友達のところへ。

この友達にも、コウより数か月遅く誕生したお子様がいるのであった。

どんなもんだろう。


さてその友人宅。

友人の預言(?)通り、お子様は俺らの登場に大泣き。

というか、このくらいの年齢だとこれが普通らしいのだが。

コウは、泣くそぶりもなく。

その家の子供用おもちゃを勝手に引っ張り出しては遊び始めた。

なんて奴だ。


時間も時間なので、あまり長居もできずに辞去。

次は相方の実家、三鷹へ。


到着したときは、コウはややうとうと。

抱いたままいったん家に入り、荷物の整理等しているときに目を覚ましたのだが。

非常に間の悪いことに、かなりの近くに、犬を抱いたお義父さんがいたのだった。

室内犬で、犬種には詳しくないので正確にはわからないがコリーっぽい犬。

かわいいが・・・初めて本物の犬を見るコウにとっては衝撃が大きすぎたらしい。

ぎゃあ、と、聞いたこともない大きな叫びをあげ、相方にしがみついて大泣き。


しばらくすると落ち着き、お義父さんやお義母さんとも無事に対面を果たしたものの、犬に対しての恐怖心は最後まで抜けないままだった…。


そのまま泊めてもらい、日曜日はゆっくりと。

コウの散歩がてら近所のお墓参りだけして、昼過ぎに羽田へ出発。


いろんな体験をしたコウだが、マイペースはあまり変わらず。

羽田空港内では元気いっぱいに走り回り続けていた。

その分、帰りの飛行機ではぐっすり。


そんな具合で、まず初の帰省は終了。

またの機会をー・・・。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

すくすく成長するのはいいのだが、いたずらも徐々にエスカレートしつつあるコウ。

困るのは、床をたたいたり物をたたきつけたりする行為。

特に、居間の食卓の椅子の背もたれに手をかけて少し傾け、ドンドンと音を鳴らすのが好きになってしまった。

さすがにコレはまずいのでやめさせてはいるのだが、まだ言葉が通じる相手でもなく。

怖い顔をして強い口調で言えばしばらくはやらないのだが、日が改まればけろりと忘れて同じことを。


日中ならまだしも、夜にやられるとなおまずい。

そして先日、ちと目を離した隙にまたいたずらされ、とうとうマンションの下の階から電話がかかってきてしまった。


とはいえ、あからさまなクレームというほどの事でもなく。

駐車場が隣ということもあって、もともと関係が悪いということもないので、やんわりと注意を促すような電話だった。

あちらの家は、ご主人の出勤時間が非常に早いということもある。


さて困った。

放置するわけにもいかない。


とりあえず、ニトリへ行ってみた。

完全な対策とはいえないかもしれないが、すぐにできそうなこと。

というわけで、厚さ1cmほどの弾力性のあるタイルカーペット、そしてその上からまた別のカーペットを敷く方法を考えてみた。

全ての部屋をケアするのはちとしんどいので、リビングの6畳分ほどを。


そんなわけで処置完了。

だいぶましになったとは思うのだが・・・。

どんなもんだろうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。