中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

コウの誕生からちょうど一か月。

夜泣きにしても、まあおそらくは常識の範囲内。

風呂も嫌がらないし、常に抱いてないと泣くとかいうこともないし、まあ順調かと。


そんなわけだから、昨日はお宮参りに。

とはいえ、そんなにかしこまったものでもなく、衣装も特になく。

北海道神宮へ。


一か月は一か月だけど、日にちにこだわったということも、ない。

ちょうど仕事も休みに入ったし、正月以降は大混雑するし。


お参りも、ごく普通・・・どころか、手水はつかわなかった・・・あまりにも寒いので。

まさかその程度の事でご利益が無くなるほど神様はケチじゃあるまいと、勝手に理屈をつけて。

参拝。

この子が晃です。

よろしく。


当のコウは、爆睡中。


参拝を終えて、市内を車で走る。

義理の母は、ほとんど札幌観光のヒマがなかったので、せめて車中から有名どころを巡った。

時計台、旧道庁、大通公園。

相変わらずコウは静かなものなので、さらに足を延ばして羊が丘展望台へ。

ここの足湯が、お手軽に楽しめて気持ちがいいので、ひそかにお気に入りである。


最後に少しだけ楽しんでいただいて、そして今日、義理の母は東京へお戻りに。

大変お世話になりました。

次回は是非義父といらっしゃってください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

年間の読書量は、少し減って98冊と、二ケタになってしまった。

走り始めたのが影響したのか、どうか。


世間での今年の文芸ベストセラーに、「謎解きはディナーの後で」(東川篤哉)が、ある。

あちこちで評判になってやたら売れて、本屋大賞でも1位を獲得。

ドラマ化もされた・・・が、こちらはミタの陰に隠れたからか、あまり話題にはのぼらなかったようだが。


どれほどおもしろいのだろうと、俺も読んでみた。


つまらないとは言わないが。

正直、期待外れの感も・・・前評判が高かった分。


一番の特徴は、主役のお嬢様刑事と毒舌執事のやりとりなんだろうけど。いやそれは確かにおもしろくはあるけど、逆に言うならそれ以外にこれといった特徴が見えない。

大筋は推理物だが、連作形式だから大がかりなトリックやストーリーがあるわけでもない。

あまり普段から本格推理物を読んでいるわけではないのでトリックそのものの評価はできないが、ものすごく衝撃を受けるようなものでもなかった。

たとえば、「容疑者Xの献身」なんかは、最後に「うあーだまされてた!」とか思ってしまったものだが。


他には。


青春ものも、いくつか。

「一瞬の風になれ」(佐藤多佳子)とか、「船に乗れ!」(藤谷治)などは、高校を舞台にしたもので、どちらもおもしろかったけど。

題材が、前者は陸上、後者は音楽(オーケストラなんか)などということもあって、個人的にはやっぱりスポーツ関連のほうがなじみがあって、いい。

音楽関係は素養がないので、理解できない用語がちらほらと。

ストーリーだけを比しても、俺としては「一瞬の風になれ」が、高評価だった。


それから、衝撃を受けたのはやはり「新世界より」(貴志祐介)か。

もともとホラー系の作品が多い作家ということもあって、容赦のない描写も多いが、なにしろこの壮絶な世界観に圧倒させられた。

心弾むようなストーリーではないが、とにかく引き込まれた。こういうとんでもないホラ話、嫌いじゃない。


浅田次郎は、とりあえずは「プリズンホテル」シリーズや「天切り松」シリーズなどからスタート。

作品数も多いから、じっくり読破していくことにしよう。


読みたい本はまだまだいくらでも。

来年以降もどんどん読みましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

別に普段からヨーロッパのサッカーを見ているわけでもないし、詳しいわけでもない。

リーガエスパニョーラだって、ぱっと出てくるチーム名はレアルとバルサ程度。


とはいえ。

せっかくバルセロナが日本で試合するってんだから、見逃すのはもったいない。


クラブワールドカップの準決・決勝、テレビ観戦。

強いのは知っていたが、ここまでとは。

戦慄。


メンバーを見れば、強いのはわかる。

前回のW杯を制したスペイン代表の主要メンバーが、ほとんど、いる。

シャビ、イニエスタ、セスク、ビジャ、プジョル、ピケ、ブスケッツ・・・数えたらきりがない。

そしてそこに、世界最高のプレイヤーといわれるメッシが入るわけだ。

そりゃ強いわ。


準決は格下相手だからともかく、ブラジルのサントス相手の決勝戦で、ここまでの差がつくとは思わなかった。


しかしまあメッシってのは、なんなんだろう。

どうやってボールを操ってるのか、見ていてもわからない。

スロー再生を見ても、わからないことも。

4点目のキーパーをかわしたときなんか、どうなってんだか。

左足の着地寸前にアウトサイドで軽く外に弾いたように見えたけど、そんな状態で正確にキックして、またすぐに体も方向転換なんて、できるもんなのか・・・?

ましてやトップスピードのまま、である。

考えられん。


メッシをおいても、バルサはみんなトラップがうまいこと。

そりゃあプロの一流どころだからうまいに決まってるとはいえ。

ただボールをうまく止めるだけじゃなくて、トラップが同時に次のアクションへの完璧なスタートになっている。

シャビの得点シーンなんて、まさにそうだ。

サイドからの速いパスから、ワントラップで相手をかわしつつ、次の一歩でハーフボレー。

ボールを受ける前から、シュートまでの一連の動作がイメージできているのだろうが、いともあっさりとその通りにプレーできるとは。


明日は俺はフットサル。

ちょっとマネしてみて、まったくうまくいかない、ってのが目に見えているが。

素人には素人の楽しみが、ある。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

家族が増えて、無事に退院し、家にやってきてからはや一週間。

東京から義理の母親に来ていただいていろいろと手伝いも頂きながら。


他の新生児と比較の使用もないのだが、どうやらコウは比較的静かな方のようである。

今のところ。

良く寝る。

夜中もときどき泣くが、頻繁にというほどでもない。


そして、首が、けっこうしっかりしていると。

抱く方としても、それは多少気楽でいい。

まだ生まれて二週間もたっていないのに、寝ながら首を回している。

めったにないことらしい。


あとは、足の力がけっこう強いとか、風呂にはおとなしく入ってるとか、そんな特徴が。


はてさて今後、どんな変化を見せていくか・・・?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

だいぶ更新に間が空いてしまったけど、


昨日。

無事に、男児誕生。


3378gということで、少々大きめ。

とりあえずは、母子ともに健康体。


腹の中にいる間はなかなかに活発な子で、一か月くらい前の段階では、少し早めに出てくるかも、なんて話もあったくらいなのだけど。

予定日が近づいてきてもいっこうに兆候がなく、予定日がすぎ、一週間が過ぎ、とうとう入院が必要になり。

それでもまあ、入院翌日に。


平日ということで、俺は仕事。

もちろん、陣痛が始まったら病院には行くつもりで、待機。

始まった時点で事務所に電話をもらうように段取りはしてあった。


なんとなく落ち着かない気分で仕事をこなしていて、まだなのかなーと思っていた昼頃に、電話が。

義理のお父さんから。

「生まれたんだって?おめでとう」


・・・?

かるーくパニック。


男の子だったってね、よかったねーと、そんな言葉が聞こえる。

理解までに若干のタイムラグ。

そっかーやっぱり男だったのかー。

そんなことを考えている自分もどっかにいるものの。

なんだろうこの盛大な肩すかし感は。


なんでも、義理の母親のもとに相方からメールが入ったので、義父がこちらに電話をくれたらしいのだが。

とりあえず電話を切って、ぼんやりと食べかけのパンをかじる。

味は、覚えていない。


病院に電話をかけてみると。

確かに、少し前に出産完了したとの事。

つまりは、何かの手違いで俺の方には連絡がこなかったと、そういうことらしい。


とにもかくにも、病院へ。


で、我が子と対面。

アタマが大きい。頭位が37cmだとか。

顔は、どっちに似てるとか、まだ判断の付くレベルじゃないのだが。

出生当日だからか、あまり泣くこともなく、ときどき声を上げたりくしゃみをしたり、手がびくっと動いたり。


ふーむ。

これがいずれ、でっかくなるんだ。


名前は、決めてあった。

男女、二パターン。

生まれるまでは、性別を聞かないようにしていた。

なので、女の子用の名前はお蔵入り。けっこう悩んだのに。


晃(コウ)、と。


漢字一文字は、こだわり。

家系的に、そうだというのもあるし。

読みが、二つの音というのは相方の希望でもあり、俺も全面的に賛同。

あとは、俺の好みで。

人気の名前とか流行の名前とかを除外して、奇をてらったのも却下して。

ありきたりではなく、でも普通に通用しそうなものを。

そして、俺の好きな、「太陽」関連の字にしたかった。

明るく、まっすぐ、周囲のために。

時に激しく、時に暖かく。



・・・自戒。

くれぐれも理想を押し付けないように。


ただただ、

いい一生を過ごしてほしい。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。