中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

マラソン出場を決意して、靴やらスポーツウォッチやらは購入したものの、まだ歩道などの雪が融けてなかったので本格的なトレーニングは、まだ。

まだ大会までは日があるから焦るほどのものではないけど、なんとなく気がせいていたので、今日は少し走ってみた。

ところどころ残雪が邪魔だけど、まあ仕方ない。


始めたばかりだから、大した距離も走っていないものの、持久力の低下を改めて実感。

フットサルのおかげで一時よりはだいぶマシになっているのだろうけど、やっぱり使う筋肉の種類が違うらしい。

「速筋」と「遅筋」というのを、たしか中学校の保健体育で学習した記憶があるが、まさにソレ。

遅筋が、相当に衰えているようだ。


最近は便利な世の中で、ネット上の地図で細かい距離を測定できるサイトもあるので、近所の道を測量。

信号無しでぐるりと回れる道があって、一周約1,100mなので、そこを走ってみることに。


それほど飛ばしてもいないのに、ものすごい勢いで足に疲労がたまってゆく。

このくらいならいけるかな、くらいのペースのつもりが、どんどんスピードダウン。

5週しただけだいぶ疲れてきたので、今日は終了。

ロクにトレーニングも始めていない段階じゃ、やっぱりこんなもんか。


一週目の1,1kmは5分41秒で回れたのに二週目は5分53秒。

三週目が6分13で四週目が6分29と、おもしろいほどの急下降。

ちょっと一呼吸おいて、けっこう本気で1kmだけ走ってみたら4分14秒。

うーん・・・。


中学生の時、スポーツテストやなんかで、1500mのタイムはよく取っていた。

で、中一の時の校内陸上大会の自分のタイムが、5分45秒。

今の1km4分14のペースで1500を走ったとしたら、6分21、だ。

遅い。

中一に負けるのか。

困ったもんだ。


根性入れてトレーニングに励もう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

フットサルのリーグ戦も先日終了し、また子供のミニバスもやはり先日終了。

時間が、空いた。


なにか、始めようかなと。

ぼんやりとそんなことを考えていたもので。


どんな思考経路の末だか、とにかく、マラソンに挑んでみようということになった。


さっそく、マラソン経験者の友人にレクチャーを受ける。

「とにかく靴はケチるな」と。

なるほど。


そのほかにもいろいろと助言を頂く。

なるほどなるほど。


練習も何もしていないこと段階で、レースを探してエントリー。

いいんだろうか。

7月の、豊平川市民マラソンだとか、そんな名前の。

もちろんフル。

42.195km。


雪が解けたら走り出そうかと思っていて、そしてまだ雪は解けていない。

あせることもない、という気もするし、さっさと始めたほうがいいような気もする。


靴は。

ネットで調べてみたら、会社のすぐ近くにアシックスの専門店があり、そこで足サイズの測定なんかもやっているkとが判明。

特にメーカーにこだわりはなかったので、そこで靴を見つくろうことにした。


で、昨日。

その店で、測定。

シールみたいなのを張って、ボックスのようなところに足を入れて、たぶんX線か何かで立体的に測定。

足の長さ、幅、高さ、角度などなど、思った以上に詳細な結果が出てきた。

すげえ。


おおざっぱにいえば、特徴的な部分もなく標準サイズということで、いろいろ試着した後に「GT-2160 NEW YORK」とかいうシューズにした。

色は、真っ黒の。

1万2千くらい。

俺的にはちょっと奮発。


友達からは「4時間30分目指せるはず」とのお言葉を頂いた。

42kmなんざ、まったく未知の世界だから、時間の見当もつかないが。

いけるだろうと言われりゃいってみせるのが男の子。

頑張ってみましょ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

地震の被害はまだまだ収まる気配をみせない。

原発の問題がここまで深刻に絡んでくるとは、当初は正直思っていなかった。

何とか大被害をださずに片付いてくれるといいのだけど。


地震発生から数日間、当たり前だがテレビはどの局も地震特番。

それを見ていて、思った。

もうちょっとやりようはないものか。


民放もこの間はCMナシで放送していたのだから、この際視聴率だのスポンサーだの、横におけるはずだ。

ならば、NHKも含めて各放送局は、臨時にでも共同戦線を張れないものか。


どの放送局を見ても、同じような内容。

なら、どこを見ても変わらない。

なんだか、せっかくヘリや人員を動かせるマスコミのハード能力がもったいない。

情報だって、もっと発信すべきことがたくさんあるはずだ。


だからたとえば、各放送局で担当を割り振ってしまえ。

現地からのリポートを続ける局。

政府関係の動きや記者会見を流す局。

支援が必要な人々の声を届ける局。

国内や海外からの支援体制を伝えて勇気づける局。

一番の被害を受けた場所以外の、それでもかなり被害を受けている場所のリポートをする局。

さらに、少し被害を受けたけど、でも大丈夫だという場所のリポートも。

・・・というのは、北海道観光業界が風評被害に近い大損害を受けているからなのだけど。

その他、地震とは無関係だけど必要なニュースを届ける局。


もちろん振り分けられた内容によって、いわゆる視聴率は大きな差がでるだろうけど、この際それは関係ないはずだ。

人々のニーズに合わせて、必要な情報がすぐに手に入るようにしておくほうが、この緊急事態においてはずっと有意義だと思うのだが。


無理なのかねぇ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

札幌はほとんど損害を受けていないこともあってか、正直ここまでとは思わなかった。

時を追うごとに凄惨さをいや増していく大災害。


「壊滅的」という表現が何度も出てくる。

映画で見たことがあるような映像が繰り返される。


これが自然の力。

自然の、地球の力はあまりにも圧倒的だ。

人間は、小さい。


それでも、人間は強い。

少しでも大自然の咢から逃れようと、一つでも命を救おうと、今も大勢の人が必死で戦っている。

俺には何もできないけれど、

・・・がんばれ。


そしてまた。

人間は優しい。


大混乱に陥っている日本に対し、諸外国からは素早く見舞いの言葉と支援の要請が寄せられているという。

同盟国のアメリカや国連はもちろんのこと、昨今外交関係でぎくしゃくしている中国やロシア、韓国など。

ヨーロッパ各国、オーストラリア、台湾、そして先日同じく地震の被害を受けたニュージーランド。

その他、すでに50以上の国や地域から対日支援の申し込みが来ている。

もちろんそれは、今までに日本が各国への支援をしてきたことと、無関係ではない。

困っている人には、手を差し伸べる。

そんな当たり前のような善意を、やっぱりみんな持っているのだと。



アメリカや国連などの声明は、

「日米間の友情と同盟は揺るぎない。悲劇を克服する日本国民を支持していく」(アメリカ・オバマ大統領)

「米国の最も親密な友人であり同盟国の一つである日本の人々にわれわれの思いと祈りをささげる」(アメリカ・下院議長)

「アジア太平洋系米国人議員連盟」も「日本国民とすべての遺族に最大の誠意を込めて哀悼の意を表明する」(アメリカ・議員連盟)

「国連は日本国民の力になりたい。できる支援はすべて行う」(国連)


また、何かと話題に上ってきた中国のインターネット掲示板。

反日の急先鋒とも言われ続けているこの場でさえ。

「被災地の日本人民のために、祈っています」

「日本、がんばれ。災害には打ち勝つことはできる」

「天災の前には、団結と助け合いが王道だ」

「日本はがんばるはずだ。日本人はこんなことで泣かない」

「四川大地震の際に、日本は救援の手を差し伸べてくれた。災害に際して、(日本を嫌う)民族的情緒をいだくべきではない」


気が付いたら、涙が流れてた。


「援助が必要だったときに日本は私たちを支えてくれた。我々の心は日本国民とともにある」(ニュージーランド外相)


・・・日本人の一人として、心から感謝します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

世の中には、案外甘党の男の人も多い。

近年、男の甘党も広く認知されて、住みやすくなってきた。


ミニバスのお父さんたちとの話の中で、かなり以前から、甘いものの話題がちょくちょくのぼっていた。

いずれ機会があれば、ケーキバイキングにでも行こうかとも。

その機会がなかなかないまま、先日の卒団式まで来てしまったのだが。


その席上で、またまたケーキの話題が出た。

意外にも、甘党のお父さんが多い。

挑む価値アリ。


場所をあれこれ探すのも面倒だったので、「白い恋人パーク」に行くことにした。

おっさん四人で。

作戦名は「白い恋人vs黒い変人」となり。

昨日、勝負に行ってきた。


どれだけ白い目線にさらされるのかと思ったが、なんかけっこう自然。

隣の席も、もっと若かったけれど、男四人のグループだったり。

やっぱり、男の甘党はもはやしっかりと市民権を得ているらしいぞ。


さてここは、ショーケースの中のホールケーキをスタッフがその場で切り分けてくれるスタイルになっている。

まず一皿目は、「苺のショートケーキ」「チーズケーキ」「レ・ショコラ」「ハードチーズケーキ」「シャンティーショコラフレーズ」の5つをもらった。

ドリンクはセルフサービスなので、ブラックコーヒーで。


甘党を自認するだけあって、他のメンバーもペースが速い。

一人はゆっくりじっくり食べるスタイルのようだが、俺を含めた3人はさっさと一皿目を完食し、2ラウンド目へ。

次は俺は、「フレジェ」「スイートロール」「ガナッシュショコラ」「ストロベリータルト」「ガトーショコラ」」の5つ。


7つ目くらいになって、他のメンバーのスピードががくりと落ちた。

ケーキは、急に、くる。

もちろん量の問題もあるのだろうけど。


しかして俺は、まだ大丈夫。

淡々と二皿目を終了。


「苺のショートケーキ」「シャンティーショコラフレーズ」「ストロベリータルト」「レ・ショコラ」の4つを皿に載せて、3ラウンド目のバトル開始。

他の方々は、8つめや9つめを少しずつ削るように食べている。

限界が近いようだ。


俺もそろそろ腹が重くなり始めてきた。

が、まだいける。


4ラウンド目、「ストロベリータルト」「フレジェ」「レ・ショコラ」の3つ。

だいぶ厳しくなってきた。

ベルトを緩める。

他の方々はどうにか10個をクリア、が、ここで終わるようだ。


以前来たときは17個だったので、ここまででどうにか同数。

少しでも更新したかったので、最終ラウンドへ。

90分の制限時間も迫ってきてたので、「ハードチーズケーキ」で記録更新を狙う。


で、何とか。

自己新記録達成。

18個。

初代(次回があるのか?)王座も獲得。


午後一時から二時半までという時間帯にケーキを詰め込んだわけだけど、その後、腹が減らない減らない。

夜の九時を回っても全く空腹感ナシ。

昨日は相方が同窓会出席で不在だったので、夕食は子供のリクエストにより、ミニバス練習後に吉野家に行った。

とりあえず、量の少ない「牛鍋丼並盛」にしたのだが。

この程度で、一苦労。

さすがにケーキは、強い。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。