中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

小学校の卒業まで一か月を切っているこの時期で、一足先にミニバスの卒団。

しっかりと、卒団式なるイベントが毎年開かれている。

去年も一昨年も俺は出席しなかったのだけど、さすがに今回は出席。

当たり前か。


今年の卒団生は、ウチのムウと、4か月ほど前から技術向上目的のため入団したユウトの二人。


卒団式といっても、会場はつぼ八だし、それほど改まったものでもなく。

挨拶や記念品の贈答などがあって、そのあとは通常通りの飲み食い。


ユウトが入ってきてよかった。

ウチの子一人だけだったら、全く団に貢献してこなかったこともあるから、式を辞退しようかとも考えたりもしたのだけど。


2年と数か月。

技術的にみると、とてもとてもそれだけの期間を練習したようには見えない。

足だけは速くなったのがせめてもの収穫だろうか。

せめて今後への下地になってくれればいいのだが。


現チームともお別れ。

長らく見守ってきたチームだから、せめてあと一年くらいは見届けてみたかった。

少なくとも昨年一年間の暗黒時代からは脱して、ちょこちょこと勝てるようにはなってきて、

もう少し、何かのきっかけがあればさらにレベルアップもできそうな兆候も見えてきて。


がんばってほしい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

激戦続きだったフットサルリーグも、とうとう昨日を持って終了となった。

トータルで見れば非常に楽しかったけど・・・最終的に敗退したのはやはり悔しい。

ただまあ、経験者だらけのチームばかりの中で、素人たちがたくさん混ざったチームで決勝トーナメントまで食い込めたのは、上出来というべきなんだろう。


ということで、今まで何度かここにも書いた通り、決勝トーナメントには何とか出場はできたものの。

準決勝では惜しいところで逆転負け。

3位決定戦でも押し切られて、結局4位。

残念。

俺個人としてもこの2試合で1点しか取っていなくて、それ以外にちょこちょことシュートを外していて。

点を取りに行ってる人間が点を取れないと、試合はこうなる。

もちろん責められたりすることは全くないのだけれども、どうしたって責任を感じてしまうわけで。

ミスしたシーンって、なかなか頭から離れないんだな、これが。

勝負に「タラレバ」は無い、のだが・・・。


ま、終わってしまったものは仕方ない。

近いうちにチームで打ち上げをやるらしいので、たっぷり楽しむことにしよう。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ミニバス、新人戦の大会。

ムウはもう試合には出ないけど、それとはまた別に、おそらく俺にとっても真駒内のチームの試合の見納めになりそうだ。


大会は先週から始まっていて、先週は一つ勝って一つ負け。

昨日は、その続きで5位決定戦という位置づけになっている。

別に5位でも6位でもどっちでもいいんだけど。

この際順位は関係なく、いい内容のものを見せてほしい。


その相手は、西岡北。

5年生の数からいえば、真駒内が有利なはず・・・なのだが。


第一クォーターは、シュウヤ・アキヒト・タイキ・トモヤ・アサヒ。

アキヒトが、最近リバウンドをとれるようになり、またジャンプシュートも入り始めたことで、チーム全体には大きなプラスになってきた。

そのアキヒトがこのクォーターもゴール下で活躍して、3ゴール。

ただ、ガード陣がボール運びの最中でドリブルミスによりスティールされ、そのまま失点・・・というものを、数回。

これが実にもったいない。

ディフェンス全般もどうもピリッとせず、12-12のスタート。


第二クォーターはユウダイ・ツバサ・ハヤト・ユウスケ・リオ。

ユウダイが最近はすっかり頼もしくなってきて、ゴール下ではしっかり働くし、ポストプレイからの速さもなかなかのものなのだが、シュートの精度がもう一つ。

空中でのボディバランスが悪いのか、ジャンプ方向にシュートが流れる傾向にあるようだ。

そこが修正できると、相当いい選手になれそうなのだが。

このクォーターは相手のファウルも多く、フリースローももらえたのだが、いかんせんフリースローも入らない。

ちなみにこの試合を通じて打ったフリースローは19本、入れたのは4本・・・。

19-14で前半終了。


第三クォーターのスタートは、ユウダイ・シュウヤ・ツバサ・アキヒト・リオ。

ユウダイとアキヒトの二人がリバウンドに参加できるようになったので、どちらかのはずしたシュートをどちらかが拾える場面がたびたびあって、今までさんざんリバウンドで苦労してきた真駒内にとっては非常に助かる。

ディフェンスも、時折いい集中力を見せられるようになってきて、このクォーターの後半には30秒も二回奪った。

得点差は開いて、32-22。


最終クォーターに入ってスタミナが切れてきたのか、若干足が止まり始める。

どうにも攻めきれなくなり、それでもどうにか逃げ切って、36-27で勝利。


<得点>

ユウダイ:14 シュウヤ:2 ハヤト:1 アキヒト:10 ユウスケ:2 トモヤ:2 リオ:3 アサヒ:2


内容的にはまだまだ甘いところもあったけど、少なくとも昨年よりはだいぶよくはなってきたか。

去年一年間はひたすら最下位争いを演じる超弱小チームだったが・・・。

それでも、今や最上級生となった5年生が8人もそろってるチームなど、少なくともAブロック内にはないはず。

トップに行かなければならない学年構成で4強にも入れないんじゃあ、少しさびしい。

もう間もなくムウも卒団で、そうなったら俺も見に行くことはできなくなるけど、この年代の行く末は気になる所。

全市を目指して頑張ってほしい。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フットサルのリーグ戦の話だけど。

まとめ役の方が実にマメなお人で、毎回順位表を送ってくれる。

残り一試合というこの段階ではあるが、今日もまた最新の順位表がやってきた。


全8チーム中、2チームだけ残試合数が2なのだが、ウチも含めてそれ以外のチームは残り一試合。

なので、暫定の順位ではあるのだが、現時点で我が「フータFC」は3位。

で、他のチームの状況を見るに、絶対に4位以上は確定するようで、決勝トーナメント進出決定!

よっしゃ。


ちなみに現在の順位と勝ち点をイニシャルチーム名で表すと、

1.「K」チーム・・・26

2.「E」チーム・・・24

3.「フータ」・・・22

4.「I」チーム・・・21

5.「WS」チーム・・・17

6.「WM」チーム・・・16

7.「HI」チーム・・・15

8.「T」チーム・・・3


と、なっている。

1~3位までは、決勝進出確定。

最終日に4位の「I」と6位の「WM」の直接対決が二試合残っていて、「WM」が二連勝すれば逆転で決勝進出となり、逆に「I」は一試合でも負けなければ決勝進出。


で、我が「フータ」は、最終日は2位の「E」との試合。

勝てば2位に浮上できる。

負けた場合は・・・4位通過の可能性が濃厚となりそうだ。

リーグ戦での順位はトーナメントの組み合わせに影響するのだが、実のところ上位チームにそこまでの力の差はないので、どこと当たっても大勢に変化はなさそうだ。

なので、もちろん「E」には勝ちたいが、その後トーナメントの二試合を同じ日にやることを考えると、ある程度の体力の温存等も考えながらやらないといけないかもしれない。


ちなみにフータ、総得点は50(13試合)。これは同率2位の数字だ。

得失点差は11で、こちらは同率で3位。

(もっとも、得失点差2位のチームは、ある試合で12-1で勝って、数字を荒稼ぎしたのだが)

でもって、俺の個人的な得点が14。

二試合を除いて、あとは全試合で得点を記録していて。

怖いくらいにいいペースで来ている。

あのコート、相性いいのかね。


決戦は、来週の土曜日だ。

そこそこ日数が空くから、痛めている左足首も完治するはず。

何としてでも栄冠を。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ佳境に差し掛かってきたフットサルリーグ戦。

昨夜は、13節・14節の二試合。

総当たり戦は15節までだから、大詰めである。


昨節まで、勝点18で暫定三位につけていた我がチーム。

上位4チームまでが決勝トーナメント進出なので、残り試合は負けられない。

そんな中、挑んだ二試合。

対戦相手は、前回は共に引き分けだったチームである。


一戦目。

序盤、早い時間からチームメイトのロングシュートが決まって、幸先よく先制。

しかしその後、相手チームに左サイドを突破され、中央のフリーに流されて押し込まれる。同点。

駐車場の都合で少しだけ遅れていった俺は、後半からの出場。

その後半、右ラインからのキックインの縦パスを受けて、そのままターン。

少しゴールまで距離はあったが、前が空いていたのでとりあえず思い切りシュート。

狙いはアバウト・・・というか、正確なコントロールなんぞできやしないので、一応ゴールの左上狙いで、とにかく強く。

コースは若干中よりになったものの、ゴールバーの下側に当たるくらいの絶妙な高さになってくれて、ゴール。

勝ち越し。

その後、さらに追加点も加えて、守り抜いて勝利。

まずは勝点3を獲得。


そして二戦目。

一試合目と同じく、まずは前半はベンチから様子をうかがう。

両チームとも大事な試合ということがわかっているわけで、お互いに守備が固い。

決定機がなかなか訪れなかったのだが、こちらの失点で均衡が崩れてしまった。

そのまま一点ビハインドで後半へ。

そして後半戦。

交代は自由な試合で、うちのチームは割と適当に先発メンバーを決めたりしていたのだけど、相手もだいぶ体力を消耗してきているようだし、早い段階でひっくり返そうということで、攻撃型メンバーの編成を組む。

それが結果として功を奏した。

我がチームのことながら、同点弾は実にきれいな流れだった。

左サイドバック付近から右中央への速いパス。

それをワンタッチでさらに左前方へ流す。

ちょうど空いたスペースに左サイドから俺が走りこんでいて、そこへドンピシャリのタイミングのパス。

トラップしてる時間はなさそうだ、と、自信はあまりなかったけれどダイレクトでシュート。

幸運なことにこれがまた理想通りのゴール右隅に決まって同点ゴール。

やーなんだか昨日は抜群にツイてたぜ。


勢いに乗って、怒涛のラッシュ。

立て続けに逆転弾、追加点も飛び出し、3-1とリード。

もう大丈夫かな、と、残り3分くらいで退いたのだけれど。

そこからまさかの二失点。

げげげ。

取りこぼしてしまった・・・。

まあそれもひっくるめて、サッカーという競技のおもしろさと怖さと。

仕方ない。


ともあれ、この日は勝点4を上乗せして、トータル勝ち点は22となった。

残り試合は、一つ。

勝てば、勝点25となって、自力でのトーナメント進出が確定する。

ただし相手は、現在首位独走中のチーム。

厳しい試合が予想される。

万一星を落とした場合だと、・・・さあてどうなるか。

昨日の他チームの勝敗を全部拾えていないので、まだ計算ができていない。

ギリギリのラインではある。


勝てばいいのだ、勝てば。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

友人の推薦があったもので、しばらく浅田次郎に挑んでみることにした。


もっとも、浅田次郎そのものが初めてというわけではなくて。

何作品化は読んでいるし、苦手というわけでもなく、ただまあ読みたい本はいくらでもあるわけなので、格別にのめりこんでいたということもなかった。

ヒトからの推薦ってのは案外大きなきっかけになったりする。


せっせと図書館に通っていろいろ読んで、それで今は「プリズンホテル」シリーズの途中。

たった今2巻目を読み終えて、明日また図書館に行って予約済みの3巻目と4巻目を借りてくる予定だ。


む、これはまたおもしろいぞ。

ヤクザ、というよりも、極道というものの、一面の美学をこうまで見事に表現できるものか。

それも、真正面から描ききるではなく、何本も絡み合った人間模様のドラマの縦糸を貫き通す横糸として、どっしりとそこに在る。

見事。


個性豊かな登場人物たちも随所で笑わせてくれるし、要所で泣かせてくれる。

ていうかどうも俺、年齢を重ねるごとにナミダモロクなってるような気がするんだが・・・、気のせいであってほしいところだ。


ちなみに浅田次郎、少し前に出た作品で新選組の斉藤一を扱ったものが出ていたようだ。

新選組好きなものだからこれもぜひ読んでみたいところだけれど、図書館では300以上の順番待ちが入っている・・・当分先になっちまうかな。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。