中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

友人の結婚式が、いよいよ来週に迫ってきた。

・・・結婚式を「いよいよ」と形容するのもおかしな話ではあるのだが、

そのように表現するのは、無論理由があって。

今回も、しっかり余興があるのだ。


結婚式に参加しては余興ばっかりやっているわけなのだが、中でもサークル仲間の式の場合は、力が入る。

こういうことが大好きな人間がそろっているので、毎度毎度、何かしらの企画が練られるわけだ。

そのうちにネタが尽きそうで、少々不安だが。


とはいえ、俺は遠く北海道にいるので、企画会議に参加することはほとんどできなくなってしまった。

ほぼ関東組任せである。

まあ、あちらには立案・遂行係がきちんといるので、何の問題もないのだが。

ただ、みんな仕事が忙しく、今回は案のまとまりがだいぶ遅くなってしまい、ちょっとバタバタしていたが・・・。

追い込み時期の集中度合いは、さすが。

今回も、どうにかこうにか、おもしろいものができそうだ。


詳細は本番前にはオープンにはできないのだが・・・、

余興タイムのシメは、このグループの鉄板ネタの、氣志團の「結婚闘争行進曲~マブダチ」!

メインボーカルをやらせてもらっているからには、ここで失敗は許されない。

踊りの方は、ほとんどもう体が覚えているから、問題ないと思うのだが・・・。

何しろこれで5回目である。


きっと、楽しんでもらえるはずだッ・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

自動車免許の、更新に行ってきた。

ようやくのこと、優良者講習を経て、ゴールドを取得。

この3年間は、無事故無違反。

うむ。


過去の違反・・・速度超過に駐車禁止に走行区分違反(だっけか?)などなど。

ただ、全部バイクであって、車で違反取られたことはないな。

バイクの方が狙われやすいとか・・・?


免許センターは、手稲にある。

朝っぱらの道を走って、車で約40分。

日曜の午前中は大変混雑します、と、わざわざ案内のハガキに書いてあったので、相当早めに出発。

ハガキの案内によると、8:45~受付開始で、講習は9:30~になっている。

で、俺が到着したのは8:10で。

ちょっと早かったかとも思ったが、そんなこともなくて。

すでに、人はぎっしり。

というか、手続きもスタートしている。

なんなんだ。


手続きは問題なく終わって、講習は8:50から。

「臨時」とか、書いてあったが。

きっと、日曜日は毎週早めにスタートしているんだろう。

案内の時間をしっかり信じて来た人は、たっぷり並ばされる、と。


ちなみに、免許証は。

IC機能だかが追加されて、従来のものより厚くなった。

それでいて、メリットは何なのか・・・?

説明は、なかった。

違いは、本籍地が空白になっていて、それは専用モニターのところで設定した暗証番号を入力すると見られるようになってます、という話だが。

・・・一体どこの誰が、自分の本籍地を見るためにわざわざ免許証をもって専用モニターのあるところへ出かけていくというのだろう・・・?


ときどき、お役所の考えることがさっぱりわからん。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

オリンピックの陰に隠れつつも、プロ野球のキャンプは後半に入っている。

俺としては、人並みにバンクーバーの情勢を気にしつつも、どちらかといえばライオンズのキャンプ情報の方が気にかかったりするわけだ。

特に今年は、菊池(すっかり「雄星」が定着しつつあるが)が非常に注目をされていて、目下一軍に生き残れるかどうかに耳目が集まっているところだ。


高卒ルーキーはとりあえずおいといて。

つい先日、衝撃のニュース。

この時期としては珍しいことに、交換トレードが発表された。

誰あろう、赤田将吾。


赤田。

選手会長も数年勤めたこともあるくらいだから、主力級の選手であることは間違いない。

身体能力に優れ、俊足と広い守備範囲が武器のスイッチヒッター。

ライオンズファンからも、非常に人気の高い選手の一人だが。

怪我の影響もあって、ここ数年はあまりいい成績を残せていなかった。

それにしても・・・うーん、残念。

交換要員は、オリックスの阿部。

まあ、悪い選手じゃない、が。

内野ならどこでも守れる器用な選手で。

スポーツ新聞的には、「内野の充実を図りたい西武」の思惑があったらしいのだが。

内野の充実ねえ。

片岡・中島のニ遊間は年々安定感を増してきているし、サード(或いはファースト)は中村が入る。

それ以外にも、石井義人、平尾のベテラン勢や、原・黒瀬といった若手も育ってきていて、特にトレードが必要な陣容とも思えないのだが・・・。


もっとも、外野の層はこれまた非常に厚く、赤田といえども出番が少なくなるのは仕方がないところもある。

栗山・GG佐藤の二人は不動のレギュラーなので、残りは1ポジション。

ここを、打撃のいい後藤・俊足巧打の佐藤友・成長著しい大崎・若手有望株の松坂健太・新外国人ブラウン、さらにはベテランの高山・大島も外野手。

大混雑中なのである。

赤田当人にとっては、新天地で大暴れした方がいいのかもしれない・・・。


トレードが発表され、最後の練習試合。

赤田は最終打席で、意地と執念のライト前ヒット。

試合後は、慣れ親しんだセンターのポジションで、チームメイトからの胴上げ。

宙に舞いながらも、抑え切れない涙・・・。


さらば、将吾。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

メモリアル、という名前の大会が開催された。

会場は、きたえーる。

真駒内は、稚内・大谷地の2チームと対戦。

稚内って・・・この大会の為にわざわざ札幌まで出てきたんだろうか・・・?


ちなみにこの大会は、4年生までの出場に限られる。

なので、ムウは今回は出場は無い。

問題なのは、当人がそのことを忘れていたというとんでもない状況。

当日、会場についてから、今日は出場できないことを思い出したという・・・。

信じられん。


4年生プラスカズキで、9人。

もっとも、このメモリアル大会は、ルールが若干特殊である。

いつもの4クォーター制ではなく、10分ずつの前後半、ストップ無しの流し。

パーソナルファウルもカウントしない。

フリースローはリバウンド無しで2本打ったら相手チームがエンドラインからリスタート、などなど。


稚内戦は、一応18-10で勝利したものの。

なんだかドタバタしてるなぁ。

勝てる相手チームとの試合の時くらいは、びしっと締まった試合をして欲しいもんだ。


次の大谷地戦が、またひどい試合で。

前半こそそれなりに競った展開ができて、7-10の折り返しだったが。

後半はもう目を覆いたくなるような惨状で。

10分の流しと言っても、交代時間や途中で一度入る強制タイムアウトなどもあるので、インプレー時間は実質6~7分程度だろう。

その時間内で。

後半スコアは0-32・・・なんだそれ。


ほとんどが自陣コートでプレーされているようなもので。

奪われて入れられ、奪われて入れられ。

正直、大谷地チームがそれほど強いとも思えなかったが・・・完全な自滅パターン。

初めてでもないのに、プレスに弱すぎる。

つまりは、精神的に弱すぎるのだろう。

カズキが入っていて、ベストメンバーではないといったって、ユウダイとシュウヤがいるからには、そこは何とかしなきゃならんところだ。

パスもドリブルも、全部逃げ腰で弱い。

スティールの餌食。

相手チームのシュート精度も悪いのに、ボックスアウトもしないのでリバウンドも取れない。

いやはや・・・。


この、真駒内の精神的弱さはなんだろう。

1つには、頼るべき選手が不在、というのもあるかもしれない。

エースに頼りすぎるのもまた問題だろうけど、やはり精神的な支柱がいるかどうかは、冷静さを保つには必要な要素なのかもしれない。

とはいえ、今の状況ではいかんともしがたい。

八方ふさがり・・・。


一応得点は、

<1試合目>

ユウダイ:4 シュウヤ:2 マサ:4 リオ:2 ユウスケ:2 トモヤ:4


<2試合目>

マサ:2 タイキ:2 リオ:1 ユウスケ:2






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週に引き続き、新人戦トーナメント。

今日は一試合で、対戦相手は、旭。

11月の新人戦で、予想外の勝利を得た、あるいみ記念のチームであるが。

聞くところによると、旭としてはその敗戦が非常に屈辱的で、リベンジに燃えているとかいないとか。


そんな相手と、どういうゲームをしてくれるのか、わずかな期待を抱きつつの観戦だった。

が。

先日の勝利が、ありったけの奇跡を詰め合わせたギフトだったという厳然たる事実を、突きつけられたのだった。


前半が、無残。

1,2クォーターとも、抜かれるわシャットは遅いわ・・・どころかシャットにすらいかないシーンも。

オフェンスでも、旭のそれほど速くも無いプレスに引っかかり、どんどん消極的になりヘルプにも行かず、さらにやられる・・・という何度も見たことのある悪循環。

1クォーターが4-14で、2クォーターにいたっては、0-21。

オカが怪我で離脱していて、1年生のカズキが入っていたとはいえ、これだけのスコアになると、言い訳にもならん。


後半は・・・まあ少しはマシにはなったが。

3クォーターで4-9、4クォーターは4-7。

それなりにディフェンスはがんばってはいたが。

ただ、後半の16失点のうち、フリースローで与えた点が6点。

ちょっとゴール近くのファウルが多い。

もっと高い位置で捕まえないと・・・。

オフェンスは、今日はマサ頼み、か。

オフェンスリバウンドをなんとか取った後のシュート精度があまりにも悪すぎる。

慌てて、体が伸びきった状態で放り投げたって、シュートってのは入るもんじゃない。


そんなわけで、結果は12-51という、立派な惨敗。


<得点>

ユウダイ:2 マサ:8 ムウ:2

フリースローは、0/4だから、先週から通算で25本中の4本。

いくらなんでも・・・もうちょっと入れようぜ。


ちなみに、ムウの2点というのは。

たまたまゴール近くをちょろちょろしていたらノーマークになり、外れたシュートがぽとりと落ちてきて。

ゴール下でフリーでボールを持ったにもかかわらず、何を思ったか後ろにパスを出そうとして。

慌てたチームメイトたちが「シュート!!」と叫んだものだから、またゴールを振り返ってぽいっと投げたら入りました、ってなもので。

見ているこっちはもうガックリである。



先週の60失点の大敗に続き、今日もまた似た様なスコアでの敗戦。

内容的に成長していないのが、見ていて一番腹立たしい。

一体敗戦から何を学んだんだろう。

敗戦から学べないなら、次の試合もまた惨敗、その次もまた。

そして一年間、つまらない内容で負け続け。

ムウはムウで、ちっとも進歩を見せないまま、1つのクォーターの6分だけ出場して、活躍もせずに、きっと最後の一年を終えるのだろう。

そう思うと、なんだかものすごくガックリきて。

なんかもう・・・心が折れそう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。