中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

先日、友人の結婚式で千葉に帰ったときの話。


式の会場は、地元の柏。

昼過ぎに披露宴が終わり、俺は地元の友人たちと、駅前で軽くお茶をした。

その後、その中の友人TとMは、別の店で飲むといって駅の方へ。

俺と、友人Nとその彼女Sの三人は、家に帰ることにした。


柏という街は、千葉県北西部の中心都市。

県外の人には、「Jリーグ柏レイソルの街」といえば、聞き覚えがある人も多いかもしれない。

それなりに栄えている街ではある。


そういうところだから、駅前のロータリーは、バスもタクシーも多い。

どんなときでも客待ちのタクシーは長蛇の列。

荷物の多かった俺たちも、タクシーで帰ることにして、列に並んだ。


やがてやってきたタクシーに乗り込む。

俺は助手席へ、NとSは後部席へ。

道順的には、俺の家が先だ。

「緑台近くの大井にまず行って、それから五条谷まで行って下さい」

「大井は、じゃあ牛乳屋さんの方ですね?」

「はい、そうです」

と、そんなやりとり。

ちなみにこの牛乳屋の息子は俺の友達で中学の同級生なのだが、長年連絡を取っていない・・・まあそれはいいとして。

俺の実家は、今は市町村合併のため「柏市」だが、かつては「沼南町」で、柏駅からはちょっと距離がある。

だから、「緑台・大井」という地名で牛乳屋が出てくるということは、この運転手は沼南方面に詳しい人なのかもしれない・・・と、そのときはぼんやり思った。


さてタクシーが走り出し。

後部座席のNが、

「Tたちはどこまで飲みに行ったんだろね?」

と、俺に会話を振ってきた。

さてね、と、俺が答える前に。

「ああ、アイツなら金町に行くって言ってたよ」

という回答が、俺の横から。


ん?

横?

・・・運転手、さん・・・?

一瞬思考が固まった俺が、運転手さんを見てみると。

知っている。

「・・・Tの・・・お父さん!」


俺もNも、言葉が出ない。

Tのお父さんは楽しそうに笑っている。

「はっはぁ、やっぱり桜井君とN君か。大井と五条谷っていうからそうかなと思ったんだよ。久しぶりだね?」

「ええ、ああ、はい・・・いやぁびっくりしました・・・」


そう。

Tのお父さんは、冗談好きで陽気なタクシードライバー。

何度か、顔を合わせたこともある、のだが。

めったに地元に帰らず、めったにタクシーに乗らず、このタクシーの数とこの客の数がある中で、よくもまあ大当たりを引いたもんだ。


事実は小説より奇なり、とか何とか。

偶然って恐ろしい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

このところ週末の用事が重なっていたので、久しぶりのミニバス対外試合。

本日の対戦相手は、西岡北チーム。

ご近所といえばご近所で、何度も対戦しているのでお互いに手の内はわかっているところ。

とりあえず一人、ものすごくデカイ選手がいて、あとは速さを持った選手が2、3人。

やや選手間の能力が偏ったチームではあるが、強い。


さて、試合。

例によって第一クォーターは、真駒内は弱点クォーターで、ジュン・セイゴ・ヨウスケの6年生プラスマサ・シュウヤの4年生コンビ。

西岡北は、そのデカイ5番がこのクォーターから出場。

マッチアップするのはヨウスケくんだが、さすがに少々荷が重い。

身長差は、おそらく15cm以上あるし、パワーの差も歴然。

周囲もカバーするものの、抑えきるのは難しい。

ただ、オフェンス面では負けていない。

ジュンくんもヨウスケくんも得点を奪い、8-9と一点のビハインドでしのぐ。


第二クォーターは、ノリ・スバル・ソウヘイ・カツの6年生、そして4年生のタイキ。

このクォーターは相手5番はいないので、とにかく相手のドライブさえ止めれば、というディフェンス。

さらには、カツくんがしっかりとリバウンドも取る。

うまい具合に展開し、逆転に成功。

18-13と差をつけて、折り返す。


後半は、ノリ・スバル・ジュン・ヨウスケ・カツのベストメンバーで。

相手5番の、もう防ぎようの無いゴールを許すものの、おおむねディフェンスは固く、何度か30秒も奪い取った。

2分から5分の間は相手をノーゴールに抑え、差を広げる。

29-19。


ところが、第四クォーター。

流れがいささか、悪い。

疲れが出て、少し足が止まったか。攻めがやや単調になり、ゴールが奪えなくなる。

その分、失点が増え、追い上げられる。

それでも、どうにかこうにか逃げ切り、結果は35-31。

辛勝。

<得点>

ノリ:4 スバル:8 ジュン:4 ヨウスケ:6 カツ:13


勝つには勝ったが、まだ課題も残るゲーム。

ディフェンスを重視する監督から見たらまた別かもしれないけど、俺から見るとむしろオフェンス面のほうが課題山積か、と。

どうしてもインサイドで勝負できるチームじゃないだけに、もう少し外から崩せないと、苦しい。

とはいえ、ミドルからロングレンジでのシューターがいるわけでもない。

となると、やっぱりスピードを生かしてのカットイン、ドライブ、ペネトレイト・・・つまりは突っ込み、切り崩す。

そういうものがもっと、欲しい。

ノリくんは小学生レベルとしては申し分ない能力を持っているので、他の選手。

例えば高い位置から一人を抜いた後、その後に取れるパターンが少ないためか、止まってしまうことが多い。

泊まってからのジャンプシュート、或いはフェイクからのセンターへのパス、止まると見せかけての再ドライブなど、もう少し練習を重ねてみるとおもしろいかとも思うのだが・・・。


ああ、無責任。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

オールスターゲーム。

なんだかんだ言っても、野球ファンからするとはずせないイベントであることに変わりはない。

今年の一日目は札幌開催とはいえ、平日だし簡単にチケットは手に入らないし、結局テレビ観戦ということになってしまうわけだけど。


それから、今日は札幌市は豊平川花火大会という、それなりに大きなイベントもある。

帰り道、会社から家まで自転車で帰る道のりは、この豊平川沿いを通るのだけれど、相当な人出だった。

浴衣の人々も数多く。

夏の風物詩だ。


最近はイヤに涼しかった北海道だけど、今日はそれなりに夏の暑さを取り戻し。

オールスター、花火大会にはちょうどいい気候になってきた。


となると、欠かせないのはビール。

俺は普段家ではほとんど酒を飲まないのだが、たまには。

もらいもののスーパードライを取り出して、ぐびぐびと。

いやあ気持ちいい。


ビールといえば。

先日、キリンとサントリーの合併話が出ていた。

それほど注目もしていなかったのだが。

サントリーは、プレミアムモルツ。

CMでは良く見るし、評判がいいのは知っていたが、何しろ単価が高いので、買ったことはなかった。


そのプレミアムモルツを、少し前に、飲んだ。

友達の家で。


二週間前に友達の結婚式で関東に戻った時、時間の都合で東京の友達のところで一泊した。

大学の、サークルの友達で、場所は変わったけれど、一体今までに彼のところに何泊したことやら、もう数えることも出来ないくらいなものだが。

で、どうやら彼は、プレミアムモルツにはまっているらしい。

たくさん、常備されていた。

提供してくれた。

飲んだ。

・・・うまかった。


うん。

実際、うまかった。

さすが。

エビスもうまいけど、こちらもうまい。

やっぱり値段には理由がある、らしい。


ついでの小ネタ。

その彼の家に、体重計にいろんな機能がくっついた、シロモノがあった。

体重計に乗っかり、さらに両手で棒のような物を持って、しばらく待つ。

と、いろんな数値が計測される。

どこまでアテになるのかはわからないが・・・、

体脂肪率は、10%を切って、一桁台。

身体年齢(肉体年齢?)は、一気に若返って18歳。

ホントかいな。


飛躍した。

オールスターは中盤、パリーグが同点に追いついた。

おもしろい試合だ。

さあどうなる。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

この土日は、久しぶりの家族旅行。

道内を、東へ。

目的地は、十勝。

この時期にしては珍しく、雨に泣かされた土日ではあったものの。

おおむね楽しむことが出来たから、まあよしとしよう。

土曜日は、午後から降り出しそうな予報。

朝早くから、出発した。

降雨前線との競争となったわけだが、予想外につかまるのが早かった。

千歳近辺で、はやくもぱらぱらと。

夕張を過ぎ、日高の山の中に入り、まずはトマムを目指す。

トマムリゾートで少し遊んでいこうというのが第一の計画。

トマムに着いたときには、かなりの雨。

これではアウトドアの遊びができない・・・残念。

仕方ないので、とりあえず卓球をやることにした。

ムウなどは、スポーツに関しては徹底的に不器用だから、卓球も全然。

一方でレイは、中学に入って卓球部所属となったわけで、さてどれほど成長したものか。

俺は、いろいろスポーツをやってきたものの、正直卓球はあまり得意な方ではない。

まあ普通、というところだろうか。

その俺がレイとシングルスでやりあって、3ゲームやって俺の三勝。

圧勝とまではいわないが。

それなりの成長は見られるようなので、今後に期待しよう。

卓球をやってる間に、雨は小降りに。

外での活動が可能になった。

で、レイは以前から釣りがやりたいと騒いでいたので、フィッシング体験。

一方でムウは、工作系が好きなヤツなので、キーホルダー作り。

相方もそういった手作業が好きなので、そちらへ。

なので俺はレイについていって見物。

釣りといっても、初心者もやるところなので、難しくも無い。

釣堀代わりの池があって、エサはイクラ。

キャッチ&リリース。

レイなどは基本的に短気だから、どう考えても釣りには向かないのだが、それでも何匹か釣り上げてご満悦。


中華の足跡・改-tomamu2

ムウのほうも、快調に製作。

むしろ、相方がのめりこむ。



中華の足跡・改-tomamu1

一時間以上たっても終わりそうも無いので、俺とレイとムウはパークゴルフをやることにした。

俺はゴルフ経験はほとんど無いのだが、少しだけはかじったことがある。

その辺で、さすがに子供たちとは差がつく。

そして、第三ホール、パースリーのコースでは、なんとホールインワンまで飛び出す始末。

打った俺がビックリだ。

そんな感じで昼過ぎまでたっぷり遊び、いざ帯広へ。

昼飯は、帯広の名物・豚丼。

そしてその後は、ばんえい競馬。

ばんえい競馬。

元は農耕用の馬で、そりを引きながらの障害越えレース。

競馬はほとんどやらない俺だけど、なんだかおもしろそうだったので、コースに組み込んだ。

で、このばんえい競馬が、実におもしろかった。

勝負したのは4つのレースで、結局当たったのは複勝の一回だけだったものの、惜しいレースもあったし。

何よりも、間近でみるとたいそうな迫力だ。

これは競馬好きならはまりそうな魅力がある。


中華の足跡・改-競馬1
 


中華の足跡・改-競馬2

さて、ホテルへ。

会社のツテで、いいホテルに安く泊まる。

こういう時は旅行業は便利だ。

十勝の温泉は、植物性モール温泉と言って、泥水っぽい色の温泉だが、肌には非常にいいという、世界的にも珍しい温泉である。

のんびりと温泉に浸かって、たっぷりとメシを食って。

いやあ極楽極楽。

さて日曜日。

・・・雨。

なんてこった。

本当ならばこの日は、帯広で野球の試合があったのだ。西武-日ハム戦。

わざわざチケットも手配して行ったのだが・・・雨には勝てず。

無念。

予定を変更して、帯広スイーツめぐり。

帯広駅近辺の店をめぐって甘いものをつまみ、さらに柳月のスイートピアガーデンで限定品のガーデンクレープ。

甘党の俺にはたまらない。

無事、帰宅。

疲労はとれたものの、運転疲れ。

一週間がんばろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

世の中には数多くの不名誉な罪名が存在するわけで。

例えば、強制わいせつだの婦女暴行だのといった性犯罪。

あるいは、弱いものいじめにあたる児童虐待。


いやまさか、俺にそんな疑惑が降りかかる日が来るとは予想もしていなかったのだが。

現実に、児童相談所なるトコロから、相談員だか職員だか知らないが、わざわざウチまでやってきた。

おかしな世の中だ。


もっとも、平日の日中に来られたところで俺が対応できるはずも無く、全て相方から聞いた話になるのだが。

児童虐待疑惑をかけられたのはどうやら俺らしい。

さてさて。


何週間か、前の土曜日か日曜日の昼下がり。

ウチのマンションの駐車場で、俺はムウとバスケの練習をしていた。

とはいっても、たいしたこともできない。

ドリブルの基礎、パス練習、シャトルダッシュに反復横飛び等の足腰鍛錬、それに一対一などなど。

そんなのをやってたら、レイが降りてきて、混ぜてほしいようなことを言ってきた。

よくあることなので、ちょうどいいと思い、ムウとの一対一の相手をさせた。

俺が相手をすると、実力差がありすぎるという事もあるので、レイくらいがちょうどいい。


だが、やはりこれも毎度のことなのだが、問題も起きる。

二人ともお互いに対抗意識がムダに強すぎる。

練習なんだから勝ち負けも何も無い、と何度も言っているのに。

抜いたの抜かれてないので、互いに言い合い、あるいは勝ち誇り、どんどん二人の間が険悪になる。

公平に見て、どちらかといえばレイの方がよくない。

なんだかんだでムウはもう半年バスケをやっていて、一方のレイは年上とはいえバスケは素人。

そしてバスケの一対一というものは、圧倒的にオフェンスの方が有利なものだから、抜かれても別に構わない。

そういったことを何度も俺が言っているのに。

妙なところで負けず嫌いなもんだから。

いや、抜かれて悔しいと思うのは自然だし、それはそれでいいのだが。

それなら、抜かれないように工夫するとかもっと考えるとか鍛えるとか、そっちに向かってくれればいいものを。

自分の方がムウより力が強いのをいいことに、ムウにやつあたりして、ボールを投げつけたりするわけだ。

そういう行動が続き、あまりにも情けないので俺が一喝し、レイが泣き出すまで説教をした。

レイも、わかってはいるようなのだが、カッとなると自分の抑えが利かないところがあるのが困ったもんだ。


・・・とまあ、そんな一幕があったのだが。

マンションのどこのどなたか知らないが、その様子を見ていた方がいらっしゃったらしく、ご丁寧に児童相談所に通報してくれたそうだ。


それだけならまだしも。

その通報内容というのを詳しく聞いてみると、どうもいろいろと誇張というか脚色というか、事実にないものが含まれているようだ。

本人の俺が言うんだから間違いない。

なんでも、俺がレイを芝生に正座させて延々説教させただとか、その後罰として反復横とびをさせただとか。

ほう?

芝生だろうが家の中だろうが、説教する時に正座させる趣味は俺には無いぞ。

反復横とびをさせているのはレイではなく、ムウだ。

ディフェンス時に最も必要となるシフトウェイトの基礎練習としては、反復横とびが最適だろうと思っているから、だが。


その駐車場での練習時は、たまたま相方も見ていたので、相談所員には事実をそのまま説明したそうだ。

相談所員が納得したのかどうかは知らないが。

まあ納得しようがしまいが、こっちの知ったこっちゃ無い。


そこはかとなくシャクに障る一件だったが、相手がわからなきゃケンカのしようもない。

とりあえずは、駐車場での練習は意地でも続けてやる。

ざまあみやがれ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日の土日は、結婚式だった。

2009年、これで3回目。

ここ数年は、だいたい年平均3回くらいのペースで友達の結婚式に招かれている。

年齢的に、ここら辺がピーク時なんだろうか。

まだ数年は続きそうな気がするが・・・。


結婚式に参加して、友人の幸せそうな姿を見るのは気持ちいいものだし、久しぶりに友人仲間で会えるのも楽しいのだが、俺の場合は、それプラス余興。

すっかり余興大好き人間になってしまった。

歌系、踊り系、お笑い系、それに司会なんかも経験を重ねて、今回の余興で9回目。


今回の主役は、地元の友人。

中学・高校と同級生。

大学を卒業後、そいつは台湾に渡り、今はアジア圏を飛び回っている。

そんなわけだから、ヨメさんは中国人だったりする。

国際結婚だ。

まあ今時珍しくも無いのかもしれないが。


会場は、地元の柏。

それはいいのだが、朝10時に式がスタート、ときたもんだ。

札幌からじゃ直行しても間に合うか微妙なところだったので、金曜夜から地元に戻ることにした。

もっとも、仕事後に千歳に向かっての飛行機だから、こちらも非常に遅い時間で、東京まで行けても柏まではいけない。

こういうときに助かるのは友人のネットワークで。

羽田からごく近い場所にサークルの友人が住んでいるので、一夜の宿を借りることができた。


さて、余興。

俺を含めて、地元の友人仲間三人でやることにしていた。

が、何しろ俺が北海道だから、事前の練習だのなんだの、そういったものができない。

さらに、もう一人は大事な試験を控えて準備の時間が無いし、もう一人は計画を練って準備を重ねる、というタイプではないので、結局企画進行は俺が一人でやるようなものだ。

何をやろうか考え込んだあげく、ちょっと披露宴一次会にはふさわしくないかもしれないけど、列席者全部を巻き込んでクイズ大会を開催することにした。

問題は新郎新婦に関するもので、4択。いろんな関係の列席者がいるので、特定の知識に偏らないように、ほとんど直感勝負の問題をいろいろそろえてみた。

テーブルごとの対抗戦で、しっかりと景品も準備。

いざ勝負!てなもんだ。


いろんなアドリブやなんかも詰め込んで、それなりに盛り上がってくれて。

ただ、優勝したのが俺らと同テーブルの友達グループだった、というのが、ちょっとビックリ。

仲間内での出来レースだとか思われなきゃいいけど。

実際のところ、問題すらその友達は知らないし、まして答えを知ってたはずも無く。

ま、中学からの友達だから、付き合いの長さが読みの正確さにつながった、というところだろう。


そんなこんなで、式は無事に終了。


式が土曜日で、札幌に戻ったのが日曜。

せっかく関東に戻ったわけだから、毎度の事ながら、俺は予定を詰め込む。

いろんな方面の友達がいるわけで。

そっちはそっちでまたおもしろい話がたくさんあったけど、それはまた別の機会に・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

気がつけば七夕。

ごくフツーのサラリーマンになってしまった今では、すっかり無縁のイベントの一つかもしれない。


関東で育った俺としては、七夕といえば当然7月7日。

ところが、北海道では、8月に七夕という習慣が根強いようで。

正確に調べたわけじゃないけど、道南の方がそういう習慣のところが多いとかなんとか。

お菓子をもらいに各家庭を子供達がまわる、なんて話を聞くと、ついハロウィンを連想してしまうが。


ちなみに、今日の札幌は上天気。

とはいえ、天の川が見えるような場所では、残念ながらない。


天の川。

そういうものを、言葉では知っているものの、ずっと実物を見ないで育ってきた。

どうなんだろう。

日本で、天の川が良く見える場所というのは、居住地のうち何パーセントくらいなんだろう。


そんな俺だから、実際に天の川をはっきりと目にした時は、ガラにもなく素直に感動した。

あまりにも圧倒的だった。

あれは、アメリカのコロラド州。

友達のお母さんの言葉は半分以上わからなかったけど、「ミルキーウェイ」という単語だけはやけにはっきりと聞き取れた、ような気がする。

うわあ。

すげえ。

本当に、河だ。

と、つぶやいた。

間抜けなセリフ。

その場には、日本語を解する人は誰もいなかったけど・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新人戦、という響き。


5年生以下の選手達だけの、大会。

そういうものが、しっかりと用意されている。


今までは、さんざん6年生主体のチームのことを書いてきたのだが。

今日は、様子が異なる。


以前にも書いたけど、真駒内チームは若干学年構成がいびつなところがある。

6年生が7人いて、4年生が9人いるのだが、その間の5年生がたった一人。

その一人というのが一番ヘタなムウというわけだ。

一応、最近入ったばかりの一年生がいるのだが、これはまあ例外として・・・。


そんな中での、6年生抜きの新人戦。

さあどうなることか。


ルール上、一試合に出場しなければならない選手は、10人。

真駒内は、4年生と5年生で10人・・・つまりギリギリの人数。

逆の見方をすれば、まだ戦力にならないムウも、一クォーター分は出場機会があるということだ。

ここは前向きにとらえよう。


実は、先週は練習試合があった。

6年生チームの試合はもちろん、新人戦に備えて下級生チームの練習試合も組まれた。

結果ボロ負けなのはいいとして。

ムウは、何もできないのは仕方ないとして、明らかに全力を出してない気の抜けたプレーをしていたもんだから、帰宅後に俺が怒鳴りつけた。

必死にやらないんなら、もうやめさせるぞ、と。

そんなわけで、今日俺がムウに課したのは、ボールから絶対に目を離さないこと、走る時は常に全力で走ること、棒立ちにならないよう膝を曲げること、近くに来たボールは必死に取りに行くこと。

なんかもう、基礎中の基礎だが。

それさえもできてないんだから、仕方ない。


さて、今日の試合。

相手チームは、美しが丘。

ウチとは違い、5年生が五人いる。

その時点で、もう勝ちはないな、と。

どこまで食い下がれるか、だ。


さらに、真駒内にはハプニング。

4年生の一人、リオくんが、発熱のためダウン。

もうどうしようもないので、1年生のカズキくんが参戦することに。

比喩ではなく、何もできないのだが・・・ルール上、仕方がない。


第一クォーター。

マサ、ユウダイ、オカ、ユウスケ、カズキというメンバー。

この中で中心になるのは、マサくん。

6年生キャプテンのノリくんの弟である。

ノリくんほどのスピードやキレはまだまだ無いが、やはりプレースタイルは良く似ている。

将来が楽しみな選手だ。

他には、ユウダイくん。

4年生の中では一番身長が高い。次代のセンター候補だ。

それなりのシュート技術は持っているのだが、非常におとなしい性格で、センタープレイヤーとしてはそれが少々ネックか。

「ゴール下は戦場だ」と、スラムダンクでの赤木の名言にもあるとおり、センターはぶつかり合いのポジション。

もう少し闘志があるといいのだけど。


試合展開は、まあ予想通り、一方的な展開になる。

攻め手が無いのと、リバウンドが取れないのとが、致命的。

マサくんがガードのポジションに入るのだが、コンビプレーの練習などしていないので、パスワークが皆無に近い。

カットインの技術を持っているのはマサくんくらいのものだが、相手が5年生だけに、そうそう抜けるものでもない。

それでも、何度もドライブを仕掛けてファウルはもらったのだが、得点には結びつかない。

終了間際にマサくんが1ゴールを決めたものの、このクォーターは2-10。


第二クォーター。

メンバーは全員入れ替わり、ムウ、シュウヤ、タイキ、ツバサ、トモヤ。

この中では、シュウヤくんがゲームメイク役になる。

とはいえ、もうほとんどポジションなどあってなきがごとく。

第一、セットプレーが少ない。

ターンオーバー、スティールからの速攻を止められない。

相変わらず攻め手がないし、相変わらずリバウンドが取れない。

身長差がある上にスクリーンアウトの技術も無いんだからどうしようもないのだが。

結局このクォーターは無得点で、2-24と差は開くばかり。


第三クォーターは、マサ、ユウダイ、シュウヤ、ツバサ、オカ、と、現時点でのベストメンバーを組む、が。

当然相手も、5年生主体のベストメンバーに変えてくるわけだから、劣勢は変わらない。

加えて、やはりまだまだ体力不足。

足が、止まり始めてきた。

3分の時点でマサくんが1ゴール決めたものの、得点はそれだけ。

4-35。


第四クォーター。マサくんに代わってタイキくんが入り、あとはそのまま。

が、シュウヤくんやツバサくんなどは、体力の限界値。

ディフェンスもオフェンスも、圧倒される。

このクォーターは無得点で、結果4-48という大差で、記念すべきデビュー戦は終了となった。


ちなみに、ムウは。

さすがに先週の落雷がきいたのか、今日はそれなりに頑張ってはいたようだ。

ただ、ほとんど攻めにはからめていない、が。

次回へ向けての糧としてくれればいいんだけど・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。