中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

今年もやってきた。

「開幕前」という、この独特な時期。

総ての野球ファンが、己の贔屓チームに対する最高級の期待を膨らませる、夢のような時。


無論、俺も例外であるはずもない。

毎年この季節はライオンズに対してのあらゆる期待値を上昇させるのだが、こと今季に限っていえば、客観的な評価も高い。

昨年の日本一チームであるからには、当然のことだ。


独断と偏見に満ち溢れたチーム力分析、いってみよう。


攻撃陣は、今年も磐石だ。

最多安打コンビの片岡&栗山、WBCでも大活躍の中島、ホームランキングの中村。

主軸のGG佐藤も安定しているし、扇の要・細川もいまやリーグを代表する捕手に成長している。

レギュラーポジションで固定されていないのは、ファーストと外野が一席くらいのものだ。

この外野手争いが、実に熾烈。

誰が勝ち取るか、見物だ。

候補の一番手は、やはり赤田。広い守備範囲に俊足巧打のスイッチヒッター。

ここ数年怪我に泣かされているので、年間を通じての活躍に期待。

総合的な打力だけでいうなら、後藤。

長打力は、ボカチカ。

守備力と安定感で、佐藤友亮もいる。

そして若手の成長株では、松坂健太、大崎。

中堅クラスの高山や大島も控えている。

いやあこれは大変だ。

巨人から来た清水なんざ入る余地もない・・・まあハナっから首脳陣は外野で使うつもりはないんだろうけど。


さて、投手陣。

先発・抑えはいいとして、中継が問題視されている。

左の星野は問題ないのだが、右が。

岡本真・小野寺、それに岩崎といったあたりが担当なのだが、安定感が今ひとつ。

だれかが8回を完全に任せられるセットアッパーに定着してほしいところ。

先発ローテは、涌井・岸・帆足をフル回転させつつ、ベテランの西口・石井一がそれに続く。

6人目が固まっていないが、オープン戦の成績からいうと、新加入のワズディンが当面先発をすることになりそう。


キーマンは。

ずばり、西口。

長年ライオンズの投手陣を支えてきた大エースだが、残念ながらここ数年、成績が下降気味である。

年齢による衰えなのだろうか。

ここぞという場所での粘りがきかなくなっているのと、被本塁打の多さが気にかかる。

昨年の成績は、既定投球回数に満たず、8勝6敗で防御率は5.03というもの。

これでは物足りない。

西口がローテを守れないことになれば、先発・中継共に多大なしわ寄せが来ることになりかねない。

何よりも、生え抜きのベテランエースというのは、投手陣の精神的支柱。

他投手への影響も大きい。

そんなわけだから、奮起に期待したい。

伝家の宝刀・スライダーの切れ味そのものはまだ健在だ。

マウンドで躍動する姿は、まだまだ消えるのは早すぎる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

この土日に、急遽仕事が舞い込んだ。

3人の中国人が旅行に来るので、そのガイド兼通訳兼ドライバー、と。


客は、北京の人。

おっちゃん一人におばちゃん二人。

いろんな意味で、典型的な中国人。

どちらかといえば、悪い意味での。

俺個人は中国という国や中国人に対して偏見は持っていないつもりだけど、それにしても・・・疲れた。


とりあえず、俺は空港で出迎えるまで、コースに関しては全く知らなかった。

その日のホテルを押さえてあっただけ。

先方の旅行会社から何も希望や要望を言ってこなかったのだが、それは客自身が言わなかったからか、旅行会社が省いたのか、どちらか。

俺は、前者だと思うが。


とにかくとにかく、ツッコミどころが満載な方々で。


ツアーに参加するんならともかく、個人で海外を旅行しようというからには。

ちょっとくらい事前に基礎知識をかじってこい。

千歳空港に着いて札幌に泊まる行程なのに、摩周湖とか網走の方に行こうとか考えるな。

事前勉強が面倒なら、せめてガイドブックくらいもってこい。

仕方ないから俺が自前のガイドブックを見ていたら、

「それは私にくれるの?」って、なぜそうなる。

要望があったんなら、あらかじめ言っておけ。

まず温泉に行きたいって、知ってたら温泉地に宿取ってやったさ。

具体的な希望が何もないんだったら、いちいち文句をつけるな。

3人内の意見くらい統一しておけ。

そのメニューはおばちゃんが決めたんだぜ、おっちゃんよ。

俺に文句を言うな。

そしておばちゃんも知らんぷりするな。

何かというと、中国と比較するな。

そして比較する際はなぜ必ず中国が上なんだ。

その揺るぎない上から目線はなんなんだ。

北京のなんたらいう場所の説明を延々されても困る。

「体洗ってくれる人がいて、マッサージもしてくれて、72種類のお湯があって・・・それで全部で200元!どうだすごいだろう」って、良く聞いたらそれは温泉ではないぞ。健康ランドじゃないか?

札幌市内のテレビ塔の話をして、軽く「上ってみますか?」と聞いてみたら、

「必要ない。北京でテレビ塔上ったことあるから」って、その意味不明な返事は何だ。

テレビ塔ってのは、上るのが目的ではなくて、そこからの展望に意味があるんだろうが。

北京で上ったことがあるから、なんだってんだ。

きっと見える景色は違うと思うぜ?

そもそも一体、何のために旅行に来たんだ。

「中古のブランド品がたくさん売ってる店に行きたい」って、それは北海道に来る理由にはならんぞ。


彼らは、旅行を楽しめたんだろうか。

俺は本職のガイドでも通訳でもないから、こっちにも問題はないとは言わないけど、おそらくアノ調子なら、どんなプロがついていっても結果は同じ。

ああいう人たちは、どこにもいかずに北京にでも閉じこもっていたほうが、全ての人にとって幸福なんだろうよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

少々タイムリーの時期を逸した感があるものの、

WBC。

日本中が熱狂に巻き込まれた、かのように見えるマスコミ報道と、いろいろな見方や批判があるという事情を内包しつつも、少なくとも元々野球好きの俺にとっては純粋に狂喜させられる大会だった。


仕事のおかげでリアルタイムの中継を見ることができなかったのが残念だったが。

その夜の再放送はしっかりチェック。

いやもう、すばらしい試合だった。


後付のようで恐縮だが。

試合当日、出勤前に、俺は野球のカミサマに祈りをささげた。

俺の部屋の一角はすっかり野球ゾーンになっていて、ライオンズのユニフォームやらフラッグやら、それに今回のWBC応援クリアファイルが何種類か、そういったものがごちゃごちゃと飾られていて。

そこで、「イチローの封印解除」と「ライオンズ選手の爆発」を祈願したのだった。


・・・信憑性はないものの、結果としてはドンぴしゃり。

この日4安打にして、試合にケリをつけたイチローの活躍は言うまでもない。

特筆すべきは、若獅子コンビ。

片岡がヒットで出塁し、すかさず二盗を決める。

イチローのつなぎで片岡が三塁に進み、打席には中島。

オーバーラップしたぞ。

この状況。

そう、昨シーズンの日本シリーズの最終戦。

片岡がすさまじい走塁を見せた、伝説のシーン。

・・・これは、もらった。

そう確信したのはきっと俺だけじゃないはず。

大多数の日本ファンとほとんどのライオンズファンの願いを乗せて、中島は見事なタイムリーヒット。

そうだ。

それこそが、日本一のチームの矜持だ。



祭りは、最高の形で幕を閉じた。

そして目前に迫った、シーズンの開幕。

こちらも・・・、連覇だ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日、卒業式だと。

そういえば、そんなことを言っていたな。


レイが、小学校卒業。

次は中学か。

当人を見てるととてもそうは見えないのだが、はてさて。

どこの親もそう思うものなんだろうか。


さすがに平日では、卒業式を見に行くこともできない。

相方にまかせよう。


小学校の、卒業式か。

あんまり自分の時の記憶がないな。

なんだか歌ばっかり歌わされて、うんざりした覚えだけがあるのだが。

どうやら、たいして感動もしなかったらしい。

考えてみれば、ほとんど全員が同じ中学に行くわけだから、別れというものもないし。

そんなもんか。


卒業する本人がどんな気分か・・・こればっかりは当人にしかわからないが。

せいぜい記憶に残る式であってくれ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

友達の結婚式が迫ってきた。

今週末だ。

久しぶりに東京に戻れる。


今回は、杭州の留学仲間が集まる。

これはこれで、久しぶり・・・一年前の俺のパーティー以来か。


さて、結婚式といえば余興。

と、言い切ってしまうのもいかがなものか、と思わないでもないが。

これまでに参加した友人の結婚式は、日中アメリカ合わせて7回。

そのうち、5回で余興をやらかしている。

きっと、高確率だ。


そんなわけで、今回も。

ただ今回は、ちょっと時間がなかったもので、シンプルに。

ちょっとだけ工夫を加えてみたが。

さてどんなものやら。


とりあえずは練習はしなけりゃまずいってんで、先週末はカラオケに。

特訓。


うまくいくといいですね。

他人事みたいに。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヤフーの記事で、こんなのがあった。

「待ち、当て投げ、連コイン――格闘ゲームでのマナー、どこまでOK?」


この見出しだけで内容を想像できるか否かで、ゲーマー度がある程度わかってしまう。

ような、気がする。


おもしろかったので、勝手に転載してみる。


全世界での累計出荷本数が200万本を突破するなど、対戦格闘ゲームとしては久々のスマッシュヒットを記録した、カプコンの「ストリートファイターIV」。このタイトルがきっかけで、久々にアーケードに復帰した「ストII」世代も多いのではないだろうか。

 一方で、そんな流れを受けてか、最近ネットのあちこちで「待ち」や「ハメ」「連コイン」といった、“ゲームセンターでのマナー”をめぐる議論を見かけるようになった。こうした議論はユーザーの間では昔から交わされてきたものだったが、かつての「ストII」世代がゲームセンターに舞い戻ってきたことで、再び“マナー論”が盛んになってきている模様。


ほう。

なるほど。

マナーか。

確かに、そういうものが存在した。

間違いなく。


この記事ではその後、投げハメ・待ち・永久コンボ・試合放棄・連コインなどの行為の解説までが、ご丁寧に。

そして、こう締めくくる。


思えば「ストII」のころには、「待ちガイル」や「投げハメ」など、お手軽かつ強力な戦術がいくつもあり、これらをプレイヤー側が“自重”することで対戦バランスを保ってきたような側面が確かにあった。しかし、こうしたローカルルールはゲームバランスの改善に伴い徐々に廃れていき、今では「何でもアリ」がゲームセンターの主流となっている。最近の格闘ゲームユーザーに「何でもアリ」派が多いのも、メーカー側が根気よくゲームバランスを追求し続けてきた成果と言えるかもしれない。


何でもアリ派という人たちの存在を、今さらにして知る。

俺の中では、マナーを知らない=ビギナーという図式があったのだが。

いつの間にか時代は変わり、つまりは勝てば官軍、ということか。

まあそれも無理はないか。

大学を卒業してから、ほとんど対戦格闘からは遠ざかってしまっている。

年月は、長い。


今さら戻ろうとは思わないが。

あの頃にはたしかに闘いの美学というものが存在していて、みんなそれを追及していたものだった。

そんな時代を生き抜いてきたつわもの達が、現代の新人類に挑むわけか。

無責任に、応援しておこうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本の祈り。

俺の祈り。


何がどうあっても、勝て。

叩き潰せ。

完膚なきまでに。

思い上がりを打ち砕け。


こと野球に関しては、妥協の余地はない。


異様な緊張感の中で始まった、昨夜の韓国戦。

日本の目標は、連覇を達成して世界一になることだから、韓国戦なんぞ通過点の一つに過ぎない。

が。

それとはまた別の意味で、勝たなければならない。

負けたらダメ、ではない。

勝つのだ。


滅多に行かないマックにも行って、応援クリアファイルをとりあえず二つ獲得。

「世界をつかもう」、そして「日本パワー解禁」。

ホントは8種類集めたいところではあるけど・・・少々現実的に難しい。


日ごろの行いのせいかどうか。

日本のパワーは、解禁された。


イチローがようやくのこと、目を覚まし。

中島、青木と、電光石火の先取点。

内川が三塁線を破り3点目。

中島が粘って押し出し四球を選び、青木は快足でゲッツー阻止の追加点。

主砲村田は高々とスリーラン。

まだまだ。

イチローが足を魅せて二盗を決め、中島がサード強襲でエラーを誘う。

青木はきっちりと犠牲フライ。

トドメは城島の弾丸ツーラン。


もう韓国はあきらかに戦意喪失。

試合中盤以降は一本のヒットも無し。

球場全体をまわる観客のウェーブに、ヤケになった韓国応援団も参加。

はっは。


完勝。

「こんなもんだ」。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。