中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

2月の最終日。

今年度ももう少し。

と、いうことは。

レイも、もうすぐ中学生ということで。


少し前から、中学校の説明会とかが開催されて、まあ参加したのは相方なんだけど、準備もしなきゃならなくなってきた。

とりあえず制服だのジャージだのと、そろえなければならないものが多い。

んで、小学校も卒業記念アルバムだの何だの、やっぱりいろいろ必要なものがあり。

物入りだ。

けっこうな金額が吹っ飛ぶ。


2年後にはまた同じくらいの出費なわけか。

いっそ、3年離れてれば、制服もお下がりで使いまわしできたかもしれないのだが・・・。


ちなみに今日は、ムウの誕生日。

甘党のムウの要望に沿って、相方は昨日、厨房にてケーキ作成のため格闘。

パウンドケーキとは違って、ちゃんとした(?)スポンジとかクリームを使ったやつは作ったことがないらしい。

さてできばえはどんなもんだか。

とりあえず見た目は、シンプルなチョコレートケーキ。

この後、賞味。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

北海道と言えば、スキー。

と、答える人もいるだろう。

きっと。


俺としては、いつでもいける距離に雪山があるわけだから、この状況はおいしい。

車もあるわけだし。


しかして、子供たちは。

まずは、学校で当然のようにスキー教室。

普通の生徒たちは毎年それに参加しているわけだから、ある程度は滑れる。

そこへ、全くの素人が入り込むわけだ。

少々のハンデは仕方ないが。


冬休みに入った段階で、学校からは、最低限自分でブーツや板の装着、リフトの乗降はできるようにしておいてくださいとの指令が。

確かにそれくらいはできないと話にならないのかもしれない。


俺が教えられればよかったのだけど、あいにく俺はボードオンリーで、スキーは全くできない。

相方も、スキー・ボードともに経験ほぼ無し。

しょうがないから、道具は中古でそろえて、近場のスキー場の教室に放り込んだ。

ただ、教室によると、案外こういうケースは多いらしい。

北海道への転校生はだれもが通る道である。


そんなこんなで、どうやら何とかなったらしいレイとムウは、これまでに学校で行われたスキー教室も、どうやらクリアできたらしい。

それで、特にレイはすっかりスキーが気に入ったらしく、「みんなでスキーに行こう!」と、さんざんせっつかれていたわけだ。


で、今日。

ようやく時間ができたので、家族でスキー場へ。

車で20分くらい・・・近い。


実際、子供たちはどんなものだろうと思っていたが。

まあ今シーズン始めたばかりにしては、まあまあ。

初級コースなら、ほとんど転ばずにボーゲンで滑っていける。

曲がることもできる。

レイ本人としては、自分のスピードにだいぶ自信があったようなのだが、そこはそれ。

しょせんは小学生。

あっさりと追い抜いてやったら、いやに感心してやがる。

俺だって上級者とはいわないまでも、年季が違うわ。


とにもかくにも。

二人ともスキーそのものは楽しんでできているようで、一つの懸念は解消されたのだった。

いやよかった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週、先々週と土曜日も研修が入っていたのだが、その分の代休と言うことで昨日は一日休みをもらえた。

ちょうどいい。

一度は子供たちを雪まつりに連れて行こうと思っていたところだった。


日中は子供たちは学校なので、夕方から市内へ。

午前中の雪もやんでいて、歩きやすい。

まずは大通会場へ向かい、大小の雪像を見たり、特設ジャンプ台でスキーのエアセッションを見物。

大雪像の中では、ディズニーキャラとシンデレラ城の雪像が、実にいい出来だった。


そして、場所をすすきの会場にうつして、氷の祭典。

男の子なんかは、雪像よりも氷像の方が好きだろうと思っていたら、案の定。

氷の彫刻には、雪像にはない切れ味とかっこよさがある。

モチーフとなるのも、龍や鳳凰といった伝説の生き物や、鷲・鷹等の猛禽類――つまり題材的に男の子は好みやすい。

俺も、そうなのだが。


で、せっかく市内に出てきたことだし、翌日は子供たちも学校は休みだから、ちょっと遊んでいくことにした。

バッティングセンターに行って、それからボーリング・・・と思ったらボーリング場は満員だったので、ちょっとゲームをやって。

そういう遊びを見てると、レイとムウの個性の差がはっきり。

バッティングに関しては、レイはまあともかく、ムウはもう話にならない。

そこらへんの女の子よりも、ひどい。

この一年で野球中継はさんざん見てるし、実際に見に行ったこともあるし、そもそもバッティングセンターで他の人も普通に打っているけど、それを見て学習するという能力がないらしい。

構えにしろ振りにしろ、とても野球をやっているとは思えない・・・。

仕方ないので簡単に立ち方と振り方を教えたものの。

一番遅い70kmの球でさえなかなか当たらず、あげくは振りにいった自分の手にボールを当てて、痛い痛いと泣き出す始末。

これでもうすぐ5年生か・・・。


ゲームで、太鼓の達人をやった。

リズム系のゲームだ。

俺は何回かやったことがある程度だけど、どうやらこの手のゲームはあまり苦にはならないタチで、それなりにできる。

相方は初めてだったものの、音感やリズム感はちゃんとしてる人なので、ほぼ問題なく叩けている。

で、子供たちは。

二人ともあまりリズム感はない方で、そうなると画面上の流れてくる絵を追いかけながら叩くということになる。

簡単モードの中の簡単な曲を選んでいるので、それでも問題はないが。

これに関しては、ムウの方が器用・・・というか、レイが不器用なのだろう。

何となくそんな予感はしていたので、二人同時にはやらせずに、別々に、かつ別の曲を選ばせた。

一緒にプレイさせて差が付くと、絶対にレイは拗ねる、気がする。


もう一つ、エアホッケーも4人で。

こういうものは、逆にレイの方が圧倒的に強い。

ムウは、反応も動きも、やはり鈍い。

さらに非力なもんだから、カコーンと打った球(円盤?)が、遅い。

まあこの年頃で2学年の差は大きいから、レイが勝って当たり前といえば当たり前なんだけど。

たぶんムウは同学年の中でも下手な方に入るだろうなぁ・・・。


そんな臨時休日でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

二週間にわたる研修も、昨日で無事終了。

いやあしんどかった。


始めの一週間は裏方の仕事だったのに対し、後半一週間はレストランやフロントなどの、表の仕事。

ちゃんとした接客業などやったことがないから、なかなかうまくいくもんでもないのだが、まあどうにかこうにか。

しょせんは研修生だから、たいした事をやらされるわけでもなし。


さて、そのレストラン。

朝も晩もバイキングだから、やることといえば基本的には食器を下げたりドリンクのオーダーを取ったり、ということになるのだが。

いやあお客の皆様、よく残すことで。

信じられないくらい。


俺は。

それはもう、好き嫌いの多い人間だが。

例えば飲み屋なんかで適当に注文したものなんかは別として、普通にメシを食う場合、基本的には残すことはない。

全部、食う。

バイキングなら、食う分しか取らないし、取った以上は意地でも完食する。

それが当然だと思っているし、そうしてきた。

が。

そういう考えを持っている人は、実は非常に少数派らしいということを、まざまざと見せ付けられた。

食事が終了した席に行って、綺麗に完食されたお盆を見たのは、数えるほどしかない。

一週間、さんざん食器を下げたのに、である。

温泉宿だから、年齢層は高い人が多い。

それなりの人生経験を重ねた人のはずなのだが・・・。


今さら俺が言うのもあまりにおこがましいのだが、

食べ物には感謝のココロ。

実践できなくたって、やっぱり忘れちゃいけないんだろうな、と。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

札幌市内から車で約1時間ほど離れたところに、定山渓温泉という場所がある。

北海道ではポピュラーな温泉地だが、本州の人間の知名度はどのくらいなのだろう。

札幌の奥座敷とも言われていて、なにしろ近くて便利だから人気もそこそこ。


さて、その定山渓温泉のとあるホテル。

先週から、研修と言う名の修行に出されている。

俺が。


朝から晩まで、ホテルの従業員として働く。

それも、裏方。

洗い場で食器を洗い、部屋の掃除をして、配膳をして、布団を敷いて・・・と。

完全肉体労働者。

むう。

まあ勉強にはなるけれど。


来週も引き続きホテルマン。

今度は表に出ることになるらしく、レストランやらフロントやらで働くらしい。

それはいいのだが、月曜から日曜まで・・・って、休み無しかい。

朝6時半から夜10時まで・・・うーむ。

現実的にそのくらい働いてる人もいるわけだから、あんまり文句を言うわけにもいかないか。

仕方ない。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。