中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

ライオンズのパリーグ完全制覇が先週、確定した。

リーグ優勝&クライマックスシリーズ突破。

勝ち上がってきた日本ハムを粉砕した。

見事。


シーズン前の下馬評なんぞ何のその。

シーズン序盤で首位に立つと、一度もその座を明け渡すことなくゴールまでこぎつけた。

何といっても、圧倒的な打力。

12球団トップの本塁打数に加え、リーグトップの盗塁数もあり、長打力と機動力を兼ね備えた理想的な打線。

若手たちの才能が一斉に開花したか。

シーズン前に俺が勝手にキーマンに指名した栗山は、今年は初めてレギュラーに定着し、フルシーズンの活躍。

安打数167はリーグ最多安打。

打率.317はリーグ4位。

堂々たる成績だ。

ちなみに投手陣の俺的キーマンは2年目の岸だったのだが、岸もチームでの勝ち頭となる12勝(その内完封が2試合)と、不調だった涌井をカバーする大活躍。

ふふん。

予想ピタリ。


さて、日本シリーズ進出を決めた翌日。

せっかくだからスポーツ新聞でも買おうかと、コンビニで物色してみたのだが。

きっと一面は胴上げの写真か何かだろうと思っていた俺の予想はあっさりと裏切られた。

そう、ここは北海道。

道新スポーツだけならまだしも、ニッカンやスポニチといった新聞も北海道仕様。

つまり、メインは日ハム。

西武が勝った、ではなく、日ハム負けた、というのが主眼になるわけで。

見出しは、「ダル出番無し」とか、「梨田脱帽」とか、そういうもの。

『ナインの声』も、優勝したライオンズ選手のではなく、負けた日ハム選手たちのコメント。

いやいや。

やりすぎだろ。


さらに話は変わる。

クライマックスシリーズの最終戦を、中継で見ていて。

中盤、西武の攻撃で、一死満塁のチャンスが訪れた。

打席にはキャッチャーの細川。

ライトスタンドからは、ファンファーレから始まるチャンステーマ1が流れた。

と、まあここまでは普通。

だが。

その曲が途中で変わった。

別の歌になった。

細川のテーマではない。

なんとなんと、かつての名捕手・伊東のテーマだった。

突然奏でられた懐かしい旋律を聞いていて、ビックリ。

伊東が引退してだいぶ立つから、何年も聞いていなかったわけだが、かつては散々歌ってたから、歌詞もまだ覚えてたりする。

そういうファンも当然たくさんいるわけで、ライトスタンドはしっかりと伊東のテーマについてきている。

いやうらやましい!

西武ドームにいたかった。

そして、次なるバッターは赤田だったが、復刻版祭りはまだ続く。

このときは、かつての秋山のジェットミサイルテーマ。

いやもう、応援団すげえ。


今年一年、実はチャンス時にかつてのテーマ曲を使うという光景が、何度か見られた。

西武ドーム限定のようだったが、例えば中島がチャンス時に打席に入ったときにかつての松井カズオのテーマを使ったり、ブラゼルのときにカブレラの曲、ボカチカの時にはエバンス(!)の曲、などなど。

何年もファンをやってる身にはたまらない演出だ。

いいなあ。

いいなあ・・・。

・・・埼玉は遠い。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

先週の土曜日、箱根駅伝の予選会があった。

今年は記念大会ということで、本戦に参加できるのは23校。

去年の上位10チームがシード出場だから、残る13の枠を、45校で争うこの予選会。

ま、本戦ほどに注目されるわけでもないこの大会を俺がテレビで見ていたのは、もちろん理由があって。

俺の地元の友人の弟が、今大学4年生なのだが、この大会に選手として出場しているのだ。

大学は、流通経済大学・・・というところで、箱根駅伝的には無名ながら、そこそこの実力はあるらしく、例年この予選会では15位前後の成績を残しているとの事。

もう一がんばりで本戦の切符を手にすることができる位置にいるところに、今回の枠拡充。

つまりは、チャンスだ。


この予選会は、駅伝ではない。

45校、各校12人の代表が出場し、540人全員が20kmのコースを一斉に走る。

そして各校の上位10人の合計タイムで、チームとしての成績を出すわけである。

総合力の勝負だ。


放送では、当然ながら有望大学や注目の選手を中心にやっていくから、流通経済などはほとんど触れられることもなく、レースは終わってしまい。

そして結果としては、残念ながら17位(18位だったか・・・?)で、箱根へは届かなかった。


その友人の弟は、全体の247位。

とはいえ、タイムは1時間5分くらいで、実はトップの選手と5分くらいしか変わらない。

大したものだ。

が、現地に応援に行ったその友人によると、そのタイムは4年間で一番遅いタイムだったとの事。

他の選手たちも軒並み普段よりも遅い成績だったということで、みんな落ち込んでいたらしい。

4年間をかけた箱根への挑戦が、終わった。

おつかれさま。



さて話は変わり。

昨日の日曜日。

西武ドームでの、クライマックスシリーズ2ndステージ第三戦。

また別の地元の友達が、チケットを取って応援に行ったらしい。

コイツは、俺と同じでライオンズファン。

さすがに埼玉までは行けない俺の代わりに、応援を託した。

だが。

結果は・・無念。

仕切りなおしだ。

ソイツもがっくりきていたようだが。


そんなわけで、俺の故郷沼南に残っている友人たちには、ちょっとばかりキツーイ週末でしたとサ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本屋に立ち寄ったら、とある新刊を見つけた。

アルスラーン戦記。

第13巻。

『蛇王再臨』。


前巻の12巻が出たのが2006年の12月だから、インターバルは2年弱。

普通の作家ならいざ知らず、田中芳樹という作家にとっては、なかなかの期間である。

早い、といっていい。

この物語もいよいよクライマックス近くということもあるし、最後の追い込みに入った――と、無理やりにでも思いたいところだが。

あまり過度な期待は禁物である。

この作家に関しては。


さて、このヒロイックファンタジー。

物語の内容的には、ここまではまあ順調というか平和というか、波乱は少なく来ている、が。

忘れていた。

ヤツは、田中芳樹は、かつて「皆殺しのタナカ」の称号(?)を獲得した、物語の作り手。

もちろん、それが悪いこととはいわないが。

「銀英伝」を不朽の名作たらしめているのが、無情なまでに退場を余儀なくされる重要人物の多さ。

どれほどの英雄でも、いい人でも、決して逃れることができない「死」。


・・・話がそれた。

いずれにしても、アルスラーン戦記。

パルスには16翼将がようやく集結し、一方で最大最強最凶の敵である蛇王・ザッハークがついに再臨。

遠い地のミスルで孤軍奮闘中のヒルメスの影がどんどん薄くなっていくような・・・。


次巻はさあ、いつになるか。

忘れた頃に、だろうなぁ・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

とある事情で、じゃがいもをもらった。

種芋だからあまり大きくもないし形もよくないとはいえ、その数は10や20ではきかないくらいの大量な数。

一人のときだったら完全にお手上げながら、今ならまあ何とか消費はできそうである。


そのじゃがいもたちを見て、レイが「フライドポテトを作りたい!」と言い出した。

それで、昨日の午後に、相方の監修の元、キッチンで油と格闘を始めた。


それを見たムウが、予想通りというか、「ウチもやりたい!」とわめきだした。

いつものことだ。

収拾がつかなくなるので、相方は「ダメ!」と一喝。

「えー、何でー!」

当然、ごねる。

「レイばっかり、ずるい!」

「レイが先に言い出したんだから、当たり前でしょ!大体あんたは何でやりたいって言い出したの?レイがやってるから自分もやりたいって思ったんでしょ。違う?」

相方が諄々と諭す。

後半の方は中国語に化けていくのはいつもどおり。

ムウ相手に説教するときは大概中国語になる。

そのほうが効果があるからか、そのほうが叱りやすいからか、それはわからないが。


さて、じゃがいもは。

7個のじゃがいもが消費されて、けっこうな量ができあがった。

肝心の味のほうは、これもまた思ったほど悪くなかった。

基本は切って揚げるだけだからそう変な味になりようもないのかもしれないが。

もちろん、やれといわれても俺はやらないが。

このご時勢だから、男の子が厨房に立ったってなんの悪いこともない。

勉強には期待できない子供たちだから、もういっそ料理人にでもなってくれればいいんだけど・・・と、半ば以上本気で思った両親だった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。