中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

出張芸人御一行。

そんな感じで今回乗り込んだのは新潟。

もちろん、友人結婚式。


サークルの仲間の式ということで、今回で俺を含めて4回目。

余興にも徐々に慣れつつある今日この頃。


新潟の、燕三条という駅が、目的地。

俺は札幌から新潟まで飛んで、そこからバス&新幹線。

新潟から燕三条まで、新幹線で12分程度だから、本来ならわざわざ新幹線料金を払うような距離じゃないんだが。

なんだか在来線は妙な具合につながっているらしく、ネットで検索してみたら所要時間は1時間半以上・・・なんだろうこの差は・・・。


さて、今回の演目は、というと。

ネタ合わせする時間が全然なかったということもあって、シンプルに。

恒例となってきた、「マブダチ」のみ、フルコーラスでいくことにした。

スタイルも、ガクランとグラサンという、簡単なもので。


さて披露宴。

参加者は80~90名くらいで、ごく標準的なスタイル。

ハナっから、新郎と新婦のそれぞれの会社の社長が挨拶をしたんだけど、その二人がなんか古い知り合いだったらしく、29年ぶりの再会だとか言って盛り上がっていた。

そういうこともあるんだ。


俺らの出番はだいぶ後の方。

宴もすっかりたけなわ。

まあその方がやりやすいか・・・誰が注目してるわけでもなく。


俺らのグループがこの歌をやるときの恒例行事は、最後のサビから主役の新郎新婦をも踊りに巻き込む、というところ。

もちろん主役たちには事前に話をしておいて、その部分だけ練習をしてもらってある。

だから、ここのグループと結婚する人は強制的に踊りを覚えさせられるという伝統が続いている。

そして今のところ、ノリのいい人たちばかりで、おおむね好意的につながっているのだった。

今回も、然り。

なかなか楽しいお嫁さんだ。


さて。

歌が、始まって。

今回の踊り手は俺を含めて5人。

高砂席の前に一列に広がっての立ち位置。

ボーカルの俺は中央に来るから、新郎新婦を背にしてのステージになった。

油断してたせいかどうか、歌詞を間違ったりもしたんだけど、まあそれはいいとして。

ハプニングは、1番のサビのところ。

特に盛り上がるところではないはずのところで、客席が沸いた。

なんだろう。

動きの中でちらっと後ろをみると、なんと新郎新婦がフライングで踊り始めていた・・・。

本来なら、2番のサビの前の短い間奏で、俺らが駆け寄って行って無理やり立たせて巻き込む、というシナリオなんだけど・・・。

俺は歌い続けるしかない。

で、仲間の一人が必死の形相で「違う!違う!」とささやいて、そこでようやく主役たちも気付いたようだ。

おとなしく着席。


そんな感じで、微妙にネタバレしてしまったのだが。

それでもまあ、なんとかかんとか盛り上がって、任務完了。



ちなみに、そのフライングの事情を後で確認したところ、どうもこっちの伝え方にも問題があったらしい。

こちらから高砂席に行って巻き込みに行くから、とは言ってあったが、2番からとはちゃんと言わなかった、と。

さらに、新郎新婦に踊り練習用に提供したのは別の友達の披露宴で自分たちがやったビデオだったんだけど、そのときはショートバージョンだったため、一番のサビからもうラストに突入したヤツだった。

くわえて、当日は新郎もだいぶ緊張もしてたそうで。

そんなこんなで、こんな結果になりましたとさ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

バドミントンを、買ってみた。


家族みんなで外で遊ぶ、ということで。

さあなにがいいかな、と。

下の子――ムウにあわせるとなると、けっこう限られてくるわけで。


そんなわけで、バド。

ドンキにパンを買いに行った際、ふらりとスポーツコーナーなんかもまわってたら、目についた。

なんとなく勢いで、ラケット4本購入。


持ち帰ってみると、なかなかに大好評。

レイもムウも、相方もなんだか乗り気。


ぼくはすごく上手なんだよ、と、レイは主張しているが。

どんなものやら。

ちゃんとしたコートでやりあうわけじゃないから強さもへったくれもないのだが、俺としても小学生相手に後れを取るつもりも無い。

大学時代にさんざん鍛えてある。


で、先週末。

さっそくみんなで公園に出かけてみた、が。

どうも天気が思わしくない。

厚い雲がせまりつつあり、稲光が見えるし、轟音も響いてくるし。

せっかくだからとぽこぽこはじめたものの、10分ほどでざあざあと降り始めたため、無念の途中棄権。

あらま。


また次週・・・といいたいところだが、次の土日は俺は新潟。

その次は子供たちの運動会。

さらにその次は和歌山。

・・・うああ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小学校の運動会は、今月の31日だそうだ。

俺らの頃は、運動会なんてものは秋にやるものだと相場が決まってたんだが。

いまどきは、このくらいの時期にやるのが主流らしい。


4年生で、とある種目に必要なものがあるので準備してくるように、と、ムウがプリントを持って帰ってきた。

それによると。

『ゴールへ急げ!いざ出動!(運命走)』

という競技があるらしい。

タイトルを見てもさっぱりわからん。

で、「練習・本番に使います!準備をして子供に持たせてください」

ってんで、必要なものは以下のとおり。

・リュック

・新聞紙(5枚)

・ひも(90cmくらい)

・フェイスタオル1枚

・軍手か手袋

・スキーゴーグルか水中眼鏡


うーむ・・・どんな競技なのやら見当もつかない。

誰か教えてくれ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月の11日ということで、母の日である。


ふらりと実家に帰ることもできない距離だから、とりあえずここ数年は適当に選んだ花を贈ることにしているのだが。

芸がないといってしまえばそれまでなのだが。

他になんも思いつきゃしない。

花の種類は、店に行ってその場で決めるから、去年に何を贈ったかなんてすっかり忘れていて、下手したら毎年同じ花がいってるかもしれないわけで。

まあいいか、と。


さて、昨日の話だが。

外に遊びに行っていたムウがどたばたと帰ってきて、言う。

「さっき友達に会って、明日母の日なんだって言って、お花を買ってて、だからウチも(こいつは自分のことを何故かウチという)お花を買ってくる」

だと。

「買ってくるのはいいけど、母の日ってどういう日か知ってるのか?」

「・・・知らない」

案の定だ。


今のところレイもムウもオカネと言うものに対してほとんど執着がなくて、欲しいともいわないし必要だと自分が判断すればぽんと購入する。

まあそれはおいおい覚えていけばいいのだろうが。

とにかくムウ本人としてはぜひ花を買わなければならないという判断に達したらしく、財布をひっつかんでまた出て行った。


やがて帰ってきたムウは、ピンクと赤のカーネーションの花束を母親にあげていた。

あえてつぼみが多いものにしたらしい。

ムウなりの気遣いなんだろうか。


プレゼントしてから、「で、母の日ってなに?」と訊いてくるようなヤツなのではあるが。

両親からの答えは、「辞書で調べなさい!」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子供たちは札幌に来て一ヶ月以上は経ったのだが、まだ札幌市の中心部を見たことがなかった。

やっぱり一度は見させたほうがいいということで、大通公園に連れて行くことにした。


毎朝、ウチではNHKをつけていて、「おはよう北海道」という地方局番組があり、そのタイトル映像がテレビ塔からの大通公園の風景だったりするから、子供たちはその存在を知ってはいる。

なので、天気も良かったことだし、軽いピクニック気分で、出撃を決めた。


公園で食べるべく、弁当を用意・・・無論作ったのは俺じゃないが。

そして昼下がりの大通公園。

連休中ということもあって、家族連れや観光客、それに地元民でいつも以上の賑わいを見せる大通り公園。


とりあえずベンチでランチとしゃれこみ。

そのあと、無料でタケウマを貸し出しているブースがあったので、そこでみんなでタケウマに挑戦。

実は俺はタケウマなんざ初めてなのだが。

小学生に負けるわけにはいかない。

どうにかこうにか、苦労しつつもなんとか乗りこなせるようになって。

レイから挑まれたレースにも勝利をおさめることができた。

ちなみにムウはあっさりとあきらめて、すべり台のほうに行ってしまった。

チャレンジ精神が皆無。

そういうヤツだ。


3丁目と4丁目には、噴水もある。

20℃を超す気温だったので、あちこちで水遊びする子供たちの姿が。

入っていい?と、レイが聞いてきた。

ま、別に構わないが。

遊んでる子供たちを見ると、どう見ても幼稚園からせいぜいが小学低学年。

6年生らしき子供は見当たらないのだが。


そのあとは、テレビ塔にのぼる。

なんだかんだで俺はもう4,5回は登っているような気がするんだが。

何事も体験だ。

札幌の街を眺め回しておくことも必要だろ。きっと。


と、そんな具合で。

実に平和な、休日の昼下がり。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ペナントレース序盤戦。

ここまで、ライオンズは上々の戦いぶりで、現在首位。


チーム防御率は3.43と、取り立てていいということもないのだが。

やはり好調なのは打撃陣。

カブレラ・和田の抜けた穴を感じさせない破壊力。

チーム打率は.260程度ながら、本塁打数は昨日まで43本と、12球団でダントツ。

長打率.447というすばらしい数字。

それだけの長打力を誇りながらも、一方では盗塁も30で、これもリーグトップの数字。

大技小技が見事にかみ合っている、そんな状態が見える。


もっとも、打線は水物。

この好調さが一年を通じて続くというほど甘いものでもないのだが。

ここまでホームランを既に10本打っている新外国人ブラゼルも、ここ最近はやや当たりが止まっている。

各チームからのマークも厳しくなってくる頃だ。

対応してもらわないと、この先の活躍は難しい。


課題は、やはり守備だろうか。

エラーが多い。相変わらず。

失策数は17で、ロッテに次いで多い。

もっとも、リーグで一番少ない楽天でも13だから、目立って多いというほどでもないのだが。

ただし、センターラインでの失策が多いのが致命的である。

捕手の細川が3、セカンドの片岡が4、ショートの中島が5。

それぞれのポジション別で、ワーストの数字をとっている。

これはいただけない。

中島の守備がちょいと荒いのは折り込み済みだが、堅実な守備のはずの片岡までがそれに付き合ってるようじゃ困る。

締めなおさねば。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。