中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:
まずは、言葉の説明からしておこうか。
『太極拳』は、知っているだろうと思う。イメージ的にはあの、のったりした動きの拳法だか体操だかわからないヤツだ。
で、中国語では太極拳をやるときの動詞を「打」という。
つまりは太極拳をやることを「打太極拳」というのだ。

ただ、実はこの言葉、もう一つの意味が隠されている。
いや、隠れちゃいないか。
習慣的な言い方、というか、つまりスラング表現。
意味はズバリ、「たらいまわしにする」!
何故か?
・・・忘れた。

さて、出来事の始まりは、一昨日。
食事中に、なんかカキッとしたものが歯にあたった。
吐き出してみると、銀色の小さなカタマリ。
なんだこれ・・・?
・・・。
・・・歯の詰め物だ・・・。

この微妙な時期に、なんてこった。
さあどうしよう。

実は普通ならどうもこうもない。
明日には帰国なわけだし、日本で治療すればいい。
ただ厄介なことに、今の俺は国民保険から抜けているので、保険証がない・・・つまりバカ高い治療費の可能性がある!

と、そんなところで、「中国の歯医者でなおせば?」という選択肢が浮上。
幸い、友達がやはり同じ症状で治したことがあるらしい。
そこで、今日の午後、いささか緊張しながら歯医者にアタックしてみた。

まず一階受付。
「すいません、これこれこういう理由なんですけど、治せます?」
「じゃあ3階に行って先生に聞いてみてください」
三階にて。
「こんな状態なんですけど・・・」
「ああそれは、2階に行ってきいてみて」
二階。
「ええと、(以下省略)」
「じゃあ3階できいてください」
「・・・今3階から来たんだけど・・・」
「なら1階で手続きしてきてね」
「ていうか、治せるんですか、ここ?」
「とにかく手続きして、それからにしてください」
「こんなに人が待ってるのに?それでダメとか言われたら無駄じゃん!」
「5時までやってますから大丈夫」
「・・・そういう問題かよ・・・」

ここらでどうやら我慢の限界。
その後の予定もあったことだし、とりあえずその病院を飛び出した。

買物をしつつアタマを冷やし、4時45分くらいに再度挑戦。
一階受付にて。
「すいませんこういう理由で・・・」
「ああもう今日は終わり。明日来て」
「は?いや、5時までって・・・」
「受付は4時までなの。係の人帰っちゃったからもうだめ」

ケンカを売られたのか、俺は?

ともかくもそんなわけで、結局は日本での治療を余儀なくされてしまったのだった・・・ちくしょうめ・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
海南島という島を、知っているだろうか?
中国の、一番南の場所だと思ってもらおうか。
ま、簡単に言えば、ハワイみたいなもんだ。
・・・あーいや、けっこう違うかも・・・。

なんにしても、国内じゃ相当に有名なリゾート地、海南島。
今回、学校企画の旅行で、この海南島へ5日間の旅行をしてきたのだった。

旅の詳細は・・・今回は割愛させてもらおうかな。
あんまり記録とらなかったし、ちょっと内容的に(というかネタ的に?)公表が難しいものが多いような気もするもので。
聞きたきゃ直接俺に聞いてくれ、と言いたい気もするが、いや別にそれは構わないが、登場人物を知ってなけりゃおもしろくもないだろうな。

全体的に言えば、かなりおもしろかった。
なにせ、気温が。
杭州じゃまだまだ2~3℃程度で震えてるというのに、海南は普通に30℃を超す。
熱帯の陽光だ。
いちおう、と思って持っていった長袖なんか一度も着なかった。
ノリで買ったアロハシャツでスタスタと。
バスの中とかはエアコンがガンガンと。
暖かさをごくあっさりと飛び越して、暑い。
夏だぜッ!
と、魂が叫ぶ。
ような気がした。

行程は、全部で5日間。
島といっても、大きさは九州ほどある。
島の北側に省都である海口市があり、まずは飛行機でそこへ。
それから島の東側に沿ってぐるっとバスで走る。
熱帯植物園などを経由しつつ、山の村で一泊。
そして南側の三亜市へ。
中国一の美しさを誇るといわれるビーチが待っている。

日本人たるもの、もちろん海ではおおはしゃぎ。
この時期でさえ、フツーに泳げます。はい。
泳いだり、ビーチバレーしたり、ビーチフラッグしたり(けっこう地元民の注目を浴びたが)。

とまあ、なんだかんだで楽しい5日間。
そのうちに写真をあげておきましょうか。
まんま、南国です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
期末試験が終わった。

試験終了というと、大抵はこう身軽になって楽しい気分がやってくるものなのだが。
いや、確かにそういう感覚もあるのだが。
同時に避けて通れないもの・・・級友との、別れ。

たぶん似たようなことを、半年前にも書いたんじゃないか、と思うが。
二度や三度では慣れるものではないらしい。
なにしろ、日本の学校などとは違う。
相当の確率で、今後再会することはないだろう、という分かれになってしまう。

といって、別に涙を流して別離を惜しむようなガラでもないが。
やっぱり何とはなしに切なくはなる。

また会おうと思ったら・・・アメリカ行って、オーストラリア行って、イタリア行って、スペイン行って、オーストリア行って・・・。
・・・ん?案外それもおもしろいかも・・・?

とまあ、ブルーモードもほどほどにしておこうか。
なんにしても、今学期は終了したのだ。
あとは、旅行行って、帰国。
楽しむだけ楽しまないと。
ねえ?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
俺なりのポリシーというものがいくつかあるわけなのだが、そのうちの一つに、「カラオケはスポーツだッ!」と、いうものがある。
別にボックスの中で走り回ったりボールを投げたりするわけじゃあない。
要は、それほどに体力を消耗するということだ。
当然それは歌い方に起因するのだが。
どんな歌い方かなどと説明するのもなんかバカバカしい。
俺と一緒にカラオケに行ったことがある人はなんとなくわかるハズ。

というわけで、基本的に歌うのが好きな俺だが。
中国に来てからは、あまりカラオケに行く機会はなかった。
日本ほどには普及してないということもあるし、なにより中国語の歌をあまり唄えなかった、ということもある。

ただ、せっかく中国で暮らしてるのに、中国語の歌も唄えないってんじゃあなんだかもったいない。
そんなわけで、このところ中国の歌を仕入れるのがマイブームとなりつつある。

幸いなことに(?)、この著作権などあってなきが如しという中国。ネットに曲がフツーにあふれていて、素人でも簡単にダウンロードが可能。
もちろん、歌詞も。

そして必死の努力・・・というほどでもないが、ともかくも今の段階で、30曲ほどはなんとか歌えるようになった。

そうなるとカラオケで歌ってみたくなるのが人のサガ。
しかしここにプチ落とし穴が用意されてるのがさすが中国。
文字。
が、違う。
「簡体字」と「繁体字」。中国と、台湾や香港では使っている字が違うのだ。何故かカラオケで表示される字はほとんどが繁体字。すっかり簡体字に慣れてしまった俺にはいささか厳しい。曲によっては一瞬の躊躇が致命傷になりかねない。

ちなみに、中国の音楽について少しだけ感じたこと。
アップテンポの曲が、すごく少ない。
つまりゆったりとしたバラード調の曲が多い。微妙に失恋系の歌詞が多いような気も無きにしも非ず。
今はそういう流れなのだろうか。
もっとノれる系の歌が欲しいんだけどなあ、というのが目下の悩みともいえない悩み。
そのほうが、歌ってて楽しいじゃん!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
期末テスト、真っ最中。
昨日から始まったテストは、なぜか土日も巻き込みつつの四日間。
といっても四科目だから、一日一回計算。

この、テスト。
実のところ、真剣になっているのは一握りの人間だけではないか、というのが俺の見方。
この学期で帰る人にとっては、「どうでもいい」というケースが多く、受験者は少なめ。
自分の大学の単位に必要、という人はある程度マジメだが、普通にやっていれば合格点を取るのは難しくはないだろう。

では、真剣にならざるを得ない一部の人間とは・・・ズバリ、奨学金狙い。
来期の奨学金獲得のためには、この期末テストの成績が非常に重要になってくる。

そして、俺もその一人。

で、今日は午後からまたテストなのだが。
何でこんな時間にネットをやっているのか、という疑問も残る。
謎だ。

・・・謎か?
いや、実はたいしたナゾでもない。
テスト前にこうして無関係の行動にふと走ってしまう・・・誰にでも経験があるのではないだろうか。
んなこたぁない、といったそこのアナタは、よほど意志の強いお方。
もしくは大ウソツキ。
もしくは完璧な忘却能力を備えている。
いずれにしろ、賞賛に値するね。

・・・ああ、いい加減にしなきゃ・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ハウルの動く城。宮崎駿最新アニメ作品。
について、以前少しこの場で触れたのを覚えているだろうか。
すっかり中国流に慣れてしまった俺は、けしからんことに、海賊版の登場を今か今かと待ちわびていた。

少し前に、日本国内での海賊版が発見され、ちょっとしたニュースになっていたようだ。
これをみて、思った・・・時間の問題だ、と。
日本で海賊版がでたのなら、中国ももうまもなくだ、と。

まさしく。

昨日ついに、待望の「ハウル」が我が家にやってきた。
つまりは、同居人がゲットしてきた。

友達と三人で、さっそく鑑賞。

・・・うん。
なかなか。
いいんじゃない?
おもしろいな、普通に。
多少ストーリーに疑問符がつくけど、まあ女の子も可愛いし、さすがのクオリティだ。
まあ偉そうなレビューは控えよう。所詮はミーハーだ。

ちなみにこの海賊版、あきらかに映画館で放映されているのを撮影したヤツ。
証拠というかなんというか、ときどき画面を人が横切るのです・・・。
そんな映像にも、しっかりと中国語字幕がついているのがすごい。
そしてその字幕があちこち間違っているのがまた海賊版らしくておもしろい。

というわけで、映画関係の皆様すみません。
ハウル、タダで観させていただきましたm(_ _)m
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日をもって、俺の二度目の学期の授業が終了した。
残すところは来週の期末テスト。
イザ勝負!

はやい、あまりにもはやい。
もうこんなところまで来てしまったか。

前学期と比べると・・・やはりだいぶ違っていたかな。
バイトも増えたし交流会もやらなきゃだし班長ってのもあったし・・・ただその分、勉強時間が減ったような気が・・・いや、あきらかに減っている。
むう。
よくないな。
そりゃあまあ中国人と話してるだけでも勉強といえなくもないのだが。
どうもあれか、来た時の必死さがなくなってきているのか。
だいぶ生活にも慣れちまったからなぁ。

冬休みには一時帰国するけど、ちょいとタルんできた精神をリセットしなきゃね。
でなきゃ延長を選択した意味がない。

と、自分に言い聞かせつつ。
テスト勉強をはじめようか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
杭州市内は、というよりも中国全般にいえることだが、主要交通機関はなんといっても路線バスである。
日本のような電車はないと思ったほうがいい。北京や上海、広東などには地下鉄が走っているが、それでも3~4路線程度で、東京のあの複雑怪奇な地下鉄とは比べようもない。

その、バス。
これはもう、まさに網の目のように、という形容がふさわしい。
多すぎてわけがわからん。
自分が良く使う路線なら覚えるけど、それ以外となると・・・。

ずっと昔にバスについて書いた記憶もあるけど、まあいいか。
バスにはそれぞれの路線ごとに数字がついていて、「5番バス」「82番バス」「515番バス」などなど、3桁まである(といっても、別に999路線あるわけでもない)。
で、ときどき数字の前に『K』とか『Y』がついているバスもある。「K28」とか「Y4」とか。
『K』は空調、つまりエアコンつきをあらわし、『Y』は『遊(youと発音)』、つまり観光用という意味。
一般に、記号ナシのバスは1元、Kは2~3元、Yは3~5元のものが多い。
ちなみに日本と違い、どこまで乗っても料金は同じ。乗る時に払って、好きなところで降りる。

そして、料金を払うときに便利な、「月票」というモノが存在する。
カードなのだが、日本でいうと、なんだろう。つまり、割引のきく月単位のプリペイドカードと思えばいいか。
例えば、一か月分100元でそのカードを購入する。
そしてバスに乗る時に、入口の機械にそのカードを触れさせると(タッチ&ゴーのイメージで)、一回分(確か半額)の金額が減る。
たとえばもともと1元の運賃のバスなら0.5元で乗れるから、月に最大200回乗れる、というわけだ。むろん、ほぼ全ての路線共通で使える。
そんなわけで、最近はこのカードを使っている人が実に多い。

で。この前偶然遭遇したのだが、このカードを使って金稼ぎをしている人がいた。
俺があるときバスに乗ろうとして、2元を用意しておいた。で、バスが来たので乗り込もうとしたら、後ろにいたオバサンが突然やってきて、「自分の持ってるこのカードを乗る時に使ってあげるから、その2元をくれ」とまくし立ててきた。
なんだかよくわからなかったけど、とりあえず俺の損になることでもない。その時俺は、このオバサンも一緒にバスに乗るものとばかり思っていたのだが、そのカードを機械に触れさせると、そのオバサンさっさと降りていった。
ああ、なるほど。
つまりバス停で乗客を待ち構えて、彼らの代わりにカードで運賃を払う。当然カードは割引がきいてるから、そのオバサンは少しずつ儲かるのだ。
損をするのはバス会社のみ。
うーん、うまいこと考えたもんだ。
なんとなく、感心させられた一件だった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は面白くも無いネタを、簡単に、説明。たまにはいいでしょ。お題は、「ビザ(査証)」。

ビザ。海外旅行に行ったことが無い人だと、案外よく知らなかったりする。
つまりは相手国が出してくれる入国・滞在許可証みたいなもの。
今現在では、中国への短期旅行についてはこのビザは免除ということになっているので、簡単に旅行することが可能なのだ。
もちろん、留学なんかでは、ビザが必要となる。俺が今持っているのは、留学用の「X(エックス)ビザ」というものだ。
このビザ、期限は一年なので、1月末に切れる。なので、俺は延長の手続きが必要になった。
それから、ビザには一次、二次、マルチという種類の分け方が存在する。
一次は一度入国してまた出国したら失効。二次はもう一回分入国OK。マルチなら何度でも出入りOK、ということ。当然マルチは便利だが、金額が高くなる。だから、俺のビザは一次。ほとんどの人が、一次で来ている。

では、一時帰国したいときはどうすればいいのか?
そんなときは、公安局に行って、「リターンビザ」というのを取得する必要がある。取り忘れたら、大変!また新しくビザを取り直さなけりゃならない・・・んだろうな、きっと。

とまあこの辺の事情は、留学生間では大体みんなが知っている話。
ところが、最近、本当に最近、事情が変わった。どうやら、法律か規則が変わったようだ。
少なくとも留学ビザに関しては、一次や二次がなくなり、全てマルチで統一された。だから、延長するにしても、マルチの申請しかできなくなる。となると、当然、リターンビザというものの存在価値がなくなる。おそらく廃止になるのだろう。

俺にとってみると、正直ありがたくない話だ。
期間内に何度も出国する人には便利だが、俺は冬休みに帰国した後の半年は帰国予定は無い。一次で充分だ。それなのに、マルチの料金をとられてしまう。
悪いタイミングで規則がかわっちまったもんだ。

・・・所詮は金の問題でしかないんだけどね・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、杭州のタクシー事情を語ってみよう。
・・・たぶん、書いたことがないはず。

中国全体のレベルから見れば、杭州のタクシーは、見た目、綺麗。
それはまあいいだろう。
初乗り料金は、10元。もちろんメーター制で、4km以降は500mごとに1元アップ。あと、停車時間も加算される。深夜料金などはない。客の定員は4人だが、深夜などは交渉次第で5人乗れることも。
とまあ、そんなにクセはないタクシー事情。

ただし。
面倒なことが、一つだけある。

そもそもほとんどのタクシーは、一つの車を二人の運転手が共有しているので、仕事の交代時間というのがある。
その時間帯になると、恐ろしいほどにタクシーを捕まえるのが困難になってしまうのだ。
そしてさらに厄介なことに、その交代時間というのは、夕方の5~6時くらいで、タクシーを拾いたい人も非常に多い時間帯。
たとえばちょっと遠いところへ食事に行きたくても、タクシーが全く捕まらないのだ。
さらにハラが立つのが、乗車拒否。
その時間に空車を見かけても、簡単には乗れない。
運転手はごくあっさりと行先を選ぶ。ちょっとでも自分の行きたくないところだったらあっさりと走り去ってしまうのだ。
それならば、と、まず強引に乗り込んでから行先を告げるというやり方もある。
昨日は、友達と、その手を使った。
すると運転手の取る手は、「そんな場所は知らない、他の車に乗りな」・・・。
どんなに有名な場所だろうとお構いなし。
そうなると、どういっても無駄。あきらめるしかないようだ。
あたまに来たので、日本語でさんざん文句を行ってから車を降りた。
友達も、それぞれ韓国語とタイ語で罵声を浴びせてから下車。ちょこっとだけおもしろかったが。

ということで、その時間帯にお出かけの際は、充分に時間に余裕を持ってでかけるようにしてください。はい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。