1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-02-28 08:03:49

ホームページリニューアルのお知らせ

テーマ:Notice お知らせ


日頃よりLanguage Villageをご愛顧いただき、ありがとうございます。

この度、Language Villageのホームページがリニューアル致しました!
私共が行っている「国内留学」のコンセプトやレッスンの詳細など、より充実した内容となっておりますので、この機会にぜひご覧下さい。

ホームページは こちら です。
URLは変わりません。そのままご覧いただけます。

また、「国内留学倶楽部ブログ」もこのタイミングで移行します。

移行先は こちら です。

これからも移行先のブログのご購読を何卒よろしくお願いします。

AD
いいね!(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014-02-27 13:35:35

2/22-2/27

テーマ:広報部より


今週の皆さんです。ありがとうございました!!
Hope we will see you soon!See you next time!!
AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)
2014-02-26 09:00:00

今週のしなやか英語

テーマ:しなやか英語
今週のしなやか英語は2種類の「はじく」です。



youtubeの字幕機能をお使いいただくと、英語字幕をご覧いただけます。

しなやか英語辞典はこちらです。
AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)
2014-02-25 09:00:00

The Olympics in 2020

テーマ:Notice お知らせ

It seems I might have a shot at experiencing that buzz of Olympic fever. Tokyo is going to be hosting the 2020 Olympics and I couldn't be happier for the nation I currently call home. I'm confident Japan will produce a marvel to match that put together in London. Having experienced Japanese fan culture first hand I know that the stadiums will be bouncing and the country will contract Olympic mania in pandemic proportions. It really will be something to behold. Very exciting!
Loren
いいね!(0)  |  リブログ(0)
2014-02-23 06:25:59

Give&TakeよりGive&Give

テーマ:Akiyama秋山代表


皆さん、こんにちは。

本日ご紹介します書籍は「Give&Take与える人こそ成功する時代」です。

タイトルからして非常に興味をそそられました。

常識的に考えれば「Take&Take」(=奪う人・テイカ―)、まあかなり控えめに考えても「Give&Take」(=調整する人・マッチャー)が成功への最低限の条件ではないかと思うからです。

それが、「Give&Give」(=与える人・ギバー)のみの人が成功する時代というコンセプトです。このコンセプトをどのように矛盾なく説明するのかという点に非常に興味を持ったのです。

この本は、私の嫌いないわゆる「翻訳本」ですが、躊躇なく手に取りました。それは監訳をされているのがあの「戦略ストーリー」で有名な楠木教授であったからです。

楠木教授の論理性とストーリーを大切にする姿勢は、彼の著作を本当に読みやすくし、そして読者に反論の必要性を感じさせない気持ちよさを担保してくれるのです。

しかしながら、今回のこの作品に関してはその楠木先生をもってしても、文章の流れにぎこちなさがどうしても感じられてしまいました。やはり、これが訳本の限界なのでしょうか。

何とか、訳という概念を外してもらって、完全に訳者が一旦自分の体の中に取り込んだうえで完全に自分のものとして出すという方法はとり得ないものでしょうか?権利的にそれはそれでややこしい問題になりそうですが、、、特にこのタイミングでは。

是非、新しい出版の形を研究していただきたいです。

それでも、内容としては素晴らしいものでした。しっかりと、この難しいコンセプトを矛盾なく説明しきっているように感じます。

以下にざっくりではありますが、「与える人」が「奪う人」や「調整する人」よりも成功できるというコンセプトについてまとめてみたいと思います。

まず、「奪う人」や「調整する人」の限界があげられます。彼らの行動の基礎はゼロサムゲームだということです。パイの大きさが決まっている中で、自分の利益を最大化しようとする動きに終始しているに過ぎないということです。

それに対し「与える人」は、自らのためだけでなく、第三者の幸福のためという大義のもと全体のパイを大きくする姿勢が行動の基礎にあるということです。これによって、与えようとすればするほど、自分を含めた全体の価値を最大化することができるようになります。

しかし、著者のすごいところは、私たち一般の人の皮膚感覚に対するケアも忘れていないところです。「お人よしは馬鹿を見る」というケースは実際には生じるはずだという点を検証しなければなりません。

これについては、「与える人」を「自己犠牲型の与える人」と「他者思考の与える人」という
二つのパターンに分けるのです。

前者は当たり前ですが、最も成功しないパターン。私たちが一般に皮膚感覚的に理解する「お人よしは馬鹿を見る」というケースです。このようなタイプの与える人が「奪う人」と対峙した場合には、簡単に相手に対して感情移入して、結局だまされるということになってしまいます。

それに対して後者は、相手に対して感情移入して無条件に与えるのではなく、その思考を分析することで「奪う人」に対処します。

つまり、分析の結果、相手が「奪う人」であると判断した場合にのみ「調整する人」となって行動をするというものです。

ここで、じゃあ結局一番成功する人は「調整する人」なんじゃないかという気もするのですが、そうではありません。

完全な「調整する人」というのは、冒頭に戻りますがあくまでもゼロサムゲームを前提としていることを忘れてはなりません。

あくまでも、「他者思考の与える人」は、第三者の幸福のためという大義のもと全体のパイを大きくする姿勢が行動の基礎にある人であるわけです。その中で、賢明な判断の下、適切な行動をとってそつなく利益を守ることができる必要があります。

つまり、非常に稀有な人間です。

逆に言えば、だからこそ「成功者」はたくさんいないことなわけです。(笑)

このように、今回は楠木教授ご自身の著作ではなく監訳でしたが、その作品の選択についてはまたもや非常に複雑なコンセプトを筋をもってきちっと正攻法で説得するというセンスの良さが光った素晴らしいお仕事だったと思います。

いいね!(1)  |  リブログ(0)
2014-02-20 13:40:00

2/15-2/20

テーマ:広報部より


今週の皆さんです。ありがとうございました。
See you next time!!(oh..for most of you, see you NEXT WEEK!!)
いいね!(0)  |  リブログ(0)
2014-02-19 15:30:57

BBQ

テーマ:広報部より
本日のBBQの様子です。




いいね!(0)  |  リブログ(0)
2014-02-18 12:25:07

今週のしなやか英語

テーマ:しなやか英語
今週のしなやか英語は「口コミ」です。



youtubeの字幕機能をお使いいただくと、英語字幕をご覧いただけます。

しなやか英語辞典はこちらです。
いいね!(0)  |  リブログ(0)
2014-02-16 06:33:19

TOEICテスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人

テーマ:Akiyama秋山代表


皆さん、こんにちは。

私はこのブログでもTOEICというテストに対する多くの日本人の付き合い方があまり健康的なものでないという批判的な考えを何度か披露してきました。

その理由は、この表題のように、日本社会がTOEICのスコアをここまで重要視しているのに実際には「TOEICテスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人」がいるという現実は、TOEICが少なくとも英語コミュニケーション能力の測定試験としてはうまく機能していないことを意味するからです。

このことは、私の中では真理です。しかし、世の中をすべてこの論理で説得することができていないことも同時に事実です。現実はTOEIC全盛の世の中なわけですから。

したがって、コミュニケーション能力の向上に特化したトレーニング施設であるLVを運営するということは、どうしたらこの真理をすべての方々にご理解いただけるようになるのだろうかという課題を常に抱え、悩みながら活動するということといっても過言ではありません。

この度、世の中に対する「説得」に資する合理的な考えがまとめられた書籍を見つけましたのでご紹介します。

当記事のタイトルのとおり「TOEICテスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人」です。

著者は、TOEICトレーナーの中では確実に日本で3本の指に入るであろう一流のトレーナー、ヒロ前田氏です。

彼のセミナーには私も実際に参加したことがあり、彼のTOEICのテクニック教授技術は正に「絶品」であることは知っておりました。ですので、LVに対してTOEICのスコア向上のみを目的に問合せされる方には、躊躇なくLVの合宿ではなく、彼のセミナーの受講、もしくは書籍での学習を勧めています。

今回この本を読んで、もう一歩踏み込んで彼の評価が私の中で高まりました。それは、本書の中で明らかにされている彼のTOEICという試験に対する圧倒的な洞察力からです。

彼は、TOEICのスコアを社会がここまで重要視することを決して否定しません。しかし、それと同時に、TOEICが英語を話す力の測定に資することがない、つまりTOEICのスコアと英語を話す力に因果関係があるはずもないことも認めているのです。

彼の素晴らしい洞察力は以下のような例示に表れています。(一部加筆修正)

『1990年代の前半くらいまでは、英語の資格といえば英検で、TOEICは資格というより「体力測定」として機能していました。「走り幅跳び」や「反復横跳び」のように、英語のリスニング力とリーディング力を数字で示す物差しでした。ですから、翌日に体力測定があるからと言って走り幅跳びを「攻略」する人はいないのと同様にTOEICを攻略しようとする人も皆無でした。

2000年からでしょうか。一部の大企業が社員の評価指標としてTOEICスコアを利用し始めました。このことによって、スコア自体が価値を持つようになりました。このことから、とにかく(1)求められるスコアが必要になった人が増えました。と同時に、(2)スコアアップ自体を楽しむ人も増えました。もちろん、体力測定としての機能を失ったわけではないので、(3)測定目的の人もいます。つまり、テストの本質は変わっていないのに、受験者のニーズが変わったのです。』

ここで、著者は言っていませんが、私としては以下のように補足したいと思っています。

このような考えのもとでは「英語を話す」ということは「サッカーをする」「野球をする」ということに言い換えられると思います。

つまり、「走り幅跳び」や「反復横跳び」などの能力は「サッカーをする」「野球をする」ことには基底能力の一部としては機能するが、「走り幅跳び」のスコアがいい人=「サッカーが上手」「野球が上手」とは言えるはずもないということです。

このスポーツの世界ではスコアと「実用力」の因果関係の希薄さは簡単に理解できます。しかし、英語の世界では、大企業の評価という大きな力によって作り上げられたスコア自体の「価値」によってその因果関係が、むりやり擬似的に作り出されてしまったといえるのかもしれません。

著者のスタイルは私と違って、社会的な合意形成を所与のものだとして、それに対して合理的に対処するというものです。

本書の本編は、二人の主人公のTOEICに対するアプローチの物語です。二人とも(1)求められるスコアが必要になった人であることは共通しているのですが、それぞれ(2)スコアアップ自体を楽しむ人と(3)測定目的の人という性格を有し、それぞれ違ったアプローチでTOEICのスコア向上に挑みます。

著者は物語の描き方としてどちらが正しいとも間違いだとも言っていません。前者は、徹底して受験テクニックを極め、スコア向上の結果、課長昇進という目的を達成、後者は過度なテクニックにこだわらずに、純粋に英語知識を積み上げていくことでスコアを向上させ「英語を使う部署への異動」という目的を達成します。

つまり、どちらも目的を達成すればそれは正しく価値のあるものだと考えるのが著者のスタイルです。

それに対して、私はどうしても(2)スコアアップ自体を楽しむ人にはそれは無駄だといいたくなってしまいます。また、(1)求められるスコアが必要になった人については、その社会的な問題を「修正」したいと思い、企業およびその社員に対して彼らがTOEICとの付き合い方が本来どうあるべきかというようなことを訴える活動をしてしまうのです。

その実例の一つが、SEACTテストの創設でもあります。

しかしながら、どちらにしても共通して明らかなことがあります。

それは、TOEICのスコアはスポーツでいえば、「サッカーのうまさの証明」にはなりえないが、「サッカーに必要な基底能力の一部の証明」にはなるということです。

英語もスポーツも最終的な実用力を身に着けるためには「基底能力」は必須です。基底能力があってもサッカーがうまいかどうかは分からないけど、サッカーがうまい人には基底能力があることは明らかだからです。

「TOEICテスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人」がいるのは当然ですが、英語が話せる人でTOEIC300点ということはあり得ません。

ですから、私はTOEICを全面否定する「脱」TOEICではなく、「基底能力」を身に着けたかどうかの指標としてTOEICを適切に活用して、「英語を使う」トレーニングにつなげるという「卒」TOEICの考え方が必要だと考えます。

最後に、本書の中で私が秀逸だと思った部分をあげておきます。(一部過失修正)

『同じ知識を持つ二人のスピーキング力が大きく違うとするとその差は、頭の中の知識をスムーズに外に出す技術の差から生まれます。ですので、その練習をどれだけしたかにスピーキング力は依存します。』

どこかで聞いた気がしませんか?(笑)




いいね!(1)  |  リブログ(0)
2014-02-13 13:40:00

2/8-2/13

テーマ:広報部より


今週の皆さんです。ありがとうございました!!
See you next time!!
いいね!(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。