活字中毒なトライリンガルの本音ブログ

素直に本音を綴るブログ


テーマ:

鈴木実歩さん、ジョンキムさんの

起業塾SMAについて。

 

自己紹介後、

まずは講義を受けるための姿勢について

説明があった。

 

「目的意識を必ず持つ」

 

何を学びたいのか?

どこにたどりつきたいのか?

を考えることは非常に大切なこと。

 

ゴールを決めないまま

走り出してどこへたどりつくというのだろう?

 

その考え方には納得。

 

いやしかし、待てよ。

 

「この起業塾で

今日何を学ぶのかのレジュメを

事前に貰ってもいないのに、

今日学びたいことの

目的意識を明確にして

この場に来るって?

・・・ふぅ」

 

続いての教え。

 

「講師の関心を掌握する」

 

言いたいことは分かる。

 

結果を出す、

講師に感謝をする、

講師に気に入られる、

好循環、って。

 

でもこれはビジネスだ。

 

お金を貰う以上、

生徒たちに平等に接し、

生徒たちに目を配るのは

講師として当たり前のこと。

 

地味な子、

結果を出せない子、

彼らを放置するのは責任放棄だろう。

 

あ、そこまで

30時間40万ぐらいじゃ

コミットできないかしら?

 

もちろん、

生徒の力量や話術いかんで

講師がどれだけのものを放出するかは

変化するのは確かだよね。

 

「24時間以内に必ずアウトプット」

 

アウトプットこそ

最強のインプットというのは分かる。

 

でもね、でもね、

「1回のアカデミーで

最低3回は(SNS)投稿を」

って・・・

 

無料で生徒たちに

講師や

起業塾の宣伝を

させるわけですね!!

 

(え?

ひねくれすぎ?

でも事実だよねー?

 

もちろん、

 

超有名講師のお二人の名前を

タグ付けさせて頂くことで、

自分の知名度を上げられるという

メリットもあるので、

 

生徒側もうまく利用すれば、

お互い win-win の関係になる。

 

そのことを作家は

 

「与えることで得る」

「自分が与えると認知度が上がる」

 

とおっしゃっていた。

 

与えることの大切さは

何もビジネスに限ったことではないし、

そういう点では

作家先生の話は

こころにジーンと来るものが多く、

説得力があった。

 

続く。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いまだに

不倫を誘ってくる
しつこい男性がいる。
 
無視しても、
次々と連絡してきて、
 
「抱きたいってことは
一番好きだってことだよ」
 
「美味しいお酒とお食事、
誘いたいなって思ってる」
 
「割りきった関係と
ほんの少しのときめきを」
 
「旦那さんとしてるの?」
 
などなど、
セクハラの嵐である。
 
元しごと仲間ということもあり、
一言だけ、
 
「メールしても無駄バイバイ
 
と送ったんだけど、
相変わらずしつこくて、
最近はメールを読まずに削除。
 
最近、
ホ オポノポノ関連の本を
あれこれ読んでいる。
 
人生に起きることは、
自分のことも
自分の周りのひとに
起きることも、
100%全て自分に起因する。
 
セルフクリーニングをして、
人生を変えていく。
 
4つのフレーズを唱える。
 
肝心要のところは
高額セミナーに来ないと
教えることはできない。
 
グッズ販売もあるよ。
 
というような
ハワイに伝わる教え。
 
10年頃前に
日本で大流行していた頃は、
うさんくさいー!
としか思えなかったけれど、
時を経て、
本当にそうなのかも!
と思っている自分がいる。
 
これが覚醒なんでしょうか。
 
でも、
この考え方からすると、
わたしが
セルフクリーニングすれば、
この手の不倫のお誘いも
なくなるってこと?
 
はっきり言いたい。
 
「家庭やキャリアを
全て失ってまで
寝たい男なんかいません」
 
に付け足して。
 
「あなたに魅力を感じません」
 
と。
 
不倫ぐらいで
ガタガタ言うような人間ではないが、
自覚がない人とは関わりたくない。
 
昨夜、
旅先の某観光地で夕食をとった。
 
観光客が多く、
落ち着いて食べたかったから
わざわざ高級な和食店をチョイス。
 
なのに
注文の確認もないまま、
注文したものと違うものが来たり、
同じものを2つ頼んだのだけど、
「はい、もう一個、同じの、違う?」
との発言。
 
適当接客でゲンナリ。
 
わざわざ
他のお店の倍以上払っているのは、
心地よい接客のためなのに、
これだったら安いお店と変わらない。
 
河合雅司さんの
「未来の年表」
を読んだことを思い出した。
 
これから先、
高校生バイトや外国人店員、
老後の再雇用は
どんどん増えていくだろうし、
接客をお金で買う時代は
もう終焉に近いのかもしれない。
 
説明しにくいけど、
高校生バイトや
老後の再雇用者の接客がだめだ
とかいうことでは全くない。
 
でも
高級感が味わいたくて
リッツ・カールトンに
お茶しに行ったとして、
 
「チィーッス!何します?」
みたいな高校生の接客だったら?
 
95歳のおじいさんが
手を震わせて
カタカタコーヒーカップを揺らし、
運んできたら?
 
それは
リッツ・カールトンに求める
接客ではないわけですよ。
 
この例は極端にしても、
そういうことが
日常増えてもおかしくないかも
ということ。
 
高校生バイトの元気さや、
退職後の再雇用者のベテランぶりは、
社会を元気にするけどね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

連日、最高気温34度と

暑い日々が続いている。

 

ルームランナーの効果は予想以上で、

体重が落ちていくのはもちろん、

代謝が上がって来たようで、

空腹感を感じることが増えた。

 

夜と朝とで

体重が1kg違うことも。

 

筋トレの効果を上げるべく、

プロテインを摂取することは意識しているけれど、

そんなにストイックなことはしていない。

 

ゆくゆくは

グルテンフリーを試したいので、

毎朝食べていたパンを週の半分にしたり、

オレンジページなどの料理雑誌で

糖質オフメニューを意識してみたり、

牛乳や豆乳をアーモンドミルクに変えたり、

楽しく食を楽しんでいる。

 

1日3食パン食べたい!!

ぐらいのパン好きなのだけど、

やっぱり小麦を多く取った翌日は

顔がはれているので、

これはグルテンフリーを試す価値はありそうだ!

と思っている。

 

まずは

色々本を読んで勉強してからだけどね。

 

わたしは

そんなに健康オタクではないけれど、

超美肌オタクなので、

口に入れるものの基準は、

「肌に良いか」というところが大きい。

 

かれこれ

その生活を20年ほどしているので、

味覚もそうなっている。

 

つまり

ビールよりワインや梅酒、

揚げ物よりピクルスやチーズ、

ポテチより炒りこやアーモンドを好む

みたいな味覚。

 

もちろん

ジャンクや大量の小麦を

食べたい時はある。

 

そういう時は

最近は無理せず食べている。

 

ただし

朝5時に

朝ごはんとしてドーナツを食べるとか、

午前10時に

昼ごはんとして天ぷらうどんを食べるとか、

かなり早めの時間に胃に入れて、

寝る前には完全に消化した状態にする。

 

そうすると

顔の腫れがない。

 

これは退職したからこそできること。

 

せっかく退職して

365日24時間自由なので、

健康実験を自ら行うのもいいかなーと。

 

過労中は

毎月発熱したり、

酷いアレルギーで救急に運ばれたり、

病休を取らないといけなかったり、

何だか身体の異常が半端なかったので。

 

過労との付き合い方は

今後本当に真剣に考えていきたい。

 

月200時間の残業とか、

午前様で働くとか、

やっぱり異常だと思うので。

 

働いていなくても

数百万円の税金だー保険だーの

支払いが来るわけで、

「ふー!わたし、

こんなに支払わないといけないぐらい。

バリバリ稼いで頑張って来たんだな!」

なんて思う、ある夏の日。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

美女と作家の起業塾初回の実態

 

という記事の続編。

 

鈴木実歩さん、ジョンキムさんの

起業塾SMAについてです。

 

起業塾に入った目的は、

「起業のいろはを学ぶため」と、

「美女と作家のサクセスストーリーから学ぶため」

だったように思う。

 

初回から、

受講生全員(約50名)の自己紹介に

大幅な時間が取られていた。

 

40万出して、

自己紹介に90分ねえ・・・

と思う自分がいた。

 

でも仲間を作るということは

それだけ大切なこと!

 

と前置きトークで聞いていたので、

起業ってそうなんだ!!

と素直に信じている自分がいた。

 

実際に

どんな人たちが

起業塾に来ているのかな?

とは思っていたので、

アナウンサーさんや

既に起業している方々の自己紹介は

聞いていて興味深かったのも確か。

 

無駄に自分語りで

話が長すぎる人たちもいて、

何これ・・・という時間もあったが。

 

何にしろ、

たった30時間しかない起業塾で、

自己紹介に90分も取るなんて、

今思ったら考えられない無駄だが、

その時は

その時間すら

起業での成功に必要なのだ!!と、

(多分)目をキラキラさせて聞いていた。

 

作家と美女の話は、

恐ろしく考えられた

お上手なトークだったのである。

 

「成功するのは素直な人」

 

つまり、

自分たちの言うことを信じるように

何度も何度も繰り返し言うのだから。

 

あっぱれよね。

 

続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

すっかり夏風鈴

 

最近、グサリと来ることを言われた。

 

「あなたのキャリアと資格があれば、

退職しなくても

キャリアアップは出来たのではないですか。

覚悟がものすごいですよね?

そこまでしたのはなぜですか。

また今の学びを

今後どういかしていきますか?」

 

いやー、衝撃!ガーン

 

この退職という経験や、

今勉強したり読書している経験を

今後いかすことが前提なのか、と。

 

わたしにしてみたら、

今後にいかしてどうこうとかではなく、

人生をリセットしたかった

自分のわがままであり、

ただの自己満足チョキ

 

教養って

そんなものじゃないのだろうか・・・

 

公には言えないけど、

そんなことを感じる質問だった。

 

ご飯も食べる暇がないぐらい

死ぬほど努力して勉強して合格して

ようやく手に入れた職を

自ら放棄するなんて

過去の自分に申し訳ない気持ちこそあれ、

人生は一度だから、

リセットして

自分のためだけに生きる時間が

あってもいいんじゃないかな乙女のトキメキ

って思ったから。

 

わたしが仕事をやめてから、

夫の営業成績はうなぎのぼりで、

収入が2倍になる月が続いていて、

人生ってうまく回っているなあと思う。

 

さて、

今日も新しい本が20冊ほど届いたので、

ひとっ走りしてから読書タイムにしようニヤリ

 

本買いすぎ。

毎週20冊ほど買っているのに、

Amazon prime dayで

書籍に10%ポイント還元!

 

ということで、

またたくさん購入してしまった。

 

最近はブランディング、

美術、ミステリーをよく読んでいる。

 

齋藤泰弘さんの

「ダヴィンチ絵画の謎」

(中公新書)

がなかなか興味深かった。

 

内容は

「絵画の謎」というよりも、

哲学者や科学者としての

ダヴィンチの

「哲学や思想」よりだったのだけど、

フランス、イタリア、イギリスなど

ヨーロッパの国々で

たくさんの

ダヴィンチ作品に触れて来たことを思い出し、

彼の凄さを改めて知る。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。