VRを街や公園の案内に活用する

テーマ:

■公園案内のインデックスページ

公園も平面図より鳥瞰図の方が市民には理解しやすいようです。そこで、園内サインやホームページ等での施設案内のインデックスにVRを利用してはどうでしょうか。どのような大規模な公園でも作り方によってはスムーズに動くように軽く作ることが可能です。ただし、ウォークスルーとなると全貌が理解できませんし操作が煩雑になりますので、鳥瞰で全貌をみながら施設をクリックすると詳細な案内が出てくるようなシステムにしてはどうでしょうか。

もちろん、公園を 3次元化すると案内のインデックスだけでなく、管理台帳や工事台帳のインデックスとしても利用できます。また、会議や説明会など幅広く活用できるだけでなく、部分改修の際には景観検討資料としても活用できます。

サンプルは400haほどの敷地をVRにしたものです。簡単な作りですので広くてもスムーズに動きます。建物の上にカーソルを置くと名称が現れます。クリックするとそこに入っているショップ等の案内が出てきます。後はどのくらい早く立ち上がってくれるかが問題です。近々イークラフトHPにアップ予定です。

index

AD