2010年05月12日

・高橋尚子さんにも出馬要請をしていた民主党 ~有名人選挙は国を滅ぼす~

テーマ:日本・政治問題

Qちゃん民主要請拒否 スポーツ現場主義:日刊スポーツ

 シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さん(38)が、今夏の参院選への出馬要請を断っていたことが11日、分かった。この日は北海道伊達市を訪れ、09年11月に発表した農業活動に初めて参加。同伴した関係者がQちゃんにも民主党からの要請があったことを明かした。10日には同じシドニー五輪女子柔道金メダリストの谷亮子(34)が民主党から出馬表明。スポーツ発展に尽力する考えは同じだが、高橋さんは「現場主義」を貫き活動をしていく構えだ。

 高橋さんは、現役を引退した08年後半から政党に関係なく、国政選挙への出馬要請を受けてきた。関係者は「今回も話はありました。ただ、政治の勉強をした人が国民の代表になるべきですし、以前からお断りしていますから」と出馬を断ったことを明かした。

 支持率が急降下している民主党が、水面下で動いていた。小沢一郎幹事長(67)ら幹部からの直接打診はなかったが、大物関係者を通じて出馬要請があったという。しかし、高橋さんは一貫した態度で拒否。00年にはシドニー五輪金メダル獲得で、国民栄誉賞を受賞している。そういった立場なども踏まえて「どこかの一政党の代表にはなれない」と要請を断ってきた。

 高橋さんはあくまでも現場主義を貫く。同じ金メダリストの谷の出馬について「びっくりしました」と話すにとどめた。「(私は)走っている時も現場が一番だったので、生活の一部の中という目線から現場でスポーツの発展などをしていければ」と意気込みを口にした(後略)

人気ブログランキングバナー←最初にブログランキングのご協力お願いします。


 民主党が柔道の谷亮子選手を擁立したことと、短い時間の中で谷選手が、6回も「小沢先生」と何かの教組のように繰り返した出馬会見には驚きましたが、その谷選手を筆頭に、体操の池谷氏や自転車の長塚選手とオリンピック選手を揃え、さらには岡部まりさんや桂きん枝氏など、民主党は票の為ならもはや何でもありの状態です。

 彼らには失礼かも知れませんが、私はこのような動きは日本の崩壊を加速させる以外の何物でもないと思っています。実際、無党派層を含め、政治に対して興味がない層が非常に多い現代の日本において、このような有名人の擁立はそれなりの効果があるというのが悲しい現実です。政治に興味のない人が、政治家の名前や顔を見てもまったくピンと来ないけれど、テレビで良く見る好感の持てるあの有名人がいるところなら投票しようという人はそれなりの数になります。しかしながら、彼らが当選した後で何か出来るかと言えば、残念ながら今まで全く違う畑で活躍していて政治に対する知識も経験もない状態でいきなり国政を担うことなどできるはずがないのです。

 例えば立候補した有名人達に、「外国人参政権問題についての問題は何か」と問いかけたときに、手応えのある回答ができる人が果たしてどれだけいるでしょうか。

 ましてや現役選手を続けながら国会議員をするなどもってのほかです。そんな片手間でできるような仕事では到底ありません。


 役割としては集票マシーン以外の何物でもない彼らが、240あまりしかない貴重な議席を数多く取れば、それだけ本当に政治を勉強し、志を持った政治家を落とすことになり、実質的に日本の政治レベルは下がっていきます。民主党は特に酷いですが、自民党や他の党も有名人の擁立の動きが少なからずあります。私は、日本の政治レベルが下がるのを無視して票集めだけのためにこのような動きを取る政党を残念に思いますし、簡単に出馬を引き受ける有名人の方に対しても同時に残念に思っています。

 そのような中で、マラソンの高橋尚子さんの判断と、言葉が印象に残りましたので上記記事を紹介してみました。みなさんはどう思われるでしょうか。


参考書籍:

夢はかなう (幻冬舎文庫)
4344405382

lancer1さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。