2010年03月15日

・一般永住者が10年で5倍になった理由とは ~彼らが選挙権を獲得したときに何が起こるのか~

テーマ:日本・外国人参政権問題



永住外国人がここ10年で5倍に増えている。特別永住者(いわゆる在日)が緩やかな減少を続けているのに対し、一般永住者がこれほどまでに伸びていることにはあらためて驚かされますが、さらに驚いたのは、この伸びの理由は、在留暦が20年から10年に大幅に緩和されてことにあり、その判断は法務省と入管当局の裁量で行われ、国会審議や政策審議会などでの議論は全くなかったということです。


 今国会では見送られることになりましたが、民主党政権が本当に4年間続くとしたら、この4年間で外国人参政権法案が成立される可能性は非常に高いと思われます。もしそうなった場合、この伸び続ける一般永住者は参政権を獲得することになります。特に高い比重を占める中国人の数。彼らは特定の地域に集まる傾向がある上、バラバラになっていても驚くくらいの統率力というか結束力があります。北京オリンピックの聖火リレーの時に長野に集まった中国人の数と、町を埋め尽くした赤い国旗に見覚えがある人は覆いと思いますが、あれは組織的に動員がなされていました。つまり、中国当局が日本に対して何か工作を行おうとした場合、日本にいる何十万もの中国人を簡単に動かせる可能性があるのです。その状態で選挙権を得たとしたら計り知れない影響があるのは容易に想像ができます。

 記事中にもありますが、永住者になる要件の基準など、このような重要な判断が国会の議論もなく、一行政機関の裁量判断でこうした要件緩和が行われるのは非常に問題であると言わざるを得ません。国の根幹を揺るがしかねません。

 話は少し変わりますが、14日に「たかじんのそこまで言って委員会」の特別番組「たかじんのいつまでも反中で委員会」が放送されました。見た方もいると思いますが、台頭著しい中国に対して、日本を含むアジア諸国はどう対応していくべきなのかという視点で、相変わらずチベット問題など含めてタブーない議論がされており非常に内容の濃い番組でした。
 その中で、TVタックルにも度々出演している張景子という人物の発言が非常に興味深かったです。彼女は中国出身で、既に日本に帰化しているのですが、その思想は中国共産党そのもので、私は日本人でなく中国人である。と言い切ります。帰化したのは仕事上海外に渡ることが多く、中国籍だとビザが必要だったりして入国に手間取るが、日本籍だとそういう煩わしさがない。だから日本籍を選んだ。理由はそれだけであり、私はそれでも中国人であると言い切りました。
 外国人参政権に反対する理由として、参政権が欲しかったら”帰化すればよい”という話が一般論としてあり、それを主張する政治家や識者も多いですが、彼女のように反日的思想を持ったまま帰化した中国人があふれると、結局は同じ問題が持ち上がってしまいます。”帰化すればよい”、”参政権の変わりに帰化要件の緩和を”という主張も危険な場合があるということを張景子氏はあらためて教えてくれたようです。



人気ブログランキングバナー←このBlogに何かを感じたらクリックして下さい。


参考書籍:


外国人参政権の真実 ――日本解体と日韓併合百年の呪縛(OAK MOOK 333 撃論ムック) (単行本) (OAK MOOK 333 撃論ムック 25)
西村幸祐
4775515187


たかじんのそこまで言って委員会 超・国防論(2枚組) [DVD]
B002GGDI8W

lancer1さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。