Blog内検索

Blog内を検索 WWWを検索

LINK
2008年11月23日

・書評:「誰も国境を知らない ~揺れ動いた日本のかたちをたどる旅~」

テーマ:書評・映画評
誰も国境を知らない―揺れ動いた「日本のかたち」をたどる旅
西牟田 靖
4795848920

 今回お勧めする本は、ノンフィクション作家の西牟田靖氏の「誰も国境を知らない」です。大変興味深く、新鮮で勉強になりました。自信を持ってお勧めします。

 海に囲まれた日本は、普段あまり”国境”という概念を意識することはありません。日本の北端、南端、西端、東端を正確に言える人はどれくらいいるでしょうか。またご存じの通り、北方領土、竹島など実際に他国と領土問題も抱えていたり、尖閣諸島や沖の鳥島など、他国が日本の領有や支配方法に文句を付けている島もあります。しかしながら、日本にはそれらに触れることは「タブー」であるというような不思議な空気があります。

 西牟田氏は、対馬、小笠原諸島、与那国島の他、一般人が立ち入ることが難しい 竹島、北方領土、沖の鳥島、硫黄島、尖閣諸島を苦労して実際に訪問し、現在のその土地の様子、そしてそこに現在住む人々、かつて住んでいた人にインタビューを実施し、国境が抱える”生”の情報、問題を剥き出しにレポートされています。私も領土問題については多少は勉強したつもりでしたが、これだけ現実的な情報に触れたのは初めてでした。また、膨大な資料を元に、これらの島の事実に基づいた歴史が細かく紹介されています。これらを読むだけでも日本の国境、領土問題について相当な知識が付くことと思います。

 興味深いのが、国境問題を抱える島については、必ず両方の視点からそのレポートがなされていることです。例えば、北方領土では実際そこに住むロシア人の考え方や生活をレポートすると同時に、返還運動を続ける旧島民が、戦前は島でどのような生活を歩んでいたのか。そしてどのような経緯で島を追われたのか。そして今はどんな思いなのかを調査されています。
 竹島に関しては、韓国人の竹島ツアーに半ば身分を隠して参加して竹島に上陸。その際見た実効支配の姿や韓国人の様子をレポートすると同時に、かつて竹島で漁をしていた日本人漁師や、返還運動の責任者、そして韓国が不法占領を始めた後に、海保の保護の元一度だけ竹島へ上陸した漁師の話などがレポートされています。この話は、かつての日本が竹島問題に関してもっと積極的だったこととを物語っており、新鮮な感じがしました。 

 この書籍は、所謂「右」でも「左」でもありません。文中に過激な主張は見られません。これらの国境の島は紛れもない「日本領土」であるという前提の元、島の今現在の偽りのない姿と、そして偽りのない歴史事実、さらに当事者双方の視点からレポートされているのみです。イデオロギーを抜いて見るからこそ、剥き出しの島の姿が見えてくるのです。これこそがジャーナリズムでなはいかとすら感じました。竹島など、読む人によっては「この島はもう帰ってこないのではないか」と思われるほど絶望的な状況に感じられるかもしれません。しかしそれが現実です。
 
 最後に、著者の後書きから一文を抜粋します。
「戦後一貫して「国境の島」の現実に手をこまねいてきた、もしくは目をそ逸らし続けてきた、この国のリアルである。けれど自分が生まれ生きる国の「領土」や「国境」について、過去をタブー視せずに知ること、考えることは、決して「愛国心」や「ナショナリズム」という言葉にのみ集約されてしまうことではないはずだ。知らなくて当たり前と開き直るのが時代の趨勢だとしても、「国境の島」を直視することで見えるもう一つの日本の姿に、僕はそう感じずにはいられなかった」


人気ブログランキングバナー←このBlogに何かを感じたらクリックして下さい。



いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

lancer1さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

7 ■国境

日本人は隣の家との境界線にはうるさいけれど、国境に関しては、本当に無関心な人が多いと思います。

北方領土を直ぐ側に見て育ったので、尚更そう思います。


この国境に対する無関心さが、フィリピン人家族の問題(ただかわいそうでくくってしまう)や、国籍法改正案に対する無関心のもとではないかと思います。

6 ■田母神さんの手記

こんなとこにすいませんが
是非、みんなに知ってもらいたいので
新年特大号!

総力特集
田母神論文、どこが悪い!

■田母神前空幕長
独占手記50枚!
http://web-will.jp/

5 ■特亜ではなく日本の戦争相手です

>左翼日本人シンパさん
台湾の国民党政府は第2次世界大戦で日本と戦争した相手そのものです。
別に豹変したわけではないと思います。
中国共産党やバ韓国のようなあとから難癖つけているまがい物とは違います。
台湾で親日的なのは日本統治下の頃の本来の台湾住民で、
日本がいなくなった後に台湾に渡った国民党系の人たちが反日なのは当然だと思います。
何しろ日本と戦争したのは彼ら(の祖先)ですから。

4 ■日本国籍大安売りに断固として反対致します!(`´)

拝啓、管理人様
別スレッドとなります、
緊急事態であります!

下記URLから検索しますと
国籍法改正案
在日外国人参政権
二重国籍でそれぞれ動画が視聴出来ます。

http://m.youtube.com/watch?v=gzJGyGXgj2Y&rl=yes&client=mv-google&gl=JP&hl=ja&guid=ON

携帯電話からも視聴出来ます、パケット代は高額となりますのでパケ放題にする事を推奨致します。

私は知人には上記の動画を見せております。


国籍大安売りに反対の方は参議院議員 国会議員 地方議員 首相官邸 自民党本部 民主党本部 電子政府の総合窓口 更にはマスコミ 産経新聞や週刊新潮 推進派の朝日新聞 立場が今一つ不明の読売新聞に電話を ファックスを メールをして下さい。

私もどんどんと送っています、残念乍タイムリミットが28日迄となり時間が足りません。

何卒、一臂の力を貸して下さい。

宜しくお願い申し上げます。

日本国籍大安売りを推進している輩は日本崩壊乗っ取り
第二のチベット化となって民族浄化が日本全土で行われても自分達だけは優遇されると確信しているか
海外逃亡する積もりです。

普通の庶民に前記の手段は不可能です、


踏み止まり戦わねば
何時戦うのでしょうか?
全力で戦いましょう!
(`´)
ネバーギブアップであります!m(__)m
僭越乍乱文にて    草々

3 ■またまたニュース

サムライブログ最新ニュース

【日北】北朝鮮が日本製車の没収を開始、憶測が飛び交う 乗用車の約80%が日本製と…韓国紙


↓続き
http://todays2ch.jugem.jp/

2 ■無題

すいません!
まだ終わってません!

超緊急拡散【選挙の一票より一枚のFAXを……】 (水間政憲)
2008-11-23 13:48:30
参院国会議員会館の各議員事務所に、全国からFAXで要請書が
大量にきているとのことです。週末に、日程が二転三転したことで、
推進派は動揺しています。民主党は、約束を破り「テロ特措法」の採決を
拒否したことで、自民党国対の面子丸つぶれです。
今や参院は全会一致で、民主党の為に「国籍法改正案」を
可決する環境がなくなりました。民主党と公明党は、
是が非でも「国籍法改正案」を28日に、強行採決することでしょう。
自民党が参院法務委員会と参院本会議をボイコットしたら
前代未聞の出来事になります。いまや、
皆さんのFAX一枚は選挙の一票より重い価値があります。
国会議員は、情けないが選挙を一番大事にしています。
いま、参院議員が動揺しているのは、一人一人が全国民から
信認投票されている状況になっているからです。
この流れに自民党議員は、勇気付けられています。
逆に参院与党はブルってます。それは、
「国籍法改正案」に賛成している要請書がないからです。
とうとう、国会議員に対して、日本人の怒りが爆発したことが肌で感じています。
参院は、衆院より議員数が半分で、十分まだ時間があります。
「国籍法改正案」の内容を知っていて、
賛成した議員に明日はない。ネットだけ転載フリー。水間政憲

1 ■おろ?

http://excite.co.jp/News/china/20081113/Searchina_20081113045.html

台湾様が従軍慰安婦について謝罪をお求めのようです。
特ア認定はいただけないのですか?

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。