Blog内検索

Blog内を検索 WWWを検索

LINK
2006年11月16日

・いよいよ始まる日中歴史共同研究 ~一歩でも前進させるためには第三国を入れよ~

テーマ:中国・歴史認識問題

日中外相会談 歴史共同研究は08年中の成果目指す:産経
 麻生太郎外相は16日午前(日本時間同日昼)、中国の李肇星外相とハノイで会談し、日中歴史共同研究について2008年中の成果発表を目指すことで合意した。

 歴史共同研究は、日中それぞれが10人の有識者で構成する委員会を立ち上げ、古代・中近世史と近現代史の分科会を設置。先の戦争の歴史に加え、戦後の日中関係の発展についても研究し、相互理解を深めることを目的とするとの認識でも一致した。

 北朝鮮の核問題では、6カ国協議を通じて、具体的な成果に向けた日中の協力強化で一致。東シナ海のガス田問題をめぐっては、共同開発による早期解決を目指す方針をあらためて確認した。両氏はそれぞれ訪日、訪中を要請した。(共同)


 以前より実施が計画されていた日中歴史共同研究が具体的な段階に入ってきたようです。日中の歴史認識には大きな隔たりがあり、これが両国の関係を損ねている根本問題であることは誰もが承知していることです。両者がその問題について共同で研究を行い、正しい歴史認識が両者にでき上がり、両国の関係も改善に向かう・・・そんなうまいシナリオになるとは到底予想できません。中国は中国で捏造・歪曲された、自国で”作られた”歴史を主張するだけ。日本はそれは違うと主張する。結局は平行線で、両者の間には確かに”歴史認識の違い”があることを再認識できる程度の収穫しかないというのが現実でしょう。

 それは2002年から始まっていた、「日韓歴史共同研究委員会」 でも同様の結果をもたらしました。3年間の活動期間と2400ページもわたる報告書は、両者の主張を列挙するだけに留まり、、結局結論は”両者の間には認識に差がある”ことが確認されただけでした。そして日中の間でも同様の結果に終わることは容易に想像できます。

 私はそれを回避し、一歩でも前進するには”第三者”を入れるべきであると繰り返し主張してきました。両国の主張に関して、中立的に、主観の入らない”史実”だけを客観的に見ることのできる第三者を入れることで、お互いの主張を列挙するだけの実りのない研究から一歩でも脱することができるかもしれません。実は今年の1月に、アメリカのゼーリック米国務副長が日米中の3カ国による歴史共同研究を提案したことがあります。 しかし中国はこれを、「北東アジアの歴史は特殊性がある」という理由でこれを拒否しています。”北東アジアの歴史には特殊性がある”とてもおもしろい言葉だと思います。歴史を捏造・歪曲し、日本を外交的に攻撃する手段とし、同時に国内向けには自政権の正当性を維持するために国民を欺く手段に使う。確かに、中国や韓国に取って、”歴史”とは単純な意味の他に大した”特殊性”を持っています。これでは、確かに第三者が現れて、「あなたの主張する歴史は間違っている」と言われても困るわけです。

 言って見れば日中歴史共同研究とは、歴史というものの”特殊性”を中国から抜いてあげる作業と捉えるべきかもしれません。もし中国がアメリカは日本寄りだと言うのであれば、第三国とは必ずしもアメリカである必要はありません。欧州の国でも何でもいいのです。主観を排し、史実のみを中立的に見ることができる”第三国”を入れて、両者が自国の主張を繰り返すだけの意味のない共同研究から一歩だけでも前進するべきです。それができないのであれば、日中歴史共同研究など、時間の無駄以外の何物にもならないでしょう。

人気ブログランキングバナー←このBlogに何かを感じたらクリックして下さい。


参考書籍:

これだけは知っておきたい日本・中国・韓国の歴史と問題点80
竹内 睦泰
4893086170

中国が葬った歴史の新・真実―捏造された「日中近代史」の光と闇
黄 文雄
4413034422

韓国・中国「歴史教科書」を徹底批判する―歪曲された対日関係史
勝岡 寛次
4094023763


いいね!した人  |  コメント(37)  |  リブログ(0)

lancer1さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

37 ■youtube上での議論

youtubeにて、たかじんの南京事件のビデオに関してコメントがたくさんのっています。英語のコメントばかりですが、どうも日本人側によくない流れになっているようです。(僕はあまり英語が理解できませんので・・・)

 http://www.youtube.com/watch?v=ZzPgi4Wn9Zk

 英語のできる方に見てほしいです。

36 ■無題

実施されることになって、密室で声のでかい方や執念深い方の主張が通って記録されるくらいなら、複数の第三者を入れるのが、まだ賢明です。こういう気質面では、日本人は中韓には歯がたちません。ついでに言えば、欧米相手にもてんでダメでしょう。日本側の人選基準にはツラの皮の厚さも入れないとね。
複数の第三者を交代で入れれば、少なくともけん制ぐらいにはなります。議論の経緯も残すようにしないと。
そして、いずれにせよ、研究結果を教科書に載せる義務などは、軽々と約束しないように。

35 ■無題

そもそも中国の方もほんとは自分たちが間違ってるというのをわかっててわざと変なこと言ってるんだから、第三国を入れることなんてないでしょうね。しいて言えば韓国くらいでしょうか。
第三国を拒むことが確信犯(誤用の方で)な証拠といえるんですけどね。分かっててやってる相手を正すことなんてできるんでそうかねぇ。

34 ■第三"国"である必要性はない

 すべての言語で同じ結果を公表すれば話は終わりだと思います。言語によって違う内容(その国ごとの国民感情を納得させるため)では意味がない。両論併記でも良いと思います。

 この世に中立公平かつ日中の歴史に興味を持っている都合の良い国などありませんから。

33 ■無題

管理人さんは第三者に追欧州勢を入れるべきとおっしゃいましたが、ドイツやフランスはナチスドイツなどの行ったホロコーストが「実はチクロンbは薫煙しないと青酸物質がでてこない。ガス室で殺すことは非効率的だ。ガス室で殺すことはない。ガス室はなかった。」とか「ハイルヒトラー」とか言ったとたん警察に連れて行かれる恐ろしい国がフランスやドイツです。このような言論弾圧していながら一応の大国として君臨しているのは、欧州勢が狡猾だからです。一昔前にフランスが兵器を中国に輸出するという話をしていましたが、伝統的にフランスはアメリカに反故したり、フランスの国益にかなった手法をとるので中国に肩入れしそうで怖いです。

32 ■恐ろしきは中国

日中首脳会談で、中国は「歴史」と「靖国」カードを使いませんでした

http://www.sankei.co.jp/news/061118/sei004.htm

状況に応じて、手段を変える中国は手強い
状況を見ずに、手段を変えようとしない韓国や、日本の野党は、この際、どうでもいい

31 ■↑

このしつこさは形を変えた宣伝なんでしょうね。韓国資本で在日がやってるゴミ以下の媒体を誰も相手しないよ。

30 ■ケンカ売られてますよ!

バッサリ斬ってあげてくださいw

OhmyNews:「強制連行の真実」の虚実
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000001095
「アジアの真実」というブログの「在日韓国、朝鮮人問題への提言1~強制連行の真実~」で・・・・・

29 ■無題

中川政調会長 後継・安倍氏示す 北京で会談 歴史共同研究を提案
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060221-00000007-san-pol
> 第三国の歴史研究家も交えた共同研究構想を念頭に置いており、関係打開の糸口にしたい考えだ。

2月に自公の政調会長らが訪中した際、中川秀直政調会長(当時)が李長春共産党政治局常務委員との会談で提案したというこの記事ではこうかかれてますね。エントリーのは共同配信の産経で、こちらの記事は産経ですが。

28 ■歴史的事実…

皆さん『共通した認識を持つことは不可能、事実を研究すべき』とおっしゃってますが、それが難しいんじゃないですか?
結局また2国間で食い違った事実が出てきますよね?そこで2国間ではらちがあかないのでもう一つの国を入れるべきと管理人さんは言われてるんじゃないでしょうか。

しかし私も第三国を入れるとしたらどの国なのか管理人さんにお尋ねしたいです。中立的な立場でなおかつ2国間の歴史を知る国とはどの国でしょう?

27 ■無題

「歴史認識」なんてどうでもいいのです。
冷静に、「歴史的事実」を研究していけばいいのです。
そうすれば自ずと中国側は自分達の嘘を誤魔化せなくなっていきますから。

26 ■無題

失礼いたします。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

シナの大学が日本国民の税金で博打を打ってます!

中国・王毅大使が謝罪 日本財団奨学金、蘭州大が投資で消失「100万ドル全額を原状回復」
(http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/28118/)

抗議しましょう!

>>日本財団会長 笹川陽平ブログ
「王毅 中国大使からの書簡」
(http://blog.canpan.info/sasakawa/archive/644)
(コメント、TB可)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

25 ■無題

「”歴史認識の違い”があることを再認識できる程度の収穫」
これがお互い冷静に得られるならそれはそれで良いかと思う。
そこにも至らない可能性が高いと思いますが。

24 ■無題

無駄。
だって、貴方の書いている
>日中の歴史認識には大きな隔たりがあり、これが両国の関係を損ねている根本問題であることは誰もが承知していることです。
この前提が激しく間違っているんだもの。
歴史認識が、両国の関係を損ねている?
ノンノン、逆でしょ。
歴史認識なんて、根本の部分じゃないでしょ。

23 ■無題

中国の歴史訂正
・毛沢東とはどんな人物?
間違い:英雄  正解:謀略家で悪辣非道

・劉少奇とはどんな人物?
間違い:裏切り者 正解:国民を救おうとした英雄

・南京虐殺は事実か?
間違い:事実  正解:捏造

22 ■無題

共同研究の目的は、両国で同じ歴史認識を得ることが目的ではないと思っています。
皆様がおっしゃっているように、共通の歴史認識を得ることは不可能です。
では、何のために共同研究を行うのか?
今のままでは歴史認識に食い違いがあり、それが両国間の問題に発展しているとなりますが、
例え結果が出なくても共同研究を行っているのなら、歩み寄る努力はしているって事になります。
と、私は思っています。

21 ■そろそろ本当のこと言いませんか?

ある植民地で、本国から入植していた人達により独立戦争が開始され、長い戦いの末、本国から独立した。この場合、
 本国側から見れば独立戦争起こした人達は、反乱者であり裏切り者。
 独立側から見れば、独立戦争を起こした人達は、独立の英雄、救国の英雄。

一方からの認識では反乱者。
もう一方からの認識では英雄。

植民地が本国と独立戦争を起こし独立したことが歴史の真実

そもそも認識なんていうものは立場が変われば変わるもの。正しい認識などというものは存在しない。


共通の歴史認識なんてない。
正しい歴史認識なんてない。

歴史というのは過去に起こった事象の積み重ね。そこにあるのは認識ではなく事実だけ。
事実を無視した認識もありえない。

共通の認識を築くことなど不可能なのだから、
事実を追求することだけやればよい。

20 ■繰り返す歴史の談合

韓国との共同研究の結果をみても、まったく学術的、科学的価値の無い歴史の共同研究。ただ主張を出し合って妥協点を探すのは研究ではなく談合です。研究というなら、歴史資料の科学的検証を積み重ねていく作業であり、その検証過程は公開されるべきです。第三国の専門家を加えてより、客観性をだせるかがポイント。第三国の極左学者を加えても意味の無いことで、国籍よりも科学的業績のたしかな人を加える必要は大いに意味があるでしょう。国が音頭をとってよい人選ができるとは思えない。

19 ■日韓共同と同じ運命に

最終的に文化大革命と共産党の否定につながるので何も解決しないと思いますけどねぇ。また日本側の資料に対して「再調査する」と言ったきり音信不通になる姿が目に浮かぶようです。ただ南京なんとか記念館や、名前忘れましたが何とか記念碑とかを潰さない限り関係が前進しないので、一応やってみて、逃げたなら逃げたという歴史を作ることもまた重要かと思います。

>歴史というものの”特殊性”を中国から抜いてあげる作業
まさにそうだと思います。日本は台湾支援、ガザ攻撃支持で何も問題ありませんが、中国を助けてあげる機会を与えるという、日本にとってはその程度のものですね。イヤならいいですよと。

18 ■「第三者」を入れてはいけない

国家間での歴史認識は相違してあたりまえ。
日中の歴史認識を、しいて一致させようとすれば、我が国が一方的に譲る結果になる。そのような愚はしてはならない。
「第三者」が入れば、その「第三者」の面子として、いたずらに“落しどころ”を求められる可能性がある。

17 ■無題

ドイツとフランスの歴史教科書の共同編集の事例を念頭に共同研究なとという話が持ち上がっているのでしょうが、ドイツとフランスの間には歴史を語り合う共通の基盤があります。ヨーロッパ文明と言ってもいいし、キリスト教をもととする文化の共通性と言ってもても良いでしょう。翻って日中、日韓の関係を見ると、そのような土壌が存在していません。「儒教が」とか「漢字を使っている」とかを根拠として同じ文明に属しているのだから話し合えば何とかなるだろうとの認識があるのかもしれませんが、それは誤りです。確かに日本は漢字を使いますし、儒教の影響を色濃く受けています。けれどもそれに騙されてはいけません。中国・韓国が立っている舞台と日本が立っている舞台とはまったく別物です。別の舞台に立っているのですから演じている芝居の中身が別々なのは当然であります。同じものにしようというのは、どだい無理な話なのです。できることは、そして最も効果的なことは互いを認めるということです。中韓両国は日本に対して「俺たちと同じ歴史観を持て」と迫るのをやめるべきですし、日本は日本で自分たちと隣人たちの違いを良く知り、多くを期待しないことです。「隣国だから」とか「同じアジアの仲間なんだから」とかいう訳のわからない考えを持ち出してきて交われないものを一緒にしようとしないことです。こういう関係にあるということを理解していなければ第三国を混ぜても建設的な研究にならないでしょう。2対1で対立して互いの不信感を増幅させるだけで終わるでしょうから。

16 ■シナの歴史は共産党のモノです

 日中「共同」歴史研究って、向こう側の学者が、共産シナの言論統制の枠外の立場に無い限り、マトモな議論に成るわけがない、「シナの歴史は、共産党が認めた歴史でなくてはならない」と党の綱領に定義してあるから、例え、第三者を介入させて、幾ら話し合っても結果は見えている、話し合い自体、全くの茶番劇に終わるのは最初から判っているのだが、敢えてやる意味とはナンだろうか。

15 ■無題

>日本語、中国語、英語で。
 そして、内容が同じであることを検証しないといけませんな。

14 ■反対

これは反対。
なんで中国と共同でやるんだろうか。
中国は反日ねつ造記念館(南京虐殺の)を増設してて、その職員が日本の骨董屋に展示品になりそうなものを買いに来てるという。そんな国と、日本が共同で歴史研究なんてやってられないし、やっちゃだめでしょう。

13 ■向こうもやる気はないですし

どうせ、中国側もやる気ゼロでしょう。

近代史をつめるなら、台湾に逃れた国民党にも声をかけたらどうでしょう?

12 ■中国側が「731部隊による人体実験の証拠写真」としているもの

それは、済南事件で中国兵に虐殺・凌辱された日本人居留民被害者の検死場面の写真である←まずは、このことからハッキリさせてほしい。

11 ■日本人に向けて

中国と歴史共同研究をしても、永遠に平行線である事は明白です。それより、この共同研究の内容や進捗状況を日本国内に向けて逐一発信することが大事だと思います。中国と共通の認識をもつ事などさいしょから諦めて、日本人の歴史に対する関心を高めるきっかけととらえればいいのではにあでしょうか。

10 ■WEBで公開

進捗状況、議事録などを毎日WEB上で公開してもらえばいいのではないでしょうか?

日本語、中国語、英語で。

9 ■WIN WIN

これって、いわゆるオトナの判断なんじゃないでしょうか?

中国のメンツを潰さずに、靖国で振り上げた拳を
おろさせてあげる、という。

「歴史? あ、ああ、それはもちろん、
あっち(研究会)でビシビシやってるアル!」と。

で、日本としては、
中国の尻馬に乗って調子こいてた韓国やら朝日やら
筑紫やら鳥越やらのハシゴ外して、ウマー!
首脳会談もサクサク復活してウマー!

だから、研究会の成果なんか、期待しないで、
生暖かく見守っていればいいんじゃないでしょうか。
なごやかに談笑してお茶でもすすりながら、
「はいはい、歴史はこっちでやってますよ」と。

麻生「その節はどうも(ニヤニヤ)」
李肇星「いやいや、こちらこそ(ちっ!)」
(APECでガッチリ握手!)

8 ■第三国も良いが

その歴史共同研究とやらの委員会で交わされる議論の中身は、そのつど一般に公開はされないのでしょうか?
せめてそれがあると、日本の中でも関心をもって見守っている専門家や多くの一般人らが
それは全くおかしい、こんな資料がある、あの資料はどうなんだ、こういう客観的な研究成果がある
というふうに、色々な声を上げていく余地があると思うんですが。
そうなると、いままで正しい情報を与えられなかった支那人の中にも (日本の事はストカーのように関心持って見てるようですから、その議論を目にして) もう少し冷静に客観的に物事を見ようとする人々も出て来て、 実際にそういった視点から発言しだす事もあるかも知れません。
そういう人間が、韓国あたりとは違って結構いるかも、いや甘いかな。
中共も、自党に非難の矛先が向わず現体制の維持さえできれば、今後の日中関係の利用価値を考えて案外、さほどこだわらなかったりして。
う~ん、やっぱりムリですかね、あの国では。
当然、支那側の強い意向で全面非公開 でしょうか。
でも、そこをどうにか出来れば、何とか打つ手は…。

7 ■無題

第三国を噛ませたい思いは良く分かりますが、中国、韓国共に同意しないでしょう。彼等は溝を埋める気などさらさらなく、最初から自らの歴史認識の正当性を主張する場としか考えていないのですから。竹島領有の国際司法裁判所への付託に反対する韓国の態度と共通する問題と思いますが、国際社会にはこういった理にかなわない反対をする国がどちらなのか、その点を良く見て欲しいと思います。

6 ■麻生さん、大丈夫?

共通する思想・制度が根底にあれば、ドイツーフランスのように、『歴史を思考』する事は可能でしょう。
しかし、韓国との協議ですら『税金の無駄遣い』と会計検査院が指摘しても文句が言えぬ程のお粗末な代物です。
中国が共産主義を捨て、国が3つぐらいに分裂した後であれば、お互いに牽制させる意味でも『開催』する意味はあります。
しかし、今の時点での開催では日本へのメリットは全くなく、『捏造まみれ』になる事は明らかすぎます。

5 ■アジア東北部の特殊事情

おはようございます。
もう一つ、韓国は妄想を信じ込んでいますし
中国は捏造を自覚しているのに国益のため捏造を声高に主張している
という天もありますね。

4 ■歴史の共同研究は危険だと思う

歴史の共同研究、正直日本側の学者、研究者は信頼できる人間なのでしょうか。
もちろん、ものによるとは思うのですが。

「朝鮮通信使」 日韓共通歴史教材制作チーム
これなんか、日本側は「平和を愛する広島の教師たち」らしいですし・・・・

とても不安です。

3 ■共同の歴史観は究極的に必要ない。

 そも共同史観等必要ないし、成っても、史実をねじ曲げる話しばかりですから、嘘を嘘で覆う様な話しばかりになって、真実を真面目に追求しようと言う姿勢を持った方が、トンデモナイ架空の話しを捏造され、押しつけられてしまうと言う展開になるのは必至でしょう。

 第三国と言いますが、ソ連、米国、英国、仏国、独国、蘭国これらの文明国総てが、極東の戦乱の15年の当事者ですから、第三国足り得ません、敢えて挙げるとすれば、インド辺りかと、でも、インドも英国と独立戦争を戦って、日独寄りの有力な活動家も居たのですから、必ずしも第三者とは言い難い。

 第三国に判断を委ねる場面が有ったとしても、歴史を政略に使っているシナ共産党や朝鮮民族が相手では、仲裁にも仲介にもナリはしないでしょう、彼等の謀略や賄賂の飛び交う場がそれだけ増えるだけかと思います、彼等と史観を共有することは、月にウサギを追うより難しい事で、如何に金と時間を費やしようがムダなのです。

 然るに、正しい史観が何処で必要かと言えば、世界史に対してでしょう、独自の史観は放って措けば良いのではありますまいか、つまり、日本としては、双方の主張する歴史観が、全く独自のモノであって、客観的な世界史観からは、整合性のない、全く信用出来ないモノであることを証明しさえすれば良いのではないか、と思うのです。

 そういう展開を思い描いてなら、つまり、最初から破綻する事をある程度予想して、結果、題記の認識を世界に向けて発信しようとの目論みなら、賛成いたします。

2 ■麻生大臣の南北戦争の話、よかった

>>北東アジアの歴史には特殊性がある(?_?)
平凡な考えしかできない、自分のような者では思いもよらない仲介拒否の文言です。
卑近に例えるなら、目撃者のいない交通事故後の泥仕合、水掛け論、そういった方向にもっていきたいのでしょう。神の視点があったとすれば、
過失の割合は当事者CさんとNさん、どうもCさんの方が分がわるいようです。両者ともその認識はあるものの、どうしても譲る気のないCさん、Nさんが思ってもみないような屁理屈やでたらめをぶつけてきます。常識的な落としどころより、ずっとNさんにも大きな過失があるようにいいたてられ、気の弱いNさんは不承不承Cさんの言い分に近いところで、はなしをつけざるを得ませんでした。

単純無垢でいると、悪意をもった攻撃(犯罪)にはなす術なくひねられてしまいます。
いままで味方だ、われらの親分だと持ち上げていた神輿が実は、はなからダブルスパイでまんまと騙されてしまう、そんなことも想像できます。
ナンの話をしているのか、ここはひとつ匿名で。

1 ■第三国とは?

管理人さんのご趣旨はそのとおりだと思います。ただ、そういう第三国は存在しますか。
存在しないと思います。
「日韓歴史共同研究委員会」です。私は記録を全文読んでいませんが、日本側のメンバーはバランスの取れたメンバーで、実証的な歴史学者でした。しかし韓国側はどうだったでしょうか。
私から言わせれば、歴史学者・歴史家足りえない愚かな人物ばかりでした。共同作業としてやること自体が虚しい事業だったと思います。
今度の日中歴史共同研究も、多分もっとひどいことになります。「第三者」ですが、支那・中国にに対して「第三者」として参与できる国はありましょうや。
北欧、南米のいくつかの国、ニュージーランドとか。本当に限られた国だけです。あとインドか。
東南アジアは首根っこを押さえられてますしね。
管理人さんの想定される第三国を教えていただきたい。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。