Blog内検索

Blog内を検索 WWWを検索

LINK
2006年11月15日

・PSIには参加せず、親北政策を続行することを決定した韓国 ~6ヶ国協議の邪魔者となるか~

テーマ:韓国・その他ニュース

韓国、PSI不参加 金剛山・開城工団は継続:産経

 韓国政府は13日、北朝鮮の核実験を受けた国際包囲網のうち米国主導の大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)に事実上、参加しないことを決めた。また、国連安保理の対北制裁決議案については、コメ、肥料の支援は中断するが、金剛山観光、開城工業団地事業は継続する-などとする報告書を13日付で国連安保理に提出。韓国政府の実効性のない対北制裁に今後、国際社会からの批判も予想される。

 PSIについては「その目的と原則を支持し、われわれの判断で参加範囲を調整する」(外交通商省)とし、正式に参加せずオブザーバーにとどまり、南北海運合意書に基づいて海上取り締まりなどを行うとの方針を出した。だが、同合意書による臨検実績は過去、一度も行われていない。

 報告書は、南北経済協力の暫定的な中断などが含まれるが、実態はミサイル発射後の対北政策を維持した形で核実験による「対北制裁色」はほとんど見られない。決議が販売と移転を禁止した「ぜいたく品」も「情勢をみてリストを作成する」と言及するにとどまった。現金が北朝鮮に流れるため米国などが懸念を表明していた金剛山、開城工団については「資金が大量破壊兵器に使われているとの証拠はない」との論理で続行が決まった。

 また米韓外相会談などで米国から要請され、韓国側の対応が注目されたPSI参加問題は結局、北朝鮮との物理的、軍事的衝突への懸念から不参加を決めた。

 盧武鉉大統領は、核実験直後、「対北政策の見直し」に言及したが、その後は態度を保留。来年末に大統領選挙を控え、いま対北政策を転換した場合、野党の格好の攻撃の的となるだけでなく親北反米の支持層を失うためだ。南北融和を政策の基軸にしてきた盧政権にとって対北制裁は自己否定にもつながる。北朝鮮が6カ国協議復帰に合意、一方で対北強硬路線の米ブッシュ政権が中間選挙で敗北したことも盧政権の「対北現状維持」を強気にさせているとみられている。


このニュースには呆れさせられました。親北政策を続けてきた韓国は、北朝鮮のミサイル発射を防止することはできなかったどころか、核実験まで許す結果となりました。日本の拉致問題を軽視し、6月末には拉致ではなく”離散家族再会”という名目で行われた茶番劇 や、国際的にも非難を浴びた、北朝鮮のミサイル発射後の「安全保障上問題ない」という発言。数々の耳を疑うような親北政策により、自国を国際的に孤立させたばかりか、核実験により、その政策が全くの無効であったことが世界に対して証明されました。

 10月9日に行われた日韓首脳会談 でも、北朝鮮に対する共同声明を提案した安倍首相を遮り、40分も歴史問題を演じ、結局共同声明はまとまらなかったという事態も起きています。12月には6ヶ国協議が再開されようとしていますが、こういうニュースを聞くと、韓国が足を引っ張ることがないか心配になってしまいます。日本とアメリカ側に立つはずの韓国が、PSIには参加しない。北朝鮮への援助は積極的に続ける。この態度で北朝鮮の横暴を共闘して止めることができるでしょうか。

 暴走した政策で自国の首を絞めるのはかまいませんが、日本を含めその他の国の迷惑となることに大変な懸念を感じます。

人気ブログランキングバナー←このBlogに何かを感じたらクリックして下さい。


参考書籍:

韓国の暴走
呉 善花
4094024778
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

lancer1さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

10 ■無題

すでに米国はメンツを保ちながら撤退することを考えていますね。2年後に米国が民主党政権になればこの流れは加速するでしょう。日本は北朝鮮より前に韓国の崩壊にそなえなければなりません。釜山が中共の軍港になることを想定した安全保障策を考えておくべき時期になっていると思います。

9 ■六者会議を眺めて

 皆さんの反応が精緻に成ってきましたね、北の態度や立場が表向きはっきりした、ここに至っては、今更、「核兵器開発を断念する代わりに軽水炉原発を建設する」と言う原案に戻ったら、相手が破約した当事者のママですから、結局、ペナルティ無しって事になります、つまり、あのパフォーマンスが有効に働いた事に成るわけですから、この先、同じ事を繰り返すのは明白です。

 確かに、日本の経済制裁が追加されましたが、韓国は、実質制裁から降りたと言うことですし、この状態にこぎ着けた中ロへの面子ばかりが立って、肝心の極東情勢は悪化しているのでは、六者会議ってナンの為なのか、目的が判りにくいですが、これらは、今に始まった事ではない様な気もします、つまり、大国のエゴです。

 何時もこの様にして、日本はやられっぱなしだったわけです、本当の所は、国民に知らされて来なかったのでしょう、特にロシアに関することは、戦時、終戦後のソ連軍の不法行為は棚上げされたまま、加えて領土問題、漁業交渉と大国のエゴに対する、敗戦国日本の悲哀丸出しですね、そも、こんな国と国交回復する必要がはたしてあるのかさえ疑問です。

 こういう国際的な交渉事に現れる大国のエゴをに対して、日本が如何に無力かを日本人は、日本が世界に措かれている現実として認識をあらたかにしなければイケナイのだと思います。

8 ■無題

世界はこののち、一つの民族を2つに分割した事の歴史的意味を思い知ることになるでしょうね。
アジアの日和見鳥が最後に向く方角は北に違いないですが、
アメリカはとっくに見抜いていることでしょうから、
川に落ちかけた飼い犬に手を噛まれる前にさっさと手を引っ込めるつもりで、
わかりやすい踏み絵を踏ませて既成事実を積み重ねているのでしょう。

我々のとるべき態度は、彼らが自らの大陸文化でそう望むように、
川に落ちた犬を棒で叩いてやるべきなのかもしれません。
もっとも残念ながら、日本はろくな棒を持ってないわけですが。

7 ■そうですね

鬼作さんご指摘の通りでしょうね。
私もこの会議は何の意味があるんだろうかと
思っていました。

中ロの狙いは、北の劇的な崩壊を防ぎながら
北若しくは韓国も一緒にして統一して
自国の完全な属国化を図る。
米国は威厳を保持しながらも
如何にして朝鮮半島から名誉ある撤退をするかが最大の関心ごと。

何れもいかにして自国が費用を出さずに、
全ては日本に押し付け、
この点に関しては日本を除く
米中ロ韓が暗黙に了解している。

つまりババを引くのはこの日本ということです。

6 ■6者会談って、皆有難がるけど・・・・

核開発の代替として軽水炉型原発を敷設し、その代金をお目出度い日本と韓国(実際は日本に全ての請求書がまわって来る)が負担し、中国・アメリカ・ロシアは口だけ出してかき回し一切身銭を切りません。
ミサイルを飛ばし核実験を強行し、協議の前提条件が全てひっくり返された状態で、今更何の協議かと参加者のオツムを疑いたくもなります。
原理原則ならびに前提条件を考えれば、日本こそこの協議から脱退すべきです。

5 ■無題

韓国の動きがいよいよきな臭くなってきました
最近もほぼ日本全土を射程に治める巡航ミサイルの開発が完了したというニュースがありました
北を狙うにしては射程距離が長すぎます
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/10/25/20061025000027.html

去年には大型揚陸艦を進水させたり、なんだか日本を意識した軍備を整えていませんかね

4 ■無題

今更6カ国協議といってもなあ、アメリカの中間選挙後の今となっては、北朝鮮は次の協議には中々出てこないだろう。出てきたとしても、何も進展しないだろうね。北朝鮮が目指すのはアメリカとの直接交渉で、あと2年も頑張ればアメリカの政権交代によりその可能性が高くなるだろうからね。アメリカにしても北朝鮮の核保有を事実上認めているし、そう遠くない将来、北朝鮮と国交を成立させられた日本が大金を貢ぐことになるんじゃないかな。

3 ■無題

パンギムン?が国連事務総長とか
だーれも期待してないんじゃね?
ただ重い責任に山済みの問題に空気読めない自国の利益のみ考えるパンがここぞとばかりにしゃしゃり出ただけ。
結局はなにもできずに終わるんだろうな。

2 ■無題

「6ヶ国」ではなくて「6者」協議だそうです。
日本は北朝鮮を国とは認めていないからです。

1 ■無題

出身国がなくなっても、
国連事務総長って続けられるんでしょうか?

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。