Blog内検索

Blog内を検索 WWWを検索

LINK
2006年02月21日

・中国、日本の防空識別圏への侵入急増 ~それでも中国を脅威だと言ってはいけない日本~

テーマ:中国・軍事戦略問題

中国、日本の防空識別圏へ侵入急増 偵察活動を既成化:産経

 東シナ海の「情報戦」が激化している。中国は自衛隊の活動監視などで東シナ海に航空機と監視船を頻繁に出動させたことを公表したが、防衛庁によると、日本の防空識別圏に侵入した中国機による電波収集活動はこの一年間、急増。中国側による公表は「偵察活動を既成事実化する戦略」(防衛庁幹部)とみられる。「情報戦」に有効な対抗措置が取れない日本の領空に近づく布石ともいえそうだ。(半沢尚久)

 中国国家海洋局は昨年の「中国海洋行政執法公報」を公表。その中で一昨年七月から昨年六月にかけ、海洋監視航空機を百四十六回、監視船も十八回、日本が排他的経済水域(EEZ)の境界線と主張する東シナ海の日中中間線周辺に出動させたと明らかにした。

  防衛庁によると、中国機に対する空自のスクランブルは、平成十四年度はゼロ、十五年度は二回、十六年度には十三回だった。だが、今年度は上半期だけで三十回と急増し、下半期も増加傾向は続いている。

 中国の偵察機は東シナ海のガス田周辺を飛行し、自衛隊の航空機や基地が出すレーダーの周波数などの電子情報を収集している。この情報を分析し、戦闘機で攻撃する際、日本の防空レーダーを妨害電波で無力化する狙いがある。

 中国の偵察活動について、「自衛隊の対処を見極めながら、徐々に行動範囲を広げてくる」(制服組幹部)との分析がある。最も中国寄りに設定された日本の防空識別圏に入り、次に日中中間線を越えるという既成事実を積み重ねた上で、最後に日本領空に近づくというものだ。そのときには、自衛隊の電波はすっかり収集されている可能性も高く、「スクランブルだけでは偵察活動への抑止にならない」(政府筋)との危機感も強い。

 今回の中国国家海洋局の公表も、日中両国が対立しているガス田での中国側の権益のために、航空機や船舶を出動させたという“正当性”を強調する意味合いが強い。日本側が黙認すれば、中国側はこの主張を盾に、偵察活動をさらに活発化させてくるとみられる。

 また、日本政府が試掘権を与えた帝国石油がガス田で実際に試掘を始めれば、中国が航空機や艦艇で妨害に出てくる恐れもある。「日本政府として経済権益をどう守るか対処方針を示すべきで、自衛隊がEEZで活動するための法整備も不可欠」(同)だ。

 米政府は「四年ごとの国防計画見直し」(QDR)の中で、中国の軍事力の近代化について、電波・電子情報を収集する電子戦を例示し、「大規模な投資を継続する可能性が高い」との警戒感を示している。

「中国は脅威」と発言 空自基地司令を厳重注意:共同
 航空自衛隊那覇基地(那覇市)の滝脇博之司令(空将補)が記者懇談会で 「中国は脅威」などと発言、吉田正航空幕僚長は17日の記者会見で「個人的見解とはいえ、適当ではない」と述べ、同日、滝脇司令に口頭で厳重注意した。
 問題の発言があったのは15日午後に同基地で開かれた懇談会。滝脇司令は「中国の軍事力増強は沖縄の自衛隊にとって脅威」とし、沖縄県宮古島市の下地島空港に戦闘機部隊を配備して、中国に対抗するべきだという趣旨のことも述べた。 吉田空幕長は「額賀福志郎防衛庁長官からも『さまざまな懸案があるときに望ましくない発言』と注意があった」とし「本人と面談して真意も確かめたい」と話した。


 「中国のことを絶対に脅威と言ってはいけない」こんな空気が日本に蔓延しているように思えます。民主党前原代表が党の公式見解にしようとすれば、絶対に許さないと反対する勢力がいる。さらにこのような野党左派のみならず、自民党内部においてもその気配が今の日本にはあります。しかし、毎年軍事費は二桁もアップし、領海侵犯、EEZ侵犯を度々繰り返し、さらに航空機でも”来るべき日”の為に着々と日本の軍事情報を集めている中国。はっきり言って誰がどう見ても”現実的脅威”です。これのどこが脅威ではないのか、私には理解できません。この現実を、最も身近で感じているであろう自衛隊の幹部の方が、正直な正論を発表すると、途端に処分されてしまう。この懇談会というものが、何を趣旨にし、自衛隊の方から何を聞きたかった懇談会なのかは不明ではありますが、シビリアンコントロールという建前上、自衛隊の方が軍事戦略について記者会見で私見を述べるということには確かに多少問題があるのかもしれませんが、この処分のウエイトはそこではなく、「中国」について発言したからだと思えてなりません。

 那覇基地へF-15 戦闘機を配備する件についても「中国への対抗措置ではなく、あくま老朽化したF-4の交代として」というのが公式説明でした。元々、F-15を沖縄に配備しないのは、「中国を刺激する為」という説明であったはずです。それがこの時期になって急にF-15を配備したのは、上記記事でも指摘されているような、中国の急激な軍事大国化と急増する中国の東シナ海での軍事行動に対応する為であるのは間違いありません。

 隣に住む人が暴力団を何人も雇い、実際にこちらの敷地に無断で侵入し、包丁をちらつかせながら家の中を覗き、庭を掘りあさっている。この状態で、「隣の人が脅威です」と言ったらいけないと言うのですから、この国が如何に異常であるかがわかります。

 上記記事にもありますが、あちら側は、既成事実を積み重ね、それを正当化しようという画策にまで出ています。いつまでも「脅威でない」などという惚けた対応に留まっていては、相手の進入をさらに加速させ、近い将来取り返しのつかない事態となるでしょう。”相手を刺激しない”などという外交戦略は中国にはもはや無効であり、同時に日本の最大の欠点にもなっているのです。遅い対応ではなりますが、今後は主張すべきは主張し、取り返しのつかない事態になることを避けて頂きたい。日本と日本国民、その財産を守る義務のある日本政府に対し、強く希望します。


人気ブログランキングバナー ←このBlogに何かを感じたらクリックして下さい。


参考書籍:

自衛隊vs中国軍―自衛隊はかく戦えり!
479664802X
中国の安全保障戦略
平松 茂雄
4326351365

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

もういいよ、もういいから憲法9条改正と領空侵犯機は撃墜でいいじゃない。ついでに国内の売国勢力も一掃しちゃおうよ。

2 ■無題

本当のことを云わない政府。
本当のことを云うとなじられる日本。
本当のことを伝えないマスゴミ日本。
ご機嫌取りと売国に励む政党・政治家。

ご臨終ですか。

3 ■無題

やはりソースは産経でしたか
毎回、他紙は中国の横暴は見て見ぬ振りです
偶に読売が触れたりしますが、常に産経だけは臆する事無く取り上げて非常に好感が持てます
都合が悪いからと情報を隠蔽するのはジャーナリスト宣言に反しませんかね

4 ■無題

鳩山幹事長によれば「中国は日本への攻撃する能力は持つが、攻撃する意志を持っていないため、『脅威』ではない」そうです。
内閣法制局の集団的自衛権をめぐる言葉遊びと同じレトリックを感じます。

5 ■無題

自殺した在中国日本大使みたいに、女がらみで中国に
弱みを握られてるやつらが、政界や官界、放送界にまだまだ
いるんでしょうね。

みなさんも、チャイナ服を着た怪しい日本語をしゃべる美女には気をつけましょう。

6 ■無題

まともなことをまともに報道していただけるのはもはや産経新聞だけのようですね。 朝日はテレビ媒体も使って何が何でもこの”事実”を隠そうとしておりますし。 これら偏向報道機関の主張を見ているとものすごく気分が悪くなります。もっともっとネットの力を発揮して多くの国民に情報を伝播していかなければなりません。

7 ■無題

火遊びも大概にしろよボケシナ・・・

8 ■無題

 九条が戦後日本を丸腰・腰抜け国家にしてしまった。九条死守だなどと寝言言ってるサヨクは、中国の憲法にこそ九条の内容を盛り込むよう中共に進言したらどうなのかね? 隣に強盗がいてこちらをつけ狙っているという状況で、丸腰宣言してたら、どうぞ食べてやって下さいって話にしかならないね。

9 ■無題

(ねこさん)
>自殺した在中国日本大使

 自殺したのは、「在中国日本大使」ではなく、「上海総領事館電信官」でしたので、訂正させて下さい。

10 ■9条

何時までも9条に拘るからこうなる、何で60年宣言でもしないのだろうか、日本が普通の国に成る、これだけで中国、韓国の対応が変ると思う、又今の外務省の救い難い状況を一新する必要も有る。

麻生さん、安倍さん兎に角、今の時代戦争なんて中国もやれる状況に無い、このチャンスを逃がしたらもう来ないと思はなければ~日本が変れば世界も変る位の意地を見せて欲しい。

11 ■かなりヤバイ法律なので知っておいてほしい

電気用品安全法という法律がサブマリン戦術で四月一日から施行されます。この法律のことが国民にほとんど知れわたっていないのです。この法律により中国と北朝鮮へ廃棄物と称して大量の家電製品が送られることになります。そんなに役人は中国と北朝鮮に援助したいのでしょうか。大変な事態です。人権擁護法なみにヤバイ法律なので、みなさん周りの方に必ずこの法律のことを知らせて下さい。

12 ■無題

国民が声を大にして叫ばないと政府は弱腰のままです。
みなさん、がんばりましょう
メールでも、電話でも、直接対面でも意見を送りましょう。

13 ■①中国紙『在日中国人の犯罪は日本にも責任がある』

(東京新聞 2006/02/21)
【滋賀園児殺害】「在日外国人の犯罪は日本社会にも責任がある」by中国紙

『日本にとけ込むこと難しい』 園児刺殺事件

 滋賀県長浜市で幼稚園児二人が刺殺された事件について、中国共産党青年団系の新聞「青年参考」最新号は「日本人が排外的で外国人が日本にとけ込むことが難しいため(中国籍の谷口充恵容疑者が)精神障害を引き起こした」との見出しを掲げ、一ページを割いて事件を特集した。中国紙は事件についてこれまでほとんど報じていなかった。
 同紙は「事件発生以降、日本メディアの矛先は在日中国人に最も向けられ、在日外国人の犯罪に日本社会も責任があることを考慮していない」と批判。「日本は“大和民族”団結を自認し、外国人が日本社会にとけ込むのを難しくしている」と指摘し、「日本は海外移住者文化が成熟しておらず、日本人は日本の標準に合わない外国人を嫌っている」と報じた。
 在日外国人の中で近年は中国人の犯罪が最も多いことについて、同紙は「在日中国人犯罪の問題が確かに存在することは認めざるをえない」とした。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20060221/mng_____kok_____003.shtml

14 ■②『犯人は朝鮮族』の可能性大。

滋賀園児殺害:容疑者の甥「子供を殺すなんて…」と絶句
(毎日新聞 2006/02/21)
 「良い叔母さんだった。2人も子供を殺すなんてとても考えられない」。滋賀県長浜市で幼稚園児2人が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された鄭永善容疑者(34)の甥(おい)が20日、鄭容疑者の実家があった中国黒竜江省の農村で毎日新聞の取材に応じた。記者から惨事を知らされてショックを受けた様子で、「日本での暮らしは想像もつかないが、きっと抱え切れない悩みがあったのだろう」とうつむき加減に話した。
~中略~
 鄭容疑者は中学時代から成績優秀で、日本語を学んだ経験から、卒業後は遼寧省大連で小・中学生を相手に日本語の家庭教師をしていたという。
~中略~
 成浩さんの幼い記憶に、鄭容疑者が時折みせたある姿が鮮明に焼き付いている。10代半ばだった鄭容疑者が突然、大声で意味不明の言動を繰り返し、直後に、普段の穏やかな表情に戻ったのだ。「その時だけ、いつもと様子が違った」。今ではその原因がどこにあるのか、知る由もない。
 五四村は約70世帯、人口約200人で、朝鮮族が8割を占める。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060221k0000m040134000c.html

15 ■無題

 根底にあるのは、日本を朝貢国若しくは属国にしたい(半島はとっくの昔から現在に至るまで属国なので中国にとって何も問題がない)中国の思惑と、中国の華夷秩序に組み込まれることを聖徳太子の時代から頑なに拒否してきた日本の思惑の擦れ違いではなかろうか。
 日本は万世一系の天皇を戴く、中国とは国家成立の由来に関して干渉される謂れのない、独立国なのである。それが中華思想にしがみつくしか国家の求心力を持たない中国及び中国共産党の癪の種なのだ。

16 ■その日までにどれだけ売国奴を減らせるか

9条改正が迫っている今だから中国はこのような行動に出ているのでしょう、改正前後のタイミングで尖閣諸島を押さえ実効支配するつもりかもしれません。

とにかく外務省からは権限を取り上げ解体同然にするぐらいでないといけません。

残留孤児2世の日本人男性 中国で7年服役 「外務省の依頼で情報収集」
http://www.sankei.co.jp/news/morning/21iti002.htm
日本人の信義を失墜させた無責任役人達を刑務所に放り込むべきです。
それに自国の歴史の判断を他国に委ねる発言をする政治家達をどうにかしないとせっかくの教育基本法改正が骨抜きになります。
http://www.sankei.co.jp/news/evening/22iti002.htm

とにかく抗議と意見メールを打っときます。

17 ■無題


訂正
中国とは国家成立の由来に関して→国家成立の由来に関して中国から

18 ■無題

 度々、失礼します。
滋賀の幼児殺しの一件で害霧消に見解を求めるメール送りつけてやりました。

19 ■日本政府は、

日本国民を守ったことなどあるだろうか。
北朝鮮による拉致も、本当はあのままなかったことにしたかっただろうし、
これからも国は国民を守るだろうか。

政治家は屑だな。

20 ■F-2もセットで

水上艦艇の牽制にひとつどうでしょうか。
ガス田の事もありますし。
水際防衛に必須かと。

21 ■食われたくなかったら、武器を手に取り、戦う姿勢を示すしか道はなし

歴史的にシナ共産党政権は、「取れる物は取る!」が基本姿
勢ですからね。そして、軍事力の行使を躊躇しません。

東トルキスタン、チベット、西沙群島・・・・・

次の獲物は、南沙群島、台湾、沖縄(尖閣諸島を含む)、極東ロシア、モンゴル
あたりですかね。
別にこれは、シナ共産党政権が異常なのではなく、自国の国益を拡張しようとする主権国家が古今東西行ってきた事です。
ただし、シナ共産党政権に代表される専制支配体制は、権力の相互チェック機能が弱い(無い)為、軍事力行使への障壁が低いのが普通です。よって、周辺国は警戒が必要です。

チェコ・スロバキアのように、専制支配体制の隣国(ナチスドイツ)に併合されたくなかったら、日本は軍事力を強化すると同時に、行使できる体制に移行するしかないでしょう。
チェコ・スロバキアは、ズデーデン地方をナチスドイツに譲渡し、“友好関係維持に配慮”しましたが、結局、併合されてしまいました。

ところで、二階大臣は、シナで沖縄の譲渡でも表明(密約)するつもりですかね?
見返りは、絶世の美女でしょうか?ハテ?

22 ■無題

中国は脅威ではない!

と、言ってはいけないなどとする勢力を、
脅威と呼ばないのならば。

23 ■無題

内部から暴動起こさせて共産党を弱体化させることできませんかね・・・。
JJさんの予知夢を速めに実行させるようなそんな運動が起こせれば・・・。

24 ■無題

来月あたりに、ポマードが「事大系財界人を引き連れて
春を買いに宗主国へ行く」とうきうきだそうです・・・

25 ■無題

アメリカから空母の2,3隻も向う15年くらいリースできないのかね。ついでに原子力潜水艦の5隻もね。東シナ海あたりをそれらを毎日周遊させて月1で演習やれば脅しにはなるんじゃないのかね。連中には恫喝外交しかござるまい。いいよ、それで。ホントはこんな物騒なこと書きたくないんだがね。

26 ■無題

馬鹿者lancer、あなたは相変わらず 馬鹿馬鹿しい言論で人を騙しているね、
防空識別圏(ADIZ)って言うのが国の防空上の要求から設定されている空域のこと。言わば一国の勝手に設定した空域、領空とは全く異なる概念で、お前はここで概念を混淆して人を騙す、これがお前のような右翼の常套手段だろう、日本の防空識別圏の範囲は中国、韓国の領海の中に何百海里伸ばし、韓国に一番近い所はほぼ韓国の海岸線に至る、中国の海岸線まで約12海里の所まで至る、お前の言った侵入した飛行機は実際に中国の領空の中で飛行していた航空機だろう?侵入という指摘がどの根拠でしょうか?お前、馬鹿の日本国、馬鹿のお前。

防空識別圏(ADIZ)の図
http://www.jal.co.jp/jiten/dict/g_page/g311.html

27 ■無題

北京に在住していますが、今日のラジオ放送はひどかった。
反日を煽るキャスター、竹島の呼称をクイズにして、韓国が呼んでいる名称で答えられたら賞品をくれてやると。
中国と韓国はやはりグルですな。
小泉首相と麻生外相を呼び捨てですよ。ひどい国です。

28 ■無題

韓国の領空に日本の防空識別圏=竹島?
それ以外なら対馬か?
中国の領空に日本の防空識別圏=尖閣?

参照
ttp://www.jal.co.jp/jiten/dict/g_page/g311.html

29 ■無題

中国よりも日本政府、そして日本政府よりも我々日本国民がもっと実態を把握し行動すべきですね。
私も友人にこちらのサイトを紹介したりしていますが、いかんせん周りは無関心。むしろ中国擁護の日本人が意外と多いこと多いこと。
悲しくなりますね。
ていうか無知は恥ですね。中国人と同じです。

サッカーアジアカップで中国嫌いな日本人が増えたと思いますが、平和ボケしてる日本人はもう忘れてしまったんでしょうかね。。

次は北京五輪に期待大ですね。
日本国民には早く(もう手遅れ状態ですが・・)目覚めてほしいです。

ちなみにこちらのサイトを書籍化されてはどうですかー?
なんて安易な意見ですいません。。

30 ■無題

中国は大部分の兵器が旧式で使い物にならないので、現時点では日本を攻撃するだけしか能力がありません。日本を制圧する事は不可能でしょう。
ただし核があるので、それを使われると日本は壊滅しますが、それは同時に彼らの終末も意味します。
日米同盟がある以上、日本本土に関わるという意味での現実的脅威はなく、現時点では漸進的脅威だと思います。
ただ、ガス田や尖閣諸島の問題に限っていえば、深刻な事態でしょう。中国の膨張政策には日本もだまっていてはいけません。ただちに九条を改正し、軍隊を持つ事が必要だと思います。

31 ■日本の「シビリアン・コントロール」は本当のシビリアン・コントロールではない


『銀河英雄伝説』という架空の物語がありますが、その中で主人公の一人ヤン・ウェンリーは
日本的意味でのシビリアン・コントロールを意固地に守り続けた挙句、民主主義政府である同盟を
崩壊に導きます。

http://tanautsu.duu.jp/g-kousatu02_a.html
上のページで、そのような「シビリアン・コントロール」がいかに間違ったものかが解説されています。

「そもそもシビリアン・コントロールとは一体何なのかということについて、
 日本ではヤンの定義に代表されるような相当に歪んだ解釈が広まっています。
 シビリアン・コントロールは日本では「文民統制」と訳されていて、
 あたかも昔の君主と臣下の主従関係のごとく、政府が軍部の上位に君臨し、
 軍隊の何から何まで指揮・統制するのが当然であると考えられていますが、
 これは全くの大間違いで、本当は選挙民が選んだ政治家が軍人よりも優位に立ち、
 国家の暴力機関たる軍隊をコントロールする、という以上の意味を持ってはいないのです。
 つまり、政府は軍部の上位に君臨して管理・支配するのではなく、
 いかにして軍部を暴走しないようにコントロールするかということが重要なのであって、
 立場上、軍部は政府の政治決定には従がわなければならないが、
 国防における軍部と政府との地位は本来は対等かそれに限りなく近い関係であるというのが、
 シビリアン・コントロール下における政府と軍部の本当の関係なのです。」

一読されれば日本の「シビリアン・コントロール」がいかに間違っているかよくわかりますが、
今回のように軍人が専門家の見地から正しい発言をすることこそが正しいシビリアン・コントロールのあり方であって、
そのような「現実に基づいた主張」を圧殺する風潮は戦時中の大本営報告を疑うことを許さないのと同じ、
誤った亡国の風潮と言うしかありません。

この文はぜひ一回読まれておくことをお勧めします。

32 ■今なすべきこと

中国・韓国それに米国に対して、国家としてかくもおもね続けなければならない理由が判らない。この理由につき、皆さんの忌憚の無い、包み隠すことない全方位の意見を集め、衆知を結集して本当の理由を、ぜひ見つけ、日本のに病理に関する認識をまず共有しましょう。場所は当ブログにお願いしましょう。対策はそれからです。
あと、中国の兵器は旧式で、核は米国の報復が怖くて使えないという意見を散見しますが、どうでしょうか。
兵器は旧式でも多数で押しかける飽和攻撃には日本のイージスでも対抗できないでしょう。ローテクでハイテクを葬る。毛沢東得意の人海戦術が中共伝統の本質的戦略です。また、米国本土に及ばない限り米国は核戦争しないと中京が喝破していることは石原慎太郎が公表しているところです。要は、中共を前にして米国抜きでは日本の戦略的優位は何もありません。日本のハイテク兵器は張りぼてでしょう。今戦略的にすべきことは米国の傘が破れているのかいないのかを検証することです。

33 ■無題

 困ったサヨク or 売国新聞一覧


社説
- 自民党総裁選 靖国参拝は立派な争点だ - 徳島新聞 (2006年1月20日)
- 自民党総裁選/「靖国と外交」議論すべき - 東奥日報 (2006年1月15日)
- 心配な近隣外交/首相は国益擁護を第一に - 東奥日報 (2006年1月8日)
- 日本外交の課題/中韓の関係改善を急げ - 山陰中央新報 (2006年1月7日)
- 小泉首相の靖国発言 国益損なうかたくなさだ - 徳島新聞 (2006年1月6日)
- 首相年頭会見・中韓との関係改善実現を - 琉球新報 (2006年1月5日)
- 外交世論調査・深めたい東アジアのきずな - 琉球新報 (2005年12月26日)
- 国立追悼施設・政府内で議論はされたのか - 琉球新報 (2005年12月24日)
- 日中韓会談延期/サミットに影響しないか - 神戸新聞 (2005年12月6日)
- 日韓首脳会談 追悼施設検討すべきだ - 中国新聞 (2005年11月19日)

34 ■無題

もう、核持っちゃえよとすら思ってしまいます。
早いとこ9条改正したほうがいいですよ。

35 ■無題

>ついでに国内の売国勢力も一掃しちゃおうよ。
 この板の売国勢力であるまろさん反論どうぞ。

36 ■無題

>『在日中国人の犯罪は日本にも責任がある』
 出ましたね、ナンデモカンデモ日本の所為論。
 それを取上げる東京新聞も左翼バリバリですが、もぅ、新聞なんて要らないのじゃないでしょうか、実際、広告依頼量の新聞が占める割合がグッと下がっているらしい、売国元締めの電通は、「前年04のアテネオリンピックの反動だ」と宣まわっておられましたが、ホンマカイな。

37 ■Kimを名乗る下種に告ぐ!

朝鮮人を装っている左翼なのか、半島出自の劣等民族かは、この際、問うまい。
クソの役にも立たぬ薀蓄を披瀝してあげつらってはいるが、記事全体を読めば解るが、掲載の趣旨は、支那による軍事行動が増加傾向にあることへの警戒を喚起するものだと容易に理解できる。それとも、内容の把握が困難なほど読解力に支障をきたしておいでかな?。重箱の隅を突いて勝ち誇るとは見苦しい限り。まあ、良識派ヅラする左巻きにはこうした手合いが多いが、ご多分に漏れずということなのだろう。
仮に犬喰い民族だとして、こうした反日情報関連のブログに書き込みをしたところで、汚穢を虚偽で塗り固めた半島の歴史が、覆るとでも思っているのだろうか?。従軍慰安婦、強制連行、住民への過酷な弾圧や収奪。日本人の贖罪意識を煽るためデッチ上げられた悲劇が虚構に過ぎぬと露見するにつれ、日本人からの報復を恐れつつも、さりとて被害者特権を捨て半島に戻る意思もない卑劣な在日よ。
もし己の信念に殉ずるつもりがあるなら、恨(ハン)の骨髄に滲み込む日本に燻ぶってなぞいないで、故郷であるアジアの恥部に帰るがよかろう。

38 ■崛江

騒がれている怪文書の怪しさについて

堀江を崛江と書くのはどの国か

「崛」の左の山ヘンを墨で消したわけが分かる

まあ見当はつくな

http://blog.sina.com.tw/jasonforce/article.php?pbgid=12054&entryid=8537

39 ■あーどうりで。。

民主党は「堀」のへんが消えていることをたまたまでしょ、とさらりと言ってのけてましたね。まさか「崛」の字があったなんて。。
これで「怪しいかもしれない」から「決定的に怪しい」に変わりました!

40 ■無題

あさんへ

>兵器は旧式でも多数で押しかける飽和攻撃には日本のイージスでも対抗できないでしょう。ローテクでハイテクを葬る。毛沢東得意の人海戦術が中共伝統の本質的戦略です

とありますが、近年はその過ちに気づき、近代化に努めていると解釈していますが。
イージスは飽和攻撃に対抗するために開発された兵器です。4隻がフルに稼働していれば、中国のミサイルフリゲート艦は問題にならないでしょう。

ただ、常にすべてが稼働しているわけではなく、もっと装備の充実が期待されますね。イージスはもう1隻追加したそうですが。理想は朝鮮半島をすっぽりとミサイルの射程範囲に収め、九州沖縄を完全に防衛できるだけの、イージス艦が欲しいです(笑)。ついでに空母も。

41 ■イニシアティブをとりましょう~

専守防衛ではダメです。
例え日本海沿岸にイージス艦を敷き詰めても奇襲は防げません。第4次中東戦争やイラク戦争の例を見ても明らかです。
第4次中東戦争では周りが敵だらけでピリピリしていた筈のイスラエルが奇襲されました。
イラク戦争では隠れる場所が少ない筈の平原で、人工衛星や空中警戒機、無人偵察機など駆使したアメリカ軍はイラク軍の師団規模の移動を見逃してしまいました。
つまり確固たる意志を持ち準備した者(個人や集団)に対して後手に回るのは非常にまずいということです。
一見、専守防衛は綺麗な様に見えますが、国民に犠牲を強いるまずい方法です。
どうせいつかはことをかまえて汚れるのならどちらがいいんでしょう?
自分の家ですか。他人の家ですか?

42 ■『中華思想』のヤバさ

ちょっとでも中国史をかじった人なら、「中華思想」(俺様中心主義)のエゲツなさはご存知でしょう。
こういう考え方が、4000年の昔からずーっと続いている国だという事を知っておかないと、本当に日本は中国に呑まれちゃいますよ。

43 ■無題

中国はアメリカを最大の敵国とみなしている。
台湾を独立国として認めていない。
武器を増やしている。
恐ろしい…恐ろしすぎる…
でも1番恐ろしいのはこれを「脅威でない」という日本政府だ。
どうすれば良いのだろう。
1つだけ…たった1つだけだが思いつく方法がある。というかこれしかない気がする。
今中国では民衆による暴動が頻繁に起こっている。
去年は愛国心を植えつけられているはずの学生が、7千人集まって
工場を襲った。年々増え続ける脱党。民主革命…そして自滅。

日本は日米同盟を強調するべきだ。より強く。より強く。
よ り 強 く。

44 ■無題

少し古い記事だけど

【大紀元日本10月1日】中国共産党(以下、中共)政権の崩壊が最近の話題となっているようだ。かつて旧ソ連の崩壊を的確に予測した、米国政府シンクタンクのメンバーであるジャック・ウィーラー(Jack Wheeler)博士は10月2日に政治献策のため台湾を訪問する予定である。博士は最近、「天意に背く中共の命は尽きた」をテーマとする演説を行い、中共政権が崩壊寸前にあることを指摘している。

旧ソ連崩壊の10年前、すでにその崩壊と崩壊の情況を的確に予測したジャック・ウィーラー博士は、ソ連を崩壊させるための策略を制定した。この策略はホワイトハウスに採用され、後に「レーガン学説」と呼ばれるようになり、旧ソ連の崩壊に大きく貢献した。

 ウィーラー博士は、カナダ議会議員ロブ・アンダー氏と中国経済学者・程暁農氏と共に、大紀元台湾が主催の「透視中国・中共解析」フォーラムに出席するために來台。今回のフォーラムは、「九評共産党」(共産党についての九つの論評、以下、九評)シリーズフォーラムの一環として、10月2日に台湾の假台北圓山ホテルで行われる予定である。

 今回「九評」フォーラムに参加する意義について、ウィーラー博士は「世界中で最も重要なことは中国に民主制を導入することである。全人類の2割にも上る人々に自由がないということは耐え難いものだ。中国の独裁政治は世界のトップニュースとして報道されるべきだ」と述べた。

 「九評」の影響をどのように拡大させるのか。この問いに対して、「中国のレーガン学説」を発展すべきであり、中国の最も弱い部分を見出し、そしてこの部分を弱めるための戦略を練るべきである」とウィ―ラー博士は述べた。

 また、台湾政府は中国政府が打ち出した「一国両制度」の政策に応ぜず、民主制度を基本にした「一国一制度」を提唱したことについて、中国と台湾が一つの国になれば、中国は必ず台湾のように民主主義を重視すべきであると指摘した。(05/10/01 08:22)



いける。まだいける…っ!!

45 ■AllaboutME

moc.oohay
http://h1.ripway.com/andy00026/index13.html
http://h1.ripway.com/andy00027/index.html
http://h1.ripway.com/andy00027/jessica-simpson-bikini-2.html
http://h1.ripway.com/alphagan/index.html
http://h1.ripway.com/altace/index.html
http://h1.ripway.com/aciphex/index.html
http://h1.ripway.com/andy00026/index15.html
http://h1.ripway.com/albuterol/index1.html
http://h1.ripway.com/actos/index.html
http://h1.ripway.com/andy00027/index.html
http://h1.ripway.com/alphagan/index.html
http://h1.ripway.com/andy00027/index2.html
http://h1.ripway.com/andy00026/index.html
http://wikihost.org/wikis/bbs_viagra/
http://h1.ripway.com/andy00025/index.html
http://h1.ripway.com/andy00025/index6.html
http://h1.ripway.com/andy00025/index4.html
http://h1.ripway.com/accuprilwords/index.html
http://h1.ripway.com/andy00026/index17.html
http://h1.ripway.com/andy00026/index16.html
http://h1.ripway.com/andy00026/index11.html
http://wikihost.org/wikis/bbs_viagra/
http://h1.ripway.com/andy00027/index.html
http://h1.ripway.com/allopurinol/index.html
http://h1.ripway.com/andy00025/index6.html
http://h1.ripway.com/altace/index.html
http://h1.ripway.com/andy00026/index5.html
http://h1.ripway.com/andy00027/index5.html
http://h1.ripway.com/andy00026/index10.html
http://h1.ripway.com/alphagan/index.html

moc.nsm

46 ■中国は日本にとって「潜在的な脅威」である

「潜在的な脅威となっている」と言えば、問題はありません。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード