いい意味で、ごく普通の感覚を持っている人。
起業女性にありがちな主張やアクの強さなどとは縁遠い。
 
 
これが馬場環という人から感じる印象。
 

 
だからと言って、仕事ができない訳ではなく・・・
むしろ逆だ。
『環さんに関わることで、私の人生が動き出したんです!』
と言わしめるほどの実力の持ち主。
 
IMG_20161211_212316373.jpg
 
 
2010年に始めたサークル活動が『らんぷ』の前身。
翌2011年には任意団体となり、助成金を受けるほどに成長。
今では事業として展開中。
 
IMG_20161103_193339473.jpg
 
また、自身の経験から「これは絶対に必要だ!」と感じ
2014年より『帝王切開のママの会』を主催。
情報が足りなかったり、想いを話す場がない事で
心苦しく感じているママ達の手助けをしている。
 
IMG_20161103_194227173.jpg
 
 
同年11月には「楽しそうだな、やりたいな」の気持ちで
ママチアグループ『Sparky Jem』を立ち上げる。
2016年12月現在、メンバーは21名に。
滋賀の色んなイベントに引っ張りだこのチアグループに成長。
 
IMG_20161115_164701955.jpg
 
2016年後半には『ご縁をつむぐ着物教室 和姿かりん』をスタート。
2期生まで順調にレッスン中。
 
IMG_20161028_232555339.jpg
 
 
これだけでもどれだけバイタリティーと行動力があるのかおわかりだろう。
そんな隠れたパワーや佇まいに感化され、背中を押される人が多い。
関わった人の人生を一歩前へと歩み出させてしまうのだ。
 

 
自身は3人娘の母親。
2人目を出産後、しんどい思いをする様になった。
よくある「親も友達を作らなアカンのか?!」問題に悩まされる。
 
 
人生がグイッと動き始めたのは3人目出産後。
それまで受動的だった思考が能動的に変わっていった。
「もっと〇〇だったら良いのに・・・」
そう思う事が多くなった。
 
 
その思いを叶えるべく立ち上げたのが所謂「育児サークル」。
『らんぷ』の前身である。
リトミックやベビーダンスなど、「子供を学ばせる」という目的ありきのサークル。
目的があれば、「友達を作らないといけない」というストレスも
感じずに済む。自分の経験が活きた。
 
 
やはり同じような思いを抱えていた母親はいた様で
細々ながらもサークル活動は続き、参加者のライフスタイルの
変化に合わせ、講座内容もベビー⇒キッズ⇒ママ向けへと変わっていった。
 

 
 
・・・と書くと全て順風満帆に物事が運んだ様に思えるかもしれない。
が、もちろんそんな訳はなく・・・
最大の危機は『らんぷ』設立時に訪れる。
 
 
はじめはNPO法人を立ち上げるほど盛り上がった『らんぷ』設立。
だが諸事情が重なり、雲行きはどんどん怪しくなった。
具体的な事は言えないが、自身のショックも大きかった。
「団体設立は諦めようか・・・」そんな思いも頭を過ぎったと言う。
 

 
 
最後に信頼している友人に相談してみた。
「もうちょっと落ち着いてからにしようと思ってるねん・・・。」
 
 
「環ちゃん、『いつか』って思ってる事の『いつか』って
いつまで経ってもやっては来ないよ。」

友人の一言が効いた。
 
 
同じとき、夫にも言われたのだった。
 
 
「できない理由を言うのは簡単。」
「それよりも、どうしたらできるのか?!を考えたら良いんとちゃうか。」

 
 
二人の言葉に背中を押され、任意団体『らんぷ』が生まれた。
友人と夫、二人の言葉が『きっかけ』となってくれたのだ。
ここで諦めていたら、今の『らんぷ』は存在しない。
 
 
もらったチャンスは活かさないと、二度とやって来ない!
この出来事から学んだ。
 
 
助成金を貰う様になってからは、金銭面を心配することなく
様々な事に思い切ってチャレンジできた。
それまでのサークル活動ではあり得なかった
連続5講座開催などがそうだ。
 
 
ここでの「自由にのびのびと挑戦する」という経験は貴重だった。
様々な企画を立て、反応を見て検証する・・・。
その蓄積が、今の『らんぷ』運営に役立っているから。
 

 
 
関わることで人生が動き出すと言ってもらえる・・・。
あの時の2人の様に『きっかけ』作りをしたり
背中を押せているのなら嬉しい。
 
 
スラムダンクの安西先生ではないけれど
「諦めたらそこで試合終了」なのだ。
 
 
子育て中のお母さんに伝えたい事も同じ。
諦めないで色んな情報を集めつつ、模索して欲しい。
子育てだけじゃなく、一歩外に出れば色んな世界が
広がっている事を知って欲しい。

 
 
もっと自分の世界を広げてもいい。
もっと楽しむ事にどん欲になっていい。

 

 
親が自分の人生を楽しみ、そこにどん欲になれば
「親みたいになりたい」と思う子供が増えると思うから。
 
 
その為に『らんぷ』そして『馬場環』ができることは
人生楽しんだり、ワクワクしている姿を見せる事。
もちろんフリではなく、心からそうなること。
 
IMG_20161006_154430223.jpg
 
お客様が時間を割いて、意志を持って
わざわざ『らんぷ』に来て過ごしてくれる事が
嬉しくて、楽しくてたまらない。
 
 
その思いをお客さまや講師さんにお返しする。
その循環で周りの人の人生を一歩前へと進ませる『きっかけ』を作る。
それが『らんぷ』の使命なのかもしれない。
 

 
 
【インタビュー&文章&一部写真 よねだひさえ
 

AD