ほんとは全部、知っている

力をぬいて、やわらかく。
流れにのって、遠くまで。

結局、幸せしかありえない。人生は、美しい。よね!


テーマ:
 



こんにちは

いつだって 自由奔放、天真爛漫



あなたの中に、すでにいる

理想のあなたを

目覚めさせるカウンセラー

そらゆりです






信じられないけれど

ローマに来てから

もう、2ヶ月半が過ぎちゃいました







ほんと、あっという間です






そして、実はすでに

引っ越しまでしちゃってます







それも

1ヵ月以上も前の話なのですが えへ

 



 

{B66A7901-D307-4DF7-A9FA-908CD636D03E}




 


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。








ローマに到着した初日に

腰をふたたび

悪くしてしまったわたし







やっぱり

シャワーだけだと

なかなか

回復できなかったんですよね汗☆






「バケツで、足湯」 とか

いろいろ

工夫してみたんですが





なかなか、なかなか・・・









そんなワケで

「秋ごろに・・・」と考えていた

バスタブ付きの部屋探しを

さっそく敢行することに あげ









ローマのお部屋探しサイト

のようなものがあると聞いて

覗いてはみたものの







やっぱり、今のわたしには

ちんぷんかんぷん モヤっと







で、語学学校のスタッフさんに

事情を伝えて

探しなおしてもらうことにしましたが






最初のお部屋も

バスタブが無いコト以外は

とても条件の良い部屋だったので






それ以上のお部屋となると






なかなか

見つからないとのこと・・・








こちらで3回引っ越しをしたという

日本人学生の女の子にも





「あの家賃で
 あれ以上のお部屋となると・・・
 問答無用に、ないですね」




なんて、あっさり、きっぱり

言われて、ちーんです↓↓










けど


なんとなく


自分の中で








「そんなこと、ないんじゃないかな~?

部屋探しだって
きっと、ファーチレ!

な~んか、ありそう 音符







と思える感じがあったし








そういえば、Airbnb なら

ローマの大家さんたちだって

たいてい英語で

お部屋の紹介をしているだろうな~

ってことにも、気づけたので







とりあえず

もいっかいだけ、自分で探してみようあげ

と思って試してみると









あっさり、一瞬で

見つかりました melousa* ワーイ









「ダメ元でも、とりあえず、やってみる」

って大切ですね ウインク キラリン









何件か問い合わせてみたけれど

どの大家さんも

とっても感じがよく




すでにローマにいる旨を伝えると

いつでも見に来てね~

と、内見もさせてもらえることに






ちょうど

一番気になってたお部屋の

大家さんとのスケジュールが

すんなりと決まったので

さっそく行ってみると







思っていた以上にステキなお部屋で

やった~ ハート







そして

「 しっかり 」





いろんな条件も

確認しました




矢印  矢印  矢印




まずは




重い荷物が持てなくて

学校に
キャリーバッグ、通称コロコロ トランク
で通っているわたしとしては

(教科書が、重いの~汗☆






最寄のメトロの駅は



ホームへのエスカレーターと
地上へのエレベーターの
両方が完備されている駅かどうか




いちばん最初に確認して、OK!






そして、その駅から
コロコロを転がして歩ける道かどうか

も、OK!

(ローマは坂が多くて
石畳もボッコボコだったりするので
距離的に近くても、油断できない~)






エレベーターのある
アパートメントか、だって

もちろん検索の時点で、確認済みok*






Wifiは?

洗濯機は?

電子レンジは?

(このふたつ、意外と
ないところが多いんです キティちゃん×汗





玄関だけじゃなくて
自分用の部屋にも、鍵はかかる?

収納は、十分?

勉強用の大きい机はある?

自由に寝返りがうてるダブルベッド?






西日が直撃の部屋、とかじゃない?

共同部分は、MAX何人でシェア?

シャワーの水圧は、しっかりしてる?





希望すれば、長期契約もできるの?

逆に、退出する時の手続きは?





ゴミ捨て場は、近い?

スーパーは、近所にある?








などなどなどなどなどなど・・・







ちゃ~んと事前に

チェックリストを作って

念入りに確認しました






だって

20代は、なりゆきで

かなりの引っ越し魔的人生を

送っていたわたしですが





ほんとは荷造りが大の苦手で・・・汗





ローマでの引っ越しは

もう、できるだけ

一回で、済ませたいのですびっくり









で、このお部屋は

わたしが確認したかった点は

すべてOKだったし スゴイ






バルコニーもあって

お洗濯、干し放題






しかも

管理人さんもいてくれる

アパートメントなので、安心









なによりも








立ち会ってくれた

大家さん



~ Airbnbでメールのやり取りをしていた
女の子のお父さん~



が、めっちゃめちゃイイ人だったので








その日のうちに

さっそく決めちゃいました








(あ、遅い時間に
ひとりでもう一回駅からの道を歩いて
治安が悪くないか、も
ちゃんと確認しましたよ~
念入りでしょ ファーファ










新しいお部屋が決まって

まずは、ほっ aya








その時、住んでいたお部屋の契約を

最短で

終了させてもらうことにして






バスタブに、ゆっくりとつかれる日を





それはそれは

心待ちにしていました






ほんと

痛みに耐えつつ

指折り数えて、ね











なのに・・・










そこは、やっぱり、わたしのこと・・・








うっかり







しちゃったんですよね~








新しいお部屋は

バスタブ付きだというのに

肝心のお湯が






タンク式だったんです







うそ、うそ、うそ~っっっっっ!?






ですよね








だって

快適なバスタイムを求めての

引っ越しだったのに・・・









このタンク内のお湯がなくなったら

もう終わり   矢印  矢印  矢印





{D08B6B9B-6EBF-46E0-9BAB-E37ABCAF4435}










キッチンで、お湯で洗い物をしたり




湯舟に、お湯をためようとしたら








そのあと

冷たいシャワーが待ってます・・・汗☆








シェアメイトと続けて

シャワーを浴びようとしたら







2番目のひとには

冷たいシャワーが待っています・・・汗☆









今みたいに、真夏なら

まあ、なんとかなるものの






引っ越しをした6月の初めは

ちょうど

寒さが戻って来ていた時期で





夜なんて

日本から持参した

ヒートテックを重ね着しないと

寝れないくらい ブルブル






冷水シャワーなんて

ただの修行です、修行









あ~~~、わたし

なんで内見に来た時に

こんな大切なこと

確認し忘れたんだろう~ がーん






アホやん、アホやん

めちゃめちゃ、アホや~ん





ほんま、自分のすべてが

信じられへ~~~っん クスン aya










って、最初の夜は

ひとりで、がっくり

とことん落ち込みました グスッ しくしく しくしく







これまでも、海外で

もっと安~い

もっと条件の悪~い

お部屋にすんでいた時でさえ






「お湯がタンク式」 の部屋には

あたったことが無かったので






うっかり





確認するの、忘れちゃったんですよね











引っ越し当日の

鍵の受け取りの時に

やっと、気づいたというワケ・・・sei











だけど



















大丈夫でした aya てへ










どうしても

お風呂につかりたい

というわたしの情熱が








こんな秘密兵器の導入を考案 aya






{2D8E444C-C999-474F-B03A-33B762D9CBC4}







これで

タンク内のお湯を減らさずに

ちょっとずつ

足し湯しながら sei









なんとか

半身浴くらいは

できるようになりました







はい、もちろん

めちゃめちゃ、めんどくさいです 笑







思い描いてた

優雅なバスタイムでは

ぜんぜん、ないです キティちゃん×汗 ぷぷ








でもね







このお部屋の

その他の部分が

すっごく好きだから







あっさり、受け入れることができました








もともと、海外で暮らすのに

毎日、ゆっくり

お風呂に浸からせてもらおうなんて

思ってなかったし








たま~に

特に、腰の調子が悪い時とかに






シェアメイトがいない時間帯を

見計らって





のんびりからだを

あたためられたら良いな~






ってコトだったので

まずは、十分です aya








おかげさまで

半身浴でも、しないよりは

ぜんぜん

からだの調子が違って






すっかり元気を取りもどすことが

できましたし






その後、気温もぐんぐん上がって





って、今は上がりすぎで

連日、猛暑でたいへんだけど・・・





お湯への依存度

低くなってますので





今のところ、このお部屋

超 ‼ 快適です LOVE









まあ、このままこの部屋で

冬を越せるかどうかは

ビミョウだけれど







それは、実際に気温が下がってから

アパートメント全体の

暖房がどれくらい効いてくれるのか

とかにもよるので







それは、また

そのときに、考えます ウフフ











とりあえずは、この夏をすごす

ローマでのわたしのお家

ができて、大満足ですキラキラ









共同部分をシェアしている

アメリカ人の女の子も良い人で

一緒に暮らしやすいですし






しかも、彼女はこちらで

フルタイムの仕事をしているので






お昼に学校が終わるわたしとしては











このキッチンも



{F6D0663F-9775-4E01-B690-4D4D329AA975}










リビングも
 

{CE205C3F-F56C-454E-A5B1-169458FC500E}










例の半身浴専用のお風呂も sei


{4F09752F-249D-4E4E-8E99-4DE1373E32BA}


(バスタブが大きすぎて
お湯がぜんぜん足らないの 笑

でも、シャワーだけの時も
体が洗いやすいから◎ うふふ  )










午後は、ひとり占めできるのです~きゃあ








あ~、自由ってサイコー 鳥








大勢での共同生活もたのしいけれど

やっぱり

ひとりの時間も

わたしにとっては大切なんですよね aya









それにね








引っ越し初日の夜に

とことん

落ち込んだあと







ふと

想い出したんです









わたしが

この部屋を見に来たときに

いちばん

気に入ったのは







大家さんの人柄だったってこと キラリン









そして

鍵の受け取りの時には






大家さんの奥さんも

いっしょに、来てくれたのですが







その奥さんが、また

ものすっごく可愛らしい人で







もちろん

うちの親世代の年齢の

シニョーラですが






いくつになっても

「かわいい」という形容詞が

いっちばん似合う人っているんだな~





わたしも、こんなステキな女性に

なっていきたいな~melousa*






って、彼女を見た時

一瞬で、心から、そう思えたくらい

魅力的な女性だったんですよねうふふ






「ごめんなさい
わたしはイタリア語しか話せないの~」




と、恥ずかしそうに

旦那さんの背中にちょっと隠れながら




家の中のことを

流暢な英語でわたしに説明する

彼のことを

誇らしげに見つめる目とか





キッチンでエスプレッソの淹れ方を

身振り手振りで

わたしに説明してくれる時の

やさしい笑顔とか





そして

そんな彼女とわたしとのやりとりを

さりげなくフォローしてくれる

大家さんの紳士っぷりにも

また感動したり、とか・・・












生活していく上での様々な条件は

もちろん大切だけど






やっぱり、最後は

大家さんの人柄、ですよね 天使の羽






そして





引っ越しに限らず

「ひと」

の魅力にかなうものって





ないですよねキラキラ









仲睦まじく帰っていく

おふたりの後ろ姿に

思わず

きゅぅぅんっ  と、なったのでした












もしも、あの時



うっかり、せずに



しっかり

「タンク式」であることに

気づいていたら・・・・








「バスタブ探し」に

必死になっていたあの時のわたしは





きっと、このお部屋は

選ばなかったことでしょう









そのあと

ほかに、もっと快適な部屋に

出会えたかもしれないけれど





ずっとずっと部屋探しを

続ける羽目になって

へとへとに、なってたかも知れない






どちらにしても







住めば住むほど

どんどん好きになっていくこの部屋の

魅力を知ることはできなかったし








あの可愛らしい

ステキな大家さんの奥さんに

出会うこともなかった








いつものことながら

「うっかり」 がもたらしてくれる

想定外の

「うれしい」 に感謝です ハート










寝室のバルコニーからの眺め





{EC3B9013-0084-486D-B1F4-FB72EB93A972}


ローマの朝







{7AD67645-23DE-41A4-BB31-DC2ACB4FEE73}

夕暮れ時もステキ









近所の教会の鐘の音を聴きながら

のんびりとこの景色をながめる時間が

だいすきです









山のほうから

月が昇ってくるのも見えます


{A379250A-1AB0-40E9-8451-1624FFF01CFE}

{0FAEE79F-3038-47B7-BC89-C7A84C51BBAA}

{1894C32C-59D0-416C-BD4F-276DFFD203CB}


まぶしいほどの満月 













物事が予定通りに進んでいるとき

それは

順風満帆とも言えるけど






「想定内」という枠の中

だけでしか

楽しめていないのかもしれない





もちろん

安心・安全が好きな人には

それが、しあわせなことなんだけど











ワクワク好きのわたしとしては




うっかり 、がもたらしてくれる




思いもよらなかった

うれしい出来事




たちとの出会いが

よりいっそう、だいすきです aya










{A5F1251D-4040-4DE9-B81E-0C4D8D6C43BF}










これからも



「しっかりもの」

の自分をたのもしく感じて



「うっかりもの」

の自分をおもしろがりながら




どこに行くのかわからない

ただ、まいにち

わくわくさせてもらえるこの流れに




ゆるゆると

身をゆだねて進んでいきたいな~




って思います ハート








{87107FC1-8817-4DD5-A3E2-98486A4BD76E}


満月のたびに
うっとりして
おんなじような写真を
何枚も撮っちゃう~ melousa* うふふ






現在、個人カウンセリングの受付は
お休みさせて頂いております ペコリー

もう少し、こちらでの生活になじんだら
オープンカウンセリング
ローマで開催したいと思っています

しばらくお待ちくださいませ aya



※オープンにつかえそうな
会場の情報(ローマやその他の
イタリア国内の都市)をご存知の方
ぜひぜひご連絡くださいませ
 ハート 

10名程度が入れる個室で
机とイスがあれば尚良しですキラキラ








「相手に知らせて」で登録して頂けると
とっても嬉しいです ( ´艸`)♪

読者登録してね
 









AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。