プランジャパンに名称変更されて封筒などのデザインも変わりましたね

小さなちからを未来につなぐの標語も読みやすく、住所などもわかりやすく印刷されてます


コロンビアのJ-エンリケくんから初手紙が届きました!!!

やはりチャイルドを紹介されてから3ヶ月ほどで初手紙が届くのは間違いないと思います。

これで3人連続そうでしたから。。。

しかし、何故か今回も依頼していないはずの日本語訳がついていました

これが無ければ本当に3ヶ月で届いたんですよ、きっと

紹介されたのは9月中旬、英訳されたのは11月、日本語訳されて到着したのが今月(1月)

まぁ。。。いいか。。。


+++++

親愛なるスポンサーの方へ


心からのご挨拶を申し上げます

私はNellyと申しまして、J-エンリケのおば(叔母?)です

甥はまだ自分で手紙を書く事ができないため、代わりに私が書いています


J-エンリケはサッカーをするのが大好きです

好きな食べ物は肉と魚です

甥にはたくさんの友達がいますが、特に仲良しなのは**、***です

いま甥は幼稚園に通っています

幼稚園では母音と数を習っています

甥はスイミングプールに行くのが大好きです

ダンスを踊るのも好きです

彼の誕生日は5月11日で、そのときはとても楽しいときを過ごします

彼はとてもいい生徒だと思います

宿題も喜んでしています


どうぞお身体を大切に

あなたからのお手紙お待ちしています

あなたに手紙を書くことはとても楽しかったです


今日はこの辺で失礼します


Nellyより


2005年11月


+++++

Nellyの名前を初めてネットで書きました

おそらくこれから頻繁に書くことになるだろうと思ったので。。。


Nellyからの手紙は黄水仙色の便箋にサラサラ~とした字体で書かれていました

手紙に不可欠な筈のSC番号や何かが未記入で、おそらく事務局スタッフが後書したのでしょう、と思われるのが面白いです

そして一番驚いたのは現地事務局の手による英訳がタイプ打ちされている事!!

こ…こんなの初めてですよ、もぅ!

いや…これだと訳しやすいわ~です


幼稚園で母音と数を習っているなんてスゴイなぁ

コロンビアでは教育に重点をおいているんでしょうか?

スイミングプール…泳げない私からするとこれまたスゴイ×2です

ボランティアの方が聞き取って書いてくる他の二名のワタシのチャイルドと違って身内ならではの視点からの手紙がとても嬉しいです

こんなに褒めて身内自慢をしてくれる家族が側にいるJ-エンリケくんはきっと素直な優しい素晴らしい人になるでしょうねv

AD

コロンビアの現地事務局から「はじめまして!」の挨拶状が届いたv

Oct.20.2005に書かれたのが、日本語訳付き(?)で本日(Nov.14)届きました

もうすぐ、J-エンリケくんからの手紙が届くかも~♪と楽しみな日々が続きそうです


内容は…他のチャイルドたちの時とほぼ同内容

ですが微妙に違うのもお国柄でしょうか…


抜粋して下記に記します(赤色、下線はlalamiが編集)


++++++

親愛なる フォスター・ペアレント様


コロンビアFPとあなたのFC,その家族を代表してあなたをFPの仲間に歓迎します。


・・・

FCを含む何千人もの子ども達がコロンビア社会の底辺での生活を強いられていますが、その状況を変える機会は多々あります。

・・・

FPでは、子ども達やその親達の持つ潜在能力を十分に引き出し、一人一人の声がコミュニティ内で反映されるように支援するコトに全力を尽くしています。

つまり私達は学校や診療所を建設するほかにも、人々が問題を分析し解決する技術を高めていくよう指導しているのです。

子ども達は常に最良の方法で問題を解決し、生活の質を向上させるための方法を見出す際に最も熱心で創造的であることが分っています。


・・・

私達は、あなたがほんの少しの時間を子ども達への返事の手紙を書くことに割いて下さることを願っています。

FPの励ましの言葉こそが、開発への取り組みには必要不可欠なものなのです。

たとえ子ども達が、遠くの地に住む、見知らぬ人がなぜ自分達の状況に関心を抱いているかを完全に把握していないとしても、FPからのお手紙で、やる気を起こし、自信を持つことが出来るのです。

あなたが今後もずっとこの友情を育まれていかれる事を願っています。


改めて、あなたが私達に信頼をお寄せ下さりご支援下さるコトに感謝いたします。

FCや私達の活動に関してのどんなご質問にも喜んでお答えいたします。


・・・

FP現地職員 J/E/C


+++++++

ふむふむ…ですね。

確かに子ども達にしたら、何でそんな聞いた事も夢に見た事もないような遠く離れたトコの人が自分に手紙を書いてくれるんだろう?でしょうな~

それも、FPに参加して「はじめてあなた(FC)の住む国に興味を持つようになりました」と書けば尚更だわ…

正直に「いや…誰でも良かったんだけど」とは書けず(←当然だ!

小さな偶然がたくさん集まって出会えた私の小さい子ちゃんとの「友情を育む」という表現は照れくさいけれど、自分に出来る精一杯の愛情表現=手紙を出す で彼らに「遠く離れたトコに住んでるけど、君のコトを想っている人がいるんだよ」と伝え続けたいと思います

そして、いつか…形式的でなく本当の意味で「(FPに)ぜひ聞いて欲しくて、この手紙を書きました」のような手紙が届くといいな

AD