前半の静かな感じから徐々に描かれ暴かれていく人間の怖さ

バイオレンスというよりは人間の業の深さのようなものを

あらためて感じさせられる映画です。

 

家族が壊れていく中でもその過程で家族の絆のようなものを感じたり

それとは逆に分かり合えない、どうしてもかみ合わない家族の姿が垣間見えたり

こんだけエグる映画もめずらしい。

 

心の中にとても重たいものが残る作品。

気まずいラストも、自分はとっても暗い気持ちにさせられました。

浅野さん、本当に怖い役がよく似合う。

 

 

 

 

 

【内容紹介】

零細工場の息子・山崎瑛(あきら)と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬(かいどうあきら)。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった――。

 
 
池井戸さんの本好きとしては、待望の新刊、しかもいきなりの文庫で。
さらにWOWOWでのドラマ化が決まっているということで
買わない理由なし。アマゾンで予約購入したので販売直読みできました。
 
池井戸さんの作品なので、個人的にかなりおもしろハードルが高いですが
楽々と超えていくような内容。
おもしろ過ぎて、休み一日で一気読みでした。
二人のあきらの少年期から青年期、そして就職後の交錯する展開まで
とにかくその時々がおもしろくさらにラストへ向けての伏線もいっぱいあり
これはまたドラマを見るのも楽しみになります。
さすが池井戸さん、というストーリーでたっぷり楽しめました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 

 

 

 

やっぱりトムクルーズはまだまだアクションものがおもしろい。

このおっさんの無茶する感じが好きですね。

多少のヒール部分もありますが、そういうところがまた魅力的です。

 

このシリーズ、これからも続けてほしい、体が続くまで。

 

 

 

高みの見物とはいきませんが

テーマ:

今日はルヴァンカップ1次リーグ6節。

 

ジュビロは試合のない日です。

 

他のA組の試合をチェックしないと、と思い

FC東京と柏レイソルの2位、5位対決を見ています。

 

現在お互いに決め手を欠く0-0。

2位のFC東京が勝ち点を上積みしないのがベストですが

 ドローでも悪くないです。

 

そうこうしていると後半途中からFC東京の前田登場。

前田がでると、いかん、決めてほしくなってくる。

いかんぞ、今日は、この欲求・・・・(;'∀')

 

で、前田・・・・おぉ~やっぱり決めた完璧ヘッド。

35歳、まだまだ頑張ってるぜ!

夏の移籍で戻ってきてくれないかなぁ~~

 

 

 

 

元日本代表のMF山田 独2部カールスルーエ退団 (スポニチ記事より)

 

ジュビロの元10番、山田選手のカールスルーエ退団報道。

チームが3部に落ちたこともあり、不本意ながら見切りの時期と言っていいですね。

 

まだ海外での希望もあると思いますが

できればジュビロに戻ってきてほしいですね。

 

海外での経験をジュビロに還元し

新旧10番の競演をみたい!

 

 

 

 

 

 

 

昨日は今年監督を引き受けたフットベースボールの練習が

まさにジュビロの試合と丸かぶり(14:00~16:00)だったため、お役目を優先。

ジュビロの結果は練習終了後のスマホチェックでしました。

 

 炎天下の中での練習疲れと合わせて、どっと疲れ増し増し(''◇'')ゞ

ホームでまさかの連敗、しかも3戦得点なし、とはかなり重症・・・・。

と思い、家に帰って、DAZNの見逃し再生で試合内容を確認しましたが

いやいやそれほどの悲観的な内容でもない。

結局決めるべきところで決めれなかった、ということだと思いました。

レイソルにはルヴァンのお返しをされたような内容。

 

今年のジュビロ、負けても完敗、完全に手が出なかったような試合はない。

よい時間帯に決められずに、そのツケを支払わされるような結果が多い。

上位のチームとも、どっちに転ぶか分からないような試合が

今はできています。

中村選手も言っていますが、今自分たちがやっていることを

信じてやれるかどうかが僕も大事だと思います。

夜明け前が一番暗いように、この暗さをくぐれば

きっとまた大きく成長したジュビロのサックスブルーが見れるはず。

そういうことを待っていられる期待感が、今のジュビロにはあります。

 

次にアウェーでレイソルにあたった時

今度は黄色のスタンドを静まらせればいいこと。

前を向く、前を向くだけ。

 

観戦できないストレスがかなりありますが、とりあえず自分もお役目をがんばります!