2005年04月30日(土)

ぼーだーらいん

テーマ:他人様ブログ

NYに住むabroad2005教授 が、数日前のエントリー(ここ )で


「国」という概念は、意外にふわふわとしたものなのかなあ と思ったりします。


と言った後で、強すぎない調子で「何系で何国籍だろうが、その人はその人なわけで、もうそれだけで十分な気がする」と続けます。


賛成。


米国大学に3年所属して一番身に付いたもの、学んだものは何か。それは専攻した経営学のことではなく、アメリカの文化でもなく、カフェテリアの食事の不味さでもなく、「国とか関係なくて、みんな同じ人間なんだね」という感覚です。


アメリカ出身のドイツ系の23歳の男性、ケニア生まれの22歳の黒人女性、メキシコ移民2世の男性、香港から留学中の19歳の女性、パキスタン出身の17歳の男性、カメルーン出身の陽気な女性、アメリカ生まれの陰気な黒人男性、ネパール出身で海外暮らしが長い女性、この町からほとんど外に出たことがない21歳の白人男性、ブルガリア出身でお姫様みたいに振舞う21歳の女性、韓国出身で毎日ジムに通うタフな30代の男性、ブラジル出身のサンバな女性。


肌の色、文化の差異はあれども、祖先が繋がった同じ人間。同じ話題で一緒に爆笑して、同じ料理に感動する。失敗した料理には一緒に顔を歪めて、一緒に教授の悪口を言う。酒を飲み、語り、ふざけ合い、踊り、一緒に二日酔いになる。こんなに理解し合えるホモサピエンスの間にどうして争いが絶えないのだろ。僕が知ってる以上に世界は複雑かもしれないけれど、一緒に笑える仲間なんだとDNAレベルで感じることができれば、世界はもっともっと単純になるかもしれないなぁ、なんて思ったりしてます。


文化の違いも、肌の色の違いも、すべてを大きい風船に詰めて空に飛ばす。


「ああ。出身地は数万キロ離れてるけど、同じ人間なんだね」


そんな、血に溶け込むような心地よい了解。個々の存在を認めた上で、奥の奥ではみんながひとつだと納得する。僕らは同じ。そんな経験ができた3年間。それだけで留学は成功。そんな気がする。そして、またエントリーが「しんみりムード」になりそうだと感じたので、ここはひとつテンションを上げるために叫びたい。


2ヶ月以上前に買ったリンゴが腐らない!テカテカしてるんです!すごく不気味!


リンゴの内側から防腐剤の視線を感じます。


もしかして偽物?中身が綿、とか?
触るのも怖い。まして食べるだなんて。


日本に持って帰ろかな。1年くらい放っておきたい。フルーツ持ち込みは合法、ですか?

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005年04月27日(水)

へあ~すたいる

テーマ:他人様ブログ

ニューヨークで格好良く暮らしているabroad2005 さんが自分で前髪切ってますけど、僕も自分で切ります。前髪だけに留まらず全体的にザシュザシュッと。


躊躇はするな、躊躇とハサミの相性は悪いぞ!


なんて誰かが横で叫んでいるような幻聴を聞きながら、元気よく「ザシュザシュッ」してます。彼女と同じく10分ほどで終了。合言葉も同じく、「適当」。この単語ってすごいパワフルですね。何にでも適しちゃうんだから。


最近は滅多に外で切らないです。自分で切って悪いことなんて、見た目がちょっと「不自然」ってことしかないです。ま、見た目ってすごく大事で、それが世の中にセルフ・スタイリストが少ない主な理由ですね。しかし、ですよ。しかし、お金払ってプロに頼んでも往々にして満足できない結果になるわけですよ。自分で切ってて、失敗しちゃっても己の右手を「ぺちっ」と叩くくらいで気は収まります。


美容院、美容室、床屋、ヘアーサロンなどに行って、気に入らないカットされたとき、皆さんはどうしますか。地団駄を踏みつつ、時間が経つのを待ちますか。結局それしかないのかな。


こんなんどうでしょう。


「失敗したスタイリスト(または床屋のおっちゃん)を待ち伏せして、銃で車を撃ちぬく、そして店から強引に1万円くらい強奪して、別のヘアーサロンへ行き、改めてカット。」


いや~、それはやり過ぎ。って思いました?僕も思った。けどここはアメリカ、銃天国。4月21日付けのニュースで、上に書いたストーリーと寸分違わぬ事件があったわけです。いや、ホントに。


気に入らないカットをされた48歳のオバサマが、スタイリストの車を銃で撃ち、店から100ドル奪い、別のヘアーサロンでカット!そして、出てきたところを逮捕!(参照:Unhappy customer robs hairstylist )


オバサマ、行動力ありすぎ。気に入らなかったにしても、すごい失敗だったんだろうね。ウルトラの母とサリーちゃんのパパを混ぜたような、もう、なんていうか、家族・友人・隣人から「どうしちゃったの?!病気なの?!」って心配されちゃうような。ああ。見てみたいです。彼女が憤慨する原因となった髪型を。逮捕にまでつながった世紀の大失敗を。


だけど、あれですね、スタイリストに過剰な期待を寄せちゃいけませんね。ときに彼らは自分の達成感・満足感・充実感を優先させたりするもんです。"Life is beautiful "のsatoshiさんが2週間ほど前のエントリー(クリック )で「床屋の満足」という面白い言葉を使っていました。定義は、


「本来顧客の満足を最優先すべき商売もしくはもの作りをしている人が、自分の満足を優先して行動してしまうこと」


だそうです。床屋さんの自己満足に基づく新しい言葉ですね。他にも色々使えそうな便利な言葉の予感。いつか何気なく友達に使って反応を見てみたい。「おい、昨日のお前、床屋の満足だったぞ!」と。


うん、いけそう。辞書に載る日もそう遠くない気がします。今日のエントリーは長い!手首が痛い!本当は痛くない!最後に無理やりテンションを上げてみました。それでは、ごめんくださいませ。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年04月22日(金)

チーズとケーキが仲むつまじい

テーマ:他人様ブログ

ひえ~。写真のチーズケーキがおいしそうだ。sweet55さん、ありがとうございます。なんて感謝しちゃうくらい美味しそう。

 

チーズケーキを思い出しちゃうと、アメリカのウォルマートで売ってるケーキなんてケーキのカテゴリーに入れるのさえ躊躇しちゃうね。

 

あんなのスポンジケーキと砂糖の塊だ!

 

スポンジケーキと砂糖の塊コンビネーション、何が悪い!?

 

配分が悪い!

 

配分が悪いったって、そりゃあんたの舌に合わせて作ってらんないよ、こちとら。

 

でもあの毒々しいケーキを美味しそうに食べるアメリカ人も見たことないけど。

 

あ、そう?なら反省する箇所も2,3あるのかもね。

 

2,3じゃないよ。はっきり言わせてもらうと。20、30だよ。反省箇所。

 

20、30て!そりゃないでしょー。ウォルマートのケーキを馬鹿にするのもいい加減にしてくださいよ。

 

馬鹿になんてしてないさ。ただこの写真のチーズケーキを見ておくれ。作り方を見ておくれ。簡単だろ。どうして、天下のウォルマートが大量生産するとケーキはお菓子という名称の毒物になるんだね。

 

あ、酷いね。いま毒物って言った?

 

言ったさ。毒だよ。あんなの。毒っていうか農薬。

 

いや、農薬も毒だし。毒をわざわざ農薬って言い直す意図が分からなかった今。段々壊れてきてない?

 

壊れちゃいないよ。チーズケーキを思い出しちゃったのがすべての始まり。こういう美味しい食べ物が世界にはあるんだよね。って思い出しちゃったわけ。

 

そっか。そういうことか。でもアメリカ滞在も残り3週間くらいじゃない。ウォルマートのケーキでも食べて元気だそうよ。

 

そうだね、農薬だって慣れれば美味しいかもしれないし。

 

========

と、こういう会話を僕の脳内にいる自称ウォルマートの管理職、ジョセフと交わしたわけですが、言いたいことは一つで、チーズケーキが好きってことだけ。誰か送ってください。

 

住所は教えないけど送ってください。アメリカ中の住所を調べて、ランダムに5万個のチーズケーキを発送すれば僕のところに届く確率もそう悪い数字じゃない。アメリカには1億世帯あるっていうし、5万で割ると、、、、2千分の1だ!こりゃ届きますよ。期待してます。だれでもいいから5万個くらい、いいじゃん。嗚呼。お願いだから。チーズケーキ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年04月19日(火)

ジョークfromエジプト

テーマ:他人様ブログ

Yukoさん というマイアミに上陸した日本人女性が、大学の友達の彼氏と会ったみたいなんですけど、その彼氏はエジプト人なんですね。トラックバックまでして何が言いたいんだ、この音楽馬鹿が!という罵声が飛んでこないうちに核心に迫ろうと思います。

 

ただね、その彼氏(Tamer)のジョークに感動したんです。準備はいいですか?いきますよ。はい

 

>>「エジプトでは、16歳になるとラクダの免許が取れるんだよ。」

 

でた。すんごくお洒落。お洒落なジョークが炸裂。ラクダの免許て。感動さえした。ジョークで笑って、さらに感動。もう良質のエンターテイメント以外の何物でもない。2千円払って、このジョークを聞きに行ってもいい。カーネギーホールとかに。

 

いろいろ想像しちゃって収拾がつかない。中学生になると親の目を盗んでラクダに乗ったりするんだろうなー、とか考えちゃうね。なんかね、もう、願っちゃってるのね。ジョークじゃなくて事実であってください神様、って。比較的簡単に乗れるフタコブラクダの免許を16歳で取得したら、次はヒトコブラクダの免許を目指して特訓するんだろうね、もちろん。嗚呼。いいな~。ほのぼのするわな。

 

Tamerに直接会って、もっとエジプシャンジョークを聞きたい。カーネギーホールでTamerのショーがあるなら僕は明日にでも飛行機に乗ってニューヨーク入りします。ってか、カーネギーホールでコメディのショーはやらない?やる?ま、どっちでもいいや。どうせ開催はまだまだ先だし。って「可能性があるわけ!?」と。びっくりしたところでこのエントリー終了。昨日寝てないわけで、キーボード打ってても息が切れそうです。やばい。死んじゃう!

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年04月12日(火)

ハスキネス

テーマ:他人様ブログ

abroad2005さんというニューヨーカー(仮)が大学の教授と小一時間話したらしいんですけど、すごいハスキーな声を持つ人物だったみたい。

 

彼女は先生と話した内容なんかどうでもよくて、この先生の雰囲気が気になって仕方がなかったっぽい。って、こんなエントリーの端っこだけ捉えてトラックバックするのはいかがなもんかと思いますね。なんせ声について3行しか触れてないからね。はっきり言いますとトラックバックがしたいんです。この「遠くから突っ込みます」的な感覚が心地よい。ごめんなさい。

 

とにかくだ、ハスキーな声を持つその先生の第一印象は峰不二子。その声を彼女は、

 

>ハスキーな人が風邪ひいちゃった みたいな声。

 

と、このように形容してるんですけどね、ハスキーという単語では表現しきれない為に「風邪引いちゃったみたいな」というエクステンションを付ける決断を下したわけです。ナイス判断。確かにハスキーを通り越した人っています。

 

え?!

 

って身を乗り出しちゃうくらいハスキーなのね。ハスキーっつーか、もう、なんか、新しい単語がないと表現できないような声。ジャスキーとか。ガジャコスキーとか。あれ。だんだんロシア人の名前みたいになってきた。ガジャコフスキー?アンドレイ・タルコフスキー?嗚呼。また脱線。脱線ってか、もう、これは断線。繋がっておりません。

 

適当な言葉が見つからなくて、「ハスキー」なんてスカスカした音で表現できるかっ!っていう、ほとばしるこの想い。abroad2005さんも、きっとそんな想いを持っていて、結果として「風邪引いちゃったみたいな」を付け足したんだ。単語を組み合わせて事象を表現できる、この僕らの能力、素晴らしいです。新しい単語を生み出して、お手軽に表現しようとした先ほどの僕の態度、これ、完全に間違いであります。万物を丁寧に見つめ、最適な単語を組み合わせて表現していく、これは一種の芸術です。

 

って僕は一体何を書いているんですか。まるでマリファナ常習者の文章。吸ってないです今日は。なんつってね。こんな文章がまとまらない日は、強制終了。

 

綾戸智絵のハスキネス、良いね。huskiness

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年04月10日(日)

渡米

テーマ:他人様ブログ

Girlという女性が今まさにアメリカに来ようとしてるんですけどね。読んでて3年前の自分を思い出すわけです。ああ、こんなんだったねー。って。

 

 

寂しさと期待が同時に心を占領しているのってすごく変な感じ

 

なんてまさにぴったし。日本を離れることが寂しいんだけど、一方で期待が胃のあたりで風船のように膨らむ膨らむ。胃のあたりってのは、僕だけ?期待は普通胸らへんで膨らむものか?いや、やっぱり胃でしょ。って、なんて不毛な議論だ!そんな時間はない。

 

とにかくだ。不安とか寂しさとかの負の感情に混ざって、期待や旅気分、将来の自分像なんてものが同時に頭を駆け巡り「うわー!どうしたらいいんすかー!」ってくらいテンションが上がったもんです。僕の場合は、頭を駆け巡るというか胃を駆け巡るんですけど。もう議論はしません。不毛。

 

とにかく彼女には力強く頑張ってもらいたいです。はじめてピザを連続5日食べた日とか、結構凹むと思うんです。以前の主食を思い出したりするんです。米ぇ~、とか言いながら夜の町を徘徊するようになるんです(←現実の9割増しで書きました)。

 

アメリカを去る人あれば、来る人あり。残り1ヶ月で去る僕の呟き、御清聴ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年04月09日(土)

トラックバックテスト

テーマ:他人様ブログ

トラックバック。

もっと使っていこう、この有益機能。はい今の体言止め。このエントリーは数分で消すのだろうか、いや、書いたからには消さないでおこうか。本番さながらにトラックバックだ。なんか恰好悪いね「本番さながら」とか言っちゃって。よし前置きはこんくらいでいいか。あとはトラックバックする記事探し。んー。どうしようか。迷惑かけてもいかんしねー。

 

5分経過。決めた。ここなら良さそう。ブログにおけるこの小難しいトラックバックのシステムを絵で表してる。しかも簡潔。これなら僕の祖父も5秒で理解できる。トラックバック関係はトラックバック関係にトラックバック、って訳が分からん。

 

史上最大の大本営

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。