あなたの婚活成功を応援する コンサルタントチームのブログ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
グローバル思考者・海外赴任者が利用する
千代田区の相談所
12カ月以内に成婚を目指すあなたが主人公のストーリーはララストーリーで始まる
ハッピーエンドストーリー!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


テーマ:
皆さん、こんにちは!
楽しく婚活していますか?
須坂るみです。


婚活や出産で年齢の話をすると、女性の年齢ばかりが注目されてしまいますが、男性にだって「出産適齢期」はあります!


いつまでも自分は健康な子どもがつくれると思っている男性の皆さん!!
そんなことはありません!

男性の「出産適齢期」について書いている記事をご紹介します。↓


チクタクという音は何だ?男性の体内時計 by THE WALL STREET JOURNAL



上記の記事によると、40歳以上の男性は、30代以下の男性と比較して、自閉症の子が生まれる確率が6倍高いということが書かれています。

他には、
「そううつ病やてんかん、前立腺がん、乳がんを子どもが発生する確率も、男性が40歳に近くづくにつれ高くなるという。」

更に、「父親が高齢であることと、子どもの知能テストのスコアが低いこととの間には相関性があることが判明した(高齢の母親の子どもは、むしろテストのスコアが高かった)。」

射精のたびに数百万個の新しい精子細胞が再生成されるが、細胞が再生されるたびに、遺伝コードにエラーが生じる確率が高まる。
それら「新しい」精子には受精能力があったとしても、突然変異が含まれている危険性がある。04年に刊行された『The Male Biological Clock』(男性の体内時計)の著者、ハリー・フィッシュ氏は、「男性が年を取るにつれ、受精可能な精子はなくならないとしても、そのDNAの多くは異常である可能性がある。コピーの回数が多くなれば、印刷物の質が劣ってくるのと同じだ」と話す。

日本でも男性の精子も老化する、ということが注目されています。
国立成育医療研究センター不妊診療科医長の齊藤英和先生曰く
「40歳未満と40歳以上で精子を比較すると、精子遺伝子の断片化の度合いに差が見られることがわかりました。また胎児の先天異常の率は男性が40歳を超えると上昇しています」ということです。
(エル ジャポン3月号 ”今のままで、妊娠できますか?”より)


40代から50代の男性が、「子どもが欲しいから」という理由でひと回り以上年下の女性にお見合いの申し込みをしていますが、女性の不妊は心配しても自らの「男性不妊」の心配や上記の記事のような「父親となる男性の年齢が高くなるリスク」を心配しないのは何故でしょう?


まだまだ、父親となる男性の年齢が高くなるリスクについて知らない女性が多いのかもしれませんが、女性の卵子の老化と同じように周知されるようになれば、40歳以上の男性は益々結婚しずらくなるかもしれません。


今後、どんどんこの手の研究がすすんでいくと、

「私は健康な子どもが欲しいので、お相手の男性は40歳未満で」

という女性が増えてくるかもしれませんね。

男性も「いつかは自分の子どもが欲しい」と考えているなら、自分の"年齢"が与える子どもへのリスクを考えたほうがいいかもしれません。


結婚したら子どもが欲しい!と考えている男女の皆さん、婚活開始の決断は「早め、早め」をおすすめします。受験勉強、就活、婚活、妊活は「早め、早め」の準備が必要です。







婚活相談会実施中!
2014年4月、5月の無料カウンセリング予約受付中です。

海外・地方在住の方々のSKYPEカウンセリング・入会は引き続きご連絡をお待ちしております。



海外赴任の方は、SKYPEでカウンセリングいたします。


詳しくはHP  www.lala-story.com 


お問い合せ   info@lala-story.com



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ララストーリー 国際派・海外赴任者のパートナー紹介所 さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります