あなたの婚活成功を応援する コンサルタントチームのブログ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
グローバル思考者・海外赴任者が利用する
千代田区の相談所
12カ月以内に成婚を目指すあなたが主人公のストーリーはララストーリーで始まる
ハッピーエンドストーリー!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


テーマ:
皆さん、こんにちは!!
楽しく婚活していますか?
須坂るみです!


今月成婚退会されたKさんの成婚作文をご紹介します!
彼女は、34歳と9ヶ月のときに、弊社に入会して婚活を開始しました。

彼女は、最初から全力でした。
どう全力だったかと言うと、無料カウンセリングした日にはすでに「戸籍謄本持参しました!」と言って私をビビらせ 笑、35歳の誕生日までに結婚するお相手を絶対見つけたいんです!!と力説し、本当に35歳の誕生日には、未来の旦那様に祝ってもらい、今月両家ご両親への挨拶を済ませて成婚退会します。

彼女は、びっくりするほど、私のアドバイスを忠実に守り、守るというより死守した、という感じでした。婚活において「素直さ」というのは最大の武器だと以前ブログにも書きましたが、今までの自分で結婚できなかったのなら、他人のアドバイスを聞いてみるのも大切です。

*彼女は年下の旦那様を見つけましたが、結婚相談所ではとてもレアケースです。
 
------------------------------------------------------------------------

1. 婚活を始めたきっかけを教えてください。

ずっと仕事を軸に生活をしてきて、はたと気づいた時、結婚適齢期の32歳はとうに過ぎていました。

そんな中、去年長年の夢だった短期語学留学という夢を達成した時、やはり自分一人で生きる人生より、誰かと一緒に生きる人生を送りたいと考え、婚活を始めました。(34歳9ヶ月で婚活開始)


2. 旦那様の第一印象と、旦那様との交際期間、旦那様との交際がどんなだったか教えてください。

彼の第一印象は、同郷でなんだかほっとする。一緒にいてほんわか和む方だなという感じでした。
ただ、正直彼が3歳年下だったので、私にはもったいない相手ではないか?
お見合いを申し込んでくれたのは彼でしたが、交際していても早々にお断りされるのでは?と最初はやや警戒していました(笑)

そんな私の心配を知ってか(知らずか)彼は毎週末必ず時間を作ってくれ、きちんと私と向き合ってくれました。

退会までの交際期間は、3か月。
2人で結婚を決めたのは、交際して1か月半でした。

私が彼を選んだ理由は、いつも選択肢を2つ持っていること。
A or Bで物事を進めてくれるので、一緒にいて楽。
そして、独断と偏見で決めたりしないでなんでも相談してくれることが魅力でした。

担当カウンセラーのるみさんは、婚活開始時に結婚相手に対して絶対譲れない3つの条件を提示するように言われます。
自分が結婚相手に譲れない条件をたった3つに絞る作業。

これは、なかなか難しい作業です。
でも婚活を振り返ってみると、自分を知ることがその条件を導くヒントになったのではないかと思いました。



3. 婚活をしてみていかがでしたか?

婚活は、今まで生きてきた中でもベスト3に入るくらい、いい経験でした。
理由は、自分を知ることができたからです。(自己分析することが、相手を知る第一歩でした。)

それから、データに基づいて行動することによって、良い結果を導き出すことができました。
たとえば、35歳以上で結婚できる確率は、一般的には女性2%。男性3%。(2010年、国勢調査から)
このデータから、自分の市場価値を知り、自分を商品として客観的に見て行動することの
大切さを知りました。

婚活は、いわば転職活動と似ています。
ただ、転職の場合、仕事が合わなかったら次にいけるけど、結婚はそうはいかない。
結婚するからには添い遂げたい。皆さんそう願って婚活をしていると思います。

だから、私は自己分析(性格や好み)・自分の市場価値・プロファイリングごっこ
(相手の家族構成からその人を探り、またできるだけ聞き役に徹して、相手を知ること。)

この3本柱で活動しました。
もし、やみくもに活動していたら、活動たった3ヶ月でこんないい結果を得ることはできなかったでしょう。
やはり、婚活は戦略も必要で知識は武器になるのだなという印象を持ちました。



4. これから婚活を始めようとしている方、今婚活中の方たちへ一言お願いします。

婚活は、生身の自分をさらす機会が多く、今までの自分の価値がガラガラと崩れることも
多いと思います。

ただ、しんどい後には、しあわせが待っています。
あなたは何歳まで生きますか?寿命だけは誰にもわかりませんが、もし30代だったらまだあと50年近く生きる人が大半でしょう。

私も仕事が大好きでした。
でも、自分のためだけに生きるより、誰かのために。誰かと一緒に生きる選択をできる結婚にはリミットがあります。

どうか最後まであきらめずに。まず自分を知ってください。そして、お相手を知ってください。あなたにもすてきなご縁が訪れますように。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ララストーリー 国際派・海外赴任者のパートナー紹介所 さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります