あなたの婚活成功を応援する コンサルタントチームのブログ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
グローバル思考者・海外赴任者が利用する
千代田区の相談所
12カ月以内に成婚を目指すあなたが主人公のストーリーはララストーリーで始まる
ハッピーエンドストーリー!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


テーマ:

皆さん、こんにちは!
楽しく婚活していますか?
須坂るみです。

今日は、4月末に成婚退会された45歳男性会員さんからの成婚作文をご紹介します!
39歳の可愛らしい女性と婚約されました。

1. 婚活を始めたきっかけを教えてください。

会社の同僚を含め親しくしていた人間がここ3~4年の間に結婚し、気がつくと自分だけ取り残された状態に。同僚の「結婚相談所に登録していた知り合いが、凄く良い人と出会うことができて結婚した。自分が独身だったら、絶対に相談所に登録して婚活したよ。」との一言で相談所への登録を決意しました。

2. 奥様の第一印象と、奥様との交際期間、奥様との交際がどんなだったか教えてください。

【第一印象】小柄な人だったこともあり、可愛らしい感じと言うのが第一印象でした。
(私を担当していただいたカウンセラーさんや、挨拶の時に会った私の両親も異口同音でしたので、贔屓目ではないと思いますが・・・。)

【交際期間】お見合いをしたのが2月上旬で、約1カ月後からは真剣交際へ。
更に1カ月程の交際期間を経て、4月後半にプロポーズしましたので、
初対面から2カ月半ほどで婚約、という流れです。

【交  際】彼女は3月下旬まで海外駐在をしていたため、帰国までに直接会って
話をしたのは、お見合いを含めて3回だけでした。
ですが、離れていたが故に、他愛無い日常の事でもメールで連絡して
コミュニケーションとるようにしましたので、彼女の海外赴任は、私に
とってはまめに連絡をしようと考えるきっかけとなり、それが幸いした
かもしれません。
週末には、前日に時間を決めてTV電話で話をするようにして、真剣交際
を申し込んだのもTV電話で話している時でした。
帰国後も彼女の国内外への出張が続いたため、直接会う機会が限られて
しまいましたが、彼女も週に1回は会おうと考えてくれたこともあり、
正式なプロポーズ前でも、お互いに結婚後の事を考えた話をすることが
できました。


3. 婚活をしてみていかがでしたか?

思った以上に大変。私の場合はこの一言に尽きます。
お見合いの日程調整のため、多い時には1日に4~5回はカウンセラーさんとメールで連絡をとり合うこともありますが、仕事中は対応できないため必然的に始業前、昼休み、終業後の限られた時間の中での対応になってしまいます。
お見合いは週末に設定されることがほとんどのため、返信が1日遅れてお見合いが決められないと、週単位で日程がずれて行きます。
活動開始後暫くは、土日はどちらか(場合によっては両方)にお見合いが設定され
その他の用事を入れることが難しく、それを平日に対応しようと夜に予定を組んで、
自分の用事(お見合いも自分の用事ですが)に対応できなくなることもありました。

その結果として、「この人となら・・・」という方と巡り会うことができる訳ですから、
必要な大変さではあるのですが。


4. これから婚活を始めようとしている方、今婚活中の方たちへ一言お願いします。

私と同じような状況で婚活中の方は自覚された方が多いと思いますが、40歳を超えて婚活を始める男性の方は、自分が思っている以上に自分が若くない事(体力的とか言う事ではなく、婚活市場における需要があまりないと言うか・・・)を自覚させられると思います。

特にこの歳まで独身でいると、結婚に向けて自分の考えを変えることが難しくなります。私もそうでしたが、素の自分を見てもらった上で、自分を好きになってくれる方がいれば・・・と考えてしまうんですね。

私自身、今の彼女と結婚まで進むことができたのは、婚活開始当時と考えが変わったからだと、自信を持って言うことは実はできないのですが、2.の「どのような交際だったか」で記載したような、頻繁に連絡をし合うことができたのは、これまでの活動を通じて考えが変わった結果だったのかもしれない・・・とは思っています。
今までの自分であれば、途中で面倒になって、連絡する頻度が少なくなっていた可能性もありました。

カウンセラーさんからは常に「お相手の事を考えて・・・」と言われ続けたのですが、それが自分の中に刷り込まれた結果かもしれません。

これまで述べたことはあくまでも私の経験に基づく一言ですので、現在婚活中やこれから婚活を始めようとしている皆さんに当てはまるとは限りませんが、多少なりとも参考になれば幸いです。

最後にカウンセラーの須坂さんへ
上にも書きましたが、事ある毎に「お相手のことを考えて」と言われ続けたことで、無意識に考えを変えることができたのかもしれません。
特にお子さんのご出産直後と、私の活動で最大の波が起きた時期が重なってしまったことで、本当にご迷惑をお掛けしてしまいました。
この場を借りて、お詫びとお礼を申し上げます。
申し訳ありませんでした。そしてありがとうございました。



彼は、とても素直な方でした。
活動開始当初から、私のアドバイスに忠実に従って、外見だけでなく考え方も目に見えてどんどん変わっていきました。

婚活する上で「素直さ」は最強の武器です!

あ、でも彼が申し込む女性は、「顔で選んだでしょ?」という女性が多かったですね 笑
それだけは、変わらなかったかな。
しょうがない、こればっかりは男の性よね。

彼も書いていますが、40代で婚活を始める男性は「思った以上に自分は若くない」ということを自覚されると思います。
そう、体力云々ではなく、子供が欲しいと考えている女性からの需要が少ない、ということです。女性はとても現実的な生き物です。「この人と結婚して子供ができたとして、この人は子供が何歳まで働いているのだろうか」と考えたら、40歳を過ぎると子供が大学卒業前に定年となる可能性が高い。

婚活をする40代男性は、子供が欲しいなーと考えているならできるだけ早く婚活を始めること、そして子供がいなくても幸せな夫婦はいくらでもいることを考えましょう。


今までの自分では結婚できなかったのなら、プロの意見に耳を傾けてみてはいかがでしょうか?
私達は、あなたが最短で結婚できるようにサポートします!
それには、あなたも変わってくれないと!
結婚したいなら、今までの自分と変わらなくっちゃ!


本気で結婚したい方からのご連絡お待ちしています!

詳しくはHP  www.lala-story.com

お問い合せ   info@lala-story.com

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ララストーリー 国際派・海外赴任者のパートナー紹介所 さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります