あなたの婚活成功を応援する コンサルタントチームのブログ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
グローバル思考者・海外赴任者が利用する
千代田区の相談所
12カ月以内に成婚を目指すあなたが主人公のストーリーはララストーリーで始まる
ハッピーエンドストーリー!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


テーマ:
皆さん、こんにちは!!
トイレ掃除毎日していますか?楽しく婚活していますか?
須坂です!

皆様、大変お久しぶりです。

昨年10月に娘を出産しまして、カウンセラーとしてはバリバリ活動していたのですが、今年に入って私担当の会員さんが2組成婚退会しまして、新入会員さんも続々とご入会頂いているので、そろそろブログ当番を復活しようと思います!!


このブログも娘のお昼寝中に書いていますにひひ



さて、今月結納をするKさん(33歳)の成婚作文です。


活動を始めたきっかけは何でしたか?

家と会社の往復。休日は家でのんびり。そんな生活を繰り返し、気づけば同級生の相次ぐ結婚。「あ~あ。私も婚活しようかな。」そういう気持ちを持ち始め、婚活中の友人に須坂さんを紹介してもらいました。「大手の結婚相談所よりも、親身になってくれるよ。」という友人の言葉通り、とても明るく元気に前向きに、時には厳しい現実の言葉もいただき、私の婚活をサポートしてくださり、とても感謝しています。

ララストーリーの活動はいかがでしたか?

婚活は、大変です。今まで週末はごろごろしていたのに、平日は寝るまでパソコンを見ながら申込みの日々、週末は緊張するお見合い。お見合いしても、交際に入っても、なかなか抜け出せないトンネルに「なんで婚活してるんだろう。なんで結婚したいんだろう」と憂鬱になることもあります。でも、始めたからには投げ出したくないし、続けていないと抜け出せない。動いていないと意味がない。地道に頑張るしかない!

今の旦那様の第一印象と旦那様との交際はいかがでしたか?

だんだんこの生活に慣れ始めた頃(1年以上経過…)、話しやすいなと思える男性に出会いました。私も「この人なら。」と思えて、相手にも望んでもらえて成り立った「縁」です。でも、婚活開始当初だったら、お断りしていたかもしれないし、お断りされていたかもしれません。相手に「えぇ!?」とびっくりする事もあるけれど、男性が動くのを期待して待つのではなく、慣れないお菓子作りもしたし、普段こんな事言えない!というような内容でメールしてみたり、私もかなり頑張りました。今時は受け身態勢じゃ何も進まないんですね。

最後に一言お願いします。

私もやっと、成婚作文を書くことができましたが、これからはもっと相手の事を考えたり、話し合ったりしないといけないと思っています。これから始まる新しい生活に不安はとってもありますが、お互い助け合いながら歩んでいきます。
悩みには親身に応えてくれて、サポートしてくださったララストーリーの皆様のおかげで頑張って続けられました。ありがとうございました。毎週更新のブログも、トンネルを抜け出すヒントにもなり、励ましにもなりましたので、ぜひ続けていただきたいです。



彼女をご紹介してくれたEさんも昨年成婚退会をして、今はラブラブ新婚生活を満喫しているようです。
「るみさんの言うとおり、結婚生活は小さな幸せに溢れています」
とメールでおノロケを聞かせてくれます♪


今回成婚したKさんですが、お見合いの時「お相手の声が小さくて時々聞こえなかったんです」とお電話をくれました。そんな変なお見合い場所だったかな、と思ったほどです(笑)
私が「じゃ、お断りする?」というと「でも、嫌じゃなかったっていうか、いい人だったのでまたお会いしたいです」と前向きなお返事。

そんな感じで交際に入ったお相手でした。

正直、カウンセラーの私的には何回かデートしたら、Kさん交際終了したいって言ってくるかな、と思ってました(ごめんなさい!)
相変わらずデート中も声が聞こえないことがあるとのこと。

それでも、奥手同士(?)の2人は、ゆっくりしっかり愛を育んだご様子。

ちょっとお相手の方が奥手で心配だったので、お相手の相談所のカウンセラーの方のご協力を頂きながら、双方の相談所から「結婚」について前に進めるように、つっついたことも何度もありました(笑)

Kさんはとても人をよく見ている方です。

お相手のいい所をよく見ていらっしゃいました。

寡黙だけど、声が小さいけど、嬉しいときは素直に満面の笑みで喜んでくれる方、だとか、言葉の端々にはKさんの両親に会いたい、と言ってくれていること、Kさんの手料理が食べたいな、とメールでは素直な気持ちを言ってくれていること。

そういう素敵なところをKさんはわかっていました。


交際3ヶ月が経って、お相手の男性から、なかなか結婚のお話が出ないなーと心配していて男性の相談所の方に伺ったところ、Kさんのプロフィールが立派すぎて僕の収入で彼女が期待している結婚生活を送らせてあげられるのか、ということで結婚を躊躇しているとのこと。

詳しくは書けませんが、Kさんのご実家もKさん自身のプロフィールも確かに立派です。


男性がちょっとビビってしまう気持ちもわかります。

でも、Kさんがもし彼の収入では・・・と思う年収重視の女性で彼の年収に不満だったらそもそもお見合いしていないと思います。
交際にだって入っていないと思います。

Kさんは彼の人柄を好きになったんです。

お金ではありません。


あ、彼の名誉のために書いておきますが、彼だって平均サラリーマン年収の倍近くの収入はあるんですよ(笑)



お相手の男性は、Kさんを好きだからこそ、彼女の望む結婚生活をさせてあげたいと思い悩んでいたんですね。 Kさんは彼が心配するようなゴージャスな結婚生活を望んでいるわけではなくて、「彼と仲良く暮らす」ことを夢みる普通の女性なのです。

ちょっと寡黙な男性だったので、彼は直接Kさんに自分が心配していることを伝えられなかったんですね。



相手の気持ちを勝手に想像してはいけません。

結婚してからだってコミュニケーションはとても大切です。
不安に思っていることや聞きたいことがあれば、お相手に正直に聞いてみましょう。

もし、お相手に失礼じゃないか、と思ってしまったら、私たちカウンセラーがいます。
「こういうふうに聞いたらいいんじゃない?」とアドバイスもできるし
どうしても直接本人に聞きにくかったら、私達が相談所を通してそれとなく聞いてあげることもできます。

でも、結婚したら私達カウンセラーはお世話できないのですから、やっぱり最後は「2人で話し合う」ということをしないといけませんね。

彼女の成婚作文にも書いてありますが、彼女は最初受け身でした。

3ヶ月経ったら男性が「結婚」についてアクションを起こしてくれるだろう、何か言ってきてくれるだろう、と思っていました。


途中、彼女が変わっていくのが目に見えてわかってきました。


そう、今まで独身だったんだから、今までの自分では結果は同じ。
他人は変えられない。
じゃ、自分が変わるしかない。

今までと違う自分で婚活するから、結果が今までと違うものになる。


婚活中の皆さん、去年と同じ自分、去年と同じ理想、では、今年も間違いなく独身のままですよ。


去年とは違う考え方をしてみましょう。去年とは違う方と会ってみましょう。去年とは違う自分になってみましょう。

きっと、あなたのたった1人の人に出会えるはずです!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ララストーリー 国際派・海外赴任者のパートナー紹介所 さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります