昨日、2月16日産経新聞・生活面にノンワイヤーブラの選び方

というテーマでブラジャーに関する記事が掲載されています。

 

下着の専門家として取材でお話しさせていただいた内容が、

分かりやすくまとまっていました。

 

今は様々なタイプのブラジャーがあり、

おすすめしたいのは、

TPOによって、種類の使い分け。

 

毎日を快適に、おしゃれに過ごすために、

覚えておくとお得です。

 

それにしても、

取材は様々な内容を聞かれて、

話題もあちこち飛ぶのですが、

一つの記事にまとまると、

伝えたいことがわかりやすく、

ちゃんと凝縮されていて、

記者さんには脱帽です。

 

 

 

AD

 

昨日、グンゼの有名なストッキング「サブリナ」の発表会に行ってきました。

 

この2月から発売になる”新生”SABURINA

 

コンセプトは「レディで、いこう!」だそうです。

 

ストッキングも進化して「強く、やさしく、美しく」がコンセプト。

 

つまり、

 

強く・・伝線にくい  

モデルがひっかけて穴が開いたストッキングで登場し、足を屈伸しても伝線しなかったのです!!!

びっくりしました。

 

やさしく・・肌触りがやわらかい

 

美しく・・透明感があり、肌なじみがよい

 

イメージキャラクターの3名は本当にきれいで、きらきらしていました。

 

新体操、空手、サックスと、動きが激しいにも関わらず、

 

サブリナを着用しても大丈夫とのこと。

 

かなりストッキングのイメージが変わりました。

 

 

そしてなんとバイキングも登場!!

 

小峠さんがなぜか女装して出てきました。

 

面白かったのですが、わけが分からなかった・・・・笑

 

 

これから、春に向けてストッキングの季節になります。

 

以前は「生足」などが流行りましたが、

 

最近では、若い方もストッキングをはいた方が足がきれいということで、

 

かなり復活しているのですね。

 

ストッキングをはいた方が素足よりキレイ!

 

しかも、丈夫で履き心地もバツグン!

 

そんな時代です。

 

 

 

AD

昨年、朝日新聞に掲載させていただいた

「今日もキレイ 下着で若々しく」(2017年9~10月)

が好評で、セミナーのご依頼をいただきました。

 

下着の選び方セミナーです。

 

2月18日(日)に開催予定です。

 

下着の選び方をちゃんと教えてもらったことがない!!!

・・というお声はよく聞きます。

 

ご自分の下着を見直すきっかけにしていただければ、幸いです。

 

 

AD

 

 

最近、断捨離という言葉をよく聞きます。

 

先日、テレビで「クローゼットパンパン病」という言葉を聞いて笑っちゃいました。

 

物をできるだけ少なく持ちたい、だけど何を捨てればいいのか分からない・・ということでしょうか?

 

そんな内容を扱った本です。

 

読み進めていると、結局「好きな服」だけあればいいのだそう。

 

そうすると、クローゼットの中もスッキリして選びやすくなるし、

 

精神的にも落ち着き、無駄な買い物も減るらしいです。

 

下着も同じではないでしょうか?

 

一番肌に近い部分に着けるものなので、それ以上かもしれません。

 

「肌さわり」「着用感」というものが一番気になる衣類です。

 

でも、「人に見られない」と理由で、あまり気にしていない方が多いですよね。

 

お気に入りの下着だけ持つ。

 

洋服より難しいかもしれませんが、

 

心と体に与えるものは、洋服以上です。

 

 

東急プラザ 蒲田店

テーマ:
蒲田駅直結の東急プラザの下着売り場。
広くて商品が充実しているのにびっくりしました。
 
ワコールのウイングブランドの商品が充実しています。
私の好きな「デイト」もありました!
ワコールの販売員さんもいて、ちゃんとアドバイスしてくれています。
もちろんトリンプ商品もあります。
 
グンゼやアツギなどの商品も充実していて、
駅に近く、選び易い売り場ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ピーコック 自由が丘店

テーマ:
自由が丘の駅から3-5分くらいのところに、
ピーコックというスーパーがあります。
1階は食料品売り場で、
2階、3階がユニクロ。
そして4階が家庭雑貨売り場です。
 
下着の売り場が結構広くて、充実しています。
広くて見やすいのですが、
価格帯が低く、ワコールやトリンプの商品はほとんどありません。
グンゼもあまり品数はなく、合っている種類とサイズを探すのは
難しいかもしれません。
 
試着室も「お直しコーナー」との兼用で、落ち着いてできる感じではありませんでした。
でも、スーパーでこれだけ、下着が充実しているところは珍しいと思います。
地元の主婦の味方の売り場ですね。
 

 
 
 
 
 
 

御徒町 多慶屋

テーマ:
御徒町の多慶屋というと・・
なんとなく雑多なイメージで、
こんなところで女性用の下着なんて選べるのかしら??と思いますが、
 
レディース館という建物の4階が、
ワンフロア―全て下着売り場になっているのです。
あまり高級感はありませんが、ゆっくりと選べる感じです。
もちろん試着室もありました。
 
グンゼのフューチャーブラやキレイラボのブラもありました。
ワコールやトリンプの商品もあり、
価格も30%オフなどになっているものもあって、
かなりお得です。
 
 

 
 
 
 
今月発売されるランジェリーク・パラディのスリップです。
昨年秋に展示会に行ってきました。

素敵なスリップですよね。
 
素材は綿と麻です。
しかも、肌にぴっったりしないようなサッカー素材なのです。
夏にはぴったりな素材。
 
とってもおしゃれでありながら、
肌触りはとっても気持ちよさそうですね。
 
ランジェリークの展示会は毎年行かせていただいています。
パリのランジェリー展にも最近は出店していて、
世界的にも評価が高いブランドに成長しているようです。
 
ヨーロッパランジェリーのような高級でおしゃれなデザインと、
日本の高い品質が、
合わさったブランドですよね。
 

 

 

マイベストという様々な商品を比較できるサイトから依頼があり、

 

「下着の専門家がおすすめする40代以上の女性が満足できるブラジャー10選」というタイトルで、

 

私がお勧めするブラジャーを10種類紹介しています。

 

どのブラジャーも、これまで、ブログで紹介したものばかりですが、

 

比較してみると、改めてそれぞれのブラジャーの特徴が分かります。

 

自分に合うブラジャーもきっと見つかると思うので、

 

ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

大人の女性として、衣食住にどんなものを備えるか???

 

20代の頃とは違う。

 

良質なものにかこまれて暮らしたい・・

 

そう思うのは、時間を重ねて、様々なものを見てきて、

 

自分にとってのいいものを、見分けれらるようになってきたからかもしれません。

 

私も、40代位から、欲しいものをできるだけ買うことはしなくなりました。

 

でも、いざ、そんな目で買い物をしようと思っても、

 

なかなか、気に入ったものが見つからないのです。

 

この本は、大人の女性として、どんなものを選べばよいか・・の指南書ですね。

 

 

下着の専門家としての私としては、

 

どうしても衣類に目が行くのですが、

 

この本の内容で、納得したのが、部屋着でも外出着でもない「中間着」という考え方。

 

40代以降の女性は、家や近所でリラックスする時間よりも、

 

こまごまと動き回ることが多いですよね。

 

半分仕事、半分プライベートのような時間です。

 

不意に他人と会っても、恥ずかしくない。

 

動くということにちょっとだけ緊張感を与えるような服。

 

その服が自分のお気に入りなら、もっといい。

 

そんな考え方で、紹介しているのです。

 

 

これって、下着にも言えますよね。

 

リラックス用でもない、頑張っている下着でもない。

 

本当に普段用。

 

こんな考え方で、下着も使い分けしてみては、いかがでしょうか。