心に明かりが灯る言葉たち

俯いた心、しぼんだ心、前向きになりたい心・・・
 そんな心に明かりを灯す、
 励ましの言葉や勇気がでる言葉を書いてます。

 たまに趣味で歌詞も投稿します。


テーマ:
おはようございます^^

さて本日は、過去にこだわらない、というお話です。

過去にこだわらない。
言うは易く行うは難し、かもしれません。

しかし、過去を見続けたり、こだわったりするのは、
前に進むためときに足かせになるものです。

失敗したことを悔み、あの時こうしていれば・・・
と思っても、その時の行動は変えられない。
過去の栄光にすがり、昔はこうだったと自慢しても、
時代はどんどん流れていくもの。
これからを作るために今を大事にしなければ、
影で笑われたり、あまり話したくない人、と思われる。

過去は過去。
終わったことです。

過去にこだわれば、未来も過去に囚われますが、
過去は過去と割り切り、望む未来のために
今の行動を変えていくなら、未来は過去とは違ったものになります。

それに・・・

どんな過去があったとしても、
今の自分はその上に立って生きているわけで、
悔やんでもしかたないのです。
悔やむなら、同じようにならないように「今」を変える。

人は、忘れることができます。
辛いことも、時間が経てば薄れていく。

忘れようとすれば、いつまでも忘れることができません。
ただただ前を向き、「今」どうするか、望む場所へいくためにどうするか、
それを考えて、そこに目を向けることによって、
自然と忘れていくものです。

過去から目を離し、自分が行きたい場所を見てください。
そうすれば、そこに向かって動き出せます。

過去は過去。
大切なのは、今、そしてこれからなのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

[PR]気になるキーワード