メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。

メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも生きがいい。
それを見たアメリカ人旅行者は、
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」と尋ねた。
すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。
旅行者が「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」と言うと、
漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」と旅行者が聞くと、漁師は、「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。
戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。
それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。
そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。
やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんと昼寝して過ごして、夜になったら友達

と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう」

--------------------------------------------------

The American Tourist and Mexican Fisherman

An American tourist was at the pier of a small coastal Mexican village when a small boat with just one fisherman docked.
Inside the small boat were several large yellowfin tuna. The tourist complimented the Mexican on the quality of his fish and asked how long it took to catch them.

The Mexican replied, "Only a little while."
The tourist then asked, "Why didn't you stay out longer and catch more fish?"
The Mexican said, "With this I have more than enough to support my family's needs."
The tourist then asked, "But what do you do with the rest of your time?"
The Mexican fisherman said, "I sleep late, fish a little, play with my children, take siesta with my wife, Maria, stroll into the village each evening where

I sip wine and play guitar with my amigos, I have a full and busy life."
The tourist scoffed, " I can help you. You should spend more time fishing; and with the proceeds, buy a bigger boat: With the proceeds from the bigger

boat you could buy several boats. Eventually you would have a fleet of fishing boats. Instead of selling your catch to a middleman you would sell

directly to the processor; eventually opening your own cannery. You would control the product, processing and distribution. You could leave this small

coastal fishing village and move to Mexico City, then Los Angeles and eventually New York where you could run your ever-expanding enterprise."
The Mexican fisherman asked, "But, how long will this all take?"
The tourist replied, "15 to 20 years."
"But what then?" asked the Mexican.
The tourist laughed and said, "That's the best part. When the time is right you would sell your company stock to the public and become very rich, you

would make millions."
"Millions?...Then what?"

The American said, "Then you would retire. Move to a small coastal fishing village where you would sleep late, fish a little, play with your kids, take

siesta with your wife, stroll to the village in the evenings where you could sip wine and play your guitar with your amigos."


出典:
http://www.noogenesis.com/pineapple/fisherman.html

--------------------------------------------------
幸せって、何だろう。
成功って、何だろう。


AD
東京都府中市の伊勢丹府中店(7階アートギャラリー)にて、11月25日より「バードアート展」が開催されます。
銅版画、アクリル画、陶芸など、多彩な作家さんが、それぞれの技法で鳥たちの姿を表現します。BIRDERの挿絵などでお馴染みの長島充さんや、陶器上絵付けのリトルガーデンさんなども参加されます。

開催日時: 11月25日(水)~12月1日(火)※最終日16時終了
場所:伊勢丹府中店 7階=アートギャラリー

→アクセスはこちらから

lagop's birdscape blog-第3回バードアート展

ラーメン紀行♪

テーマ:
久しぶりに 永福町の「大勝軒」にラーメンを食べに行きました。久しぶりといっても丁度4年振り位でしょうか。学生時代には悪友と夜な夜なしょっちゅう通ったモンですが、その頃から数えると かれこれ20年近く食べてることになりますかね。この店のラーメンは、いつ食べても飽きずに美味しく感じます。人間、20年の時間の中で当然自分の「味覚」って微妙に変わってきますよね。でも、この店には変わらぬ美味しさがあるんですよね。店主の説明によれば、理想の味を求め開店以来200回にも及ぶ「味変え」を続けているとのことです。客に「変わらないいつもの味、だけど飽きずに美味しい」と思わせる秘密がこの辺りにあるのかもしれません。

真イワシの煮干しをベースにした「ダシ」と醤油ベースの「タレ」が織り成す絶妙の「スープ」は逸品です!コクは強くないものの程よい「あっさり感」が食を進めます。真イワシは長崎産・山口産・茨城産の3種類ブレンド、醤油ダレはキッコーマン・ヒゲタ・岐阜の生引の3大銘柄ブレンド+9種類のマル秘材料、といったこだわり様…、本当に頭が下がります。
(永福町「大勝軒」HPより引用させて頂きました)

「チャーシュー麺 1,260円」
チャーシュー麺
RICOH GR Digital
1/50 f2.4 ±0EV ISO100 Center-Priority WB:Auto
Adobe Photoshop 7.0
2008年2月25日撮影


特色のある煮干スープと、他店の優に2倍はある大盛り麺…、永福町大勝軒のラーメンの魅力は色々あります。しかし、「味がいい」だけでは20年も通い続けていなかったでしょう。この店で忘れてはいけないのは、こちらが期待している以上の心遣いやサービスがあるからです。え、それは何だって?それは、客の主観ですので、まだこの店に行ったことのない方は 是非一度お試しになることをお勧めいたします。「顧客起点」とも云うべき味以上の「何か」をきっとお感じになると思います。

「ふー満腹、空が青かった…」
大勝軒
RICOH GR Digital
1/640 f6.3 ±0EV ISO100 Center-Priority WB:Auto
Adobe Photoshop 7.0
2008年2月25日撮影


□永福町「大勝軒」さんのサイトは、こちら