某有名避暑地にて

テーマ:
またまた3月・4月と更新をサボってしまいました・・・^^;;
「lagopさん、最近仕事いそがしーのー?」って、よく聞かれるんですが、特段仕事がチョー忙しかったという訳ではなく、要はワタクシの気まぐれな性格ゆえのことです。一方、休みの日はというと このところなかなか鳥撮りに行く機会に恵まれず、随分久しぶりの「撮影日記」での更新となりました。


-----
さて、久し振りの鳥撮りということで、近場ではなく、ちょびっと遠くに足を延ばし お山に遠征いたしました。フィールド・インすると早速 ミソサザイ、クロツグミ、イカル、アカゲラなどの声に迎えられつつ山の奥へ。サンショウクイさんも比較的近くにお出ましです。しばらく歩いたところで一旦ポイントを決め、ウエイティング。。。程なく、キビタキ♂同士、オオルリ♂同士が激しい縄張り争いを展開!囀りだけでは気が済まないのか、羽を蜂のように「ブンブン」いわせながら絡み合うようにFight !!
ここは今年、キビタキとオオルリが例年以上に入っているとの事。珍しいオオルリさんを見つけましたぞ。名付けて「オジロオオルリ!」

「オジロオオルリ_1」
オジロオオルリ1
Nikon D2X AF-S 500㎜/F4D
1/250 f4 -0.3EV ISO160 Photometry:Center-Prioroty WB:Preset(5600K)
Nikon Capture NX, Adobe Photoshop CS2
2008年5月撮影

「オジロオオルリ_2」
オジロオオルリ2
Nikon D2X AF-S 500㎜/F4D
1/180 f4 +0.3EV ISO160 Photometry:Center-Prioroty WB:Preset(5600K)
Nikon Capture NX, Adobe Photoshop CS2
2008年5月撮影


お待ちかねのコルリさんのさえずりが聞こえるのですが、姿は見えず・・・。同行のtさんと一生懸命に声のする方向を探すものの、ついにお目にかかることは出来ませんでした、残念・・・。
「コルリさん、今度来た時にはlagopさんと遊んでくださいね!」

「キビタキ」
軽井沢キビタキ
Nikon D2X AF-S 500㎜/F4D
1/60 f4 -0.7EV ISO160 Photometry:Multi-Pattern WB:Preset(5600K)
Nikon Capture NX, Adobe Photoshop CS2
2008年5月撮影


-----
久々の遠征で痛感したのは、ガソリン代高騰による移動コストの上昇です。近場の鳥撮りでは然程感じなかったのですが、遠距離走る遠征においては結構頭の痛い問題ですね。単独行でスカでも食らった日にゃ、目も当てられませんね。
昨今の遠征は、今まで以上に乗り合い行かないと厳しいものがあります。その方が地球にも優しいし(ちょびっとだけど・・)。
という訳で、皆さま遠征の際には 是非是非lagopさんにもお声掛けいただけますと幸いです。
よろしくおねがいいたしますm(_ _)m。



AD

フクロウの子

テーマ:

もう、1年半年以上前のことになりますが、フクロウの雛に会いに行きました。巣立ち後 数日で、まだあまり人間に警戒心が薄いようです。早朝とはいえ日の出後なので、ほとんど目を閉じていますが、たまに目を開いてくれた瞬間に、そ~っとシャッターを切ります。
信じられないかもしれませんが、下の写真は「ノートリ」です。驚かせないように息を潜め、少しずつ近付きます。距離にして5~6m位だったと思うので、ゴーヨンの最短合焦距離ギリギリですね。

フクロウ_1
Nikon D100 AF-S500㎜/F4D
1/15 f4 -0.3EV ISO200 Center-Priority WB:DayLight
2006年5月26日撮影


まるで「こけし」の様に、微動もせずにじっと佇んでこちらを不思議そうに見つめる視線に吸い込まれそうになります。時折、首をぐるっと回して肩の凝りをとるような仕草をします。でも、生まれて数日で「肩凝り」に悩むってことはないですよね~。
木の葉の間から抜けるところを探し、こっそり撮らせてもらいました。

フクロウ_2
Nikon D100 AF-S500㎜/F4D
1/15 f4 ±0EV ISO200 Spot WB:DayLight
2006年5月26日撮影


こちらは、数日前に生まれた「お兄さん」。もう高いところに上がることが出来るようで、上から「弟(妹?)」を見守っているかのようです。なかなか下には降りてきてくれませんでしたので、どうしても空抜けになってしまいます。

フクロウ_3
Nikon D100 AF-S500㎜/F4D
1/100 f4 +0.7EV ISO200 Spot WB:DayLight
2006年5月26日撮影


時折犬の散歩などで近所の人が様子を見に立ち寄り、生まれてからの様子を色々教えてくださいました。長玉カメラマンは私を入れても3~4人でしたが、何せ至近距離なので コンパクトカメラで撮影をしているご近所の方も居ました。
私は小一時間ほど撮影してその場を離れました。まだ撮影を続けることも出来たのですが、あまりの近距離で撮影をしていましたので、ちょっとフクロウに悪い気がして・・・。近距離からレンズを向けられるのは、彼らにとってストレスだったかも知れませんね。
「ごめんね、でも ありがとう」

カワセミ求めて・・・その3

テーマ:

当blogですが、管理人持ち前の不精癖により、ここ9ヶ月ほどずっと月1~2回の更新ペースでありました。その間、撮影に出た日は鳥見メモ代わりになるべく撮影日記だけはアップするように心がけてきました(抜けている日も多々ありますが・・・)。まだあと2日分ほど日記が溜まっているのですが、3月中には何とか追い込んで、4月からは撮影ペースに追い着きたいと思います。という訳で、今日も約1ヵ月程前の日記整理です。

さて、表題のシリーズ物第3弾!・・・いつの間にかシリーズ化してしまいました。最近、県内でめっきりカワセミさんの姿を目にすることが少なくなり、いつの間にか「カワセミ難民」と化してしまった人の悲しい悲しい物語です。一年前はホバホバ天国だったのになぁ・・・。管理人としては、このシリーズが早く最終回を迎え、安定したフィールドでゆっくり・じっくり、カワちゃんを観察&撮影したいと心から望んでおります。

この日(2/12)も、カワちゃん的には、スカでありました。そこで、キジバトくんと遊びます。この子は、頸にある黒と青灰色のうろこ状斑がほんの少ししか見えませんね。若殿なのでしょうか?

キジバト若

Nikon D100 AF-S500㎜/F4D
1/320 f4 -0.3EV ISO200 Center-Priority WB:DayLight

2006年 2月12日撮影



困ったときのお友達、シジュウさんです。いやいや、そんなことを言っては、シジュウ嬢に失礼ですね。シジュウカラは私にとってとても大切な鳥さんです。

わたくし元々、鳥はどちらかといえば好きな方で、5年ほど前までは文鳥を飼っていました。今から約4、5年前、たまたま庭に来ていた野鳥がふと気になり、シジュウカラさんとのお付き合いが始まりました。その半年くらい後、発売直後のD100 を入手し、廉価版ズームレンズで初めて撮った野鳥がシジュウさんでした(その時まさか現在のように鳥撮りにドはまりするとは夢にも思っていなかった事は、言うまでもありません)。その後、70-300→300/4→500/4とガラス球が正常(?)な進化を遂げていくのに然程時間はかかりませんでした(^^; 今ではDiGiSCOなる便利な道具まで仲間に加わり、底なし沼へと嵌っていくのでした(合掌)。

撮影日記から話がそれてしまいましたが、要するに、シジュウさんは、管理人にとって鳥撮りのきっかけになった大切な存在なんです。だから、「初心忘するべからず」の思いを込め、プロフィの画像もシジュウサンなんです。

シジュウカラ

Nikon D100 AF-S500㎜/F4D
1/250 f4 -0.7EV ISO200 Center-Priority WB:DayLight

2006年 2月12日撮影



1 キジバト 2 シジュウカラ 3 コサギ 4 ヤマガラ 5 メジロ