極寒の地より ~その2

テーマ:
帰国の日、フライト時間まで余裕があったので GR片手に街を歩いてみました。この日の朝、最低気温はマイナス9℃ 最高気温は0℃の予報。この地に着いた日が、最低マイナス14℃~最高マイナス3℃でしたから、比較的暖かく感じました。天気も良かったので、余裕余裕と歩いていたのですが、30分程で前言撤回する羽目に・・・。耳がちぎれそうでした。。うぅぅ、寒い!

「建物_1」
建物1
RICOH GR Digital
1/500 f6.3 ±0EV ISO100 Multi-Pattern WB:AUTO
2007年12月撮影


因みに今週は、最低マイナス20℃~最高マイナス5℃・・・だそうです。タクシーの運ちゃんの話だと、冬のピークは 1月中旬から2月中旬 マイナス25℃~30℃とか・・・。想像を絶する零下の世界・・・。体験者の話では、「寒い」⇒「痛い」⇒「痺れる」と 感覚がグレードアップするとか・・・。

「街角_1」
街角1
RICOH GR Digital
1/200 f3.5 +0.3EV ISO100 Multi-Pattern WB:AUTO
2007年12月撮影


皆さん僕の目には薄着に見えるんですけど・・・・。寒くないのぉ~?
耳とか痛くないのぉ~?

「出勤風景」
出勤風景
RICOH GR Digital
1/160 f3.5 +0.7EV ISO100 Multi-Pattern WB:AUTO
2007年12月撮影


立派な建物でしたので、パチリ。日本でも丸の内近辺にはこのような建築の銀行や保険会社の本社(本店?)がありますね。「あ~るでこ調」っつうんですか?

「中国工商銀行」
中国工商銀行
RICOH GR Digital
1/320 f4.5 +0.7EV ISO100 Multi-Pattern WB:AUTO
2007年12月撮影


下の建物は、「旧大和ホテル」の建物だそうです。今は「遼寧賓館」という名のホテルになってます。NHKで放映していた関口くんの中国鉄道の旅でも紹介されてましたね。

「遼寧賓館」
遼寧賓館
RICOH GR Digital
1/250 f4 ±0EV ISO100 Multi-Pattern WB:AUTO
2007年12月撮影


ちょっと見えませんが、画面中央最奥にいらっしゃるのが「毛沢東」氏の銅像です。GRの広角レンズの真骨頂。格子線を表示してパースペクティブが最も効果的な構図を探りますが、そんな事してるうちにどんどん車が・・・、クラクションが・・・、でも、プレッシャーに負けずにパチリ。良い子は絶対に真似をしないでね。ここは日本ぢゃありません。

「lagopさん、轢かれますよ!」
轢かれますよ
RICOH GR Digital
1/500 f5 +0.3EV ISO100 Multi-Pattern WB:AUTO
2007年12月撮影


上の写真の先が↓です。「中山広場」に鎮座ましまする毛沢東さんの銅像です。パノラマ風&シンメトリック感が出る構図でちょいトリミング。

「毛沢東 老師」
毛老師
RICOH GR Digital
1/400 f5.6 +0.7EV ISO100 Multi-Pattern WB:AUTO
Photoshop CS2 レベル補正、2:1 トリミング
2007年12月撮影

AD