トータルリペアLagoon-Feel'dのリペアな日々

杉並を中心にクルマの内装とか、革製品とか、フローリングとか・・・リペアしたり、クルマ磨いたりしています


テーマ:

梅雨入りしたと思ったらいきなり暑くなったり。。。

また気温が下がったりで、体調崩しやすい季節です。

あれ、ワタシだけでしょうか!?

 

しばらくぶりの更新、恐縮です汗

 

今回はリペアでも小さな傷やフローリングのめくれや擦れではなく

お部屋全体の着色リペアです。

 

ご自宅のフローリングの汚れを落とす内容で

最初はご依頼をいただきました。

 

現場にうかがってみると、無垢のフローリングにシミ等が付き

これらの汚れを落とすお話しでした。

確かに黒じみが所々に有りますが、

この黒じみだけを除去するとなると、

除去した部分だけ下地がでてしまい

逆に目立ってしまう旨をお伝えしたところ・・・

 

『全部塗り替えをお願い出来ますか?』

と、言う方向にお話しが進み

汚れ除去から塗り替えリペアとなりました。

とてもお洒落なブリティッシュアンティーク調なお部屋です。

16帖程あるリビングダイニング音譜

とても親切なお客様でご自宅を建てた際の仕様書を

確認してくださいました。

新築当初に使用した塗料剤も教えていただき

早速施工に入ります。

 

以前に同じ様な内容で保育園や幼稚園の床補修を

施工させていただいた事が有りますが

教室とは異なり、部屋の形状が複雑な為、

マスキング作業に時間がかかりました。

床の汚れ除去と新しい塗料が乗りやすい様に

全体をサンディングする為、

粉塵が壁に付かない様に部屋全体を覆います。

 

これで安心してサンディング出来ますね!!

 

シミの除去はこんなイメージです。

 

隠ぺい率の高い塗料でもさすがに

このシミは隠せないと思います。。。汗

部屋全体のサンディングが終了しました。

下地が出た状態です。

シミも取れていますアップ

さて、ここから着色作業に入りますが。。。

塗装ムラとは異なるアンティーク調に塗装するにあたり、

ダイニング側とリビング側の濃淡をある程度考えて施工します。

 

コチラはダイニング側ビックリマーク

少し濃い目の着色を目指します。

 

 

こちらがリビング側ビックリマーク

少し薄めにします。

1回目の着色はこの様に

大よその着色イメージを付けて乾燥させます。

 

そして2回目の着色作業に入ります。

着色作業に入る前に、塗料表面のザラツキを取るために

番手の細かいペーパーヤスリで軽くサンディングをします。

これをやる事により、塗装表面の肌が整い

仕上がりに差が出てくるのですアップ

着色を進めながら、全体を見渡して色の濃淡を付けていきます。

と、言ってもかなり楽しんでやってます・・あせる

 

アメリカンアンティークの場合は1枚のフローリングの中で

色の濃淡を付けますが、

今回は部屋全体のイメージを考えて

その手法は少しだけにして、

各フローリング毎に濃淡を付ける様に心がけました(^_^)

着色作業はこれで終了ビックリマーク

 

この着色塗料を乾燥させたら

水性のクリア塗料を塗っていきます。

 

写真ではあまり分かり難いかも知れませんが

クリアを塗る事で薄い膜を作ってくれるので

傷も入り難くしっとりした艶感が出てきます。

 

2回目の塗装後も軽く表面をサンディングして

表面を整えます。

さて、クリア塗装をした結果です。

ダイニング側はこんな感じひらめき電球

分かり難いです・・・かねあせる

違った角度からもDASH!

 

リビング側ですビックリマーク

しっとり艶感が出てますねアップ

Before After ですクラッカー

 

 

どうでしょうか。

こうやって見るとBeforeも、使い込んだ床材の表情と

木のぬくもり感が出ていて凄く良い感じですねアップ

 

このお部屋で毎日、

『おはよう』『行ってきます』『ただいま』

『お帰りなさい』『おやすみなさい』

『お疲れ様』『お腹減ったぁ~』

と言う何気ない日常が繰り返されながら

色が剥げたり、傷が入ったり、シミが出来たり・・・

それでも気持ち良く生活していただけたら施工した甲斐がありますアップ

 

部分補修のみならず、全体的な補修も取り扱っております。

ラグーンフィールドのホームページはこちらから!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久々の更新です。

 

とても気持ち良い気候が毎日続いていますね~

 

オートバイで出かけたくなりますが・・・

 

お仕事をいただける事に感謝しつつ、

今回はヘッドライトの曇り除去ですビックリマーク

怒涛の4台

 磨きましたDASH!

 

まずは日産セレナからひらめき電球

左右共に曇りを落としてコーティングしておりますが

右側の写真を撮り忘れましたあせる

真ん中あたりの被膜がこんな事になってましたので・・・

はい、コーティングして出来上がりビックリマーク

続きまして、ホンダのミニバン、エリシオン目

こちらは結構、重症なイメージですね・・・(>_<)

左右共に同じくらいの曇り具合でした。

樹脂製のライトはデザインの自由度は高くなりますが

どうしても曇ってしまう弊害が生じます、仕方ないのでしょうか・・・

昔はガラスでしたからね。。。こんな事は無かったのでしょうけど・・・

 

さて、続きましてMAZDAのアテンザですねビックリマーク

え~と、、、こちらも結構な曇り具合で。。。

 

これがこうなりました!!

 

斜めから見てもこれだけ曇っており、デザインの良い

ヘッドライトも台無しですね。

綺麗になると気持ち良いですねアップ

 

さて、最後はウィッシュです。

 

写真では分かり難い状態ですが曇ってました。

 

このウィッシュは左のヘッドライトは曇っていなかったので

車両保管状態によってはそういう事もあるのですね。

もしかしたら交換している事も考えられますし・・・

こちらの4台はいつもお世話になっている

クルマ屋さんからの依頼でしたが、

最近は個人のお客様からもお問合せを多くいただいております。

 

カー用品店でもこの様な施工を行っていますので

曇っていても、クリーニングやコーティングで綺麗になるビックリマーク

と言う認識が広まっている証拠ですね。

非常に良い事だと思います。

交換しないでメンテナンスで使い続ける事も

エコ活動の一つです。

小さな社会貢献ですが、とても大切な事の様に思います。

 

ラグーンフィールドのホームページはコチラです

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は、クルマの内装リペアです。

 

18系クラウンビックリマーク

いわゆる『ゼロクラウン』と呼ばれているモデルですね。

 

クラウンと言えば、昔はオジサンのイメージで強く

「いつかはクラウン」などとキャッチコピーが

有りましたが・・・

 

ワタクシは昔から二輪が好きでしたので

「いつかはゼッツー」

と良く言っていたものです。

 

さて、今回はグローブボックスの上の部分

縦にヒビ割れが発生しておりました。

結構目立ちますね。
ベージュ系は特にそう感じます。

 

さて、ヒビ割れ箇所の反り上がった部分を削り

補修剤を充填しますビックリマーク

 

おっと、その前にマスキングの状態がどうなっているか。。。

と言うとですね・・・

この様な状態になっておりまして・・・

 

最後に顔料で塗装をする際、

余計な所まで色が入らない様にする為の準備です。

 

施工場所のBefore/After写真だけ載せて

施工プロセス写真を載せる機会があまり無いので

今回は写真を撮っておきましたあせる

 

マスキング作業は結構時間がかかります。

 

これを読んで下さってる方の中にはリペアをお願いしたことが有る方、

いらっしゃるかも知れません。

 

リペアプロセスを見る事が無いと思いますが

殆どの場合、ほんの数センチの傷をリペアする際、

こんな大がかりな事になっています。

 

さて、顔料でこの内装のベージュ色を作ります。

白、黄色、赤、そして明暗調整の為、少し黒を使っています。

 

こんな感じで直りました目

 

 

 

実はこのクラウンのオーナー様は

部品の交換を考えてディーラーに見積りを取ったところ

かなりの金額だったそうです。

 

数千円で入手できるパーツであれば

『交換』した方がお得ですアップ

 

ただし、こういった大きなパーツの場合は

中々『交換』と言う事にはならないですよね。

 

目立たない様になって良かったですひらめき電球

 

ホームページでも色々紹介させていただいております合格

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回の施工のご紹介は・・・

 

オープンカーの幌のクリーニングです。

なぜか、いつもこの時期に依頼が多いのですが、

梅雨に入る前にビックリマーク

と言う事でしょうか!?

 

今回はホンダS2000です。

 

外装は非常に綺麗な状態で維持されており

依頼先のチューニングショップの方に聞いたところ

オーナー様は屋根付き駐車場保管で

雨天走行も極力しなかった様です。

 

どうりで綺麗な状態を維持されている訳ですグッド!

 

FR、6MT、オープン、

抜群のスペックだと思います。

まぁ、自分には乗りこなす腕が有りませんから

憧れの一台として終わるクルマですね、、、

残念ですが。。。

 

さて、そんなS2000の幌の状態は

購入してからノーメンテと言う事で・・・

汚れが付着しておりました。

しかし、ボディが汚れているのとは何か違い

幌が汚れていてもさほど気にならない・・・

と、思ってしまうのは気のせいでしょうか!?

写真でみると汚れている箇所を撮影しますので

目立ちますが・・・

遠目でパッとみればホントに気にならないモノです。

 

しかし、下の写真を観れば

その考えは変わるはずです汗

 

専用クリーナーで掃除から始めます。

まずはクリーナーを塗布して5分程待ちます。

馬毛ブラシで丁寧にブラッシングして

吸い上げます。

 

それがこちらビックリマーク

一回目のクリーニングではこれだけの汚れが取れましたあせる

幌もボディと同様に汚れます。

ボディは水垢や汚れが目立ちますが

幌は室内のシート同様、汚れがあまり目立ちません汗

さて、2回目のクリーニング結果です。

殆ど、汚れが取れた状態ですね。

 

専用クリーナーのおかげで1回目のクリーニングで

殆どの汚れが落ちています。

が、念の為もう一回ビックリマーク

はい、3回目のクリーニングで吸い上げた汚れは

殆ど無くなりました目

 

さて、幌の状態は・・・

汚れが落ちた状態です。

あまり気にならなかった幌の汚れも

Before、Afterで比較すると

結構、驚きますね。。。。

 

再度、Before、After

 

 

さて、ここから保護剤を塗ります。

幌は紫外線による劣化が一番の原因です。

劣化が進むとヒビワレたり縮んでしまいます。

最終的にはフレームに当たっている部分から破れて

穴が空いたりしてしまいます。

劣化が進むと幌の強度自体が低下し、

雪の重みで穴が空いてしまった汗

なんて話しも有ります。

 

専用保護剤を塗布することで

生地を傷めず紫外線から守り

ヒビワレや劣化防止になります。

 

中々、お手入れする機会が無いオープンカーの幌DASH!

 

綺麗になると気持ち良いモノですアップ

 

ホームページでも色々ご紹介していますニコニコ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は家具補修です。

 

お預かりしてのリペアですひらめき電球

 

カテゴリー的にはクルマの内装補修と同じ

インテリアリペアに入ります。

革製品のリペアですビックリマーク

 

まずは革製の一人掛けソファーです。

肘掛部分に線傷が入ってしまった様です。

カッター等でスーっと切ったイメージの傷です。

 

クルマのシートにはあまり無い傷ですね。

リペア方法はクルマの内装と同じですけど・・・あせる

このソファー、新品なのでこんな傷一つ入っただけで

売れなくなったり大幅な値引きが必要になったりします。。。

分からなくなりましたねアップ

良かったですひらめき電球

 

さて、次はリピーター様です。

ダイニングチェアの破れです。

以前、同じチェアのリペアの依頼いただきましたが

今回も同じ内容です。

ウチもネコを飼っていますが、口でハグハグ、爪でガリガリ・・・

と言った内容の様です。

ウチのネコ達もやりますからね~あせる

 

さて、リペア前にクリーニングです。

パッと見、そんなに汚れていない様に見えますが・・・

実は・・・

 

こんなですショック!

左側がクリーニング前で右側がクリーニング後です。

 

革製品は中々クリーニングしようとは思いませんが

やってみるとこれだけ綺麗になります。

しかも、この後にクリアコートと言う

コーティングをすれば、汚れも付き難くなり

日常のメンテナンスは水拭きだけになります!!

 

さて、リペアはこんな感じです。

 

さすがにここまでガリガリにされてしまいますと

リペア跡が残ってしまいますあせる

もう少し何とかしたかったのですが、

コストと施工時間とクオリティのバランスが難しい所です。

 

 

 

ソファー等は貼り換えた方が良い場合と

部分補修の方がコスパが高い場合があります。

 

また『買い替える』と言う選択肢もありますが、

 『捨てない』「壊さない』『取り替えない』

『Repair』『Reuse』『Recycle』『Reduse』

が、コンセプトなので

出来る限り、コストを抑えつつ品質向上

短時間でのリペアを目指したいと思います。

 

家具等はお持込いただければお預かり施工も承っております。

 

ホームページはコチラからグッド!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。