トータルリペアLagoon-Feel'dのリペアな日々

杉並を中心にクルマの内装とか、革製品とか、フローリングとか・・・リペアしたり、クルマ磨いたりしています


テーマ:

いつもこのくだりから・・・

 

久しぶりの更新です・・・(;^_^A

 

いえ、ホームページではほぼ毎日更新していますので
是非、こちらも覗いて下さい。

決して怪しいページに飛ぶリンクではありません。

 

さて、今回は少し前に施工させていただきました
クルマ関連のリペアです。

 

立て続けにフィアット500のハンドルの擦れを2台
リペアさせていただきました。

 

何故か不思議ですが続く時は続くものですね。

 

2台ともに白いフィアット500でした。

シートの色は白と赤、それぞれ異なりました。
赤いシートの個車はシートも施工させていただきました。

 

まずはハンドルからです。

下矢印

まずは1台目のフィアット500、
中々の擦れ具合でした。
やはりハンドルの右側が擦れるんですね汗

こちらの個車はハンドルリペアのみです。

 

さて、2台目です。

下矢印

こちらのハンドルは1台目と比較すると

さほどダメージは無い感じです。
が、しかしこちらのフィアット500は

シートの擦れも併せてリペアの依頼をいただいており・・・

 

こんな感じでシワと色剥がれで
目立つ状態でした。

今回の依頼はコストを抑えたい要望もあり
相談した結果、シワの補修はせず
着色のみとなりました。


” リペア ”

手数次第で

” コストを抑える ”

事が可能です。

下矢印

今回の着色のみのリペアでも
ここまで目立たなくなります。

本当はシワも綺麗に直したいところですが
費用対効果を考慮すると
着色のみと言う今回の選択は
コストパフォーマンスが良かった様に思います。

 

下矢印

 

サイドサポート部は擦れも深くなく
着色のみでかなりキレイになった印象です。

 

 

座面は流石にシワが深かったのですが
それでもドアを開けた時の印象は
かなり向上したのではないでしょうか。

 

リペアにかかる費用は”手数次第”と書きました。

 

省いてはいけない工程と省く事も可能な工程

色々な手法が有りますので
こう言ったクルマの内装で

気になる事がありましたら
リペア屋さんに相談してみる事も

選択肢の一つに加えていただけると嬉しいですねキラキラ

 

住宅系のリペアもやっております。
ラグーンフィールドのホームページは

こちらから

 

クルマ関連のリペアはこちら

 

住宅関連のリペアはこちら

 

東京都でフローリングリペア
ウッドリペアを

お探しならラグーンフィールドへ!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

またもや久しぶりの更新となってしまいました。

 

 

実はホームページでは頻繁に更新しているので

のぞいてみてください。

 

 

さて、暫くクルマ関連のネタが多かったので

住宅系のリペア関連にしてみます。

 

例えば

こんなへこみを沢山付けてしまったり・・・

 

クローゼットの扉と床に何かが挟まり

綺麗な線傷を入れてしまったり・・・

 

マットや家具を置いていた跡が

くっきり残ってしまったり・・・

 

何か落としてボコッと

床がへこんでしまったり・・・

 

床にまつわる傷は色々あります。

 

借りている物件でも

マイホームでも

気になり出したら

 

さて、どうしよう・・・

と、顎に手を当て考えてみたりしませんか。

 

道は2つしかありません。

 

1つ目はそのまま放っておくガーン

 

もう1つは解決の道を進むキラキラ

 

この段階で解決の道を選んだ場合、

非常に簡単な解決策が有ります。

 

それは・・・

補修屋さんを呼ぶだけです。

 

下矢印

 

アッと言う間に直ります、

 

とは言いませんが

目立たなくしてくれます。

 

下矢印

 

費用と直った後の効果。。

それは十人十色なので一概には

申し上げれられません。

 

下矢印

 

でも間違いなくい断言できること、

 

それは、

 

” 直して良かった ”

 

と、思える事です。

 

下矢印

 

なので・・・

ほんの少しだけ勇気を出して

補修屋さんに電話やメールを

してみてください。

 

部分的な補修は

大量のゴミや廃材も出ません。

大きな家具を移動させる必要もありません。

(恐らく・・・あせる

 

大きな傷ではない限り

通常の生活の中で補修は

完了します。

 

” リペア ”とは

そう言うモノなのです。

 

 

ラグーンフィールドのホームページは

 

こちらからも覗けます

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かなり久しぶりにブログを書く入力画面を見ております。

 

機能が新しくなっている・・・

 

 

さて、今回は

直すほどでも無いけど

ちょっと気になっている傷、

クルマの内装の悩み事に関して

書こうと思います。

 

最近、相談を受けた内容です。

 

例えば・・・

 

『シートに小さな傷が入ってしまいました』

 

 

『ステアリングが少しだけスレてしまいました』

 

 

『ダッシュボードがベタついてます』

 

 

 

『ドアの内張の目に付く場所に

ひっかき傷が入ってしまいました』

 

どれも、直さなくても

クルマは動きます、

運転にも差支え有りません。

(ダッシュボードのベタつきはちょっと差支え有ります?!)

 

他人から見たら特に気にならない傷も

オーナー様本人にとっては

気になる傷、

 

ご相談いただくという事は

そう言う事ですね。

 

中には重症な場合も有りますが

クルマの内装リペアは

運転に差支え無いケースが殆どです。

 

 

下矢印

気になっている傷が有る場合は

まずは相談してみてはどうでしょう。

 

下矢印

リペアに要する時間や手間、コストと

愛車が綺麗になって

気持ち良く運転出来る、、

 

このバランスが取れるので有れば

リペアをお勧めします。

 

下矢印

 

バランスが取れない様であればお勧めしません。

 

いわゆる

”ドライビングプレジャー”

とでも言いましょうか。

 

今回はクルマの販売店様、

一般のユーザー様

それぞれお問合せをいただきました。

 

外装の場合は

『へこんだ』 『傷が入った』場合

鈑金修理をするケースが多いと思います。

内装の場合はなぜ、躊躇してしまうのでしょう。

 

内装はリペア可能な範囲があるのも確かです。

 

下矢印


 

まだまだ、内装リペアは

認知度が低いとは思います。

 

リペア業界全体で積極的に

告知をしていく必要もありますが、

 

クルマの内装のお悩みは

是非、内装リペア屋さんに相談してみて下さい。

 

きっと、何かしらの解決策や

アドバイスを受けられると思いますよ!!

 

 

ラグーンフィールドのホームページ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月も中盤に入り梅雨も本格的になり・・・

でもそんなに雨が降っている印象は無いのですが。

 

今回はヘッドライトの黄ばみ

いわゆる黄変(おうへん)の磨きと

コーティングです。

 

こちらはBMWミニのヘッドライト、施工前です。

 

このヘッドライトの黄ばみ、

様々な企業様が対処方法を日々研究していおりますが

これだ!と言う回答は無い様に思います。

 

それだけ、複雑な劣化症状の様な気がします。

下矢印

今、流通しているクルマのヘッドライトは

殆どがポリカーボネートと呼ばれる物が

主流だと思います。

 

当然、メーカーが出荷する際は

紫外線による色褪せや傷を防止する

ハードコート層と言われる耐候性の塗料が塗装されています。

表面のクリアーコート層は10ミクロン以下で

ボディの約1/3程度と言われています。

 

それが薄いのかどうかは分かりませんが

実際に街中を走っているクルマ、駐車場に停まっているクルマの

ヘッドライトを見ると、黄ばんでいるクルマを見かけます。

 

下矢印

 

この黄ばみの一番の原因は

ハードコート層に樹液や花粉、またワックス等の

溶剤性の物が蓄積され

紫外線により劣化、酸化被膜していく現象が

多いと思います。

なので長時間、紫外線を浴び易い

環境の場合、劣化が早い訳です。

 

その他、飛び石等による小さな傷が入ったり

様々な条件が重なり

ヘッドライト表面は劣化が進むのです。

下矢印

 

このハードコート層の劣化が進み

黄ばみだけ発生している場合は

量販店等で購入可能なクリーナーで

落ちる場合が多いと思います。

(100%落ちるかは分かりませんガーン

 

ハードコート層がひび割れてしまった場合は

残念ながらクリーナーで落とす事は出来ません。

コンパウンドだけで落とすのも

非常に困難だと思います。

この場合は耐水ペーパー等でハードコート層を

除去しないと綺麗になりません。

 

耐水ペーパーも番手を選ばないと

下手に傷を入れてしまうと

ポリカーボネート自体に傷を入れてしまいかねません汗

 

下矢印

 

実際にポリカーボネートの劣化が進み

小さなひび割れが多数発生しているヘッドライトも

見受けますが、この小さななひび割れは

残念ながらどうにもなりません。

ライトごと交換するしか無いのです。

 

写真で紹介した様にかなり黄ばみや白濁が進んだ

状態のライトはやはりペーパーで磨いて

ハードコート層を一度除去しないと綺麗にはなりません。

 

また、ハードコート層を除去したまま

なにもプロテクション的な物を塗布しなければ

すぐに黄ばみます。

何せ、ポリカーボネートに細かい傷が

入っている裸の状態と言う事ですからあせる

 

従いまして、最後にコーティング剤などを

塗布して裸のポリカーボネートを

守ってあげる必要が有ります。

 

この時、必ず脱脂作業を行います。

これ、意外と忘れがちですが非常に大切ですキラキラ

ただ、ポリカーボネートは有機溶剤に

弱いので、中性洗剤がベターですね。

 

コーティング剤を塗布したから一生問題ないビックリマーク

と言う事では無く、やはり紫外線によって

劣化してきます。

 

デザインの自由度が高くなるポリカーボネートによる

デメリット・・・

こんな所に出るとは思いませんでしたね。

 

昔のガラス製ヘッドライトのクルマは

今ほど、デザインが凝っていなかったのも

事実です。

 

 

 

ヘッドライトの黄ばみを取る作業、

DIYが好きな方は動画サイト等を参考に

ご自分でチャレンジすると思います。

 

でも注意しなければいけないのは

愛車のヘッドライトが現状どの状態なのか

見極めてからクリーナーや耐水ペーパーを

購入しないと無駄な出費をしてしまいます!!

 

 

ヘッドライトの黄ばみ

気になる方は

お声がけ下さい。

 

あっ、東京近辺のみ対応可能です(笑)

 

ラグーンフィールドのホームページは

こちらからどうぞ!!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とうとう、梅雨に入りましたね。

 

これからうっとしい季節になりますが

負けずに頑張っていきます。

 

今回はインテリアリペアと言われる

クルマの内装補修です。

 

まずはこちらから。

このおクルマのシートです。

 

メルセデスベンツのシートリペアです。

座面サイド部分で乗り降りの際に

一番負担がかかる場所ですね。

 

ひび割れと切れが生じています。

 

遠目から見ても目立ちます。

 

ひび割れ、切れている箇所を補修剤で直し

着色して終了です。

こんな感じで完了です。

 

 

続いてこちら。

このおクルマの・・・

シートのサイドサポート部のスレです。

ポルシェケイマンです。

 

以前に一度補修した跡がありました。

その補修剤が固まってしまっていました。

予算的な問題もあり

固まった部位はそのままで

へこみが残りましたがスレは完全に無くなりました。

 

最後にこんなおクルマです。

マイバッハです。

非常に豪華なクルマです。

 

リアのドアがこんなに大きいです。

 

後ろのスペースもこんなに広いのですびっくり

 

こちらはドア枠とトリムの境目に入った色ハゲです。

ちょっと目立ちますね目

 

 

下地処理をして、塗料を調色し塗装して完了です。

下矢印

 

 

と、簡単に書きましたけど

非常に塗装しにくい場所でした。

下矢印

 

養生もこれだけドアが大きいと、通常フロントガラスに使う

養生シートを使いました汗

 

この養生、施工の工程上、大半を占めます。

 

下地処理と養生が完全でないと

綺麗に仕上がりませんから。

 

しかし、何年やっても何台リペアしても

色合わせは緊張しますねどきどき

 

ラグーンフィールドのホームページはこちらから!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。