トータルリペアLagoon-Feel'dのリペアな日々

杉並を中心にクルマの内装とか、革製品とか、フローリングとか・・・リペアしたり、クルマ磨いたりしています

NEW !
テーマ:

クルマ関連と住宅関連を交互に

書いております。

 

今回はやはり原状回復作業として

ご依頼いただきました。

 

まずはキッチン扉のシートが剥がれている補修です。

いずれの扉も主に下の部分に剥がれ、

膨らみが生じていました。

 

水分を含んで膨れてしまい

シートが浮いてしまう有りがちな症状です。

これ、本来はシート全部貼替えるべきですが

現状回復作業も予算はありますし

『部分補修』を謳っている以上は

様々なニーズにお応えすべきなのでビックリマーク

 

低コストで見た目をキレイにする場合は

デザイン貼りの様に補修部分のみ、

違う柄のシートを貼る方法があります。

あまりお勧めはしていません・・・

今回は滅多に無いこの方法で施工して欲しいと言う

ご依頼をいただきましたので紹介させていただきます。

 

実際に膨らんでしまった場所のシートを切り取ると

下地は水分の吸収と乾燥を繰り返して

デコボコになっています。

このまま、新しいシートを貼っても

当然デコボコの状態になる為

パテ盛りとサンディングをして

表面を平滑にしてからシート貼りとなります。

 

殆どの場合シートを貼りかえる場合は

下地に何か問題が有って浮いたり

剥がれたり、膨らんだりしますので

この様に下地処理が必要になります。

 

今回はデザイン貼りの様に仕上げる為、

膨らんでいない扉に関しても

一部貼替え作業を行い統一感を出しています。

こちらの扉は特に剥がれも生じていなかったのですが

あえて貼替得ています。

 

 

これで目立つ浮き、剥がれ、膨らみは無くなりました。

まさに究極の部分補修です叫び

 

リペア方法に正解はありません。

先日の紙製の壁紙補修もそうでしたが

色々なケースに対応出来る様に

これからも精進して参ります目

 

その他の施工もホームページで紹介しています!!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回はクルマ関連でも

ヘッドライトの曇り、汚れを除去して

コーティングの作業でした。

 

立膝と中腰状態が続く為か

腰が痛くなり足は筋肉痛になりました。

 

翌日以降ですけどね・・・あせる

 

まずはアルテッツアです。

マスキングを貼り始めてから

『あっ、写真あせる

右矢印

右矢印

 

続きましてビスタ アルデオです。

右矢印

右矢印

 

ふぅ~汗

さて、次はシエンタですねビックリマーク

こちらはパッと見た際に

全体的にモヤモヤしていたので

嫌な予感がしました。

右矢印

右矢印

この時代のトヨタのヘッドライトは持病なのか

古い被膜を剥いでから磨いて

コーティングを施しても

青白くもやっています。

エスティマやクラウン等にも

この様な症状が見受けられます。

完全にはキレイになりませんガーン

 

・・・

そろそろ膝が痛くなり、腰がウズウズしてきましたよどきどき

 

あと一台、頑張らないとDASH!

 

これらの黄ばみは元々、新車時のコート剤が変色した物で

油分や汚れが付着し、紫外線・赤外線によって

焼き付いてしまったり、コート剤が剥がれて

表面がザラザラになったり。。。

 

ヘッドライトのデザインを自由に出来る様に

プラスチック(樹脂製)になった為、

保管状態によってはこのように黄ばみが

生じる様になってしまった訳ですね。

 

余談ですが、北側向きの駐車場に停めているクルマは

比較的、この様な曇りや黄ばみが少ない様です。

ワタシも所有していたクルマは駐車場が北側向きでしたが

過去に黄ばんだ記憶がありません。

 

さて、最後はアテンザです。

右矢印

右矢印

正面から写真を撮っても黄ばみ・汚れが

分かり難かったので、斜め上から撮影しました。

 

 

昔のクルマのヘッドライトは、

デザインは今ほど複雑ではなかった半面

ガラスだったのでこの様な

黄ばみは生じなかったと思います。

 

クルマは快適な移動手段として普及していますが

外装は思っている以上に過酷な条件下にさらされています。

 

気にしなければ全く問題無いのですが、

一度気になり始めるとダメですね。

 

今回は車屋さんからのご依頼でした。

中古車を購入する時に

お客様が気になる部分ではあります。

 

外装でもすぐに目に入る場所ですからね。

 

 

ラグーンフィールドのホームページはこちらからビックリマーク

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ようやく涼しくなりましたね。

 

秋・・・ですね~

 

交通安全週間も始まり

暑さ寒さも彼岸まで・・・

 

という事で今回は久しぶりに

靴、スニーカー、オートバイ用ブーツの

リペアと色替えのご依頼です。

 

インテリアリペアと同じで

革製品の補修です。

 

まずは革靴から!!

良く有りがちな、つま先の擦れです。

 

 

ササっとクリーニングしてから

軽く補修材を充填後、カラーリングして完了しましたキラキラ

 

革靴は擦れてしまうと靴墨を塗っても

目立ちます。

特につま先は・・・

 

電車の中で踏まれたりキャビネットにぶつけたり・・・

ワタシも良く傷を付けてました。

 

革靴は特にキレイにしておきたいモノですビックリマーク

 

 

さて、次は普段使用しているスニーカー。

ハイカットのスニーカーですがこちらも

つま先、かかとの擦れです。

革製品は耐久性もあり長く使えるモノですが

使っているとこの様な状態にもなります。

 

これはこれで、味が有ります。

手に馴染んだり、足に馴染んだり

使い込んだ革製品は何とも言えないですよね。

 

さて、これからもまた使い込んでいただき

また擦れたらリペアのご依頼をいただければと。。。

 

最後はオートバイ用のブーツです。

こちらは知人からの依頼ですが、

色替えのお話しです。

 

それなりに使い込んでいますがボロボロと言う感じでもありません。

このPUMA製のバイク用ブーツは

軽くてスニーカーの様な履き心地らしいです。

 

ステッチで表現されているPUMAのデザインラインを

白くしたい!と言う依頼です。

 

 

3種類のクリーナーを使用した後

マスキングを施しカラーリングです。

調色は白と、鮮やかさを出す為にほんの少~し黒を入れました。

 

鮮やかにするのに黒を入れる?

そうなんです、色ってふしぎですよね~叫び

 

さて、カラーリングして、デザインライン部分は完了です。

 

その他、甲の部分や、かかと等をカバーしている

ガード部分に擦れが有った為

ついでにリペアビックリマーク

 

オートバイ用なので、すぐに擦れてしまうとは思いますが

見た目がかなりキレイになったと思いますクラッカー

 

この部分は真っ黒ではなく濃い紺色でした。

写真では紺色が強く出ていますが

肉眼では黒に近い紺色です目

 

革のシットリした質感とツヤが復活しました。

革製品なので色替えと言う選択肢もある訳ですね。

 

自分だけのオリジナルカラーで

履き潰すのも良いですねアップ

 

ラグーンフィールドのホームページはこちらから

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は紙の壁紙補修です。

 

通常、使用されているビニルクロスとは違い

紙の壁紙は非常に薄く水分は

染み込んでいきます。。。

強くこすると剥がれてしまい

補修困難と言う状態でした。

 

こちらも養生シートやマスキングシートなどを

剥がす際に一緒にクロスも剥がれた様な

イメージです。

 

今回の補修は現物を見て無理であれば

お断りしようかと思っておりました。

 

しかしこの壁紙、約10年前の輸入製品で

既に入手困難だと言う・・・

 

何とか目立たなくできないだろうか・・・

 

と言うオーダーに何とか応えたいと思い

消去法で・・・

ビニルクロスの補修方法は無理・・・

着色可能なパウダーで目立たなくさせる事も考えましたが

上からカバー(クリア塗装)をしないと色が落ちるので

それも無理・・・

 

ラッカー系は勿論、エナメル系もウレタン系も

アクリル系も液体は染み込んでしまい無理。。。

 

と、いう事で最終的にはスプレー糊と

特殊ファイバーを使用する事にしました。

 

理由は水分を多く使用せず

上からカバー(クリア塗装)も不要。

 

現場で色を作ります。

いわゆる調色と言われる段階で

3種類の色を作りました。

 

薄くスプレー糊を吹いてファイバーを塗布、

ヘラで軽く抑えて厚さが出ない様に調整。

 

この作業を繰り返して

目立たない状態になりました。

 

特に既に入手困難な物は

『交換』出来ない為

『補修』と言う技術で

再現するしかありません。

 

悩んだ挙句、

選んだ補修方法で施工し

お客様に喜んでいただけた事が

何より嬉しいです。

 

ま、内心上手く仕上がってホッとしました・・・

人間ですからあせる

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近はクルマ系と住宅系の

ネタが交互になっていますが・・・

 

本当に不思議な事に

交互にお話しをいただいております。

 

今回は2つの現場から・・・

この様な感じの表面の色剥げが生じておりまして。。。

強い粘着質の養生テープを剥がす際に

表面も一緒にはがれてしまったイメージですね。

 

この様に表面だけ剥がれた傷でも

剥がれた部分は少なからずへこみが生じています。

見た目ではさほど目立たない様にも思えますが

補修する際は、元の高さに戻す作業が必要です。

 

着色のみではない為、

簡単そうに見える補修内容ですが

想定以上に時間がかかる事があります。

 

 

無事に目立たなくなりました。

こちらはご在宅での施工で

緊張しましたあせる

 

次の現場です。

マンションの原状回復となります。

表面が見事に剥がれており、

えぐれた傷です。

 

 

 

無事こちらのえぐれた傷も補修材を充填し

着色してリペア完了ですアップ

 

ご依頼いただき本当に感謝ですビックリマーク

 

ラグーンフィールドのホームページです

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。