マクロミルへ登録




ブログタイムズ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
2012-01-17 10:25:26

八日目の蝉

テーマ:映画 や行

テレビシリーズは良かったけれど、
キャストを変えて映画化すると聞いても
何度も観たいという話ではなかったので
観る気はありませんでした。
丁度公開している時に、
テレビで数人の映画評論家が
この映画の感想を言っていて、
男性は、けちょんけちょんでした。
ただ一人女性の方が絶賛していたのですが、
「子宮で観る映画だ」という表現をしていたのが嫌で、
またこの方が私が去年の№1と思っている
ブラック・スワン 」を低評価にしてたので
私の中で必然的に観る気を全くなくなってしまっていたのでした。
ところが、先日、脚本ゼミの友人と話していて
この映画が良かったというので
観てみることにしました。


1995年10月東京地裁。
秋山丈博・恵津子夫婦の間に生まれた、
生後6カ月の恵理菜を誘拐し、
4年間逃亡した野々宮希和子への論告求刑が告げられる。
会社の上司で妻帯者の丈博を愛した希和子は
彼の子供を身ごもるが出産は叶えられず、やむなく堕胎。
そんな時、丈博から恵津子との子供のこと知らされた希和子は、
夫婦の留守宅に忍び込み、
赤ん坊を抱かかえて雨の中を飛び出す。
希和子は子供を薫と名づけ、各地を転々としながら、
流れ着いた小豆島でひと時の安らぎを得るのだが。。。


良かったです。
いやー、やっぱり観てみるべきですね。
男性評論家の一人が、
小豆島の観光映画といっていたのですが、
そんなことは全くありませんでした。
冒頭の森口瑤子さんで引き込まれました。
テレビ版で同じ役の板谷由夏さんも良かったですが、
森口さんも良かった。
友人が小池栄子さんを絶賛していたのですが、
小池さんだけでなく、
永作博美さんや井上真央さん、
実力のある人が揃っているので見ごたえあります。
余貴美子さんのエンジェルさんの解釈は
テレビの方がいいかなぁ。
変な人というより、
一見、普通の人がエンジェルさんという方が
良い気がする。
わかりやすいといえばわかりやすいし、
余さんのエンジェルさんも良いのですがね。
これは個人的好みですね。
何より良かったのは短縮の仕方です。
私はテレビ版も観ているし、
原作も読んでいるのですが、
映画版のエピソードのカットの仕方は
上手いなと思いました。
何を見せたいのかがはっきり見えたし、
成功していると思います。
大体、エピソードを削られると残念な感じになるのですが、
そんな気にはならなかったです。
ま、この作品に思いれがないせいかもしれませんが。( ^ _ ^;
男性評論家たちがこの映画を低評価した理由の一つに
ヒロインがどれくらい相手の男を愛したかが
全く落ちているので
何故そこまで子供にこだわったかがわからないと言っていましたが、
創り手は、母と子とという関係に焦点を当てたかったと感じたので
それを入れなかったのはうなづけるし、
原作にも確かなかったような。。。
これが男性に理解できないというのであれば
あの女性評論家が「子宮で観る映画」という表現をしたのは
仕方がないかなと思わなくもないです。
でも、そう言われて観に行く人っているのかな?
映画評論家を名乗るなら、
褒めてもけなしても、
映画館に人が行くようにしなくてはいけないんじゃないの?
と思うのですがね。
井上真央さんがラブシーンをやっていて
おばさんはちょっとクラクラしましたよ。f(^^;)
月日は確実に過ぎていく。。。



ストーリー  ★★★
映像     ★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★★

人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

laerl38さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。