マクロミルへ登録




ブログタイムズ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
2011-10-17 01:15:21

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

テーマ:洋画 さ
予定が一日ぽっかり空いたとき何する? ブログネタ:予定が一日ぽっかり空いたとき何する? 参加中

先月はほとんどレビューを書かなかったので

今月こそは!

というわけで行って来ました、映画館。

この映画は、最初、また新たな猿の惑星の話かと思い、
それはもう結構と思って、
観る気はなかったのだけれど、
どうやらそうではなくて、
何故、猿と人間の立場が入れ替わったか?という話らしいので、
それはとても興味がある!ということで
観ることにしました。


サンフランシスコの製薬会社研究所で
開発中のアルツハイマー病の新薬が投与されていたチンパンジーが
急に暴れ出し、射殺される。
そのチンパンジーが産んだばかりの子供を
神経化学者ウィルは自宅に連れ帰り、
“シーザー”と名付けて育てる。
高い知性を発揮し始めた“シーザー”を見て
ウィルは研究所から持ち出したその薬を
アルツハイマー病で悩んでいた自分の父・チャールズに投与する。
彼の病気は劇的に回復するものの5年後、
その反動で前より悪化してしまう。
ある日、隣人とのトラブルを起こしたチャールズを救おうとした
シーザーがその隣人に怪我をさせてしまい、
霊長類保護施設に入れられる。
一方、ウィルはより強力に改良した新薬の実験を行うのだが。。。


意外にも客層の年齢が高かったです。
多分、オリジナル世代(笑)
やっぱり皆気になるんでしょうねぇ。
意外にも客層の年齢が高かったです。
多分、オリジナル世代(笑)
やっぱり皆気になるんでしょうねぇ。
映画自体は退屈しないで見ることが出来ました。
面白かったです。
でも、人間と猿の立場が逆転したというきっかけが
割と普通で物足りないですね。
ウィル役のジェームズ・フランコは
127時間 」の役はぴったりだったけれど、
今回の役は頭が良い感じに見えなかった(爆)
薬を吸って、知能が高くなる前後で
目の色だけではなく、
猿たちの顔つきが知的に変われば面白かったのにと思いました。
それと後に出てくる、
ゴリラ族(?)とオランウータン族(?)の確執みたいな前兆がもっとあっても良いのに
と思いました。
突っ込みどころも結構ありましたね。
保護施設から逃げた猿たちの数、
増えてませんでした?( ^ _ ^;
橋辺りでは物凄い数!(笑)
そして、続編ありそうな、エンディング。

とかなんとか、言いながら
結構楽しめました。
しかし、
オリジナルからずっと変わらない感想は、
猿って怖い~~~(>_<)



ストーリー  ★★☆

映像     ★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★★


人気blogランキングへ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

2 ■細胞分裂猿(笑)

動物園に行く前、
山の上で既に物凄い数になってました。( ^ _ ^;
やはり細胞分裂ですかねぇ。。。

1 ■猿の数

> 保護施設から逃げた猿たちの数、
> 増えてませんでした?( ^ _ ^;

こんちは。
あれは近くの動物園の猿を保護施設の猿が先導して逃がしてるので増えてます。いや、もしかしたら、ウィルスが猿の頭を良くするだけでなく、無性生殖で細胞分裂猿になったのかも(なったのかもじゃないよ、俺)

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。