マクロミルへ登録




ブログタイムズ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
2011-06-10 11:29:20

ダイアナの選択

テーマ:洋画 た

気になっていたのですが、見損ねました。
見た友人は面白かったというので
期待します。


コネチカット州郊外の小さな町に、
母親と二人で住む17歳のダイアナは、
小さい町の息苦しさにうんざりしていた。
ひょんなことで正反対の性格のモーリーンと仲良くなり、
隣家のプールに忍び込んだり、ボーイフレンドの話をしたり、
時には喧嘩もしたり、
未来を夢見ながら、日々を過ごしていた。
そんな時、高校で銃の乱射事件が起こる。
女子トイレにいた二人の所に銃を持ったクラスメイトが現れ、
「どちらかひとりを殺す」と非情な選択を迫るのだった。
15年後、32歳となったダイアナは美術教師をしながら、
新進気鋭の哲学教授の夫と娘と閑静な住宅街に暮らしていたが、
15年前のあの事件は彼女に暗い影を落とすのだった。
事件の15周年の式典が近づき、
彼女は悩んだ末、その式典に出席することにするのだが。。。


おっとっと。
事前の情報をほとんど入れないで観たのですが、
こういう映画だったとは。。。
嫌いではないですが
ちょっとわかりにくいです。
深い映画ですね。
映画「ドニー・ダーコ」を思い出しました。
ともかく映像が綺麗です。
きっとダイアナを通して見ている映像なんでしょうね。
「人間の体の75%は水でできている」とかゴーギャンとか
ラストの伏線になりそうなことが結構出てきてるんですけれど、
気がつきませんでした。
「心臓は一番強い筋肉だ」という台詞、
「heart」は心臓と訳されてましたが、
心ともとれます。
フラッシュバックって、
あんな感じに見えるんでしょうか?
奔放に見えても真面目に悩む少女の心の機微が丁寧に伝わって
良かったです。
たとえ悲劇に終わっても
私はダイアナが最後にとった選択でほっとしてしまいました。
やっぱり人間を信じたいです。
最後に見たものがあれなら、
救われる気がします。
見る前は原題の「THE LIFE BEFORE HER EYES」って意味が
あまりよくわかりませんでしたが、
見たらなるほど、と思います。
モーリーン役のエヴァ・アムーリは
スーザン・サランドンの娘だそうです。
言われてみれば、似てますね。(^^)
今後に期待したいです。


あとからしみじみ来る良い映画です。
砂と霧の家 」の監督だそうですね。
この作品もとても良かったです。
この監督の作品に出たいです。



ストーリー  ★★★
映像     ★★★☆
音楽     ★★★
総合評価  ★★★☆


人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

laerl38さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。