マクロミルへ登録




ブログタイムズ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
2011-03-07 14:44:10

東京島

テーマ:邦画 て・と

43歳の中年女が23人の男と無人島で共同生活!
ヒロインと同年代の私は
非常に興味あります、非常に!


結婚20周年を記念して、
ヨットで二人きりのクルーザー旅行に出かけた清子と隆は、
途中で嵐に遭い、太平洋に浮かぶ無人島に漂着する。
43歳で専業主婦だった清子はサバイバル生活に順応していくが、
隆は島の生活に馴染めず、衰弱していく。
清子がそんな隆に苛立ちを感じ始めた頃、
与那国島でのきついバイトから逃げ出して遭難した、
16人の若いフリーターの男たちが漂着する。
共同生活を始めた彼らは島を“東京島”と名づける。
ある日、隆が崖から不可解な転落死を遂げる。
男たちに大事にされ、女王のような扱いにまんざらでもない清子だったが、
密航に失敗した6人の中国人が漂着し、
少しずつ島のバランスが崩れていくのだった。


がっかりな映画でした。
何がやりたいのかさっぱりわからないのです。
これ、ヒロインがブサイクだったら面白いと思うのですが
木村多江さんが綺麗なので、
展開に意外性がないのです。
原作ではヒロインは「白豚」と揶揄されるような容姿らしい。
それだったら面白かったと思う。
ヒロインがブサイクでも十分面白い映画になるのにな。
阪本順治監督の「 」は最高に面白かった。
ブサイクなヒロインが段々綺麗になっていくし。
この映画では地味なヒロインが~という設定らしいけれど
夫婦が島に漂着してするところから始まるので
清子の変化もまるでわかりません。
地味な女はエルメスなんて持たないと思うのですが。。。( ^ _ ^;

映画の音楽って、

世界観を担う大事な要素になると思うのだけれど、

これもどうしたいのか、わからない。

後から来た女性たちに対して、

中国人たちが割りと紳士的なのも違和感でした。

よくわからないところも沢山あり、

不完全燃焼。

木村多江さんの濡れ場も少ないので

それを期待した人も不満なのじゃないかしら?

窪塚洋介氏を久しぶりに観たけれど、

よかったです。

綺麗な顔立ちだし、存在感あり。

あの独特の芝居が出来るのは彼しかいないかも。


何がやりたいのかよくわからない作品が

一番ダメだと思う。

桐野夏生女史の原作は未読なのですが、

1945年から1950年にかけて、

マリアナ諸島のアナタハン島で

実際に起きた事件を元にしているみたいそうで、

そちらの方がずっと劇的かもしれませんね。


ストーリー  ★★☆
映像     ★★★

音楽     ★★☆
総合評価  ★★


人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

laerl38さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。