マクロミルへ登録




ブログタイムズ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
2010-03-05 14:35:57

かいじゅうたちのいるところ

テーマ:洋画 か
最近泣いた? ブログネタ:最近泣いた? 参加中

鑑賞券を頂いてたのですが、

未だ行けず。

これでは上映が終わってしまうと

慌てて上映している映画館を探したのですが、

近くではもうレイトショーしかなくて

それでもチケットがもったいないし、

観たい作品でもあったので行くことにしました。

驚いたのは、小さい映画館だとはいえ、

日曜の夜だと言うのに、

満席でした。(+o+)


空想が大好きな8歳の少年マックスは、

母と姉との3人暮らし。

近頃母も姉も自分をあまり構ってくれず、

傷ついたマックスは母とケンカし家を出る。

たどり着いた浜辺にあった船に乗って海に漕ぎ出し、

そして着いたところは、かいじゅうたちが棲む島だった。

マックスはかいじゅうたちの中へと入っていき、

「僕は王様だ!」と言う。

そしてかいじゅうたちの王様になるのだが…。


この原作の絵本、家にあったのですが、

こんな話じゃなかったと思うのですが。。。( ^ _ ^;

親に怒られたマックスが、

かいじゅうたちの住むところに行って、

踊ったり愉快に暮らすんだけれど、

やっぱり家に帰りたくなって、帰る。

そんなたわいもない話だったような。。。

この映画はもっと辛口です。
このかいじゅうたちは、

かいじゅうの形をした大人です。

映画を観終わって、私は何だか辛くなってしまいました。

大人だって、

孤独がどうやったらなくなるかもわからないし、

悲しみバリアが効かないことがあることも知ってる。

子供じみた喧嘩で相手を深く傷つけてしまうこともあるし

違っているとわかっていても

敢えて、認めたり、受け入れたりすることもある。

マックスはかいじゅうたちに言います。

「君たちにもママがいればいいのに」

そして、ママの所に帰っていきます。

かいじゅうたちには帰るところがありません。

そして、私(大人たち)にも。

自分たちでなんとかするしかないのです。

退屈だったというレビューを沢山読みましたが、

私は退屈しませんでした。

ただ悲しくなってしまいました。

映画館では泣いている人もいました。

子供と観に行った方は、

お子さんとは見方が違うでしょうね。

子供はマックス目線になるのかな?

原作のファンの方は、複雑な気持ちになると思います。


かいじゅうたちの造形が評判良いみたいですが、

私は彼らの作る、家が好きでした。

美術や風景、そして音楽が、

独特の世界を作ってました。

問題なく航海をして、

普通に家に帰って受け入れられる。

やっぱりこれは童話なのです。

かいじゅう踊りのシーンは絵本のイメージのまま。

だけれども内容は、

ちょっと辛口かもしれません。



ストーリー  ★★★
映像     ★★★☆
音楽     ★★★☆
総合評価  ★★★


人気blogランキングへ

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

laerl38さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■かいじゅう。

それがかいじゅうなのかなぁ、と思いました。
私はそれが妙に人間ぽくて
何だか悲しくなってしまいました。

5 ■かいじゅうたちが恐い...

はじめまして。

かいじゅうたちのいるところ、確かに造形はすばらしかったです。ですが、かいじゅうたちが恐かったです。

なんか感情がむき出しというか、トゲトゲしいというか、主人公の少年もふくめて、なんか歪んでる気がしました。

4 ■ファンタジー。

ファンタジーというよりは、
私にはなんか現実的でした。
辛い毎日を送っているからかもしれません。(笑)
音楽や雰囲気は良かったですよね。(^^)

3 ■無題

こんにちは。
いつもTB、それにコメントありがとうございます。

個人的にファンタジーは好きなんですけどね。
本作に関しては、退屈だったと、感じた一人です(泣)。

言わんとしていることは、判るような気にもなってますが、それがあまり深く突き刺さらなかったかな。

2 ■ですよね。。。

相手が王様じゃないってわかっていても
王様を求めてしまうのも分かる気がするんです。
それがまた悲しい。
大人って大変ですよね。(T^T)
これは大人向けの映画なのかもしれません。
辛いですけど。(>_<)

1 ■大人だって

TBありがとうございます。

>大人だって、
>孤独がどうやったらなくなるかもわからないし、
>悲しみバリアが効かないことがあることも知ってる。

いや、まったく。
尋ねる相手もいませんし。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。