マクロミルへ登録




ブログタイムズ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
2009-05-10 01:27:49

鈍獣

テーマ:邦画 て・と

最近いいことあった? ブログネタ:最近いいことあった? 参加中


舞台挨拶付き試写会に行ってまいりました。\(^0^)/

同行者が可能だったので、

主演の浅野くんが好きな妹を誘いました。

私は特に贔屓の人はいなかったので、

ジェロの歌が聞ければいいなという感じ。(笑)


ショッキングピンクのボードの前には、

ラメっぽい鈍獣の派手なオブジェ。

司会の人の紹介で、細野ひで晃監督、

浅野忠信、北村一輝、ユースケ・サンタマリア、南野陽子、佐津川愛美、ジェロという

豪華な顔ぶれが壇上に並びました。

私たちはかなり後ろの席だったのですが、

男性陣の格好いいこと!(*^^*)

会場からも、格好いい!と声が漏れました。

私は南野陽子さんの美しさにびっくり!

顔、ちっちゃ!

彼女、私と同い年なんですよね。( ^ _ ^;

真木よう子さんは出産間近ということで欠席。

ユースケ・サンタマリア氏が場を盛り上げようとしてました。

この人、たぶん気遣いの人なんだろうなぁという感じ。

「彼は実はナイーブなところもあって、撮影中よくトイレに行っていた」と

共演者からばらされてました。

本人は「現場ではユースケタイムと呼ばれ、

よく皆さんを待たせてしまったが、逆にそれが良いブレイクタイムになった」と

そこも笑いに持っていこうとしてました。

映画初出演となった黒人演歌歌手のジェロ氏は、

挿入歌「流浪の街」を歌ってくれて、ジェロの生歌が聞けて、

ファンではないけれど、私は何だか満足しました。(^^)v

映画に関しては

「(共演の)皆さんから分かりやすい指示をいただき、いるだけで勉強になった」

という謙虚なコメントの他に、

「皆さん、割り切ってやってました」と、一瞬、場が凍る発言をし、

よくよく聞いたら「役になりきって」と本人は言いたかったらしい。^_^;

ニホンゴ、ムズカシイネ。

映画は順撮り(脚本の流れどおり撮影する)だったらしく、

監督は「だんだん演技がうまくなっていくジェロさんも見どころ」と言っていた。

その細野ひで晃氏の初監督作品です。

脚本は、宮藤官九郎氏が、

演劇界の芥川賞、岸田國士戯曲賞を受賞した舞台用の脚本を

自ら映画用に書き下ろしたらしい。

主演の浅野氏は役作りについて、

「脚本はすごく面白いのだけれど、読むのとやるのとでは大違い。

普段はやらない思い切ったことをやろう、

それが自分のキャラクターにはあっていると思いました」と言ってました。

メディア用の撮影もあったけれど、たっぷり30分、

お腹いっぱい楽しめました。

さて、上映開始です。


処女作を書き上げた直後に消息を絶った小説家の凸川。

担当編集者だった静は独自に取材を始め、

凸川の出身地で相撲中心の田舎町、ときわににたどり着く。

凸川が最後に訪れたホストクラブ『スーパーヘビー』を訪ねると

そこには凸川の同級生のホストの江田と警察官の岡本、

江田の愛人の順子ママとブリっ子ホステスのノラがいた。

静は、4人から奇妙な話を聞く。

江田と岡本は、

自分たちの忌まわしい過去を小説に連載している凸川を殺そうとしたと言うのだ。

しかし、凸川は全く気付かない。

それどころか、

何度殺しても凸川は絶対に死なないと言うのだった?!


監督の細野ひで晃氏の服がPOPでお洒落だったのですが、

映画もそんな感じで、可愛い服や凝ったセットが出てきます。

北村一輝、ユースケ・サンタマリア、南野陽子、佐津川愛美が

濃ゆ~~~い芝居をしていているのです。

浅野氏もキャラクター的には濃い役なんですが、

おっそろしく自然です。

私は、何をやっても浅野忠信って感じであまり好きな役者ではないのですが、

自然さはダントツです。

しかも他のキャラに決して負けてないのが凄い。

ただ者ではないですね。

佐津川愛美さんは、

舞台挨拶の時にはオーラでは他のベテランの方々に負けてたのですが、

映画の中では一番良かったです。

とってもキュート。

若い頃の藤谷美和子(うっ!歳がわかる)と

山瀬まみと矢口真理をごっちゃ混ぜにした感じ。

私、気がつかなかったのですが、「腑抜けども悲しみの愛を見せろ 」の

ヒロインの妹役だったんですね。

感じが全く違います。

これからの注目株の一人にしておこうと思います。

彼女は二十歳になったばかり。

若くて才能があってうらやましいです。


上演時間は106分で決して長くはないのですが、

私の苦手な不条理劇でこれ以上長かったらきつかったかも。

凸川が何故死なないかとうことも

何故凸川が、自分が殺されようとされていることに鈍感なのか、

ということも明らかにならない。

あの5人は一体どこに行きつくのだろう。。。

でももう知らなくてもいいかな。( ^ _ ^;

100分位でよかったかも。
ジェロの芝居の成長ぶりはあまりよくわかりませんでした。(爆)

でも舞台挨拶含めて十分楽しめました。(^^)v



ストーリー  ★★★
映像     ★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★★


人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

laerl38さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。