マクロミルへ登録




ブログタイムズ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
2009-03-19 01:03:07

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

テーマ:洋画 へ・ほ

1920年代にF・スコット・フィッツジェラルドが執筆した、

ニューオーリンズを舞台に、80代で生まれ、そこから若返っていく、

1918年の第一次世界大戦から21世紀に至るまでの、

ひとりの男の姿を描いた短編の映画化作品。

主演はブラッド・ピット。


老人ホームの玄関に生まれたばかりの赤ん坊が捨てられていた。

彼の皮膚は老人のようにたるみ、膝には関節炎を患い、

まるで老人のようだった。

彼はベンジャミンと名付けられ、育っていくが、

不思議なことに徐々に若返っていくのであった。

彼は誰とも違う人生を歩んでいく。


アカデミー賞では美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞を取ったそうですが

本編は老化したブラッド・ピットの顔だけを切り取り、

別の役者の胴体と繋ぎ合わせるという、

世界で初めてのコンツアーシステムを使っているようです。

他人と他人を合成しているということには違和感はなかったけれど、

ブラピの年寄りメイクがどうも。。。
知っているブラピの顔になった時はほっとしていしまいました。( ^ _ ^;

ベンジャミンの抱えている問題を理解するのに時間かかりました。

体は老人だけれど、

知能(脳みそ)は他の人間と同じ仕組みになっているのね。

始め、知能(脳みそ)も老人から若返っていくのかと思いました。

80代で生まれたってことは、80年は生きられるということが

保障されているってこと??

シーンが変わるところで、今、何年経ったか

いちいち教えてくれると親切だと思いました。

ケイト・ブランシェット、ちょっと凄かった。

バレエは本格的に踊っているシーンは吹き替えかもしれないですが、

たたずまいはバレエダンサーって感じでした。

「If I love you」を踊っている時、

この選曲も素晴らしいと思うのですが、綺麗でした。

あの若返りもメイク?

私もやってほしい。f(^^;)

ベンジャミンの育ての母親が素敵でした。(^^)

洋上の戦闘シーンは短いけれど、迫力ありました。

原題は「THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 」。

で、どうして邦題を「バトン」にしたのでしょうねぇ?

ベンジャミンのお父さんはボタン工場を持っていて

劇中にも「ボタンがボタンを売る」って台詞があるのだから、

そんなところだけ英語発音を意識しないで

ボタンとした方がよかったのでは?


全体的には、テーマは違うけれど、

フォレスト・ガンプ 一期一会 』 にちょっと似ているかな。

あと、「アルジャーノンに花束を」。

フォレスト・ガンプ 一期一会 』の方が好きですね。

人生を生きてきて、経験を経てやりたいことができて、

でもいざやろうと思った時は既に体がきかない。。。

だからベンジャミンの人生はちょっと羨ましい気がします。

確かに子供になった時に誰に面倒をみてもらうかって

困りますけれどね。

冒頭に、子供の戦死を嘆き悲しむ時計職人が

逆回りする時計を作ってしまったという エピソードがありますが

それが全体のテーマの伏線になっています。

逆さに回る時計を作っても

時間は前に進み、取り返しがつかない。

どちらにしろ後悔のない選択をし、

精一杯生きるしかないと思うのです。


ストーリー  ★★★
映像     ★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★★


人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

laerl38さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。