マクロミルへ登録




ブログタイムズ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
2007-07-22 19:13:26

手紙

テーマ:邦画 て・と

原作は東野圭吾。

こちらは未読。

犯罪加害者に焦点をあてたということに興味あり。

DVDで鑑賞。


工場で働く20歳の武島直貴は、

職場の人間ともまるで打ち解けず、人目を避けるように暮らしていた。

それは唯一の家族で親代わりである兄・剛志が、

直貴の大学進学のための学費欲しさに

盗みに入った邸宅で、誤って人を殺してしまったのだ。

直貴は差別と偏見の中で引っ越しと転職を繰り返す。

刑務所の兄からは定期的に手紙が届く。

掴みかけたのにすり抜けた、お笑い芸人になる夢。

愛した女性との別離。

兄貴がいるせいで俺の人生はハズレ…。

しかし工場の従業員・由美子の支えで
直貴はやがて現実と向き合う覚悟を決めて行く。


「手紙」という小道具が一つの手紙ではなく

随所にキーになっているのはいいと思いました。

沢尻エリカ様は世間ではあまり評判がよろしくないが

とても綺麗だけれど、生活感がある役もはまる

よい役者さんだと思う。

今回もいい感じ。


テーマは深い。

結局、罪が償われることなんてないのだ。

いや、どうしたら償えるのか?

罪を犯してない家族はどう受け止めたらいいのか?

加害者に被害者はどう向き合えばいいのか?

その答えは出てないけれど、

現実は現実。

生きていかねばならないのだ。

力のある俳優さんたちの良作品です。

でも普通な感じ。

期待しすぎたか?

映画じゃなくてもいいかなぁと思ったら

監督はテレビで演出をしている方でした。

このテーマは制約が多いテレビじゃできないのだろうか。。。

小田和正の「言葉にできない」はちょっとベタすぎるかなぁ。( ^ _ ^;


機会があったら原作も読んでみたいです。



ストーリー  ★★★
映像     ★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★★


人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

laerl38さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。