マクロミルへ登録




ブログタイムズ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
2007-04-15 19:59:03

ブラッド・ダイヤモンド

テーマ:洋画 ふ

試写会で観ました。


1999年、内戦が続くアフリカ、シエラレオネ。
メンデ族の漁師ソロモン・バンディーは、
愛する家族とともにつましいながらも満ち足りた生活を送っていたが
反政府軍RUFの襲撃によって村は襲撃され、
家族と引き離されたソロモンは、
RUFの資金源となっているダイヤモンドの採掘をさせられ、
驚くほど大粒のピンク・ダイヤを発見する。
危険を覚悟でダイヤを誰にも知られない場所に隠した。
一方、そのダイヤの密輸を生業にしているダニー・アーチャーは
投獄された刑務所でソロモンが隠したダイヤの情報を聞く。
釈放されたアーチャーは
RUFの資金源となっているダイヤの真相を追っている
アメリカ人ジャーナリスト・マディー・ボウエンを巻き込み、
ソロモンと接触し、家族探しを手伝う代わりに
ダイヤの在りかを聞き出そうとするのだが。。。


結構、面白かったというか、見ごたえありましたです。
レオナルド・ディカプリオとジャイモン・フンスーは
この作品でアカデミー賞にノミネートされましたね。
ラストシーンがちょっと長いのですがレオ様は
ディパーテッド 」よりずっと良かったです。
ジェニファー・コネリーは相変わらずいいですね。
何をやっても役にスパッとはまります。
こういう役者って実はあまりいない気がします。


この映画に出てくるように

反政府ゲリラRUFが村落を襲い、
体力のある男をさらってダイヤ採掘をさせたり、
誘拐した子供を洗脳して兵士に仕立て上げたり、
政府側に投票させないよう見せしめに
手足を切断するということはあったらしい。
物凄く説得力がある映像で
特に少年を洗脳するところは
ああ、こうやって少年兵って作られるんだと怖かった。
大人の兵士より容赦なくて怖い。
「この土地の土の色が赤いのは殺されたアフリカ人の血を吸っているんだ」
というセリフが出てくるのですが
本当に凄まじい殺戮のシーンで、このセリフも説得力があります。
そして「紛争ダイヤ(ブラッド・ダイヤモンド)流通ルート」は
残念ながら、今でも存在するらしいです。
全く違う場所の誰かの利益でまるで関係のない現地の人が大勢死んでいく。
ホテル・ルワンダ 」のシエラレオネ版とでもいいましょうか。
もし私が大きなダイアモンドを持っていたら
いろいろ思うことがあったのでしょうが、
ダイヤモンドとは縁がない生活をしているので
ただただこの現状が怖かったです。



ストーリー  ★★★☆
映像     ★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★★☆


人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

laerl38さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。