マクロミルへ登録




ブログタイムズ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
2007-02-22 00:49:32

SAYURI

テーマ:洋画 さ

この作品はまず、
スピルバーグが映画化し、キャストを日本で探しているという噂が流れたのです。
私の周りにも是非オーディションを受けたい!という声を沢山聞きました。
そして
「R.Hがオファーを受けたが蹴った」とか「Y.Iがオーディションを受けたが落ちた」とか
有名女優の怪しい噂が飛び交いました。
そして原作者と監督が映画の内容のことで訴訟沙汰になっていると聞き、
映画が完成したと聞いたのはそれらの噂から随分たった後でした。
原作はアーサー・ゴールデンのベストセラー。
友人の薦めで読みました。
上下巻のうちの上巻は芸者のしきたりや生活を細かに描いていて面白かったけど
下巻は、特にラストの展開は何だかナーという感じで残念でした。
映画は
「ともかくひどい!」
というもっぱらの噂なので敢えて観てみました(笑)。
DVDで鑑賞。


貧しい漁村に生まれた少女・千代は、9歳の時に花街の置屋に売られる。
その置屋の№1の芸者・初桃の執拗な意地悪などの苛酷な日々の中、
千代は会長と呼ばれる紳士に優しく声をかけられ、
それを運命の出会いと信じた千代は、
会長にもう一度会うために、芸者になりたいと願うようになる。
千代が15歳の時、初桃のライバルの売れっ子芸者の豆葉が、
千代を芸者として育てたいと申し出、
千代は芸者・さゆりとして成長する。
そしてさゆりは会長と再会するのだが。。。


私は独り言が多いのですが、
この映画を観ながら喋りっぱなし。
もちろんツッコミ台詞です。
あのね、ありえないことあり過ぎ。
まず、着物の着方が全くだめ。
体型を補正するのものを全くつけていない。
おはしょりはぐちゃぐちゃ、着物は皺くちゃ、
いらいらしっぱなしだった。
桃井かおりさんはきちんと着てるのに。
それと、なんで揃いも揃ってガリガリの女優ばかりを使うのか?
エキストラさえもガリガリ。
監督の好みなのだろうか?
そのガリガリたちが補正もなく着物を着て、ばたばた歩くのを
「お願いだからウエストを帯で絞らないで」とか
「基本、すり足でよろしく」とか
いちいち突っ込んでました。
最後の方は疲れて
「ありえなーい」
「ありえなーい」
の連発。


別に日本の女優じゃなくてもいいのだけれど
所作はきちんと習って欲しい。
大股すぎる歩き方で育ちの悪さとかを出したいのかもしれないけれど
着物を日常着としており、
股を広げることは極度に恥ずかしいとされている文化を
全く理解してないし、身に着けていない。
まー、監督が頭おかしすぎ。
芸者の日舞の舞台で
あんなストリップみたいな踊りはありえない!
あまりに呆れて笑ってしまったけれど、
渡辺謙さんも監督に何か言ってよ!と思う。
豆葉がさゆりに踊りの稽古をつけるシーンも下着姿だし。
豆葉の上等な着物に墨をつけるというシーンでも
あんな一目で安物のメリヤス(死語?)とわかるものを使うな!
もっと勉強せい!

もし日本人でこの映画を観て、

これらのことが全く気にならないとしたら

失礼を承知で言わせて貰うと

もっと自国の文化を知った方がいいと思います。

“ちょっと変”と言うレベルではありません、下品極まりないです。

作品の意図ならいいけど、違うと思う。


極めつけはキャスティング。
チャン・ツィイーはともかくコン・リーは下品この上なし。
芸者は娼婦じゃないといいながら、いかにも娼婦ですといういでたち。
そして、爆弾は豆葉。
ミシェル・ヨーって、実年齢、私より年上でしょ?( ^ _ ^;
最初、豆葉の置屋のおかみかと思った。(爆)
おかしいって。
そりゃ訴訟沙汰にもなるわ、これ。
渡辺謙さんの英語は上手かった。
改めて思った。
さすがですね。


オープニングでは日本語で会話していたのに
理由なく突然英語になったり
演出も滅茶苦茶だと思う。
おカボだけなんで「パンプキン」と呼ばれてるの??

舞ノ海はちょっと嬉しかったけど。
結局、何でこの作品を映画にしたのかさっぱり判らなかった。
というか、意味もなく疲れた。

男の友人が「確かにチャン・ツィイーのあの目にはやられますね(*^^*)」

と言うのを聞いてますます疲れた。
ふぅ。。。



ストーリー  ★☆
映像     ★☆
音楽     ★☆
総合評価  ★★


人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

laerl38さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。