マクロミルへ登録




ブログタイムズ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
2006-12-29 14:36:28

嫌われ松子の一生

テーマ:邦画 き

誰に聞いても絶賛のこの作品。
2006年が終わる前にDVDでやっと観ました。
ふぅ。


平成13年の夏、。荒川の河川敷に何者かに撲殺された女性の死体。
その姿は醜く肥え太り、身なりはホームレスのようだった。
彼女の名は川尻松子。
彼女は何故殺されなければならなかったのか?
東京で一人暮らしをしていた彼女の甥の川尻笙の元に父の紀夫が訪れ、
松子の身辺整理を託された笙は
彼女の安アパートで伯母の人生を振り返る。


最初の方で既にとても悲しくなり、辛くなってしまった。
ポップな映像で飾られた松子の一生は細部に至るまで悲惨だ。
特に父親に好かれたいがために変な顔をして気を引いて
大人になっても極度の緊張に襲われると
思わずその顔をしてしまうというエピソードに私は胸が詰まった。
誰もが愛されたいと思ってささやかに生きている。
踏み外したくないと思っていても
人生の階段を何のはずみか踏み外してしまうことって
生きていれば誰もが陥ってしまいそうなこと。
私と松子の人生は全く違うが、
隣り合わせになっていそうで怖かった。
私は死ぬ直前には何を見るのだろう。

殴られるなんて絶対嫌だし、殺されるのだって嫌だ。

だったらひとりぼっちの方がいいと思う私は

本当の孤独を知らないのかもしれない。


思い出って何かしらデフォルメされていたり
美化されていたりするので
誇張された作りは過去のエピソードに合っていて
上手く作ってるなと思う。
父親役の柄本明さんと弟役の香川照之さんが
リアリティを生んでいる。
主演の中谷美紀さんはいいけれど
あまりにきれい過ぎて役にあってない気が。。。

この役は不器量な役者の方が感情移入できると思うのだけれど、

そう創りたくはなかったってこと?

でも笑えないと思うけど。
同じ半生モノなら阪本順治監督の「 」の方が好きです。
少なくともこちらの方が希望があるし。
どちらにしろ、なんにせよ、どんな人生でも
精一杯生きていくしかないのです。
♪まげてのばして~という歌がなんとも耳に残ります。
見終わって思い出すのはこの歌と松子の笑顔。
でも悲しい映画です。


余談ですが、役者さんは監督が厳しくて(?)大変だったとか。
私も役者で時々、怒鳴ったりする演出家とかに会いますが
本当によいモノを作りたいのだったら
よいモノを作る環境を作って欲しいと思うわ。
役者は奴隷ではありませんよ、物でもありませんよ。
と、声を大にして言いたい。



ストーリー  ★★★
映像     ★★★☆
音楽     ★★★☆
総合評価  ★★★


人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

laerl38さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。