マクロミルへ登録




ブログタイムズ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
2006-11-10 10:35:55

ホテル・ルワンダ

テーマ:洋画 へ・ほ

この映画、話題になりましたね。
DVDで鑑賞。


フツ族とツチ族の間で続いていた内戦が終息、
和平協定が結ばれようとしていた1994年のルワンダの首都キガリ。
外資系高級ホテル、ミル・コリンの支配人ポール・ルセサバギナは、
近くフツ族の民兵によるツチ族の虐殺が始まるという噂を耳にする。
やがてフツ族大統領暗殺の報道がなされ、
フツ族の民兵が武器を片手にツチ族を襲撃を始め、
ツチ族を惨殺し始めるのだった。
ツチ族の妻を持つフツ族のポールはホテルに家族や隣人をかくまう。
逃げ場を失ったツチ族の人々は続々とホテルに押し寄せ、
ポールは駐留していた国連の平和維持軍に助けを求めるのだが。。。


まさか、こんな映画だったとは。。。
1994年4月6日に大統領の乗った飛行機が撃墜され、
多数派のフツ族が少数派のツチ族を組織的に虐殺し始め、
国連はこの虐殺を全く阻止できなかったばかりか
この事件を「虐殺」と呼ぶことすら拒否し、平和維持軍を退去させ
たった数ヶ月の間に百万とも言われる人たちが殺されてしまったことを
世界が容認することになってしまったという事実を
恥ずかしながら私は知りませんでした。

しかもこの映画、本来日本公開の予定が無かったのだが、

ネット上の署名活動で公開が決まったのだそうだ。

それも知りませんでした。

フツ族とツチ族は
第1次世界大戦後にルワンダを戦利品として貰ったベルギーが
国家としてまとまっていたルワンダを分裂させるために
容姿で分けたそうだ。
フツ族もツチ族も同じところに住み、同じ言葉を喋り、同じ宗教を信じ、
人種間結婚もしているので、
歴史家や民族学者さえもフツ族とツチ族を完全に異なる民族集団と
とらえることはできないらしい。
そんな民族がお互い争うなんて。。。
ここに出てくる人たちは私達と変わらない人たちだ。
だけれども、黒人、しかもアフリカ人というだけで国際社会から捨てられた。
しかも仕組んでおいて、いらなくなったら捨てる。
言葉を失う。


この話は言わばアフリカのシンドラーの話です。
ポール・ルセサバギナは実在したルワンダの高級ホテルの支配人で
1200人もの命を救ったそうです。

実話を元にしたものって、それに忠実になるあまり

展開がもたついたり、いらないエピソードが入り散漫したりしがちなのですが
この作品はテンポ良く、物凄い迫力で飽きません。

私は何度も息を呑み、怖くて泣いてしまいました。
もし日本が、関東人と関西人で殺し合い、
皮膚が黄色いからと言って国際社会から見放されたら?
、、、って、物凄い頭の悪い例えですね。あはは。( ^ _ ^;

でも日常で自分とは関係ない決め事のために巻き込まれるって

例えばそういうことではないだろうか?

そう考えると恐ろしいと思う。
そんな時、私は家族や友人を守れるだろうか?
ポールのあの手この手の機転は凄いです。


ポールを演じたのはドン・チードル。
脇のキャストもニック・ノルティやホアキン・フェニックス等、豪華。
見ごたえあります。



ストーリー  ★★★★
映像     ★★★★
音楽     ★★★☆
総合評価  ★★★★☆


人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

laerl38さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。